ドラマ【この世界の片隅に】4話ネタバレと感想。径子と久夫・晴美の涙の別れ

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第2話が2018年8月5(日)に放送されましたね。

ドラまる
『この世界の片隅に』も第4話!

リンや水原が物語に登場してきそうだよ!

ラマちゃん
そうね。

周作との距離がどんどん近づいているすずだけど、まだまだ何波乱かありそうよね。

さ~一緒に物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第4話のネタバレあらすじと感想は?

第4話:りんどうの花に告げられた不安

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られてしまいます。

憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれます。

何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまいました。

その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配しつつも、すずに間諜行為なんてできるわけがないと、憲兵が帰るまで笑いを堪えるのに必死だったことを周作(松坂桃李)に話します。

しかし、夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にします。

この唐突な発言に サン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)は不快感を露にしますが、円太郎が、サンが径子を妊娠した時と同じであることを指摘すると、サンわ笑って円太郎と仲睦まじい姿を見せます。

それを見た径子は、夫に先立たれ独り身の自分に、仲良さげな夫婦姿を見せつけられ、辟易とした表情を浮かべるのでした。

翌日、妊娠しているかもしれないすずに代わって、様々な家事をしていると、幸子(伊藤沙莉)志野(土村芳)に驚かれます。

志野は、径子の優しさに思わず「意外」と口走ってしまいます。

もちろん、径子はこの言葉を聞き逃しません。

志野に、一体自分の事を家や近所でどう聞いてるのかと尋ねます。

志野は、困った表情で「言えんです。」と返すのでした。

すずは、病院の帰り道に朝日遊郭を訪れました。

すずは、ナガノキから見える景色を絵に描いてプレゼントするつもりだったが、憲兵に見つかり怒られた話をします。

リン(二階堂ふみ)は、たまらず大笑いしてしまいます。

しかし、病院の帰りと聞いて、心配そうな表情を浮かべます。

すずは、妊娠しているかもという事で、受診したが、残念ながらご懐妊では無かったという話をします。

北條家の皆が、すずの懐妊を楽しみにしていた為、がっかりさせてしまうかもと項垂れます。

ですが、すぐに遊郭勤めのリンに悪いことをしたと思い謝ります。

リンは、自分の母親がお産の為、歯が抜けたり、最終的にお産で亡くなっているため、楽しみな気持ちがわからないと言います。

すずは、嫁ぐという事は、その家の立派な跡取りを産むことが義務だと話します。

何となく話題を変えたいすずは、リンに苗字を尋ねました。

リンは、自分のフルネームは「白木リン」だと教えます。

そして、首から下げてる袋から、自分の事が書いてあるという紙を取り出します。

それを見せてもらったすずは、「キレイな字」と褒めます。

リンは、大切なお客様に書いてもらったと言います。

その人は、「字を書くこと」が仕事だということも。

ひとしきりそんな世間話に花を咲かせると、すずは北條の家へと帰っていきます。

リンは、そんなすずを見送りながら複雑な笑顔を浮かべるのでした。

その頃、すずの帰りを待つ径子、幸子、志野は、井戸で野菜を洗いながら、径子が懐妊するまでの話をしていました。

結婚後、中々子どもが授かれなかった径子は、それを理由に姑から離縁させられそうになっていました。

しかし、無事に懐妊できて、内心ざまぁみろと思った事や、姑の悔しそうな顔にすっとしたという話を聞かせます。

ですが、結果的に、夫が先だった今、径子はいらないが息子は渡さないと言われてしまっているとため息をつきます。

志野は、もしすずがおめでたじゃなかったとしても、優しくしてあげてほしいと径子にお願いします。

志野は、結婚し、旦那が出征する前に子どもがほしいと言われていたそうですが、残念ながら間に合わず、がっかりされてしまったという話をします。

「嫁は、大変。」そんな話で盛り上がるのでした。

そこへ、すずが帰ってきました。

径子は、「どっち?」と尋ねると、すずは妊娠していなかった旨を告げます。

すると、いつもの調子で引っ張り出し、水くみを代わるように言います。

それは、いつもと変わらない態度で接するという径子なりの優しさでした。

その夜、そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきました。

広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのです。

久夫はある決意を持って北條家を訪れていました。

径子もそれは薄々気付いています。

久しぶりに会えた久夫に、径子はごちそうを用意します。

楽しい団欒の時間は、夕食後も続きます。

しかし、久夫は話を切り出そうとします。

径子は、久夫の話を聞きたくないと思い、寝所を用意する関係ですずを連れて立ち上がろうとします。

ですが、久夫は、径子を呼び止め話があると言います。

久夫の真剣な様子に、円太郎、サン、周作もどんな話か悟りました。

とにかく話を聞きたくない径子を座らせます。

久夫は話し始めました。

  • 径子が黒村の家と離縁するのは、どうしようもないことだということ。
  • 久夫の祖母であり、径子の姑と径子が一緒にいるとうまくいかないということ。
  • でもそれは、どちらかが悪いという事ではなく、どちらも悪いということ。
  • つまりは、一緒に生きていくことはできないということ。
  • 自分が黒村の家を出るということは、黒村の家を継ぐ者がいなくなってしまうということ。

径子は、そんな久夫に、自分は裁判になってでも久夫を取り戻したいと思っていることを伝えました。

しかし、久夫は、はっきりと言いました。

「僕は、黒村の家に残る。あの家で生きていく。お母ちゃんと晴美とは別れて生きていく。そう決めた。その気持ちを伝えに来たんじゃ。」

径子は、おばあちゃんには言ったのかと尋ねます。

久夫は、最初に径子に話したことを告げます。

径子は、久夫に言いました。

「お父ちゃん、そっくりじゃ。」

すると、びっくりした円太郎が声をあげます。

径子は、そのお父ちゃんじゃないと、いつもの調子で返します。

重くなった空気は一変し、皆笑いがこみあげてきました。

その夜は、別れを惜しむかのように、径子・久夫・晴美の3人で楽しく過ごすのでした。

翌朝、久夫は荷物をまとめて帰っていきます。

長男として、径子と晴美をお願いしますとしっかりした挨拶をサンとすずにすると、振り返ることなく歩いていきます。

その背中を見送る径子でしたが、たまらず追いかけました。

追いつくと久夫をは、涙をこぼしていました。

径子は、久夫に「電停まで一緒に行こう。」といい、手を繋いで歩くのでした。

久夫を見送った径子が、戻ってくると、勤めに出ると言いました。

すずに晴美の事を頼むと告げると、晴美が立ち上がり尋ねました。

「お母ちゃん。うちはええん?お兄ちゃんの取り合いしとるけど、うちはええん?うちはええんじゃね?取り合いせんのんじゃね。」

径子は、そういうことではないと晴美を慰めました。

すずは、径子の涙を見ないよう、空を仰ぐのでした。

時は進んで、昭和19年10月を迎えました。

径子は、作業所に奉仕に出るようになっていました。

すずはと言うと、空襲警報の頻度が増えてきたため、親戚から、生活用品だけでも疎開をというお願いを受け入れ、その片付けをしつつ、冬支度も始め、忙しい日々を送っていました。

そんな折、納屋で一つの茶碗を見つけました。

そのきれいな茶碗に惚れ惚れとしつつ、作業を続けていると、親戚とサンが話している声が聞こえてきました。

すずが、いいお嫁さんであるということ。

そして、周作に以前あった結婚話が気の迷いでよかったという話が。

すずは、何も聞こえなかったような顔で、サンに納屋にあった茶碗の持ち主について尋ねます。

サンは、知らないと答えます。

仕事から帰ってきた径子にも尋ねますが、径子も知らないと答えます。

周作に尋ねると、周作は知っていました。

そして、以前に、街で見かけて、きれいな茶碗だから、いつか自分の嫁さんに使ってもらおうと思って買っておいたと言います。

嫁さんと聞いて、すずは、自分が使っていいのかと尋ねます。

一瞬、困惑の表情を浮かべる周作でしたが、それを肯定します。

しかし、すずは、もったいないからとひとまず取っておくことにしました。

翌日、晴美が一生懸命コクバを拾っているところに、すずがやってきました。

その場所には、きれいなりんどうが咲いています。

りんどうの花を見ながら作業をしていると、その花に似た茶碗の絵柄を思い出します。

  • そして、そんな花に似た柄の着物を着ていたりんのこと。
  • りんがナガノキのことを、よく知っていたこと。
  • そして、周作には以前結婚話があったこと。
  • りんが言っていた優しいお客さんは、「字の仕事をしている」ということ。

すずは、周作の以前の好きな人が、りんだと分かってしまいました。

昔の事だけれども、とんでもない偶然にすずの心は乱れてしまいます。

しかし、誰にも言えぬまま、昭和19年11月を迎えました。

日に日に、食糧事情は悪くなってきていました。

お米が足りないので、今夜はすいとん。

すずと晴美は、小麦粉をこねていました。

すいとんは、ごはんの代用品と晴美に話すと、自分も代用品なのではと落ち込んでしまいます。

その夜、すいとんを皆でつついていると、径子を筆頭に、代用品は冴えん、代用品だからしょうがない、代用品でもあるだけ贅沢、と代用品を連呼されてしまいます。

何となくその言葉に対してナイーブになっていたすずは、更に落ち込んでしまいます。

その夜、代用品である自分と思ってしまい、思わず周作を拒否してしまいます。

子どもができないことをすずが気にしているのかと、気かけますが。

すずは、自分が周作にとって、リンの代用品であるという気持ちが拭えません。

それでも、本当の気持ちを聞くのが怖いすずは、周作に何も言うことができません。

更に時は進んで、昭和19年12月になりました。

すっかり冬になり、水くみも一苦労です。

そこへやってきたのは…水原哲(村上虹郎)でした。

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第4話の感想は?

すっかり径子とすずが仲良くなった感じですね。

すずの体調不良が、懐妊でないと分かった時のいつも通りの態度や憲兵に怒られた後の態度が、すっかり身内になったなぁと思いました。

今回は、周作とリンの関係について、すずが悟ってしまい、先週のラブラブモードから一転、落ち込んでしまうすずが心配になってしまいました。

しかも、ラストには初恋の相手の水原哲もやってきて…

恋のダブルトライアングルが勃発するんですかね??

とはいえ、まだ喧嘩らしい喧嘩もしたことがない周作とすずですから、結果的にこれが2人の仲を深めるのだと思っていますよ♪

そして、径子親子の話には、涙がこぼれてしまいましたね。

久夫のしっかり具合も、帰り際に追いかけて行った径子を振り返った時の涙も、胸が締め付けられるようでした。

このエピソードの中で、円太郎のコミカルな対応が、和ませてくれましたね。

そして、晴美の久夫は取り合われるのに、自分はそうじゃないことに寂しさを感じていたことにもいじらしさを感じました。

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第4話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
そうだね。

最初は、「小姑・径子、襲来!」とか言われてたのが、嘘のようだね(笑)

ラマちゃん
普通でいてくれる優しさってあるわよね。

ドラまる
これが、女の勘ってやつなのかな。
ラマちゃん
そうよ!

大切な人相手の、女の勘は鋭いんだから(笑)

ドラまる
本当にこの晴美ちゃんの言葉は、切なかったね。

お兄ちゃんは、ずっと取り合われてるのに、自分はってその小さい心を傷つけてたんだね。

ラマちゃん
ずっと我慢していた気持ちがあふれ出したのがわかって、本当に切なかったわね。

スポンサーリンク

ドラマ『この世界の片隅に』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

『この世界の片隅に』放送終了から1週間以内はTverやTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

TBSフリーはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『この世界の片隅に』4話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第5話のあらすじは?

2018年8月12日(日)21時〜放送のドラマ『この世界の片隅に』第5話のあらすじをご紹介します。

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。

水原はすずに会いに来たと言う。

すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。

サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。

しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。

水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。

二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。

水原は戦艦での様子や思いを吐露する。

それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。

そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』第4話のネタバレ有りの感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
水原もやってきて、切ない恋模様は佳境かな?

来週は、すずと周作と水原の三角関係にスポットライトが当たりそうだね!

ラマちゃん
そして、呉にも空襲がやってくるということで、戦争の影がドラマの中でも顕著になりそうよ。

飛行機が飛来するシーンは、本当に恐怖だったわ。

来週の放送も楽しみにしていきましょうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA