インベスターZ|9話の動画見逃し無料視聴はこちら【9月7日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『インベスターZ』9話を無料で見る↓

ドラマ『インベスターZ』第9話(2018年9月7日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『インベスターZ』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『インベスターZ』第9話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『インベスターZ』第9話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『インベスターZ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『インベスターZ』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『インベスターZ』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月7日(金)放送終了〜2018年9月14日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『インベスターZ』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『インベスターZ』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『インベスターZ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『インベスターZ』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
7月を例に出すと、7月1日〜7月31日が無料期間になります。

仮に7月29日に登録をしてしまうと、無料期間は7月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioでも見られる?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のリンクからご覧ください!

『インベスターZ』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『インベスターZ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第9話のあらすじは?

2018年9月7日(金)深夜0時57分より放送のドラマ『インベスターZ』第9話のあらすじをご紹介します。

藤田繁富(大和田伸也)に呼び出された財前孝史(清水尋也)は、孝史の曽祖父・龍五郎が投資部の創設者だと告げられる。

さらに太平洋戦争の引き金も引いたという。

「金のためならいくらでも冷徹になれる男」―― そう評する繁富は孝史に同じ匂いを感じていた。

衝撃の事実に呆然とする孝史。

さらに藤田美雪(早見あかり)の兄・慎司(山本涼介)が「投資部を解散させる」と言い出す。

抵抗する孝史に、慎司は投資3番勝負を提案する。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『インベスターZ』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ドーバー
財前は繁富から曽祖父が投資部を創設したが、太平洋戦争の引き金を引いたと言い、だれも暴走を止められなかったと言います。

一方、美雪の兄の慎司は財前には批判的で、投資部を廃部にすると言います。

そもそも財前は1週間で有望なベンチャーなを見つけると繁富と約束したのが、出来ずに卒業まで猶予を情けで貰ったのは、おかしいと慎司が批判します。

そこで、財前に投資3番勝負を仕掛けます。

株価の上がりそうな3社を選び投資をし合計の利益額で財前が慎司に勝てなければ投資部は廃止するという内容です。

果たして財前は勝負に勝てるのか見物です。

ペンネーム:ドーバー(60代・男性)

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

レオナルド

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

繁富は財前の祖父は学園投資部を創設し山本五十六と結託し藤田家の石油会社の株を買い権益を奪い石油を軍に渡し戦争が起きたと言います。

龍五郎は善悪より損得が全てで金の為に冷徹になれたと言い財前にも同じ匂いを感じ同じ道を歩んでほしくないと言います。

慎司は投資部は解散すると言い、3000憶円を帰して貰い自分が運用し塾の経営も継ぐと言います。

反対する財前に3番勝負しようと言い1ケ月で儲けた方の勝ちだと言い慎司が負けた場合、東大の大学院に行くと約束します。

一方、繁富の下人が繁富は対決は東京で行い対決の公平性を見届けたいと言い不動産対決だと言います。

財前は自分の家が路線価から約3500万円でも税金諸経費、金利を含めて6000万円だと知り驚きます。

しかし神代は35年も借金に縛られ未来が予測不能なのにローンで人生設計を固定化するのはまともではない、家を建てて一人前とか常識に縛られて自分の頭で考えないやつはクズだと怒ります。

一国一城の主とは国や企業が国民に植え付けた常識、商売の餌で戦前は日本人は借家住まいが多く、戦災後に住宅問題の解決に迫られ阪急阪神東宝グループ創始者の小林一三が安く買った土地に付加価値を付け高く売る為に山林を買い、鉄道を敷き娯楽施設やデパートを建て駅周辺に宅地造成地を作り住宅ローンで業者が潤い鉄道を中心に金融が住宅パッケージが完成したと言います。

日本人が家を持つようになったのは最近だと言います。

財前は東京に行くと審査員の塚原という有名な投資家がいました。

勝負は資金5000万円で都内の物件を明日の午後4時までに購入し、どちらかを自分が買い取ると言います。

判断基準はなく塚原がいいと思えばいいと言います。

財前は、どのような物件が良いかと尋ねると価値が高くて儲かりそうな物件だと言います。

転売によるキャピタルゲインと不動産収入などのインカムゲインだと言います。

『インベスターZ』第9話の感想

確かに戦後の高度成長時代は地価も右肩上がりで、収入も増える期待があり、念願のマイホームを求めてローンも組んだ人々は多かったようです。

しかし平成の幕開けにバブルが崩壊してから地価が上がるという神話が崩れ、まずキャピタルゲイン、すなわち転売による儲けは都市中心部に限られていますし、買い替えの税制上の特例もバブル以降は縮小されていますので、余程の目利きがないと転売の利益確保は難しいと思います。

同様にインカムゲイン、すなわち賃貸収入を得る為には、駅近の優良物件でないと高い賃料を取っても空室が出ないというメリットは享受できないと思われます。

果たして、財前と慎司に、どこまで不動産の目利きがあるのか興味深いです。

ペンネーム:レオナルド(60代・男性)

コスモス

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

藤田美雪の兄、慎司が藤田家を継ぐことになり、慎司は道塾学園の投資部を解散させ、資金3000億円を返してほしいと財前に伝える。

そこで投資部を守りたい財前は、慎司と賭けをして投資で3番勝負をすることになった。

賭けの内容は、慎司が勝てば投資部は解散、財前が勝てば慎司は希望のスタンフォードの大学院ではなく、東大の大学院へ進学しなければならないというもの。

藤田繁富の提案により、最初の勝負は二人とも無知である不動産投資となった。

一人5000万円の現金を持って都内を回り、翌日の午後4時までに物件を一つ購入し、審査員は気に入ったどちらか一方を購入するというもの。

勝負の行くえは次回へ持ち越し。

『インベスターZ』第9話の感想

不動産投資については私も全くの無知であるので、今回も勉強になった。

日本人が住宅ローンを借りて一戸建てを買うというのはごく普通のことだと思っていたが、戦前までは賃貸物件に住んでいる人が多かったことを知った。

戦後、国が経済を潤すために住宅ローンを借りて一戸建てを買うことは、「一国一城の城主」になるという植え付けられた常識だそうだ。

私たちはその常識を当たり前のことだと今も考え、戦後から変わらない世間の中で暮らしていることに驚いた。

不動産投資には、キャピタルゲインという転売により利益を得る方法とインカムゲインという家賃収入いわゆる不労所得により利益を得ることの二つがあるという。

ペンネーム:コスモス(20代・女性)

ザッピ

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

主人公・財前孝史は、曽祖父・龍五郎が投資部の創始者であることを知る。

突然の事実に孝史は呆然とする。

さらに、藤田美雪の兄・慎司が突然、投資部を解散させると言い出す。

抵抗する孝史に対し、慎司は投資で勝負しようと提案する。

この投資3番勝負により慎司が勝った場合、投資部は廃部ということになる。

一方で、孝史が勝った場合は、慎司の進路に関して、2018年世界大学ランキングで2位のスタンフォード大学院行きを28位の東京大学の大学院へ変えることとなる。

1回目の対決は、東京の不動産対決となる。

勝負は、1人5000万円の資金を使い東京都内の物件を1つ購入し、有名投資家の塚原が買った方が勝ちというものだ。

2人は都内の物件を探し始める。

『インベスターZ』第9話の感想

投資の不動産対決ということで、不動産やローンの仕組みについて簡単な説明があった。

毎回本ドラマで色々と勉強になることがあるが、今回は特に戦後、国によって喚起された「夢のマイホーム」というキャッチコピーが定着し、家を買ってこそ一人前という概念が常識化されたという事実に驚かされた。

また、小林一三の住宅戦略からローンが生まれたというのも初めて知った。

次回にもこの不動産勝負は続くため、楽しみである。

一方でストーリーに関しては、あやふやな点があると感じる。

投資に関する情報を視聴者に供給することに重きが置かれているためだとは思うが、役者の棒読み感が相まってストーリーの薄さを感じずにはいられない。

わざとそういった芝居をしているのかと疑問にも思う。

総じて、ドラマのストーリー性よりも、世の中の仕組みなどを知るためのものとして認識するべきかと思う。

ペンネーム:ザッピ(20代・女性)

ラベンダー

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

藤田繁富に孝史は曽祖父の龍五郎が投資部の創設者だと告げられる。

突然、慎司が突然、不動産対決で孝史が負ければ、投資部は解散すると言い出す。

孝史は美雪に東京にある藤田家に連れて来てもらった。

美雪の父親の繁富が投資家の塚原為之助を孝史に紹介する。

塚原為之助が審査員になって孝史と慎司の二人の不動産対決をやるといった。

都内になる物件を明日の4時までに購入し、物件を気に入った人物に5000万を渡すといった。

塚原が不動産で稼ぐ方法についてうんちくを話す。

不動産で重要であることは、転売のキャピタルゲインと家賃収入や不労所得のインカムゲイン等だと孝史に説明する。

『インベスターZ』第9話の感想

孝史が不動産対決に勝つために投資に関する本をいろいろと読んで勉強している姿はかわいらしいと思った。

孝史の父親が孝史に「小さな一戸建てで家族皆が笑顔で暮らす。そこが思い出の場所となる。」と話していたシーンはすごくいいシーンだと思った。

孝史が美雪に藤田家に連れてこられた時、藤田家はすごい家だと感心していたところに同感した。藤田家の家具や雰囲気がセレブな家という感じでこんな家に住んでみたいと思った。

投資に関して塚原が色々うんちくを語ることで、不動産のことが少し分かり勉強になった。

塚原のキャラが体系と同様にどっしりしていて、いなりずしを食べる姿に面白みを感じた。

また、いなりずしがすごくおいしそうで私も食べたいと思ってしまった。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

主婦

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

家を買うと損をする。

あとは、常識は商売の餌 一軒家を買う人はみておくといいかも!

一軒家買った人は、なんか損をした気分にもなる。。結構現実をみるドラマ ローン対決?売るがわ買うがわの対決 不動産対決さーどちらが勝つのかの、だい9話!ついみてしまう!

あと、すごく頭を使うーあとー財前の曽祖父が学園の投資部を作り、なぜか太平洋戦争の引き金を引いた人物だったのだと言う。

ひい祖父さんがでてきて、藤田は財前の曽祖父を「金のためならいくらでも冷徹になれる男」となる。

投資部で稼いでいる全学生の学費を今後どうするつもりなのだろう。

当然、慎司に抵抗する財前。

慎司は財前に投資3番勝負を申し入れて…。どうなるか

『インベスターZ』第9話の感想

考えされますたー一軒家を買ったのに、損をする。

初めてしりました。

なんか、もっと早くみとけばよかったなっておもうドラマかも!

わたしは毎かい気になってみている。

勝ち目がない挑戦ー成長がみれる場面、頭を使う場面、はらはらドキドキ、どうなるのかがきになる内容ー早く次がみたい次がみたいとなってしまう!

あと、主役がイケメンで目の保養に!!

でる俳優さんかっこいいし、かわいい!

全生徒の学費まもれるのかな?笑 自分だったらどうするかな?っておもいながらみて、すごくおもしろい!

最初はなんのドラマ?ってなるけどみたら、楽しかった!

ペンネーム:主婦(20代・女性)

みち

『インベスターZ』第9話のあらすじネタバレ

財前と慎司が投資部の存続をかけて3番勝負をするところになった。

まず1つ目の勝負は不動産対決だと知らさせた。

そこで早速不動産とは何か投資部のみんなと相談していく。

そもそもなぜ日本は一戸建てを購入する人が多いのか、それは前後高度成長期に仕組まれた事を知り、家を買うリスクをさらに考える事となる。

自分の家を基にして考えると、沢山の税金や経費がかかり、3500万の不動産を購入する為には6000万近くのお金を支払う事が分かった。

北海道から東京へ呼び出された財前は、東京都にある不動産で対決することを知る。

儲けが出る不動産とはどんな不動産か次回探しに行く事となった。

『インベスターZ』第9話の感想

原作を基にして、投資に関するイロハを教えてくれるドラマです。

私は原作も読んだ事もあり、とても楽しみに見ています。

今回は不動産についてなぜ日本人は一戸建てを購入する人が多いのか視聴者にも分かりやすく説明されているなと思いました。

特に夢のマイホームや一国一城の主なとキャッチコピーを駆使して、国民からお金を集めるか分かり、面白かったです。

これからは何事も流されずによく考えて買い物をしていく必要があるなと思いました。

普段から常識にとらわれずに、リスクを考えていくべきです。

搾取される側ではなく、上手く利用していく側へ工夫しながら生きて生きたいと思いました。

ペンネーム:みち(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『インベスターZ』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『インベスターZ』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『インベスターZ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA