刑事7人2018(第4シリーズ)3話の動画無料視聴はこちら【7月25日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

『刑事7人 第4シリーズ』第3話(2018年7月25日(水)21時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『刑事7人 第4シリーズ』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『刑事7人 第4シリーズ』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『刑事7人 第4シリーズ』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『刑事7人 第4シリーズ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『刑事7人 第4シリーズ』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年7月25日(水)放送終了後〜2018年8月1日(水)19時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『刑事7人 第4シリーズ』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『刑事7人 第4シリーズ』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『刑事7人 第4シリーズ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『刑事7人 第4シリーズ』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
7月を例に出すと、7月1日〜7月31日が無料期間になります。

仮に7月29日に登録をしてしまうと、無料期間は7月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話のあらすじ

2018年7月25日(水)放送のドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話のあらすじをご紹介します。

刑事資料係の天樹悠(東山紀之)がパソコンにデータ入力をしていると、新人の後輩・野々村拓海(白洲迅)がコーヒーを差し入れた。

朝から騒々しく「いつか一課の刑事になりたい!」と夢を語る野々村に「向いてないと思うよ」と一言。

焦る野々村に「地道に結果を出して行くしかない」と告げる。

そんな中、森下康子(手塚理美)と名乗る女性が刑事資料係を訪れる。

康子の息子・正隆(若林時英)が半年前に川辺で亡くなり自殺と判断されたが、その正隆が亡くなる一週間前に中古マンションの見積もりを取っていたことが発覚。

家を買おうと思っていた矢先に自殺するとは考えられないと訴える。

天樹だったら話を聞いてくれるかもしれないと聞いて資料係に来たと語る康子に、野々村は自分が捜査をすると立候補。

それとなく天樹や青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)に再捜査方法を聞きながら独自に捜査を始める。

一方、二課の刑事に未決の詐欺事件の資料を集めてくれと頼まれた天樹。

『振り込め詐欺』『架空請求詐欺』『融資詐欺』などの未決事案を集約していく中、天樹は『仮想通貨詐欺』のある箇所に引っ掛かり、取調べを見学したいと申し出る。

天樹いわく、二課が現在取調べている振り込め詐欺と未決の仮想通貨詐欺事案には裕福な年配者ばかりを狙っているという共通点があり、おそらく一連の詐欺グループを束ねている巨大な組織が存在するはずだという。

その頃、正隆が何かのトラブルに巻き込まれていたと知った野々村は法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)の元へ。

そこで正隆の体には過去に虐待をされたような古い傷があると告げられる。

いじめの線を考えた野々村は、同級生の浅倉真司(桜田通)らに話を聞きに行くが、その後何者かに襲われ、行方不明となってしまい…?

果たして天樹たちは仲間の危機を救うことができるのか?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

おおやまだ
刑事7人の3話に片岡愛之助さんがでるようだ。

前シリーズで死んだと思っていましたが?

生きていたのでしょうか?

どんな役割で出演なのかわかりませんが、こうなると高嶋政宏さんもいつか出演するのではないかと期待してしまいますよね。

だって、出演しない理由も、いま役柄としてどこで何をしているかも話題にすらなっていない。

刑事7人以上を期待しながら観たいと思います。

旧シリーズからのファンとしては、とてもいいパターンではないでしょうか。

片岡愛之助さんが出演することは展開予想すら立ちませんが、どういう理由で生きていたのか教えてほしいものです。

ペンネーム:おおやまだ(40代・女性)

もちこ
3話も盛りだくさんな内容が展開されるようですね。

現代社会でも問題になっている年配者を狙った振り込め詐欺や、架空請求詐欺、融資詐欺そして、なんと仮想通貨詐欺など、これでもかというくらい詐欺グループが関与する事件がてんこ盛りで登場するそうです。

振り込め詐欺だけでも、どうやって解決していいかわからないのに、こんなにいろんな詐欺がでてきて、どうやって、天樹さんが解決してくれるのか興味津々です。

実際の捜査でも役立つことがあればいいなあと期待しています。

それから、詐欺だけにとどまらず、今回は若者の死からいじめの問題も出て来そうです。

若者によるいじめ問題も社会では深刻ですよね。

天樹さんによい解決方法を披露して欲しいと期待しています。

ペンネーム:もちこ(40代・女性)

さきママ
今回、頑張りを見せてくれた野々村が、次回で何か事件に巻き込まれたような様子があったので、心配しています。

刑事になりたかった感情が強い分、どこか暴走しそうな感じも見受けられました。

そんな暴走が、事件に巻き込まれるキッカケとなるのではないかと感じています。

そして、どうやら山下が出てくるようだと言うところには、興奮を覚えています。

犯罪を犯してしまったとはいえ、元の仲間です。

ただ、そんな山下が出てくるということは、野々村の事件は、困難を極めるのだろうかと余計に心配になりました。

それでも、天樹達は当たり前に野々村を救うと信じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

飛べないアヒル
天樹刑事の後輩野々村は、一課の刑事になりたいと奮闘を続けるが、天樹はそれを冷静に見ながら結果を出すしかないと助言します。

そんな折、森下康子という女性が資料係を訪れ、息子が半年前に自殺したとされることが納得できず、天樹刑事に調べて欲しいと頼みます。

自殺する一週間前に中古マンションを購入しようとしていたことが自殺ではないと考える理由でした。

野々村は自ら捜査をすることを申し出、天樹や青山、水田に捜査手法を聴きながら独自の捜査を開始します。

天樹は、二課の詐欺事件の未決事件を手伝う中で、巨大な詐欺グループの組織の存在に気づきます。

野々村は、森下の息子がトラブルに巻き込まれていた事実を突き止め、堂本教授のもとを訪れた後、何者かに襲撃を受け行方不明となります。

そこに黒幕として登場するのが、元の仲間の存在が浮上し、事件の真相解明にそれぞれの刑事が奮闘するようです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ねこまる
次回予告でかつての仲間である犯罪者・山下が登場していたので、どう絡んでくるのだろうとワクワクしているのですが、公式ホームページの方にはその存在が明らかにされていないので、どういうことなのか気になっています。

服役中の人物がスペシャリストとして活躍するなんて、ドラマでもありなのでしょうか。

また、いよいよ若手の活躍ということで、野々村が頑張る回になっているらしいので、どんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

野々村役の白洲迅はドラマ「愛してたって、秘密はある。」のレギュラーとしていい演技をしていたのを知っているので、うるさがられるだけの若者役を卒業する様子を楽しみにしています。

ペンネーム:ねこまる(40代・女性)

まんぼう
予告編によると新人の野々村が何者かに拉致されるようです。

そしてあの人の力を借りるような映像がありました。

あの人とはなんと前回シリーズのラストで捕まった元メンバーの山下(片岡愛之助)です。

こういう形で再登場するとは驚きです。

もしかしたら今後も山下は獄中から何かと手を貸すのかもしれません。

それは果たしてただの善意なのでしょうか?疑問が残ります。

また今回の最後に、天樹が片桐(吉田鋼太郎)に、なぜこのメンバーが再び集められたのか、と疑問を投げかけ、片桐は一冊の調書を閉じました。

おそらくはその事件がメンバー再結集の理由なのでしょう。

一体、どんな事件なのか、楽しみです。

ペンネーム:まんぼう(50代・男性)

2018年夏ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ラベンダー

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

森下正隆が半年前に遺体で発見され、自殺と判断されたが、森下の母親は納得がいかず、野々村に調べてほしいと伝える。

野々村は一人で捜査を始めるが、天樹たちが心配して手伝うことをしようとしたが、野々村は断った。

天樹は、刑務所にいる山下に会いに行き、事情を話してパソコンで捜査を手伝ってもらう。

天樹は仮想通貨詐欺をしていたグループをつきとめる。

そんな中、野々村が森下の同級生の朝倉に話を聞きに行ったときに襲われる。

顔を水につけられ、殺されそうになっていた。

野々村が森下の母親に電話をしていて、電話の内容をヒントに天樹は野々村の居場所を見つけ、助け出す。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

遺体となって発見された森下正隆が足が悪い母親のために、マンションを買おうとしていたことは素晴らしいと思った。

母親思いの息子を殺した朝倉たちは許せないと思った。

仮想通貨詐欺グループは現代に出てくる犯罪の種類だと感じた。

自分にもそういう投資話があった場合、高額なお金を出させる投資話はおかしいと思わないといけないと感じた。

野々村が一人で捜査を頑張っていたので、大丈夫かと思ったが、やはり襲われることになり、殺されそうになった時はドキドキした。

天樹たちが手伝ってくれて、野々村を救い出したときはやはり頼りになる存在でかっこいいと思った。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

はるか

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

刑事資料係に森下康子が、息子の自殺について捜査をしてほしいと訪ねてくる。

野々村拓海は、この捜査を引き受ける。

他のメンバーに仮の話として相談しながら捜査をすると息子の正隆には、かつて虐待されていたという事が、分かる。

正隆の幼馴染である浅倉慎司を捜査すると正隆が、浅倉慎司の講義している仮想通貨を買っていたという事やかつていじめられていた事が、分かる。

浅倉慎司を尾行する野々村拓海だが、浅倉慎司達に捕まってしまう。

天樹悠は、野々村拓海を助けるために刑務所にいるかつての仲間に協力をしてもらう。

そして、自殺にみせかけて殺害されそうになる野々村拓海を助ける。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

野々村拓海の見せ場のおおい回でした。

声が、うるさいというキャラだけだったのが、刑事としての熱い想いもある刑事だという事が、わかってキャラクターに愛着が、持てました。

仮想通貨詐欺の物語でしたが、最近のご時世を捉えているテーマだなと思いました。

今回は、野々村拓海が、殺害されそうになりドキドキする展開でした。

天樹悠たちが、助けに来てくれて良かったです。

とてもおっちょこちょいだけれどかわいい刑事である野々村拓海の良さが、分かる回でした。

しかし、刑事としての素質を感じますね。

役者さんも若いしこれからこれからが、楽しみな俳優さんですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

飛べないアヒル

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

息子が半年前に自殺として処理されたことに疑念を抱く森下康子と名乗る女性が、所轄や警視庁をまわって再捜査を頼むものの、どこでも断られ、天樹刑事なら聞いてくれるかもという言葉から刑事資料室を訪ねます。

そこにいた新人の野々村が森下を対応し、天樹の代わりに無断で捜査を開始します。

とはいえ、捜査手法がわからず、天樹や青山、水田らにそれとなく助言を求めながら、自分なりに現状確認や交友関係の洗い出しなどに奔走します。

天樹は、それに気付かない振る舞いをしながら、二課の依頼で未決詐欺事件の資料を集め、仮想通貨詐欺との関連を疑い巨大組織の存在を示唆します。

野々村は、森下の息子の死因に不信をもち堂本教授の元を訪れ、古傷の存在からいじめの存在を疑い、同級生たちを聞き込み、その後行方不明となります。

天樹たちは、野々村の異変に気付き行方を捜査する過程で、二課の仮想通貨詐欺の大元にたどり着く必要が出て、天樹はかつての同僚で服役している山下に手助けを依頼します。

間一髪のところで、天城と青山が野々村を救い出し、結果として詐欺集団の大元にも捜査が入ります。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

刑事として一人前になりたい新人の野々村が、どこにも相手にされず、天樹の元を訪ねた女性の依頼に無断で答えて捜査していることを知りつつ、黙認しながら野々村の気持ちを大切にする上司としての天樹刑事の洞察力には驚かされました。

しかも、部下の異変にいち早く気付き、リカバリーのために仲間を動かして救出するという決断の早さも、理想的な上司の行動にも思えました。

警察官が被害者のために動く気持ちの大切さがストーリー全体にあり、そこを仲間でカバーしながら、事件の真相を追求する冷静な洞察力と判断力の大切さとの対比も面白いものでした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まんぼう

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

刑事資料係の新人野々村(白洲迅)は、息子の死が自殺ではないと訴える母親と出会い、その再捜査を約束し、単独で調べ始めます。

一方、天樹(東山紀之)はある特殊詐欺事件の裏に大掛かりな仕組みと背後関係があると読み、動き始めます。

そんな中、野々村が拉致され、犯人グループが特殊詐欺事件と関係がある者たちだと判明。 天樹はかつて仲間で今は刑務所にいる山下(片岡愛之助)の手を借りて、特殊詐欺グループの実態を突き止めます。

野々村の機転により、ぎりぎりのところで駆けつけた天樹たちは、犯人を逮捕し、野々宮は再捜査の結果を母親に知らせます。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

新人の野々宮の頑張りもよかったのですが、今回はやはり山下の再登場が一番の山場といえます。

前回シリーズで殺人を犯し、拳銃自殺を図りますが、間一髪のところで沙村(高嶋政宏)の射撃の方が早かったということで、ほんの一瞬だけ沙村も出てきます。

前シリーズまでのファンなら思わずにやりとする筈です。

その山下と天樹のシーンは、微妙な空気が流れている感じで、妙な緊張感もあって、今回の最大の見せ場だったように思います。

ちょっとしか出番がありませんでしたが、水田(倉科カナ)と青山(塚本高史)のコンビも板についてきた感じがします。

ペンネーム:まんぼう(50代・男性)

みっちりねこ

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

今まで一人で行動することが多かった天樹(東山紀之)がいつになく先輩ぶりを発揮する回です。

後輩の野々村(白洲迅)が、被害者の母親から独自に引き受けてしまった自殺が疑問視される事件と捜査一課に資料請求された詐欺事件をリンクさせ、野々村に対してはアドバイスしか出さず、後ろから温かく見守っています。

ところが容疑者を絞り込んだ野々村がむしろ捕虜になってしまう事態が発生します。

こうなってからの天樹たちは素早く、青山と水田とともに野々村の直前の行動をトレースし、最終的には野々村の機転もあって、無事救出に成功します。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

秘密に捜査をしているはずの野々村の行動がわかりやすすぎて、今まで無駄に騒がしかったぶん、捜査にまい進している今回は健気で可愛らしく思えたくらいでした。

結局自分では事件を解決しきれず、むしろ捕虜になってしまうのですが、先輩方に花を持たせてもらい逮捕をきめた瞬間は、直前に殺されかかっていたのに見事な背負い投げを主犯格にかます、なかなか見事なシーンでした。

それにしても予告で多少は分かっていたとはいえ、前シーズンの犯人として拘置所にいる山下に詐欺グループの抽出を依頼するとはびっくりでした。

PCを持ち込むなど、現実ならば規則違反で懲罰対象なのではないでしょうか。

結果オーライとはいえ、ドラマだなぁと思ってしまいました。

ペンネーム:みっちりねこ(40代・女性)

baysatars

『刑事7人 第4シリーズ』3話のあらすじネタバレ

今回は新人の野々村君が目立ちます。

いつか刑事になりたいと夢を語るも天樹に「向いてないが、地道に結果を出せ」アドバイスを受けます。

そんな折、息子の死亡を自殺と処理されたことに疑問を持つ女性が再捜査を頼みに天樹を訪ねてきます。

天樹が不在だったので、その女性の応対をした野々村が独断で単独で捜査を始めてしまいます。

彼なりにいろいろがんばって、犯人の目星をつけるのですが、犯人グループに拉致られてしまいます。

まぁ最後は天樹達が追っていた詐欺事件とつながり、野々村の監禁場所をつきとめ野々村救出、犯人逮捕、そして詐欺グループの元締めも逮捕と最高の結果で終わります。

『刑事7人 第4シリーズ』3話の感想

予告編で見ていましたが「この山下が」生きていて、東京拘置所に拘留され真面目に罪を償っていました!!

一体どれぐらいの懲役をくらってのでしょうか?

そしてなんと天樹は詐欺グループの元締めを突き止める為とはいえ山下のハッキングを頼みます!

「絶対にあり得ないこんなの!」思わず叫んでしまいました。

もうちょっ現実もある方法で山下が生きていたいうことアピールできなかったんでしょうか?

あとは野々村が監禁場所を連絡するシーン。

被害者遺族の電話番号を「お母さん」と警察官が携帯に登録するでしょうか?

このシーンも「絶対にあり得ないこんなの!」思わず叫んでしまいました。

なんか今回無理な設定が目立ったような気がします。

ペンネーム:baysatars(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA