ドラマ【高嶺の花】2話ネタバレと感想!真由美は市松が仕掛けたハニートラップ?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ『高嶺の花』第2話が2018年7月18日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
2話ではやくもももと直人がいい感じに!?

でも、吉池の存在もあるし、一筋縄ではいかなさそう…。
2人の恋は2話ではどう動いていくのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『高嶺の花』第2話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』第2話のあらすじネタバレと感想

直人(峯田和伸)は、ももをキャバクラ嬢と勘違いした幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)にそそのかされもも(石原さとみ)へ電話をします。ももの働いているキャバクラへ遊びに行きたいと言う直人に対し、ももは店に来て指名してほしいと返します。

しかし、自分が働いてる店など当然ないももは、キャバクラの面接を受けに行くことに。すると、即採用されるという急展開。そこで、直人がももにプロポーズをするよう企みますが、直人の天然発言によりその作戦は失敗。

一方、ももは吉池(三浦貴大)から連絡が来て、2人きりで会うことに。そこで、吉池は「妻を愛していない。またこれからももとちょくちょく会いたい。」と伝えますが、身勝手な言動をする吉池に対し、ももは指輪を返してはっきりと別れを告げます。

「愛情より責任の方が重い。」というもものセリフがまた重かったですね。さすが、野島伸司脚本といったところでしょうか。

吉池に別れを告げたももは、そのまま直人の元へ。そこで、一方的に直人との交際宣言をします。

直人にとって絶好のチャンス!だったのですが、彼女歴なしの直人はひたすら戸惑うばかり。

前向きな返事をなかなか出さない直人にイラッときたももは、直人にビンタをしてその場を去ってしまいます。

また、吉池は奥さんの卒業アルバムの中に挟まっていた月島流師範代の岩下真由美へと書かれたハガキを発見してしまいます。

…というのが、「高嶺の花」2話の大まかなあらすじ。

1話よりもだいぶ面白くなってきましたね!

やはり、吉池はこのドラマでの重要人物であることに間違いなさそうです。

吉池の奥さん・真由美と月島は一体どんな関係があるのでしょうか?

月島流の師範代ということは、これは何者かが仕掛けた結婚!?

市松がももを結婚させないために仕組んだものなのでしょうか…?

ももと直人は確実にいい感じになってきていますが、これからどんどんドロドロしていきそうです。

さすが野島脚本、やはりこのままカラっとは終わらなさそうですね!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』第2話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/lotusteajikkyou/status/1019581408463876096

ドラまる
2話にして、真由美が月島の師範代だったという衝撃的なことが判明したね。
ラマちゃん
予告でハニートラップと言っていたし、もしかしてももを華道家として継がせるための市松の作戦なのかしら?

だとしたら、市松…手ごわすぎるわ!

ドラまる
龍一が倒れた理由って何だったんだろう?
ラマちゃん
野島脚本だし、何か大きな病気があるのかしら?

ただの発作では終わらなさそうな気がするわね。

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『高嶺の花』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『高嶺の花』2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじは?

2018年7月25日(水)放送のドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじをご紹介します。

月島流の大切な行事に登場し、見事な作品を創り上げたもも(石原さとみ)。彼女のもとに直人(峯田和伸)から電話が来る。直人は、ももをキャバクラ嬢と勘違いした幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)にそそのかされ連絡してきたのだ。ももは話を合わせて、店に来て指名してほしいと直人に頼む。

ももが急いでキャバクラの面接を受けると即採用、やって来た直人たちをキャバクラ嬢として接客する。酔った勢いも手伝って、ももと直人は急接近!
そんな中、ももは吉池(三浦貴大)と会うことになる。吉池はももに、妻を愛していない、君とつき合いを続けたいと訴えた。ももは身勝手な吉池の懇願に本当は心揺れながらも、婚約指輪を返して拒絶する。

そしてその足で自転車店を訪れ、「私たちつき合うことになったの」と、直人との交際を一方的に宣言する!「からかわないでください」と直人は驚き戸惑うが、ももは、強引に交際を迫って――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『高嶺の花』第2話のあらすじネタバレ感想と3話のあらすじをご紹介しました。

2話にして、衝撃的な展開のオンパレードだったのではないでしょうか?

展開こそそこまで早くはありませんでしたが、様々な伏線が散りばめられていた2話でした。

これぞ、野島伸司脚本ですね。

真由美の存在は?

龍一は本当に病を抱えているのか?

龍一の「生き急いでる」というのが、ヒントとなっているのでしょうか?
だとすれば、やはり生死に関わる病…?

ドラまる
野島脚本だけに、やはりハッピーエンドでは終わらないのかな。
ラマちゃん
龍一が余命いくばくもない?と思わせといて、実はももが…って可能性もなきにしもあらずだし…。

とにかく、続きが気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA