サバイバル・ウェディング|6話の動画見逃し無料視聴はこちら【8月18日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『サバイバル・ウェディング』を全話見る↓

ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話( 2018年8月18日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『サバイバル・ウェディング』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『サバイバル・ウェディング』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『サバイバル・ウェディング』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『サバイバル・ウェディング』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『サバイバル・ウェディング』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月18日(土)放送終了後〜2018年8月25日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『サバイバル・ウェディング』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『サバイバル・ウェディング』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじ

2018年8月18日(土)放送のドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじを紹介します。

タイアップ記事でのミスを謝罪するために、riz編集部に祐一(吉沢亮)がやってきた。

さやか(波瑠)は心配するが、祐一は宇佐美(伊勢谷友介)から「世界で挑戦しろ」と言われ感動し、2人はすっかり意気投合してしまう。

そんな中、宇佐美がパリコレに行くことになり、留守中の“編集長代理”に多香子(高橋メアリージュン)が指名された。

さやかは宇佐美から「婚活コラムの存在を隠し通せ」と言われただけで、次のデートでの“必勝の戦略”を伝授してもらえずオロオロ。

クライアントの永瀬(野間口徹)との不倫関係にケジメをつけようと決めた矢先に永瀬の妻・加奈(遼河はるひ)から慰謝料を請求された多香子も、その事実を誰にも相談できずに悩んでいた。

パリへと旅立った宇佐美が華麗なセレブライフを堪能する一方、rizの校了日に祐一とデートをすることが決まったさやか。

しかし校了日当日になって突然、多香子がファッションページをすべて組み直すと言い始める。

急きょ作業に取り掛かるも、多香子のイメージがなかなか定まらず、次第に編集部にイライラが募っていく。

一触即発の空気が漂う中、さやかと多香子は作業の進め方について口論となり、さやかは思わず多香子の不倫に言及してしまう。

さらにそんな中、多香子に会いに加奈がriz編集部に乗り込んできて…!?

祐一とのデートもキャンセルし、多香子を傷つけてしまったことを後悔するさやか。

恋も仕事も友情ものっぴきならない状況に…さやかこの大ピンチを、宇佐美の助けを借りずに乗り切ることはできるのか!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

mirokichi3
さやかは祐一と改めて食事に行く約束をしました。

居酒屋で聞けなかったことや親密な話をして、より仲を深めてほしいです。

仕事のトラブルを祐一と一緒に解決したさやかに祐一はさらに惹かれたと思います。

逞しい女性を存分に発揮したさやかは輝きがさらに増したと思います。

祐一は宇佐美編集長に仕事の事でお詫びに来ました。

異様な雰囲気でしたが、どんな展開になっていくのか気になります。

さやかの同僚の多香子が川村製薬の永瀬義徳と不倫しているのが明るみになりました。

多香子もさやかの姿を見て、自分も変わろうとしている時でしたので今後の展開が気になりました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

たかは
祐一はトラブルのお詫びにrizの編集部を訪れます。

祐一と会った宇佐美がどんな対応をするのか気になります。

祐一は真面目で誠実な男性なのできっと宇佐美も気にいると思います。

また、多香子の不倫相手が川村製薬の永瀬であることがわかりました。

多香子はその不倫にけじめをつけようとしていましたが、永瀬と二人でいる所を写真に撮られてしまいます。

せっかく多香子は永瀬と別れて新たな一歩を踏み出そうとしていましたが、奥さんに知られることになります。

仕事場にも奥さんが乗り込んで来てしまって仕事に影響が出ないか心配です。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
柏木と編集長が初対面を遂げることになり、柏木が不手際に関する報告を済ませ、その場はそれで終わりとなった。

編集長はただ柏木がどのような人物であるかを判別するために、一方的に柏木の話を聞いていたのだとさやかに説明し、柏木のような男はイケメンで性格も良い人であるということを認めた上で、さやかと柏木はどのように結ばれていくべきかについて説明するという展開を予想する。

柏木は無事に編集長とうまく話すことができるか、柏木とさやかの間の関係はより深めることができるかどうか、栗原と柏木とさやかの三角関係はどうなるかというのが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

モモンガ
川村製薬の永瀬課長と多香子が不倫をしていることが発覚します。

何故、多香子が永瀬課長と不倫したのか興味があります。

そして興信所を使って調査をしていたのは永瀬の妻で、遂に、多香子の職場に妻が乗り込んで来て多香子の不倫を告発します。

それも編集長がパリコレに出張中のことで、黒木が仲裁に入ろうとしますが、収まらず、職場は大混乱になり、多香子は行方不明になります。

一方、和也も恋人の藤井に黒木との浮気を知られてから関係が悪化して、会社から転勤を命令されましたが、転勤を拒否し行方不明になったと和也の親から黒木が知らされ、事情を知らないかと尋ねられ黒木は心配になります。

一方、祐一は、川村製薬の永瀬課長に怒られたのが切っ掛けで会社での立場が増々危うくなり、会社からインドへの転勤を命令されるのではないかと心配です。

ペンネーム:モモンガ(60代・男性)

まある
ついに、宇佐美編集長と祐一が対面します。

この2人はさやかを巡って、これからきっと、様々な思惑も絡むと思うので、種類は違えどイケメン対イケメンでどう話が動くのか楽しみです。

5話では、元カレ和也とさやかの接点がなかったけれど、和也の未練は深まっているはずなので、次回以降、またネチネチしてほしいです。

和也の未練たらしいしつこさは腹がたつけど、ドラマに刺激を与えるし、たまに観たくなるので、ちょこちょこと和也枠を設けてほしいです。

祐一もすっかり、さやかの人間的良さと女性としての魅力に気づいているので、次回以降、天然的かわいさとキラキラ王子キャラはさておき、男らしくグイグイいくところも見てみたいです。

ペンネーム:まある(40代・女性)

ぱるる
6話ではさやかと宇佐美編集長がついに対面するとのことなのでどうなるのか楽しみです。

予告を見る限り2人は意気投合するようですが、一見共通点はなさそうなのにどこか似ているところがある2人だったのでしょうか。

だったら宇佐美もさやかに祐一へのアドバイスが何かできそうな気がします。

祐一とうまくいってほしいようなほしくないような複雑な気分ですが。

多香子の不倫相手が5話で明かされていましたが、なぜわざわざ奥さんのいる相手と付き合うことになったのか気になります。

多香子のことはあまり明かされていないので過去のこととか6話でそのあたりが分かるのかな?と期待しています。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

2018年夏ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

飛べないアヒル

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

タイアップ記事のミスでさやかを巻き込んでしまったことの謝罪に、祐一が宇佐美を尋ねてきます。

さやかは、祐一と宇佐美が同席することに不安を感じていたが、二人は意気投合します。

校了日を前にして、宇佐美がパリコレに行くことになり、編集長代理に多香子が指名されます。

宇佐美がいない間のデート戦略を伝授されず、さやかは戸惑い、多香子は校了に自分の思いと違う仕上がりにイライラしているところに、クライアントの永瀬との不倫関係の追求のために永瀬の妻が怒鳴り込んできます。

多香子は、校了と不倫の清算に神経をすり減らしながらなんとか切り抜けます。

さやかは、校了日に約束していた祐一とのデートをキャンセルしますが、新たなデートの約束をして関係を修復します。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

さやかの条件付きの職場復帰ですが、コラムの評価も上々なうえ、新恋人にもなりそうな王子様との関係も順調に思える展開を感じます。

コラムを読めば、内容からさやかが書いていることがわかりそうなものだと思えますが、単純に面白さだけを感じている鈍感さには、祐一の育ちの良さを感じさせるもので、嫌味を感じさせない面白さを感じました。

編集長の宇佐美がパリコレに行き、最終校了に立ち会えなかったことでの販売部数の向上も、前の売り上げが影響していると苦し紛れの言い訳をしながらも、部下を褒めることを忘れないことが、編集長としての器を感じさせるものでした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

たかは

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

宇佐美がパリコレに行くことになりました。

さやかは祐一から食事のデートに誘われますが、宇佐美が不在でデートの戦略を聞くことができずに不安になります。

宇佐美に電話をしますが軽くあしらわれてしまいます。

宇佐美が不在の間、編集長代理に多香子を指名します。

多香子は編集長代理として恥ずかしくない仕事をしようと張り切りますが上手くいかずに周りとの関係も悪化してしまいます。

しかし、良いものにしたいという強い思いに皆んなも動かされて何とか仕上げることが出来ました。

そしてさやかは祐一と二度目のデートをすることになりました。

そこで婚活コラムの話になりましたが、祐一はさやかのことだと全く気づかずにコラムを絶賛するのでした。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

多香子は編集長代理に指名されたことで張り切りますが、その重圧から周りとの関係が悪化してしまいます。

多香子はただ仕事が好きで良い物にしたいと思っていただけですが、周りへの思いやりが欠けていたのだと思います。

しかし、さやかの言葉で自分の過ちに気づきます。

さやかと多香子の何でも言い合える関係がとても羨ましいです。

多香子は不倫も清算して新たに頑張る決意をします。

祐一はさやかが連載している婚活コラムを面白いと絶賛します。

祐一は書かれているのが自分のことだと気付いていなくて面白かったです。

その鈍感さが可愛い思いました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

mirokichi3

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

仕事の件でrizに迷惑をかけてしまったことを謝るために柏木祐一は宇佐美編集長を訪れました。

その場で宇佐美編集長とビジネスの話で盛り上がる展開にさやかを驚きました。

宇佐美編集長はパリコレに行くために編集長代理を三浦多香子に任せました。

しかし、多香子が川村製薬の永瀬義徳と不倫関係であることを知ったさやかは心配しました。

書面で慰謝料の通知を受けた多香子は仕事の期限も迫っていて、返答をしませんでした。

雑誌の締め切りが迫り、編集長代理の責任もあって焦りを隠せない多香子は職場の人達に苛立ちをぶつけました。

職場の人も多香子のやり方に反発して、周囲から孤立してしまいました。

さやかは多香子の事を心配して、アドバイスをしました。

しかし、多香子は反発してさやかと言い争いになりました。

自暴自棄になった多香子の前に永瀬の妻が現れて、多香子は謝罪しました。

多香子と喧嘩して落ち込んでいさやかは祐一に連絡して、アドバイスをもらいました。

翌日、さやかは多香子の家を訪れて2人は和解して仲直りしました。

rizの編集部との関係も戻り、無事仕事を終えることが出来ました。

改めて、さやかと祐一は蟹を食べに行く事になりました。

そこでさやかの担当している記事の事を祐一から言われました。

祐一は記事の登場人物がさやかや自分の事だとは気づかず、さやかは複雑な心境になりました。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

宇佐美編集長と柏木祐一が会うことになりましたが、意気投合してしまうとは驚きました。

祐一が宇佐美編集長の話に共感してしまう展開は意外でした。

三浦多香子は編集長代理を任されましたが、編集長代理の責任や納期が重くのしかかり焦っていました。

焦りの苛立ちから周囲と対立して、さやかとも喧嘩してしまい、相当苦しかったと思います。

そして、不倫も知れ渡り孤立する多香子に優しく接するさやかは良い同期であり、友人だと感じました。

祐一もさやかにアドバイスをする姿は素敵だと思います。

2人の関係が戻り、編集部も再びまとまり無事仕事が終えて良かったです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

しーちゃん母さん

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

宇佐美と柏木は意外にも意気投合する。

さやかはひょんな事から多香子が川村製薬の課長と不倫している事を知る。

そんな時、宇佐美はパリコレに行く為、多香子に編集長代理を任せる。

パリから指示を出す編集長だが社内はアタフタする。

イライラが仕事に伝染し遂に多香子は校了を一日延ばしてもらって1からやり直すと言い周りの人も困惑する。

さやかはデートの約束に間に合うか気が気でない。

編集長に連絡を取ろうとしても取れずにいた。

多香子は周りに八つ当たりしだし、さやかは多香子に、そんな言い方はないんじゃないの?と忠告すると、多香子は元カレの事まで持ち出しさやかを攻めだした。

そんな時、不倫相手の永瀬の妻が主人と別れて慰謝料を払えと会社に乗り込んで来た。

不穏な空気になり、後は自分がやるので帰ってくださいと多香子はみんなを帰す。

さやかはデートにいけなくなった事を柏木に詫びる。

無理しないで、と言う優しい言葉が返ってくる。

家に帰り柏木に改めて電話でお詫びするさやか。

多香子と喧嘩した事を打ち明けると「僕だったら美味しい物を持って行きます」「辛い時誰かに助けられると優しい気持ちになります」とアドバイスを受け翌朝、多香子の家に行きうどんを作りながら二人は仲直りする。

編集部に行きみんなにこれまでの事を謝り入校作業は無事終わった。

多香子は貰った時計を売ってお金を奥さんに返し不倫は清算した事をみんなに話した。

それから念願のカニデートを実現させた柏木とさやか。

男は意地とプライドの生き物だから婚カツコラムの事や過去の悲惨な出来事は付き合う前にはバラすな。と宇佐美に言われていたさやか。

しかし、コラムが面白すぎて笑ったと話す柏木。

これからどうなっていくんでしょうね?とさやかに聞く柏木は天然なのか?本当は気付いてるのか分からない。

そして和也が行方不明だと知らされる。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

不倫はひょんな事から始まるんですね。

いつも、さやかの方が何かとお世話になっている多香子の事なんでさやかも力になりたいと思いながらも宇佐美はパリコレで居ないし連絡取れないし大ピンチでしたね。

上手くいってると周りには見える人でも人しれず悩みって抱えてる物だと感じました。

華やかに見えても友達にも言えないことって有るんですね。

最後にカニデート実現して良かったですね。

後、美味しいものを持って行ったら?って言う柏木君のアドバイスは今回グッジョブでした。

手作りうどんの愛情が多香子に十分伝わったと思います。

さやかは不幸だと思ってると思いますが割りと人に恵まれてると思いますよ。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

るみ

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

パリコレのために宇佐美編集長不在となった編集部の編集長代理は多香子が指名されるが、ファッションページにこだわりが強く、編集部のメンバーと意見が食い違ってしまい孤立してしまいます。

そんな中、多香子とさやかは言い争いになり、つい、多香子の不倫話に触れてしまい、険悪な雰囲気に。

その上、多香子は不倫相手の永瀬の妻に編集部に乗り込まれ、窮地に追い込まれます。

校了日の様々なトラブルで、さやかは結局、祐一との蟹デートに行けず、仕事から帰宅したさやかは謝りの電話で祐一からアドバイスを受け、無事、多香子と仲直りできました。

多香子もさやかとの仲直りを機に、不倫の後始末も、編集部の仲間との関係修復もでき、無事、rizを発行することができました。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

宇佐美編集の不在が編集部にとっても、さやかにとってもこれほど大きいのかと観ていて感じることが多々ありました。

さやかは祐一王子との恋が順調ですが、やはり、さやかの軸は宇佐美編集が握っていて、さやかは気づかないうちに宇佐美編集長ペースなんだと思いました。

宇佐美編集長も何だかんだで、さやかに頼っている部分が垣間見れて、早く、お互いの大切さに気づいてほしいものです。

ただ、祐一王子は、本当に良い人すぎて、逆に怖いです。

カッコいいし、可愛いし、恋に疎いのか天然が過ぎるのかわかりませんが、どう育てば、あんな風に、純粋な人でいられるんでしょうか。

祐一の父役の生瀬さんの、大物匂わす顔つきを見ていると、やたらと腰の低い祐一とのギャップに笑ってしまいます。

相変わらず、テンポよく進むストーリーにあっという間に1時間すぎてしまうので、最後の最後に、思いつめた顔の和也が逆にインパクト大でした。

ペンネーム:るみ(40代・女性)

ぱるる

『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじネタバレ

タイアップ記事のミスのことで宇佐美のところへ謝罪に来た祐一。

さやかの心配をよそに2人は意気投合してしまい疎外感を感じてしまう。

そんな中さやかは多香子と永瀬が不倫していると知ってしまう。

そして祐一がよだれ王子ではなく本物の王子だったことも。

宇佐美がパリコレに行くことになり次の校了に参加できないと告げられる編集部。

彼の代理になったのは多香子だった。

宇佐美がパリコレに行く前に祐一の戦略を聞きに行くさやかだが宇佐美はパリコレで頭がいっぱいで教えてくれない。

婚活コラムの件は付き合うまでは隠し通せという宇佐美は旅立つ前に多香子を支えてやってくれと言い…。

『サバイバル・ウェディング』第6話の感想

これまで多香子とさやかは良い友達として描かれて来ましたが今回は多香子がうまくいっていないばかりに八つ当たりしてしまって女の嫌な部分が見せつけられてなんだか見ていて辛かったです。

さやかの父親はどうしているのかと疑問に思っていましたがまさか不倫がきっかけで離婚していたとは。

しかも思春期にそんなことになったらショックも大きいでしょう。

和也も不倫がきっかけで別れることになりましたし、さやかにとって不倫は地雷だったのだなと思いました。

しかし自分の不倫のことに触れられてもたいして怒らずご飯を作りに行くさやかは本当に優しいです。

祐一でも宇佐美でもいいから誰かと結婚して幸せになってほしいものです。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『サバイバル・ウェディング』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『サバイバル・ウェディング』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA