いつかこの雨がやむ日まで|4話の動画無料配信はこちら【渡辺麻友主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話(2018年8月25日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『いつかこの雨がやむ日まで』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月25日(土)放送終了〜2018年9月1日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつかこの雨がやむ日まで』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつかこの雨がやむ日まで』の配信状況は以下のようになっています

* 2018年8月6日現在

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『いつかこの雨がやむ日まで』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつかこの雨がやむ日まで』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじ

2018年8月25日(土)23時40分放送のドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじをご紹介します。

「出会わなきゃいけないから俺たちは出会ったんだ」そう言いながらひかり(渡辺麻友)を強く抱きしめる和也(堀井新太)。

15年前に交わした約束通り、ひかりを守る――。

その思いが、閉ざしていたひかりの心を解きほぐす。

和也の背にそっと手を添えるひかり。

束の間の幸せ、そして安息……だが、その陰で沙耶(筧美和子)の嫉妬が大きく燃え広がろうとしていた……。

和也の説得のお陰で、ひかりは劇団にも戻れることになる。

天竺(吹越満)は劇団員全員の総意として「ここがひかりの居場所だ」という言葉をひかりに贈る。

ただし、ジュリエット役は芽衣(宮澤エマ)が演じることになる。

劇団に戻れるだけで十分…そう感謝するひかりだった。

一方、和也は自分の気持ちをちゃんと沙耶に伝えようとしていた。

だが、そんな和也の思いを知ってか、沙耶は勝手に両親との会食の席をセッティングしてしまう。

さらに和也は、義兄の幸一郎(間慎太郎)から料亭『たにがわ』が経営危機であることを聞かされる。

沙耶の父親は『たにがわ』のメインバンクの役員――和也は、ひかりへの思いと家族への思いの板挟みになってしまっていた。

そんな和也の状況は知らず、ひかりは和也と少しずつ心を通わせ合っていた。

それは兄・國彦の事件以来、15年間ずっと闇の中を歩いてきたひかりの人生にようやく差したひとすじの光だった。

「ひかり、最近ちょっと優しい顔になった」由布子(斉藤由貴)の言葉に戸惑うひかり。

そんな中、由布子が劇団復帰のお祝いをしようと言い出す。

そんな余裕があるはずもないのに、といぶかるひかりに、和也が招待してくれたのだと告げる由布子。

それがまさか嫉妬にかられた沙耶の策略によるものだとは、ひかりは予想だにしていなかった…。

さらに、追いかけてくる過去の罪が、ひかりを再び窮地に追いやる。

千尋(星野真里)の元に身を寄せていた國彦(桐山漣)は、15年前の犯人への復讐をさらに進めようとしていた。

千尋に迷惑をかけていることを詫びる國彦。

そんな國彦に、千尋は感情を殺した微笑みを浮かべ言う。

「あなたは妹が愛した、大切な人だから」と――。

ドラマ公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はるか
楽しみな所は、沙耶の暴走です。

ひかりと和也が、愛し合っている事が、分かっていそうなのでいろいろと仕掛けてきそうです。

展開予想としては、沙耶のイヤな一面をみた和也は、沙耶と言い合いになると思います。

そして、沙耶とは、ケンカ別れになりますが、嫉妬にかられてひかりか和也にナイフで襲い掛かってきそうです。

國彦の方も事件の犯人に復讐するつもりが、千尋から憎まれていて刺されそうです。

そして、事件の真実は、ひかりと和也が、捜査せざるえない状況になると思います。

ひかりに和也という味方もついたのでかわいらしい笑顔を楽しみにしています。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ゆう
楽しみなのは3つのポイントです。

やはりひとつ目は、次回以降も気になるのは事件の真相。

兄は無実を証明したいのか、それとも恋人のために復讐をしようとしているのか。

そして、真犯人や真相にたどり着けるのだろうか。

そこが1番の今後の見所です。

2番目は、ひかりがどうなるのかという所。

ミュージカルの夢は叶えられるのか、バラバラになった家族は元通りになれるのか。

幸せになれるのかどうか、気になる展開です。

3番目は、個人的に筧美和子さんのキャラがどうなっていくのか。

回を増すごとに本性が現れてくる怖いキャラなので、今後のパワーアップに期待です(笑)

ペンネーム:ゆう(30代・男性)

ねこぽん
いつになったらひかりが笑顔になれるのかなあ、と、気の毒になってしまいます。

このドラマでまゆゆは一度も笑っていないのではないでしょうか。笑顔が見たいです。

次回も沙耶が悪さをするようなので、和也が努力するほどひかりを不幸にするというのが、このドラマの仕掛けなのかなあと、少し先行きが心配です。

何とか劇団には残れることになるようなので、顔をあげて攻勢にでてほしいなと、期待しています。

しかし優しそうに見えた和也の兄・幸一郎が、借金を隠しているうえに過去の事件にも関係があるかもしれないなんて、今度は和也の方が大変そうです。

それでも次回は過去の手がかりが出てくるのでは、と期待しています。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

飛べないアヒル
劇団を辞めると宣言して来たひかりの元にやって来た和也は、15年前の約束通り、ひかりを守ることを改めて伝えます。

その思いがひかりの気持ちを和らげ、二人の距離が近づきますが、一方で沙耶の嫉妬が大きくなりそうです。

和也が劇団の全員の前で頭を下げたこともあり、ひかりは劇団に復帰することができますが、主役の後退を余儀なくされます。

和也は、ひかりとの関係を構築するため、沙耶に本当のことを伝えようとしますが、料亭の経営状態が悪いことを聞かされ、沙耶の父親がメインバンクの役員であることで板ばさみとなってしまいます。

ひかりと和也、沙耶の三角関係がどう動くのかがポイントとなりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

とく
次回の予告で國彦が一緒に住んでいた女性が麻美の姉だと分かった。

でも普通姉だったら、妹を殺した國彦のことを許さないと思うので、なぜ一緒にいるのかが知りたい。

國彦が姉と協力して真犯人を探しているのか、それとも姉と親密な関係なのか。

これからはこの姉が何か鍵を握っているのかもしれない。

最後の方で沙耶が両親と会っていたのも気になる。

独占欲の強い沙耶がこれからもっと暴走していくのが楽しみになっている。

今回みたいにまた意外な人が今後出てくるかもしれない。

どう展開していくのか先がなかなか読めないのでとても次回が楽しみだ。

ペンネーム:とく(20代・女性)

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

はるか

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじとネタバレ

ひかりは、和也が、味方になり守ってくれることで表情も和らぎつつあった。

そんなひかりを由布子は、食事に誘う。

和也からの招待と聞かされてお店に着くとそこには、沙耶達が、いた。

沙耶の陰謀だと分かりながらもひかりは、冷静に挨拶をした。

和也には、婚約者の沙耶が、いるという事を改めて考えさせられたひかりは、和也から離れる。

和也に「ロミオとジュリエット」の劇を観てくれと誘い「ありがとう」の気持ちを伝えた。

和也もひかりの気持ちを理解した。

そして、劇団では、天井から装置が、はずれ主役のジュリエットが、事故に遭う騒ぎが、起こっていた。

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の感想

沙耶が、どう策略をしようと和也の心は、醒めてしまっていると感じました。

無理やり結婚してもみじめになるだけだと思います。

展開予想としては、沙耶が、以前に婚約者が、いたけれども事故に遭いたにがわでナスを食べたという話は、嘘だと思いました。

情にほだされやすい和也の性格を手玉にとって沙耶が、架空の話をしたのだと思います。

そして、和也が、子供の頃に殴られていたかもしれないという問題が、今回で分かり事件のヒントになりそうです。

ひかりは、和也によって今後は、強く優しい女性になりそうです。

沙耶の策略にも卑屈にならずに冷静に対応していたのが、印象的でした。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

飛べないアヒル

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじとネタバレ

ひかりと和也は、15年前の中の良かった幼馴染としての関係性を取り戻し、恋愛感情に近いものを感じている一方で、沙耶は嫉妬心を強くします。

和也が劇団員の前で土下座までして、ひかりを劇団に戻れる場所を与えて下さいと頼んだことで、ひかりは主役の座こそ手放すことになるものの、劇団に戻ることができます。

和也は、沙耶に自分の気持ちを伝えようとしますが、沙耶はそれを見越して勝手に両親との食事の席を設け、ひかり親子もそこへ来るように画策します。

和也と沙耶の家族の食事会に、15年前の事件を思い起こさせるひかり親子が訪れることで、沙耶は和也とひかりの仲を壊します。

そして、劇団のゲネプロで、セットの照明が落ちる事故が起き、その前に国彦の姿をひかりが目撃しており、またしても謎が深まります。

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の感想

幼馴染みのひかりと和也の関係が、良好になる一方で、沙耶がとった行動には背筋が冷たくなる感じを受けました。

女性の嫉妬心が、こういった形で表現されたら、男の立場だったら興ざめしそうです。

その一方で、殺人事件の関係者家族との関係性を構築することは、現実的には無理があり、和也の立場は理屈と感情の狭間で苦しいだろうなという想像はできます。

ドラマ開始当初から、ひかりの窮屈な生活環境と謎めいた事件の発生など不幸ばかりが続いた印象がありましたが、少しだけ、ひかりに精神的な安心感を感じる場面が登場してホッとして見ることができました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

シャワーズ

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじとネタバレ

ひかりの元に天竺から電話がきて、ひかりが劇団に行くと、天竺らは劇団こそがひかりの居場所だと言ったが、ただしジュリエットは芽衣がやることになった。

谷川幸一郎が麻美をつけまわしたのは間違いないかと千尋に聞かれた國彦は認めた。

ひかりの母は、ひかりが劇団に戻れたということで何か祝いをしたいと言い、ひかりの母がひかりを連れてやってきた店には、和也一家と沙耶一家が会食をしていた。

それを見たひかりは急用ができたといい、その場を去るのに対し、沙耶は和也のためだと言い、ひかりの母は沙耶に誘われたということを打ち明け、ひかりに謝った。

沙耶は和也に、以前の彼氏が事故死をしたため、もう私を一人にしないで欲しいと訴えた。

和也の親は和也に森村家との関わりについて批判をした。

その話を聞いた幸一郎は和也にたにがわの経営が厳しいと言い、沙耶とはうまくやって欲しいと話した。

その幸一郎に國彦が15年前のことを問い詰めると、幸一郎は麻美を付け回したことを認め、そこに郷田が出てきたため國彦は逃げた。

ひかりは和也に舞台に見に来て欲しいと話し、和也は舞台を見に行った。

舞台の最中、照明器具が天井から天竺のいる方向に落ちていく最中、芽衣が天竺を守って意識を失ってしまった。

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の感想

和也がひかりの舞台を鑑賞する時、劇団が演じているという舞台に感動した。

その舞台を最初から最後まで見たいのだと感じた。

沙耶があまりにも和也に執拗深く想っているというのは、ひかりに嫉妬しているからなのだろうかと気になった。

ひかりの母親を操って、ひかりの母親とひかりを会食の場に来させるというのが腹黒な行為を取っているのだと思った。

谷川家は森村家と関わっている和也が悪いような言い方を取っているが、早いうちに沙耶の本性を知って欲しいのだと思った。

和也が作った料理は何て美味しそうなのだと惹かれてしまった。

和也とひかりの間の関係が良い雰囲気だというのが嬉しかった。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ねこぽん

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじとネタバレ

ひかりは和也の尽力もあって、劇団に戻ることができました。

和也に支えられ幸せを感じるひかりでしたが、和也の方は沙耶が両親と勝手に食事会などの話を進めてしまい、ジレンマに悩まされます。

しかも、ひかりの母親が沙耶の企みに乗せられたせいで、ひかりは和也と紗也の両親の前でさらし者になってしまいました。

ひかりは和也との愛に希望を持ったことを後悔し、リハーサル舞台から和也に「ありがとう」の歌詞を心を込めて歌いかけます。

別れの気持ちを了解して和也が立ち去った直後、舞台用ライトが転落し、天竺を守ろうとした芽衣はケガを負って倒れてしまいます。

ひかりは國彦の仕業ではないかと心がざわめくのでした。

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の感想

ひかりが母親に「顔が優しくなった」と言われるシーンがありましたが、確かにひかりの表情の作り方にそんな気がしました。

ただ会食のシーンで傷つくまでだけだったので、演技で切り替えてるのか、まゆゆさすがだなあ…と思いました。

沙耶のたくらみの前で堂々と振る舞ったひかりの発言には、女優だから切り返せたという設定なんだろうな、とわかりつつも、ちょっと感動ました。

また、ライトの落下事件直前のクライマックスが、ミュージカルの歌の高まりで表現されているのには、惹きこまれてしまいました。

徐々に危機に近づいていく迫力がすごかったです。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

ムーンストーン

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじとネタバレ

ひかりと和也は、いつもの湖で会い、やっとまた子供の頃のようにお互いの夢を応援をする事にする。

和也のおかげで劇団に戻れたひかりだったが、ジュリエット役は天竺芽衣がやる事に。

だが、ひかりは幸せだった。

國彦は、また和也の兄を捕まえて問い詰めるが、自分ではないと否定される。

途中で刑事の剛田に見つかってしまうが、なんとか逃げる事が出来た。

劇団復帰のお祝いだと、ひかりの母に強引に誘われていった先は、和也たち家族と沙耶の家族との会食だった。

また沙耶に騙されたひかりの母だった。

最後のリハーサルに和也を誘うひかり。

そこで照明が落ちてしまい、天竺要を庇うようにして事故に遭ってしまう芽衣。

ひかりは、劇団の側で兄の後姿を見たので、まさかと思う。

『いつかこの雨がやむ日まで』第4話の感想

沙耶の行動が異常。

観ていて面白いけど、やり過ぎで笑ってしまった。

ひかりの母も騙され過ぎ。

精神的におかしいなら、尚更。

和也がいつまでも自立出来ずに自分の気持ちをハッキリさせないからいけない。

だんだん和也が嫌いになってきた。

照明が落ちそうになった時に、父親を庇ってわざわざ自分から飛び込んで事故に遭う芽衣も気持ち悪い。

そこまで好きなのか。

愛しているのか。

だが、家族や親、兄弟といった親密な関係性を上手く描いてサスペンス仕立てにしているのは、雰囲気も合っていて良いと思う。

どんどん綺麗になっていくひかりを上手く演じている渡辺麻友は、素晴らしい。歌も聴ける。映像も綺麗です。

もっと怪しげな星野真里を出して欲しかった。

出番が短過ぎです。國彦も、もっと見たかった。

リハーサルの場面に飽きました。長過ぎです。

剛田は、わざとらしいです。笑ってしまいます。

ペンネーム:ムーンストーン(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『いつかこの雨がやむ日まで』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつかこの雨がやむ日まで』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA