健康で文化的な最低限度の生活8話ネタバレと感想。赤嶺(音尾琢真)がハマり役!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』第8話が2018年9月4日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
8話は、アルコール依存症のお話。

演じるのは、音尾琢真ということでこれは期待できそうね!

こちらの記事では、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』第8話のあらすじネタバレと感想

生活保護利用者の赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたとえみる(吉岡里帆)のもとに連絡が入ります。

赤嶺は過度な飲酒が原因で膵臓を壊してしまい、アルコール依存症の疑いもあるとのこと。しかし、赤嶺自身は治療する気は皆無。

しかも、勝手に退院してしまうという身勝手な赤嶺。えみるは、赤嶺が治療を受けずに飲酒を続ければ死に至る可能性もあると医者から聞かされます。

非常に深刻な状況ということですね。

1度、利用者を死なせてしまったという経験があるえみるは、もう二度と利用者を死なせたくありません。その思いから、赤嶺を必死に説得すると、えみるが自分の娘に似ているという赤嶺。

それもあり、なんとか赤嶺に禁酒を約束させることに成功します。

ところが、そんなえみるの思いも虚しく、赤嶺はその数日後、赤嶺は再び酒を飲んで大暴れしてしまいます。約束からわずか数日の出来事ということもあり、この出来事にショックと怒りを覚えるえみる。

そんな中、えみるは半田(井浦新)のアドバイスで、断酒を目指す人たちが集まる“断酒会”を訪ねました。そこで、かつてアルコール依存症だった人たちの話を聞きます。

そして、アルコール依存症はれっきとした病気であり、自分の意思だけでは治せないことを知ります。

その後、まもなく再び病院へ搬送された赤嶺。飲み続ければ次は命はないという医者の忠告やえみるの説得で、ようやく治療に専念することとなった赤嶺。

まずは、アルコール専門病院で3か月の治療をすることに。この時点ではまだ自分が病気であるという自覚はありませんでしたが、なんとか3か月の治療を終えることができました。

アルコール専門病院から退院した赤嶺は、ビール瓶だらけの部屋をえみるたちと一緒に片づけることに。自分のために一生懸命協力しているえみるたちを見て、赤嶺は改めて頑張ることをえみるたちの前で宣言します。

そして次のステップ、自助グループでの治療に入ります。

ところが働く意思を見せた赤嶺に忠告をした自助グループの専門医に苛立ちを覚えた赤嶺は、怒ってその場から立ち去ってしまいます。

その後、居酒屋でアルバイトをしていることを赤嶺から聞いたえみる。居酒屋で働くのはアルコール依存症の治療に専念している赤嶺にとってプラスにならないと考えますが、赤嶺は自助グループにもちゃんと通っているし問題ないといいます。

始めは、客の飲んだビール瓶を見てもなんとか飲まずに我慢していた赤嶺でしたが、飲みすぎた客にビールを浴びせられるなどしているうちについに飲みたい衝動が押さえきれなくなり…。

えみるは、赤嶺が自助グループにきていないと自助グループから連絡を受けます。家にも1週間ほど帰っていないという状態。

赤嶺の部屋を訪れたえみるは、ビール瓶を片付け断酒したはずの赤嶺の部屋にまたビール瓶が転がっているのを目にし、ショックを受けます。

あれだけの人が協力してくれたのに、なぜまた飲んでしまったのか?

そんな疑問を抱えたえみるは、河で釣りをしながら飲んでいる赤嶺を発見。急いで、赤嶺の元に。

自暴自棄になっていた赤嶺に1度は突き放すえみるでしたが、「もう1度、やり直したい」という赤嶺の言葉から、再び自助グループへ行くことに。

…というのが、「ケンカツ」8話の大まかなあらすじ。

8話はアルコール依存症のお話。アルコール依存症の実態が描かれていました。

後半少し駆け足になっていたようにも感じましたが、前半は赤嶺の心情がよく描かれていたのではないでしょうか。

また、8話では石橋(内場勝則)がえみるに自分の経験を話したシーンが印象的でしたね。石橋もかつて担当した利用者にアルコール依存症の人がいたんですね。

結局その利用者が亡くなってしまったことを後悔している石橋の言葉は、同じく利用者が亡くなってしまったという経験のあるえみるにはとても響いたことでしょう。

スポンサーリンク

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話のネットの反応や評価は?

ドラまる
自助グループは、本人が治したいという意思あってのもの、ということだね。
ラマちゃん
これはうつ病など、精神科の治療全般に言えることよね。

ドラまる
アルコール依存症の人がどんな風に回復するかがわかりやすく描かれていたね。
ラマちゃん
1話完結ということで若干コンパクトではあったけど、大まかなこはこれを見れば理解できるんじゃないかしら?

ドラまる
赤嶺役の音尾さんの演技の評判も!
ラマちゃん
さすが、ハマり役だったわね!

ツイートにもあるように、ゲストの役者さんの演技力の高さもこのドラマの魅力の1つね!

スポンサーリンク

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

『健康で文化的な最低限度の生活』8話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第7話のあらすじは?

2018年9月11日(火)放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第9話のあらすじをご紹介します。

ある日、えみる(吉岡里帆)の元に、孫のハルカ(永岡心花)と2人暮らしの高齢受給者・丸山幸子(小野和子)の家でボヤ騒ぎがあったと連絡が入る。慌てて家を訪ねると、そこには見知らぬ女性が。それは、4年前に娘を残して男と姿を消した、ハルカの母・梓(松本まりか)だった――!

梓は、幸子の介護をしながら、今後はハルカをきちんと育てると話し、そのために自分も生活保護を受けたいと申し出る。

えみるや半田(井浦新)、京極(田中圭)も突然の展開に戸惑いを覚えるが、一家がすでに生活を共にしていることから、調査の結果、梓は生活保護を受給できることに。

しかし、どうしても梓への不信感がぬぐえないえみるは、思い切って4年前に失踪した理由を梓に尋ねる。すると、それまでの態度とはうってかわって、梓が攻撃的な一面を見せ始め、さらに、認知症が進んでいることを理由に、幸子の分の生活保護費も自分の口座に振り込むよう要求してきて……。

一方、阿久沢(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)が倒れた。知らせを受け、病院に駆けつけた阿久沢は、医師から麻里が妊娠しているという驚きの事実を聞かされる。

さらに、麻里が抱える秘密や、離れていた17年間の本音が次々と明かされていく。言葉を失う阿久沢。せめて、おなかの子供の父親を教えてほしいと願う阿久沢だが、麻里は何も話そうとしない。困り果てた阿久沢から話を聞いた半田は、ふと何かを思い出し、半田らしからぬ厳しい言葉を口にする。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』第8話のあらすじネタバレと感想と9話のあらすじをご紹介しました。

今回は、アルコール依存症のお話ということで若干重い感じではありましたが、赤嶺がなんとか立ち直れそうでよかったです。

前半の話のスピード感から今回も2話完結かと思ってたら1話完結でしたね。

生々しさも含め、いい回だったのではないでしょうか?

ドラまる
9話では、ついに阿久沢娘の話が!
ラマちゃん
阿久沢に更なる試練が…!?

でも、この問題を乗り越えてようやく本当の親子になれそうね。

阿久沢にはなんとしても幸せになってほしいわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA