ドラマ【ラストチャンス】最終回(8話)の動画見逃し無料視聴はこちら|9月3日配信

  • この記事を書いた人:yatarou

仲村トオルさん主演ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回 2018年9月3日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ラストチャンス 再生請負人』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月3日(月)放送終了〜2018年9月10日(月)22時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ラストチャンス 再生請負人』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラストチャンス 再生請負人』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラストチャンス 再生請負人』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』は複数のVODで見逃し動画が配信されていますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になっています。

その中で唯一、見放題で配信されているのがParaviになります。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ラストチャンス 再生請負人』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじは?

2018年9月3日(月)22時00分より放送のドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじをご紹介します。

デリシャス・フードは「含み損百億円以上倒産の危機」とニュースでスクープされ、株価が大きく下落する。

窮地の樫村(仲村トオル)は経営支援を要請していた十和子フードに、筆頭株主の山本(大谷亮平)の株を売ろうとするが、山本は伊坂商事常務・小沢(竜雷太)と密かに会っていた。

そして、伊坂商事はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出して…。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の見どころや期待度をご紹介いたします。

しーちゃん母さん
今になって、どこから漏れたんですかね。

100億の債務超過、倒産の危機とかニュースで出てましたね。

また株が暴落したりしそうです。

一難去ってまた一難ですね。

ここまでピンチを切り抜けたんだから何か樫村が閃きそうです。絶対。

でも、最後、不適に小澤社長笑ってたんで企んでそうな気もするんですよね。

またまた誰を信じたら良いのか分からなくなりそうです。

結城さん、本当はいい人そうですね。

何かいい案持ってそう。相談してみたら良いと思うんですけど。

十和子も信用できそうで今一つまだ信用できない気がします。

何せ女難の相ってまだ遭ってないですよね。

やられるとしたら十和子ですよね。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ポン太
デリシャスフードが債務超過で倒産の危機にあるとマスコミに流れてしまいます。

その事で株価は暴落し山本も岡田が投資した資金も回収できるかわからなくなります。

銀行も融資の回収を再び要求してきます。

誰が、債務超過の情報をリークしたのか犯人捜しをするのでしょうか?。

大友の腹いせか仕返しか、小沢の策略なのか情報が混乱すると思います。

そうすると伊坂商事の小沢が全株式を時価で買い取ると言い出します。

それでは伊坂商事に買収されて経営の主導権がとれなくなる樫村が小沢を説得して思い留まらせられるのか、小沢の軍門に下るのか注目です。

ペンネーム:ポン太(60代・男性)

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

しーちゃん母さん

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレ

デリシャスフードは含み損100億越えで倒産すると言う記事が出回り株価が暴落してきた。

誰がリークしたのか気になるが内部の人間のようだ。

樫村は伊坂商事と十和子フードとの提携に急ぐが伊坂商事の小澤が居ない。

何と裏で動いていた小澤は資本提携を辞めて買収に切り替えると言う。

十和子フード1社ではデリシャスフードは支えられないと銀行からも指摘され含み損を減らすため新潟屋を売る決断をし樫村と宮内はカタヒラ食品の片平に会いに行く。

片平は遅かった、ある居酒屋を買収するので買えないと断られる。

片平の原点だと言う宇都宮餃子をごちそうになり樫村は片平の皮の蘊蓄を聞きながら片平にも食の愛情を感じ別を当たろうと言う宮内を制し片平しか居ないと言う。

新潟屋に付加価値を付ければ気が変わるのでは?と考えていた。

香港市場を視野に入れ山本に相談していたが山本は小澤に売るしかないと考えていた。

諦めかけた時に香港のウオンさんが山本と一緒に新潟屋から電話をかけてきた。

そしてカタヒラ食品と業務提携にこぎ着けた。

全てが終わりデリシャスフードの再建の目処ができると樫村は自分は経営に携わる事から身を引き十和子を社長に就任させ結城と一緒にデリシャスフードを任せることにした。

会社に残って荷物の片付けをしていたら柏木から呼ばれた。真っ暗な事務所が突如明るくなり社員達の拍手が沸き起こる。

感謝のサプライズが始まった。

そこには明子達家族の花束贈呈も用意されていた。

2019年5月、樫村はまたジョギングをしていた。

宮内と相変わらず仕事をしていた。

そこへ山本から電話がありウオンさんの口利きで雇われ社長を香港でしてると報告がある。

そしてまた仕事の依頼があった。

会社の再建だ。

宮内と再建請負人を変わらずやっていた。

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の感想

最後にまた十和子からメインバンクを変えられ元後輩達が土下座している所がスッキリです。

強いものひれ伏し弱い物をバカにしていた報いを受けろと思いました。

小澤も逃した魚は大きかったんじゃないですか?

全て丸く収まった感じですが樫村が辞めてしまうとは思いませんでした。

結局、怪しい占い師が言った女難の相は分からなかったですね。

占い師居なくなってしまいましたしね。

樫村が辞めたのは結局、食に愛情を注いでる人がこれからの経営を力を合わせれば良い。

自分は立て直すまでが仕事だと言うメッセージなのかな?と解釈しました。

カッコいいと思いました。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ペンネ

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレ

デリシャスフーズに100憶円以上の債務があるとマスコミに情報が流れ、株価が下がります。

山本は狼狽します。

誰が情報をリークしたのか樫村達が推測しましたが、伊坂商事の小沢が疑われます。

小沢は山本に10憶で株を買い取ると持ちかけていました。

どうやら小沢がデリシャスフーズの買収を狙っているのではと樫村達は考え小沢に会うとGOOD BAD方式でデリシャスフーズの優良ブランドだけ欲しいと言います。

銀行は提携先が十和子フーズだけでは不十分で会社を伊坂商事に売却するか分割売却するしかないと言い樫村に決断を迫ります。

そこで宮内と樫村は山本に香港の会社との提携を進めさせ新潟屋のブランド価値を上げて片平社長に買って貰うように交渉し、小沢の計画に対抗し成功します。

樫村は結城を顧問に迎え、岡田がデリシャスフーズの社長になります。そして樫村は惜しまれつつ退職します。

そして、再び別の企業再建の仕事に挑みます。

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の感想

樫村が小沢に裏切られて、もはや、これまでかと思いましたが、山本を説得して香港との提携話を進めさせた粘りは凄かったです。

そして、片平の翻意を翻させて片平を味方につけた粘りも更に、劇的な成功でした。

そして樫村が銀行を辞めて苦悩していた時からデリシャスフーズの再建の道筋を付ける段階に至り、妻との会話で、デリシャスフーズに入って最後のチャンスだと思ったが、人生には諦めなければチャンスはいくらでもある。と言った言葉には重みがありました。

更に、退職を決めて、北京秋店の従業員等が樫村から夢を与えて貰って感謝していると言い、拍手で送りだされる場面は感動的な場面でした。

樫村は山本から新たなIT会社の再建話を持ち掛けられ、企業再建のプロとしての道を歩むのではと期待します。

ペンネーム:ペンネ(60代・男性)

青紅葉

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレ

伊坂商事と十和子フードに再生支援を要請していたデリシャス・フードは準備を進めている中、「含み損百億円以上倒産の危機」とニュースでスクープされる。

その情報を流したのは伊坂商事の小沢常務だといううわさが流れ、さらに株価が下がっていく。

樫村はデリシャス・フードの筆頭株主の山本に、株を売ってくれるよう催促するが、山本は裏で小沢常務と連絡をとっていた。

樫村は宮内らとともに、新たなる支援先を探しに奔走する。

一度は断ったカタヒラ食品に新潟屋を買ってもらえるよう頼みに二人は、宇都宮へ向かう。

そこで片平の飲食業界に対する情熱を感じた樫村は、何としても片平に新潟屋を買ってもらいたいと考える。

新潟屋に付加価値を付けて、再度片平のもとを訪れる。

片平は承諾し、デリシャス・フードは再建することに成功する。

元オーナーの結城、十和子フードの岡田、カタヒラ食品の片平の三人を分割したそれぞれの会社の責任者にして、樫村は自らは退任することを決める。

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の感想

最終回まで、裏切るもの、ねたむもの、おもねるものが次々に出てくるので、はらはらしながら見ていました。

おそらく、最後は再生に成功するのだろうとは感じていました(願っていました)が、そこへのストーリー展開が面白かったです。

デリシャス・フードの社員、北京飯店や、モンゴルの庭、新潟屋などで働く従業員のひたむきで、社長を信じて自分たちの仕事に頑張る姿がこのドラマを支えていたように最終回を見ることでより強く感じました。

菱光銀行港南支店の融資の態度の急変ぶりには最後まで、憤慨させられました。

実際、銀行員の物腰や言葉はあんなにひどいものではありません。

ペンネーム:青紅葉(40代・女性)

はるか

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじネタバレ

デリシャスフードに負債が、ある事が、暴露されてしまい樫村は、慌てます。

買収されないためには、デリシャスフードを支援してくれるよう説得するしかありません。

しかし、買収先の会社が、大手である事からどの会社も支援してくれません。

そんな時に海外の企業の支援チャンスを獲得した樫村は、デリシャスフードを立て直せる事になりました。

しかし、デリシャスフードのたまに株主に損させた山本が、退職する事を聞き樫村も社長を辞任することにします。

樫村は、デリシャスフード退職後は、宮内と行動を共にしていた。

そして、山本から他の会社を立て直す相談の電話を受ける。

『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)の感想

樫村が、デリシャスフードの社長を辞める必要が、あるのか不思議でした。

株の投資家の山本のためを思うならデリシャスフードで雇用するなどすればいいいのにと思いました。

そうはいってもこの不器用さが、樫村なのかなと思いました。

ラストは、デリシャスフードを裏切った社員も又、働きだしたりして何だかそれありなのとツッコミたくなる展開もありました。

でも銀行員時代からの仲間の宮内が、敵にならなくて良かったです。

ラストで宮内と仲良くしているシーンは、嬉しかったです。

経済の物語でしたが、分かりやすく楽しく観れるドラマでした。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第8話(最終回)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10月からは同枠で唐沢寿明さん主演の『ハラスメントゲーム』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA