インベスターZ|2話の動画見逃し無料視聴はこちら【7月20日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『インベスターZ』第2話(2018年7月20日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『インベスターZ』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『インベスターZ』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『インベスターZ』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『インベスターZ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『インベスターZ』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『インベスターZ』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年7月20日(金)放送終了〜2018年7月27日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『インベスターZ』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『インベスターZ』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『インベスターZ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『インベスターZ』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
7月を例に出すと、7月1日〜7月31日が無料期間になります。

仮に7月29日に登録をしてしまうと、無料期間は7月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『インベスターZ』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『インベスターZ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第2話のあらすじは?

2018年7月20日(金)深夜0時57分より放送のドラマ『インベスターZ』第2話のあらすじをご紹介します。

財前孝史(清水尋也)が入学したスーパー進学校・道塾学園には、各学年の成績トップのみで構成される投資部が存在した。

学園の秘密を知り、入部することになった孝史は、心を決め投資を完全マスターすると意気込む。

早速3千万円の損失を取り戻そうとするが、その様子を見ていた神代圭介(柾木玲弥)が「お前がやったのは『往復ビンタ』と言われる初心者が陥りやすいミス」と突然のビンタ!その後も財前は投資の洗礼を浴びていく。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『インベスターZ』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

レオコネ
2話では、学園の幹部が、財前が投資部に入ったという情報に、神経をとがらせます。

おそらく過去に学園にとっての悪い出来事に財前一族が絡んだのではないかと想像します。

なお、2話でプロスペクト理論が、出てくるので驚きです。

ノーベル経済学賞を受けたアメリカの学者の理論だそうですが、人は目の前に利益があると利益を失わないように行動し、損失が目の前にあると、損失そのものを回避しようとするという理論だそうですが、株式投資では、損切りを躊躇ったり、すぐに利益確定売りに走る心理に通じる理論だと思いますが、2話で、理論の裏付けのストーリーが展開されるのか期待したいです。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

セントポーリア
次回では主人公である財前が早速投資で損失を招いてしまうようです。

ですが、三千万と金額が大きいのにもかかわらず諦めずに財前は取り返そうと奮闘するようです。

さて次回は上手く損失を減らすことができるのか、ハラハラする展開になるなと予想ができます。

財前がどのようにして工夫し、投資という難問にチャレンジしていくのかそして成長していくのか次週も楽しみで絶対に見逃せませんし、私も投資をしてみたいなと思っておりますが、思っているだけでなかなか行動するというところまで進めないでいるので、ドラマをとおして投資のお勉強ができるといいなと期待しています。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

2018年夏ドラマ『インベスターZ』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『インベスターZ』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

かぶお

『インベスターZ』第2話のあらすじとネタバレ

財前は投資クラブで3000万円の損失を挽回しようと100憶円の投資を任せられましたが、財前の買った株は、売り買い両方で損する往復ピンタをくらいます。

又、ジャンピングキャッチという高値掴みもしてしまいます。

神代らは、財前に株は利食いと損切りの法則に従え、利食いは10%、損切りは5%ラインだといわれます。

財前の父は株に投資する人間は、ろくでもないと言いますが、財前は投資を続け、それでも買った株で3憶円の損失を出しますが損切りを神代に誉められます。

普通は株を持ち続けることで、損を大きくしたくない心理が働き、株を持ち続けることで損失を大きくしてしまうプロスペクト理論だとも言われます。

『インベスターZ』第2話の感想

財前が部長席に座っていると他の部員に注意されますが、財前は重要なのは頭と結果だと言います。

そうすると神代も賛成だと言います。

日本の企業は時代遅れの年功序列で死にかかっているとか、何もしないやつが高級取りだから会社が傾く、能力に見合った給料を払えばよいとか、能力のない社員はAIが取って代わるという指摘はなるほどと思いました。

それにしても、株が難しいのは、財前が1週間で上昇したゴッドターン製薬で高値つかみで失敗しますが、神代が株は感と度胸だとも言いますが、利食いのタイミングは本当に難しいと思います。

日本人は金のことを学びなさすぎるというのも確かだと思いますが財前が父親に投資しているかと聞きますが、テレビのニュースで株のインサイダー取引で逮捕者の事件が流れると父親は時代の寵児と言われても金に執着すると駄目になる、特に株をやっているやつにろくなやつはいないとまで言いますが、未だにそう思っている日本人は案外多いかもわかりません。

固定観念を打ち破るのは、難しいのかもしれません。

ペンネーム:かぶお(60代・男性)

金のなる木

『インベスターZ』第2話のあらすじとネタバレ

正式に投資部の部員となった財前孝史。けれども投資のいろはが分からず、初歩的なミスを繰り返すばかり。

そんな彼に藤田美雪は、「自分の好きなものを買えばいい」とアドバイス。

そのアドバイスを受けて、孝史は彼の好きなゲームを作っている会社「ゲーマニ」の株を30億円ぶん購入する。

いきなりの高額投資に投資部メンバーは驚くが、ユーザーインターフェイスの分かりやすさに注目した孝史の読みが当たり、ゲーマニ株は10%以上値上がり。

「好きな会社の株を買う」という投資の最初の基本を実践し、望外の成功を果たした孝史に、部長の神代圭介は、さらなる投資のテクニックを教える。

「利食い」と「損切り」、この2つの法則に従って売り買いしろというものだ。

投資部の利食いラインは10%。法則に従うなら、このゲーマニ株はすぐに売るべきだが……。

孝史は悩んだ末、もっと上がると考えてゲーマニ株を売らずに保有する。

ところが翌日、ゲーマニ株は暴落。投資部メンバーは、孝史の落胆とゲーマニ株の「塩漬け」を心配するが、その予想に反して孝史は、損を最小に押さえてゲーマニ株を売ることに成功していた。

「目の前にリスクがある状況で判断をさせると、人間は目の前のリスクを回避しようと行動しがち」という「プロスペクト理論」を無意識に退けた孝史を、美雪は自宅に招待する。

『インベスターZ』第2話の感想

投資の最初の基本が、「好きな会社の株を買う」という単純なものであることに驚いた。

けれどもよく考えてみれば、意外に理にかなった話であるとも思った。

孝史の言った通り株には会社を応援する側面もある以上、自分が何らかの理由で好きな会社には、同じ理由でその会社を好きなファンがいて、彼らが会社を応援するべく株を買う可能性がある。

そうなれば、株価は上がる。

一見すると数字とグラフだけの虚なゲームに見える投資だけれど、あくまでもその中心にあるのは会社で、その事業なのだと感じた。

リスクのある状況下では、そのリスクをつい避けようとしてしまう(そして無意識のうちにより大きなリスクを背負い込んでしまうこともある)というプロスペクト理論は、株以外の事柄にも広く適用されそうだと感じた。

常に意識の片隅に置いておいて、自身の意思決定に役立てようと思った。

直前の枠のドラマ「GIVER 復讐の贈与者」についてパロディ的に軽く触れられていて、少しクスッとした。

「復讐代行業」などという法律違反の香りがぷんぷんする業種を、ニュース番組で朗らかに紹介するギャップにも笑えた。

ペンネーム:金のなる木(10代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『インベスターZ』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『インベスターZ』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『インベスターZ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA