ラストチャンス再生請負人|3話の動画見逃し無料視聴はこちら【7月30日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

仲村トオルさん主演ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話(2018年7月30日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ラストチャンス 再生請負人』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ラストチャンス 再生請負人』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ラストチャンス 再生請負人』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ラストチャンス 再生請負人』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年7月30日(月)放送終了〜2018年8月6日(月)22時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ラストチャンス 再生請負人』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラストチャンス 再生請負人』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラストチャンス 再生請負人』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』は複数のVODで見逃し動画が配信されていますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になっています。

その中で唯一、見放題で配信されているのがParaviになります。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ラストチャンス 再生請負人』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のParaviへのリンクからご覧ください!

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじは?

2018年7月30日(月)22時00分より放送のドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじをご紹介します。

デリシャス・フードはフランチャイズ権をオーナーに売る一方で、将来買い戻すという“裏契約”を交わし、資金繰りをしていた。

“含み損”が百億円以上に上ると知った樫村(仲村トオル)は驚愕する。

社長の大友(本田博太郎)は憤り、社長を辞任すると言い出す。

誰が次の社長をやるのか…?緊急取締役会で山本(大谷亮平)は前触れもなく突然、樫村に社長就任を依頼する。

困った樫村は妻や子供たちに相談するが…。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はるか
楽しみなのは、裏取引により100億を超える支払いをどうするのかという所です。

樫村が、経済に詳しい銀行員だったとしても100億というのは、とんでもない金額です。

社長の大友は、逃げ出すけれど樫村は、この会社の株を500万円で買っているので逃げられないですね。

樫村は、優秀なのでこの問題も宮内などのアドバイスで乗り切れそうだと思います。

楽しみな所は、モンゴル村を樫村が、人気店にしてくのかという所です。

店長も従業員も樫村を頼りにしているのできれいな店舗にして人気店になるのを楽しみにしています。

しかし、フランチャイズ店の怖さも分かるドラマですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

snktsk
第3話ではフランチャイズ権の買い戻しを約束した裏契約で130億円の含み損があることが明るみにでて大問題になります。

社長の大友は憤り、社長を辞任すると言い出し、緊急取締役会で山本が樫村を次の社長に指名します。

社長に就任することにより樫村による経営再建はやりやすくなる半面、前任者たちのその場しのぎで詐欺的な経営手法の付けをすべて樫村が背負うことになり先行きが心配です。

会社の実態を調査する中で知った真面目に働く社員たちを守りたいと思う樫村に対し、出資者の山本や元同僚の宮内などが最後まで味方なのか、どこかの時点で目先の利益を優先して裏切るのか目を離せないドラマです。

ペンネーム:snktsk(60代・男性)

しーちゃん母さん
予告では借金130億越えの会社の社長に樫村がなるようですよね。

となると、大谷亮平さんも実は悪いヤツですかねぇ。

最初っから樫村に借金背負わせようとか言うつもりでコンサルタントを頼んだのかも?と思ってしまいます。

このドラマ誰がイイ人で誰が敵なのか分からないですね。

十和子さんと奥さんも初めまして、とか挨拶してたので女の戦いも始まるんでしょうか?でき過ぎの奥さんですけどフラフラって女社長にいってしまう樫村も何処にでも居る鼻の下が伸びたオジサンっぽくて現実味があって良いかもしれません。

元同期の椎名桔平もデリシャスフードの社長とゴルフしてたし何だか胡散臭いですね。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

たかし

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

銀行を辞め転職し飲食業界フランチャイズ事業を展開する企業「デリシャスフード」に最高財務責任者として転職した樫村は、会社の現在の経済状況を把握するため、調査を開始する。

そんな中で発覚したのが、130億もの負債額が存在する事実を知ります。

これは、前社長が金策の為、苦肉の策としてあの手この手で、会社をなんとか存続させようとしたことが原因です。

そしてその事実を知った現社長は、それを理由とし簡単に社長の座を降りてしまいます。

緊急の取締役が開かれ、新社長として指名されたのが、なんと樫村なのです。

樫村は社長を引き受け物語は進みます。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

「ラストチャンス」第三話。いいですね。

第三回目にして、どはまりしてしまいした。

ビジネスというフィールドを中心に様々な人間模様やドラマが見れて面白いです。

主人公の樫村は、正直で誠実な人柄が実は損しているような感じもしますが、その情熱が最後には人の心を動かしていくのかなとも感じますね。

そして、悪事はいつかばれるし、それを正さない限りは、何も事態は好転しないということがわかります。

経済活動というのは、見方を変えれば非常にこっけいなものだなとも感じます。

お金は人間が作ったルール。

そのルールの中での人生はゲームなのです。

ペンネーム:たかし(40代・男性)

はるか

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

デリシャス・フードに100億を超える負債が、ある事を社長に伝えると社長は、すぐに辞任してしまう。

社員達の樫村に社長になってもらいたいという意見を聞き樫村は、社長に就任する。

そんな時に岸野聡が、デリシャス・フードを退職すると言い出した。

樫村が、理由を聞くと負債に対しての責任だと言う。

樫村は、責任だと思うならデリシャス・フードを支えてくれと協力を呼びかける。

樫村と共に改めて働く事にした岸野は、フランチャイズ店に金額の支払いの相談に出向いていた。

デリシャス・フードの融資を頼んだ相手には、銀行時代の後輩もいた。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

負債額を聞いた社長が、慌てて逃げ出す様子が、コメデイドラマのような演出で面白かったです。

しかし、デリシャス・フードの負債額と資本を考えると社長の気持ちも分かります。

樫村と社員達が、能力のある人材であることが、現在のデリシャス・フードの強みだと思います。

良い人材は、資本の額よりも貴重であると思わせるドラマですね。

宮内が、コンサルティングを引き受けてくれたので力強い味方です。

フランチャイズ店での金銭のやりとりをみているとそんな方法でお金をやりくりしているんだと興味深いです。

樫村が、どんな相手にも対等に接する所が、頼もしいです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

TOUGH PEPPER

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

フランチャイズ権の虚偽販売によりデリシャスフードは経営危機に陥る。

社長の大友は逃げるように退任し、投資ファンド山本の推薦で樫村が社長に就任する。

リストラ前に所属していたちとせ銀行に融資増加の依頼をするが、担当者となった元部下の反応は冷たい。

経営立て直しのためにちとせ銀行時代の同僚の宮内に経営コンサルタントを依頼し、直営店の50%を閉店することにする。

樫村は直営店に向かい、閉店の意図を説明するが社員の残念さ、無念さがやるせない。

その時十和田フードの社長の教え「社長のコツは従業員に夢を持って働いてもらい、その情熱を店舗に生かすこと」という言葉を思い出し、良質な料理を提供するも赤字だった中華チェーンに閉店の代わりに二ヶ月で売上を上げる提案をする。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

毎週楽しみに見ています。

今期一番見応えがあると言っても過言ではないと思います。

役者さんも皆さんベテランで演技も見応えがありますが、今回いつも穏やかな役の多い大谷良平さんが、取り乱して怒っている姿がとても印象的でした。

銀行からきた社長さんだと数字の面を重視し、社員のモチベーションまで維持するところはなかなか難しいのではないかと思いますが、勝村さん演じる岸野さんの辞意を留意したところや、社員の熱意を尊重するところなどは見ていて好感が持て、このまま会社を立て直すことで報われたらなぁと思うのですが、ドラマなのでそう簡単ではないのでしょうね。

ペンネーム:TOUGH PEPPER(30代・女性)

ともちゃん

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

デリシャスフードはオーナーにフランチャイズ権を売りゆくゆくは買い戻すと言う口約束の詐欺のような取引を繰り返していた。

社長は前オーナーのゆうきから何も聞いてない、自分は何もしなくていいと言われた、どうすればいいんだ、と逆ギレで頼りない。

逃げ腰で自分の持ち株の行方しか頭にない大友に社員の不安は募る。

緊急役員会で樫村は社長になって欲しいと言われる。

困って妻に相談するが成り行きで社長になってしまう。

100億以上の含み損を抱えたデリシャスフードは古巣の銀行に融資を頼むがいくら再生すると説明しても融資をかつての後輩から軽く断られる。

そこで元同期の宮内にコンサルティング契約を依頼する。

宮内は社長就任のお祝いにバーベキューに誘い、そこには十和子も駆けつけた。

樫村は先ず徹底的に契約書を洗い直す事から始める。

オーナーに直接会い返済期限を伸ばしてもらうようにお願いする。

その中で金融会社の社長がフランチャイズ契約をしているのに1件も出店してないことに気が付く。

それが、かつて7億を返せと会社に怒鳴り込んできたオーナーだった。

期限は今月一杯だと言う。

樫村は1件でも店を出さないかと持ちかけるも怒りだす。

宮内は赤字の店舗は半分閉鎖するしかないと提案し頑張ってるスタッフに頭を下げて閉鎖を告げるのだがリストラが社長の仕事なのか、再生する為に来たのではないのか、と言われてしまう。

スタッフの一生懸命さに樫村は十和子がバーベキューの時に言った自分は社員が楽しく働く事が一番だと思うと言う言葉を思い出す。

そこで2ヶ月で立て直して欲しいと猶予を与える。

それから閉鎖の判断をすると言う事にした。

会社では次々オーナー達が押し掛け大変な騒ぎになっていた。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

莫大な大赤字の会社の社長に成り行きでなってしまうなんて本当にお人好しですよね、樫村。

新しいメニューとか、店をきれいにするとかそんなにお金がかかる事ですかね?素人なのでよく分かりませんが、どうせ閉鎖されそうならお金をかけずに、どんどん新しい事にチャレンジしてみればいいと思います。

十和子社長、本当に幸運の女神っぽいですね。

何気なく言った一言が樫村の心を動かしましたよ。

エリート銀行マンだった樫村ですが次から次に色んな事が起きますね。

人が良すぎてみんなが頼りにしますけど実際の夫だったら離婚考えます。

長谷キョーは出来すぎです。

あんな妻はTVだけだと世の中の旦那は認識して欲しいです。

ペンネーム:ともちゃん(50代・女性)

tuki

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

多額の赤字が発覚した前回。

現社長は、「こんなの聞いてない」と社長を辞めてしまいました。

すると、なぜか主人公が社長になるという話が持ち上がります。

会社の立て直しとセットのため、悩んだ主人公でしたが、最終的には社長の話を受けることにしました。

そして、いざ社長になった後に、さらなる借金があることが発覚します。

そのことを受け、経営責任者は責任を取って辞めるとまで言い出しまたが、だからこそ、辞めるなと引き留め、一緒に会社を立て直すことになりました。

最初こそ、赤字経営のチェーン店を占める方向で動いていたが、部下の彼女の言葉を受け、閉めない方向で模索すると決意します。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

人それぞれにメリットとデメリットの違いがあるからでしょうか?

なんで、そういうことになっちゃったのかが正直よくわかりません。

そもそも前回の、チェーン店を余分に契約したらお金がもらえるって時点で不思議な契約なのに、今回の、当面の金を稼ぐためだけの見せかけ契約をしてたって話も本当に謎なんですよね。

そんなの、ちょっと抜いても大丈夫だろうと基礎がおろそかになる欠陥住宅みたいなものじゃないですか。

当然、何かあれば崩壊しますよね。

そんな目先の利益にとらわれた人たちの集まりだったのがこの会社だったんでしょう。

あの社長だってそんな感じだったですし、ちゃんと社長って会社の看板なんだなと妙な関心すらします。

ドラマとしては、そのくらい酷い状態の方が、主人公がどう立て直していくのかが楽しみになりますよね。

ペンネーム:tuki(20代・男性)

川本和延

『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじネタバレ

デリシャス・フードはフランチャイズ権をオーナーに売る一方で将来買い戻すという契約を交わし、資金繰りをしていた含み損が百数十億円と知った樫村(仲村トオル)は驚愕する。

社長の大友は憤り、取締役会を開き社長を辞任する。

緊急取締役会で筆頭株主の山本から社長就任を依頼され、古参社員の岸野(勝村正信)を始め、皆が樫村社長就任を依頼し、樫村は承諾せざるを得ない事態になる。

悩む樫村は家族に相談し、夢を実現してと応援される。

突然、易者(ミッキー・カーチス)がまたしても「定めだね、七味唐辛子を浴びだしたね」と言われ、再度、人生の七味唐辛子を思い出す樫村。

腹をくくり社長就任を決断する。

各地のオーナーに返金を待ってくれること、デリシャス・フードを支援してくれる企業を見つけることを課題としてあげる。

退職願を出す岸野に役員となって一緒にやろうと言う樫村に両手を握ってうなずく岸野、そしてその課題解決に役員・社員が奔走する。

また同時にちとせ銀行の同期である宮内にコンサルタント契約を結ぶ樫村。

かけずりまわる社長以下が必死にオーナーや出身銀行に頼むが冷徹かつひどい言葉を浴びされる。

また宮内に経営資源を集中させることを提案される。

助言に従い、不採算店を閉鎖するために説得する樫村が苦悩の日々を過ごす。

北京秋天の女性社員から社長の仕事は社長の仕事は社員にビジョンと夢を与えることと言われ、ある女性社長の経験談を思い起こす。

2カ月間の猶予を与える。

切羽詰まる樫村。

『ラストチャンス 再生請負人』第3話の感想

第2話に更に一つ突っ込んだんストーリーになっている。

但し、瀬戸際に立つデリシャス・フードの再建に比較的に安易に受けるところの詰めが甘い印象を受けた。

実態は相当な悩みや今後の生き方について思案すると思う。

まだ10年以上働くことを考えれば、そういった人間の揺れる姿を深堀して欲しかった。

しかし全体的なストーリーは面白さを覚えた。

第2の人生としてあり得るものだからビジネスマンであれば皆が関心を示す内容だと思っている。

仲村トオルが年を重ね、渋い顔になってよく役どころにはまってている。

椎名桔平やミッキー・カーチス、水野美紀も役どころにはまっている。

キャスト全般がこのストーリーに適役だと感じている。

ペンネーム:川本和延(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA