ドラマ【高嶺の花】3話の動画見逃し無料視聴はこちら|7月25日配信

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『高嶺の花』の動画を見るなら↓

石原さとみさん主演の2018年夏ドラマ『高嶺の花』第3話( 2018年7月25日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『高嶺の花』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『高嶺の花』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『高嶺の花』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『高嶺の花』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『高嶺の花』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年7月25日(水)放送終了後〜2018年8月1日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信予想をご紹介します。

『高嶺の花』を現在配信しているのは、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで配信されています。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信しているHuluが最もおすすめとなります!

※紹介している情報は2018年7月19日時点のものです。

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年7月19日時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioでも見られる?

結論からお伝えするとパンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでもドラマ『高嶺の花』の動画を見られることはあります。

ただし、

  • 低画質・低音質
  • 全話揃っていない
  • 違法にアップロードされた動画
  • スマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがある

といったデメリットもありますので、気を付けてください!

ドラまる
上記のリンク先に動画がない場合は、著作権違反の違法アップロード動画として削除されているってことだね。
ラマちゃん
その時は、Huluの2週間無料キャンペーンがおすすめだよ!

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじ

2018年7月25日(水)放送のドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじを紹介します。

直人(峯田和伸)は未だ失恋の傷が癒えないもも(石原さとみ)を慰めるため、元カレとの思い出話を聞いてあげると申し出る。

だが直人の思いをよそに、ももは怒って帰ってしまった。

ももがなぜ怒ったかわからない直人に、秋保(髙橋ひかる)は、それは直人に気があるからだとアドバイスする。

そんな中、ももは雑誌の取材を受ける。

取材は密かに龍一(千葉雄大)がセッティングしたものだった。

ももは龍一と初めて顔を合わせ、なな(芳根京子)の反対を顧みず、龍一と連絡先を交換する。

その夜、もものもとに吉池(三浦貴大)が訪ねてくる。

ももは吉池から、彼の妻・真由美(西原亜希)が隠し持っていた月島流の免状を渡された。

真由美が月島の関係者だったと知り、激しく動揺するもも。

真由美が吉池を誘惑したのは、ももの結婚を壊したい、誰かの策略だったのではないか……?

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『高嶺の花』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

レオコネ
ななは、実の母が、ハニートラップに嵌っているとの蜜告を受けます。

動揺する、ななに、宇都宮は、アプローチを続け、自分が家元になると言いますが、ななは、自分が家元になると宣戦布告します。

宇都宮は、ももの両親との仲を裂き、ももと、ななの関係を壊す為に増々、介入を強めます。

一方、直人は、自分のような人間に、どうして、ももが好意を持つのか納得できず、本心を知ろうと、ももに家出を勧めます。

ももは、当初は、自分が家元を継ぐ気でしたが、直人と結婚して、逆に直人を月島家に乗り込ませ家元にしようと考え、ももの両親に結婚を認めて欲しいと迫ります。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

湊海
ももとぷーさんの仲が少し近づいたように見えましたが、今度は龍一がルリ子とななだけでなく、ももにもアプローチしてきそうなので、さらにややこしい事態になりそうです。

そして、吉池の妻が月島の関係者だったという衝撃の事実も出てくるようなので、もしかするとルリ子が黒幕なんじゃないかと予想しています。

序盤から、ももを快く思っていない感じはしたし、実の娘のななに月島家の家元を継がせたいために、ももを陥れるために結婚を破談に持ち込んだんじゃないかと思います。

吉池の妻はそのことが発覚するのが怖くて、ももを異常に警戒していたのかもしれません。

このお家騒動も根が深そうなので、まだまだドロドロした展開に期待しています。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

飛べないアヒル
直人とももの二人の距離は、夏祭りの太鼓を叩いたことで急接近したものの、直人がももに元彼の思い出話を聞くという申し出にももが激怒し帰ってしまいます。

ももが直人に木があるための行動が理解できない直人が秋保にアドバイスを求めるようです。

ももは、対立流派の龍一が仕掛けた取材をうけ、初めて対面することになります。

そこで、ななの反対を聞かずに連絡先を交換します。

その夜、ももの元に元婚約者の吉池が現れ、妻が月島流の免状を所持していることを告げ、自分たちの結婚が誰かの策略ではなかったかという疑いが発覚します。

ももは、またしても元婚約者に翻弄されるようです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3
月島家にとって、危ない存在の宇都宮がこれからどのような事を仕掛けていくのか、気になります。

ななも宇都宮とどう関係が続いていくのか、想像出来ません。

ももは元気を取り戻し、直人との仲もさらに深まり、これから2人の恋も発展していきそうで楽しみです。

ももと直人の対照的な2人が徐々に仲が深まり、良い関係になってきてるので付き合うのも時間の問題だと思います。

しかし、2人の関係にも多々壁が出てきそうです。

近づいたと思えば、距離が広がるような感じがします。

次回も色々な問題が出てきそうですが、2人の合った兼ね合いを期待しています。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

まーくん
ももと直人二人ともに、試練があるということなので、ほかにも新しいキーマンがいたりするのかもしれません。

原作とは別に創ったオリジナルストーリーということで、どんな展開になるのか行くのか、最後まで楽しめそうです。

そして、商店街で自転車屋をやっている風間直人は月島ももと出会ってから大きく変わっていく様子です。

今まで大きな成果のない男が、お金持ちの家に生まれ才色兼備の女に出会って、どう変わっていくのでしょうか楽しみです。

月島家の家元である別の流派の華道家の宇都宮龍一とは、どういう関係なのでしょうか。

また、月島ななは龍一に興味があるようですね。

ペンネーム:まーくん(20代・男性)

たかは
ももと直人はお互いに意識していると思うので、二人が付き合う事になるのかが気になります。

直人はももは自分には勿体無いと思っていてなかなか一歩が踏み出せないでいるのだと思います。

でも二人を見ているととても自然体でお似合いだと思うので3話で付き合うようになると良いです。

また、吉池の妻の真由美のことも気になります。

吉池の自宅から月島流に関係するものが出てきました。

真由美が月島家と何か関係しているのなら、ももと吉池の仲を壊すために真由美が吉池に近づいたと考えられます。

もしかしたら父親である家元が仕組んだのではないかと思い、今後の展開が気になります。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

家元

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

ももは直人と肉屋のコロッケを食べながらデートを楽しんでいましたが、直人は、喫茶店で、ももに元彼との思いで話を、ももの心の避難場所として話を聞くというと、女心を理解できない直人怒ってももは帰ってしまいます。

秋保は、そんな直人を叱ります。

一方、宇都宮は雑誌の特集で深窓の令嬢に、ももを取り上げたという理由で、ももに接近します。

宇都宮が危険人物だと思っているななは警戒しますが、2人は連絡先を交わします。

ももは、クラブで酔っ払っていると直人が、自分の言動を反省して謝りに来ますが、ももは吉池の妻の真由美が月島の免許状を持っていたことに動揺し、ななにも、真由美が吉池との結婚を阻止したのではないかと悩んでいたのです。

そして、ももは、おそらく市松が仕組んだ事だと言います。

そして市松を追及すると、全てももを家元にする為だと告白し、ももは怒ります。

一方、宇都宮は月島家の乗っ取りを成功させる為に、ルリ子の弱みを握り、ルリ子の実子である、ななを家元にするという口約束を反故にしようとします。

しかし、ななは宇都宮の挑発に対して、自分が家元になると言います。

一方、ももは直人に会い、父親の思いでに涙する直人にキスをし、抱きしめます。

『高嶺の花』第3話の感想

市松は、ももに自分の結婚を壊したと言われると、市松は、ももに「自分でも判っていた筈だ。つまらん色恋で天から授かった才能を手放してしまったことを。以前は見えた、もう一人の自分が見えなくなったのだろう。華道をやめようと思ったのは、それでだろう。吉池は月島の養子になっても良いと言っていたのに吉池の家に入ると決めたのは何故だ。もう華道家として駄目だと自分でわかっていたからだ。」

しかし、それでは幸せにはならない。

「才能を持った、ももを神が許さない」と言います。

ももに対する愛情と月島家を守らなければいいけないという信念が、ももの女性としての幸福より、優先するようで、市松は芸術家は色恋に溺れるなと言います。

「私は、ずっと一人ぼっちじゃない」と言うと、「それでいい」と市松が答えますが、到底、ももには理解できないようです。

一方、宇都宮は月島家の乗っ取りを成功させる為に、ルリ子の弱みを握り、ルリ子の実子である、ななを家元にするという口約束を反故にしようとします。

しかし、ななは宇都宮の挑発に対して、自分が家元になると言います。

段々とややこしくなってきました。

ペンネーム:家元(60代・男性)

湊海

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

妻が月島の免状を持っていたことを知った吉池は、ももにその事実を伝えに来ました。

結婚を故意に潰されたのだと気づいたももは、相当なショックを受け、またキャバクラに出向いてやけ酒をしていました。

そして、そのやり場のない怒りを直人にぶつけました。

さらに追い討ちをかけるように、破談を仕組んだのが父親とわかり、「芸術家は色恋に溺れてはいけない、孤独でいないといけない、それは月島の家元の娘に生まれた宿命だ」と厳しい言葉を投げつけられてしまいます。

自宅で鏡を見たももは、偽物の自分に怯え、パニックになります。そして、自然と直人の元へ足を運んでいました。

直人の過去の話を聞き、彼の涙を見たももは、そっと唇を重ねるのでした。

『高嶺の花』第3話の感想

ももの古傷をえぐるように厳しい態度を見せた父親の豹変ぶりは、かなりショックでした。

娘を心から溺愛しているように見えていたのに、実はももの華道家としての才能にしか興味がなかったという真実は、今のももにとっては、あまりにも残酷だと思いました。

ももにリハビリ恋愛を勧めていたのも、華道家の才能を取り戻させるためだけだったとか、何もかもが嘘っぱちで、親としての愛情のかけらもないのかと正直がっかりしました。

ルリ子と宇都宮との繋がりにも気づいていて、自ら彼を手引きするように仕向けているように見えたので、やはりももの最大の敵は父親だと感じました。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

飛べないアヒル

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

華道月島流の家元の娘ももは、元婚約者の裏切りの心の傷は直人との距離が近づくことで徐々に癒やされていたように感じられたものの、直人が元カレの話を聞いてあげるという言葉で激昂してしまいます。

直人は善意から出た言葉だったのですが、秋保から女心を諭され、面倒臭さと難しさを痛感します。

そんな中、対立する流派の龍一のセッティングした雑誌の取材をももが受け、そこでももは、龍一と初めて対面し、連絡先を交換します。

ももの元に、元婚約者の吉池があらわれ、彼の妻が月島流の免状を保有していることを告げられ、ももとの婚約の破談が仕組まれたものではないかと話し、調べてくれるように頼みます。

ももは、家元である父親が元凶であることを悟り、憎しみの対象として、その気持ちが荒んでいきます。

『高嶺の花』第3話の感想

現在の男性が草食化しているといわれていますが、このドラマの直人をみていると、単に人が良いために女性との付き合いが出来ず、その経験値が無いことに原因があるように感じます。

直人が持つコンプレックスや女性に対する知識不足が、彼の人間としての魅力のようにも感じられ、華道という芸術家の生き方とは、相入れない印象も受けます。

さまざまなことが起きているストーリーの中で、ももが直人の元を訪れることに、普通の男性ならなんらかのアクションが起きてもおかしくないと思うのですが、違和感を感じずに入られません。

この状況下では、どちらかが恋愛感情になることは必然のように感じられ、それがももからの直人へのキスシーンにつながったようにも思えました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

風間直人は月島ももに失恋の傷を癒すために、話を聞くと申し出たが怒られてしまう。

理由が分からない直人は秋保にその話をして、ももが自分の事を意識していると助言を受ける。

ももはある日、取材を受けることになった。

しかし、それは宇都宮龍一が仕組んだことだった。

宇都宮はももに近づこうとするが、妹のななは警戒する。

帰りに元婚約者が現れ、妻の月島流の免状証を渡され、動揺してしまう。

直人はももに以前の事を謝りに訪れる。ももは酒に酔い、その勢いもあり直人に説教をする。

翌日の朝、妹のななと会ったももは元婚約者のことを話し、誰かが結婚を破談に追い込んだのではないかと疑うようになる。

ももは首謀者が父である月島市松ではないか、本人を訪ねる。

父の市松はももの才能や家元としての事を考えての行動だったと説くが、ももは怒りをぶつける。

妹のななは敵対していた宇都宮との関係が急接近し、2人は協力し合うようになってしまった。

ももは直人とのデートに行き、そこで直人の過去の話を聞いた。

そして、2人は気持ちを分かち合うことになった。

『高嶺の花』第3話の感想

直人はももの事を思って、元婚約者との話を聞こうとしました。

逆に怒りを買いましたが、直人なりの優しさであるのは伝わりました。

しかし、もっとももの事を分かってあげてほしい思いました。

その後、2人が接していく中でももが直人に説教したりすることもありました。

その事もあって、直人はももに過去の話をして、2人はより分かり合えたのではないかと思います。

ももの結婚が破談したのが、父の市松であることには驚きました。

娘のことを思っての行動であったとはいえ、とても許せることではないと思いました。

さらに妹のななが宇都宮と関係が接近してしまうのに危機感を感じました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

しーちゃん母さん

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

プーさんは母親から父親の思い出を何度も聞かされ父親の亡くなった時に立ち直らせたと言いももにも元カレの思い出も話を聞いて自分を一時避難に場所にしてほしいと申し出ます。

ももはプーさんの顔に水をぶっかけ烈火のごとく怒り出します。

お詫びにキャバクラに行ったがももは、自分の畑に花を咲かすこともできないヤツに慰められたくないとグデングデンに酔っ払っていても本音をぶちまけます。

一方、妹のななは龍一が気になります。

義母はななと龍一を結婚させ、ななに跡を継がせようと企んでいますが龍一はももに目を付けています。

元カレの妻が月島の関係者だと気が付いた元カレはもも免状を渡します。

ももは月島の関係者が自分の結婚を妨害したと分かり家元しか居ないと確信します。

家元は才能が有る者が色恋沙汰に走るのは勿体ない、今に自分に感謝するようになると言いますが、ももは絶対、家元にはならない、と家元を憎みます。

『高嶺の花』第3話の感想

女心の分からないプーさんは、ももにやられっぱなしですが最後にももとデート&キスできて良かったですね。

家元も義母もひどいですね。

色恋沙汰にうつつを抜かすなって事は自分も妻の事をそれほど好きでもなく結婚して華道の事ばっかり考えて生きてる人なんだと思います。

自分はそれでも良いですが娘がいくら才能があるからって生き方まで強要するのは家元である前に父親であって欲しいですね。

ななは龍一が好きで家元になって龍一と華道を盛り上げていけたら一番良いのですが龍一がももに向かっているのは何とも皮肉ですね。

義母も義母でももを家元にしないように裏でまたこそこそしてるし。

あの家に居たら誰も味方が居ないですよね。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ぱるる

『高嶺の花』第3話のあらすじネタバレ

未だにももは失恋の傷が癒えないままでいました。

自分の亡き父親の話をする直人は「元カレの思い出話を好きなだけ語ってほしい」と自分の母親がそれで立ち直った経験からももに言いますが、ももは怒って帰ってしまいます。

なぜももが怒ったのか分からない直人。

秋保は「ふつうは気になってるやつにそんな話したくないから。女心わからなさすぎ。かなり初歩的な女心だよ」とダメ出し兼アドバイスをします。

そんなある日、雑誌の取材を受けていたももは龍一に会います。

すっかりももを気に入った龍一はももに連絡先を尋ね、その場にいたななの忠告も聞かずに連絡先を交換してしまうもも。

その夜、元カレの吉池が訪ねてきて…。

『高嶺の花』第3話の感想

ももはこれまでお嬢様らしく身勝手なイメージが大きくあまり共感できませんでしたが、ももの抱えているものは病気だけじゃなくてもっと深くて重いものかもしれないと思った回でした。

ももの態度の大きさや直人たちを下に見たような態度を取ってしまうところは一種の自己防衛のようなものなのかもしれません。

そうだとしたら直人と触れ合うことで何か変わっていくかもしれないと思いました。

家元の期待が大きすぎるのかもう自分には時間がないからももに託そうと思っているのか分かりませんが、かなり追い詰められたももを見ているとなんとも言えない気分になりました。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA