ヒモメン|2話ネタバレと感想。川口春奈と片瀬那奈の可愛いJK姿に釘付け!

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話が2018年8月4日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「ヒモメン」第2話だよ!

究極のヒモ男・翔が、今週はどんな姿を見せてくれるのかな?

ラマちゃん
今週は、ゆり子の姉も登場し、2人の壁になることが予告されているけれど、翔は立ち向かえるのかしら?

さ~物語を追っていきましょうね♪

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話のネタバレあらすじと感想は?

第2話:無職男のプロポーズ?ゆり子の姉・桜子の試験を突破できるのか?

「連れていきたい場所がある」と、同棲中のヒモ彼氏・碑文谷翔(窪田正孝)に連れ出された、春日ゆり子(川口春奈)

到着した先は――なんと結婚式場!

ゆり子はプロポーズされたものと思い込み、感動の涙を浮かべます。

ところが、翔の目当ては、式場で開催されていた無料の食事会だったのです。

歓喜から一転、奈落の底に突き落とされたゆり子は、がく然とするばかりです。

しかも困ったことに、その式場でウエディングプランナーである姉の桜子(片瀬那奈)とバッタリ遭遇してしまいました。

男性を仕事や年収で判断するタイプの桜子に、無職の翔を会わせたら必ず別れさせられてしまいます。

そう考えたゆり子は、とっさに翔の存在を隠しました。

そんな中、“だめんず”とばかり付き合ってきた先輩看護師・田辺聡子(佐藤仁美)が、翔のヒモっぷりを見るため、ゆり子の自宅まで来てくれることになりました。

しかし、なぜか後輩看護師の浜野このみ(岡田結実)や医師の池目亮介(勝地涼)まで乱入してきました。

実は、ゆり子に好意を抱く池目は、このみが“ヒモ男”という存在を毛嫌いしていることを利用し、ゆり子たちを破局に追い込もうと企んでいたのです。

ところがなんと、桜子までもがアポなしで突撃してきたから大混乱になります。

桜子は、翔が無料試食会でデタラメに記入したアンケートから、翔の職業を医師だと思いこんでいました。

桜子の手前、ゆり子は池目に翔のフリをしてもらいます。

そこへ、翔が帰ってきたから、更に話が混乱してきます。

とっさに、聡子の彼氏という事で話を合わせますが、更にこのみが忘れ物を取りに帰ってきたために、ついた嘘がばれてしまいました。

話の流れで、翔が無職であることがばれてしまっていた為、桜子は「ゆっくり話そうか。」と恐ろしいほどの満面の笑みでゆり子に言います。

桜子に全ての嘘がばれてしまったゆり子と翔。

桜子は、翔に正面をきって言いました。

「翔さん、単調直入に言います。ゆり子と別れてください。仕事をしないヒモに、大事な妹は託せません。」

そう言われた翔は、きょとんとした顔で言います。

「え?俺ってヒモなんですか?」

無自覚な翔に、ゆり子も桜子も驚愕します。

「働けるのに働かない男は害悪!人間のクズです!」

そう言い放った桜子は、翔ではゆり子を幸せにできないとはっきりと言ってのけました。

何とか仲裁しようとするゆり子ですが、桜子の耳には届きません。

翔は、「ゆり子を幸せにするつもりはある。」と、根拠はありませんがはっきりと言います。

桜子は、それならばそのことを証明するように言います。

桜子は、先日の試食会のアンケートでゆり子が記入した結婚式の希望を叶える際に必要な最低限のお金を提示します。

そしてそれは、「ゆり子を幸せにするお金」だと。

「幸せにするお金128万ちょっとを、3日以内に集めてくる」試験を課します。

そして、それができなければ、「ゆり子と別れること」と言いました。

翔は、根拠のない自信たっぷりに、「わかりました!」と回答します。

桜子は、3日後にまた来ることを告げ、帰っていきました。

その夜、ゆり子は、翔になぜこんなこと承諾したのかと責めます。

これまで、桜子の正論は絶対で、ゆり子の意見が通ったことなど、一度もありませんでした。

そう言われた翔は、寝ずに考えていました。

ゆり子とは、別れたくない。

でも、働きたくもない。

翔は、人生最大のピンチを迎えていました。

翌朝、ゆり子が目覚めると翔の姿がありませんでした。

どこかへ走っていく翔が向かったのは、行きつけの居酒屋のマスター・網走太一郎 (金田明夫)が通うダンス教室です。

網走を呼び出した翔は、お金を貸してほしいと土下座を始めます。

しかし、その金額を聞いた網走は、門前払いで帰します。

次に翔が取った行動は、先日の競輪で買った2万を突っ込んだ大勝負です。

しかし、その結果は…。

あっという間に3日が経ち、桜子がゆり子の家にやってきました。

翔が、桜子に差し出した封筒は、明らかに薄く、開けてみると6万弱のお金しか入っていません。

しかし、翔は、ここからすごい勢いで提案し返していきます。

桜子の用意した見積もりのプランから、人に頼んだりできる部分を削ったり、専門学校生の実習プランなどを利用して、今あるお金で十分に幸せな結婚式を挙げることができると言い放ったのです。

翔のそんな行動に、喜びを溢れさせうっとりするゆり子の目を覚まさせるように、桜子は「プロポーズは?婚約指輪は?」とまくしたてます。

すると突然台所を漁り始めた翔は、床に膝まづくと、モールでこしらえた婚約指輪をはめます。

「婚約指輪は給料3か月分、でもおれの給料は0円だから。」と言いながら。

桜子は、激高し、「こんな婚約指輪でゆり子は喜ばない!」と言って、ゆり子の顔を見ますが、何とゆり子は幸せのあまり涙を零していました。

「翔ちゃんがろくでもない人って、わかってるけど、一緒にいても贅沢はできないけど。こんなにたくさん幸せくれるのは、やっぱり翔ちゃんしかいないの。お姉ちゃんお願い。私の幸せは、私に決めさせて。私、翔ちゃんと別れたくない。一緒にいたいの。」

それは、ゆり子が始めて、桜子に意見をした瞬間でした。

その時、ゲスト余興の予算を削るためにお願いした網走達ダンサーが登場します。

そんな騒ぎを一喝で収めた桜子は、言いました。

「結婚は認めない。ただ、もう少し、この男を見極める。これだけは言っとく。ゆり子を悲しませるようなことがあったら、絶対に許さない。その時は本当に別れさせるから。」

桜子は、帰っていきました。

その夜、128万円を代わりの方法で、やりくりするなんて、いつ思いついたのかと尋ねます。

翔のあの日の競輪は、やはり負けてしまっていました。

その時、会場に舞った外れ車券を見て、ライスシャワー見たいと思ったことがきっかけでした。

更に、用意したお金は、網走に貰った福引を当てて、現金つかみ取りにチャレンジしたことがきっかけでした。

ゆり子は呆れてしまいますが、翔の「結婚式したいと思った」という言葉に喜びます。

それも束の間、「結婚式はお金になる!」と、翔は言い出します。

お金のかからない式を挙げれば、ご祝儀は自分たちの所に、ほぼ入ってくるのだから、年に2回くらい結婚式すれば、一生働かなくても生活できるというのです。

ゆり子は、「そんな最低なプロポーズあるか!そんなんで、結婚できるわけないでしょ!バカか!」と怒るのでした。

―――ヒモ男、更生までの道のりは、果てしなく長く険しい…来週に続く―――

2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話の感想は?

桜子が正論過ぎる。

率直に言ってしまうと、人を変えようとするのは、無理なんだなとしみじみ思いました。

どうしても翔と一緒にいたいなら、自分が稼いで養っていくだけの覚悟が無ければ、無理なんだと思います。

その覚悟を決めた時、翔は完全な愛玩動物になるのかもと思ってしまいした(笑)

桜子が一体、何をもって猶予期間を与えたのかが不明ですが、代替案を考えた、その行動力を少しは認めようとしてくれたんでしょうかね。

もちろん、男性が働かなくてはいけないということは無いのかもしれませんが、それでも結婚→子育てを考えると、1回の出産に最低2年働くことが困難になることを考えると、女性が大黒柱で働いて家庭をというのは、生物学的に難しいんだよなと、このドラマを見て考えさせられてしまいました。

まして、翔は、家事もしない、博打狂いですから見ていて、少ししんどくなってしまう気持ちが正直ありますね。

2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
翔のヒモ男っぷりが、1話よりも板についてる感があるよね。

イライラさせる演技をばっちりこなす窪田正孝くんがすごいなと思うよ!

ラマちゃん
このドラマは、視聴者が、誰目線で見ていくかで、イライラするのか、キュンキュンするのか変わってくるわね。

桜子目線で見ていくと少し辛いかもしれないわね。

ドラまる
そうそう!

それは、僕も思ったよ!

あれはルーティンで入ってくるシーンかなと思ってたけど…

ラマちゃん
そうね~。

今週は1日が終わって眠りにつくシーンも少なかったからしょうがないかもしれないわね!

でも、こんなに楽しみにしている人がいるなんてびっくりね(笑)

ドラまる
本当によく似合っていたよね♪

違和感がないわけではないけれど、きれいであるのに変わりはないかなって思ったよ!

ラマちゃん
素晴らしい役者魂だったわね♪

JK姿が似合ってしまうなんて羨ましいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『ヒモメン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ヒモメン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

Tverはこちら

auビデオパスはこちら

ドラまる
ただし、auビデオパスは携帯キャリアがauじゃないと利用できないんだよね…
ラマちゃん
全話見放題だからオススメなんだけどね…

auユーザーさん以外がお得に見る方法も含めて、以下の記事でより詳しくご紹介しているので是非チェック!

『ヒモメン』2話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『ヒモメン』第3話のあらすじは?

2018年8月11日(土)23時45分〜放送のドラマ『ヒモメン』第3話のあらすじをご紹介します。

春日ゆり子(川口春奈)はヒモ彼氏・碑文谷翔(窪田正孝)に毎日、お小遣いの500円を鍵付きの手提げ金庫に入れて渡すことにした。

「仕事を探すか、家事をするか、そのどちらかに取り組んだら暗証番号を教える」という取り決めにしたのだが、そこにはゆり子の乙女心が隠されていた。

実は、暗証番号として設定した4桁の数字は、ゆり子の誕生日。

ゆり子は間近に迫った自分の誕生日のことを、翔に考えてもらいたかったのだ。

だが、そんな乙女心など知るよしもない翔は、なにかヒントはないか家中を捜索!

帰宅したゆり子は、自分の誕生日を忘れている翔にがく然とする。

怒ったゆり子から小遣いナシを宣告された翔は、部屋をあさっているときに見つけた3枚の食事券を持って、行きつけの居酒屋へ。

そこで、“成功したら賞金1万円”というカレー大食いにチャレンジする。だが、その食事券は、絶対に使ってはいけないモノだった…!?

食べ過ぎで病院に運び込まれてきた翔が、大切な食事券のうち1枚を使ったと聞いて、ゆり子はがく然。

そんな中、公費の不正使用疑惑で追及を受けている国会議員・森山圭子(西尾まり)が緊急入院してきた。

その矢先、お食事券の残り2枚がなくなっていることに気づいた翔。

たまたま圭子と秘書・長谷部恵(小沢真珠)の会話で“お食事券”という言葉が飛び交う。

長谷部が食事券を盗んだものと思った翔は、それさえ取り戻せばゆり子も帰ってくると信じ込む。

しかし、議員たちの会話は巨額“汚職事件”についてだった!?

“人生最大の勘違い”をした翔が、圭子たちを追い詰めるべく取った行動とは…!?

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『ヒモメン』第2話のネタバレ有りの感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
今日も、いいヒモ男っぷりだったね。

来週は、何だか大事になりそうな予感がするね!

ラマちゃん
来週は、いつもと放送時間が変更されるみたい!

気を付けてね!

それでは、来週に続く!(笑)

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA