ハゲタカ視聴率一覧を最終回まで更新中!【綾野剛主演2018夏ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2018年夏ドラマ、テレビ朝日の木曜9時枠は綾野剛さん主演の『ハゲタカ』!

ドラまる

刑事ドラマ・医療ドラマで高視聴率をバンバンとっているテレ朝!

今回はミリオンセラー小説が原作のの企業買収ドラマだね。

ラマちゃん

2018年春ドラマの『未解決の女~警視庁文書捜査官~』も好調だったから、今回も期待!

こちらの記事では2018年夏ドラマ『ハゲタカ』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、2018年夏ドラマ『ハゲタカ』視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』視聴率はどうなる?

まずはテレビ朝日木曜ドラマ枠で2017年夏から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)

黒革の手帖

  • 初回(第1話)視聴率:11.7%
  • 最終回(第8話)視聴率:13.0%
  • 全話平均視聴率:11.4%

ドクターX〜外科医・大門未知子〜第5期

  • 初回(第1話)視聴率:20.9%
  • 最終回(第11話)視聴率:25.3%
  • 全話平均視聴率:20.9%

BG~身辺警護人~

  • 初回(第1話)視聴率:15.7%
  • 最終回(第11話)視聴率:17.3%
  • 全話平均視聴率:15.2%

未解決の女 警視庁文書捜査官

  • 初回(第1話)視聴率:12.7%
  • 最終回(第10話)視聴率:13.1%
  • 全話平均視聴率:12.8%

テレビ朝日の木9ドラマといえば、米倉涼子さんの『ドクターX〜外科医・大門未知子』シリーズで毎度平均視聴率20%超えを叩き出す注目枠。

この1年でも平均視聴率2桁は余裕となっていますね!

昔からドラマを楽しんできた世代向けの王道のサスペンス、刑事・医療ドラマが多いテレ朝は、人気シリーズのドラマを数多く制作されています。

2018年春ドラマでも平均視聴率1位が『特捜9』、3位が『未解決の女 警視庁文書捜査官』、5位が『警視庁・捜査一課長3』とテレ朝の名前がトップ5にずらり。

そしてここへ来て、金融・企業系の社会派ドラマ『ハゲタカ』がテレ朝木曜9時にやってきました。

ドラまる

金融・企業系は、銀行を舞台にした『半沢直樹』など「TBS日9ドラマ・日曜劇場」のイメージが強いね。

ドラマのトップ争いに次なる一手で攻めてきたのかも?!

ラマちゃん

テレ朝木9とTBS日9はバチバチのライバル枠になりそうね!

今回のTBS日9は『この世界の片隅に』だからちょっと違うジャンルだけど…。

『ハゲタカ』はNHKドラマとして放送されたときもかなりの反響があった作品。

視聴率も見てみましょう!

2007年にNHK土曜ドラマで放送された、大森南朋さん主演の『ハゲタカ』の視聴率はこちらです。

2007年NHKドラマ『ハゲタカ』視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:8.7%
  • 最終回(第8話)視聴率:7.1%
  • 全話平均視聴率:7.17%

視聴率は二桁には届かなかったものの、とても高い評価を得て「ギャラクシー賞」「放送文化基金賞」、また遠くイタリアやアジアでも賞を受賞。

NHKドラマでは初めてDVDとBlue-rayにまとめられ発売、2009年にはほぼ同じキャスト・スタッフで映画化もされるほどの人気作でした。

今回は主人公でダークヒーロー、企業を次々買収していく鷲津(わしづ)という男を綾野剛さんが熱演。

2018年の世界を描くオリジナルなストーリーもあるということで、原作小説ファンやNHK版ドラマのファンも再び楽しめますね。

沢尻エリカさんも物語の重要な役として出演、最近さらに貫禄すら感じる演技が光りドラマを盛り上げてくれるのではないでしょうか。

ちなみに2012年『ヘルタースケルター』、2015年『新宿スワン』でも綾野剛さんと共演されています。

ラマちゃん

綾野剛さんといえば、心優しいフランケンシュタインや産婦人科医、航空自衛隊の広報部員から、アウトローな警察官、新宿歌舞伎町のスカウトなどを演じ分けるカメレオン俳優。

でもスーツ&眼鏡姿で、クールなビジネスマン役は今まで見たことがないから、どんな演技をするのか注目だわ

こうしたことから、2018年夏のテレ朝木9ドラマ『ハゲタカ』の初回視聴率は12%あたりではないかと予想いたします。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『ハゲタカ』制作陣から視聴率を予想!

2018年春ドラマ『ハゲタカ』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

原作 – 真山仁『ハゲタカ』、『ハゲタカII』(講談社文庫)
脚本 – 古家和尚
監督 – 和泉聖治ほか
ゼネラルプロデューサー – 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー – 中川慎子 (テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力 – ジャンゴフィルム
制作著作 – テレビ朝日

ウィキペディアより引用

原作は真山仁さんによる人気同名小説ですが、さらに直接このドラマのために原案を書き下ろされたのだそう。

『ハゲタカ』が刊行された2004年あたりは、時代の寵児と言われたとあるIT社長がプロ野球チームや放送局を買収しようとするニュースが盛り上がっていた頃。

そんな2004年から14年がたち、昔からの大企業が倒産、海外の企業に買収、IT企業がメジャーになっているなど日本の経済をめぐる状況や価値観が変わってきているので、そこに注目するのもポイントかもしれません。

脚本は古家和尚さん、2007年『LIAR GAME』『ガリレオ』、2016年『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』などフジテレビの人気作を数多く制作されています。

2014年のTBSドラマ『S -最後の警官-』では綾野剛さんも出演されているので、今作で再びタッグを組みますね。

そして注目ポイントが監督の和泉聖治さん、テレ朝の看板ドラマ『相棒』を2000~2016年まで担当し映画も次々とヒットさせた凄腕の方。

『相棒』卒業後も、2017年に2夜連続スペシャルドラマとしてアガサ・クリスティ原作の『そして誰もいなくなった』を担当、二作とも高い視聴率となっています。

ゼネラルプロデューサーは、米倉涼子さんの『ドクターX~外科医・大門未知子~ 』シリーズを長年担当、2018年は『BG~身辺警護人~ 』や『家政夫のミタゾノ』も注目を集めた内山聖子さん。

国民的とも言えるドラマを作り出したスタッフ陣と、ミリオンセラー作家さんということで、かなり良質な作品になりそうな予感ですね!

ドラまる

メガバンクに一流企業…鷲津のしかける買収劇に注目!

最近の視聴者好みなスカッとする展開になっていそうだね~。

ラマちゃん

強力な布陣でテレ朝ドラマ班の気合を感じるね。

もしかしたら映画化も視野に??

スポンサーリンク

まとめ

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』の視聴率を予想いたしました。

ドラまる

渡部篤郎さん、小林薫さん、光石研さん、杉本哲太さんなど実力派俳優さんの存在感にも注目だ!

ラマちゃん

「さあ、ビジネスの時間だ」の台詞がかっこいいわ。

口コミで話題になって最終回で最高視聴率、ということもありそうだわ。

放送開始後はこちらの記事で2018年夏ドラマ『ハゲタカ』の視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『ハゲタカ』視聴率一覧

第1話(2018年7月19日放送)視聴率

11.9%

『ハゲタカ』1話のネタバレと感想はこちら

第2話(2018年7月26日放送)視聴率

11.3%

『ハゲタカ』2話のネタバレと感想はこちら

第3話(2018年8月2日放送)視聴率

10.4%

『ハゲタカ』3話のネタバレと感想はこちら

第4話(2018年8月9日放送)視聴率

9.6%

『ハゲタカ』4話のネタバレと感想はこちら

第5話(2018年8月16日放送)視聴率

9.9%

『ハゲタカ』5話のネタバレと感想はこちら

第6話(2018年8月23日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『ハゲタカ』の視聴率は金曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA