ハゲタカ|あらすじと原作情報【綾野剛主演2018夏ドラマ】

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年夏のテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠は、綾野剛さん主演、ドラマ『ハゲタカ』が放送されることが決定!

真山仁さんによる小説「ハゲタカ」「ハゲタカⅡ」が原作

2004年に発売された原作は累計230万部を突破し、過去にドラマ化も映画化もされた作品です。

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『ハゲタカ』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
主演の綾野剛さんの力の入りっぷりがすごいんだって。

気合十分だね。

ラマちゃん
過去に映像化された作品とはまた違ったストーリーになるのかしら?

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』作品紹介

ドラマ『ハゲタカ』は、2018年7月にスタートするテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で放送されるドラマです。

バブル経済がはじけ、混沌の中に落ちた日本。

腐敗した企業を買収し再生させるダークヒーローが誕生します!

ドラマ『ハゲタカ』気になるあらすじは?

主人公・鷲津政彦はアメリカに留学しているときにアメリカの有力買収ファンド創始者の目に留まり、若くして不良債権を抱える企業の株や債券を買い叩き、手中に収めた企業を再生し莫大な利益をあげるバルチャー・ビジネス(いわゆるハゲタカビジネス)の世界に足を踏み入れていました。

そんな彼が日本に帰国し、立ち上げた会社が外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」でした。

強烈な妨害や反発を受けながらも、腐りきった大企業に引導を渡し、革命を起こす鷲津は快進撃を続けます。

そんな鷲津が最初の仕事として選んだのが、大手銀行の三葉銀行が行おうとしていたバルクセールでした。

保有する不良債権や不動産を、第三者にまとめ売りをすることで銀行の健全化を図るために奔走するエリートバンカーの芝野ですが、上司の飯島をはじめとする上層部からの無理難題にも振り回されてしまいます。

鷲津と敵対する芝野がどのような結論を出すのか。

また、大手外資ホテルでフロントマネージャーを務める松平貴子との闘いも待ち構えています。

ハゲタカは悪魔か、それとも救世主か?

買収者・鷲津が胸に秘めた驚愕の狙いとは何なのか?

ドラマ『ハゲタカ』みどころは?

バブル崩壊から、アベノミクスと乱高下を体験してきた日本の経済界に殴り込みをかけてきた『ハゲタカ』こと鷲津が真に心に秘めた野望とは。

いつにもまして、気合の入っている主演の綾野剛さん。

相当な思い入れを持ってこの作品に取り組んでいることがうかがえます。

最初の敵役となるであろう渡部篤郎さんとのバトルや、その上司役の小林薫さんと渡り合うため綾野さんはどんな鷲津を用意するのでしょうか。

脇役の方々も、杉本哲太さんや光石研さんなど盤石です。

平成が終わろうとしているこの時代に、平成とはどんな時代だったのかを思い出させてくれる重要な作品になるでしょう。

またある意味でリメイク作品となる今作はどうしても前作、大森南朋さんの主演したNHK版との比較が争点となりそうです。

大森版のドラマの評判がよく、その後の映画化にもつながった経緯を見ると、こちらもなかなか強敵のように感じます。

前作では、原作と設定が多少変えられていた(鷲津が元三葉銀行員だったなど)が、本作品では原作小説『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』で描かれたストーリーに加え、ドラマオリジナルとなるエピソードが登場します。

2018年現在の鷲津を描写するとの事で、原作を読んだ方でも楽しめる内容となっているようです。

さらに前作では恋愛要素は出さず、徹底的に経済活動に注視しましたが、今作ではヒロインに沢尻エリカさんを迎えているため、その辺り鷲津と貴子の関係性をどう持っていくのかも楽しみなところ。

スポンサーリンク

ドラマ『ハゲタカ』原作&脚本情報

ドラマ『ハゲタカ』の原作は小説家・真山仁さんが手掛ける累計230万部突破した同名小説です!!

【原作者・真山 仁さんのコメント紹介!!】
平成の30年が終わろうとしている。

拙著『ハゲタカ』は、平成という時代の申し子のように、苦悩の時代を描くことになった。

バブル経済崩壊のトリガーとなった89年(平成元年)から、日本社会の崩壊は始まり、今なお立ち直れずにいる。

我々はそれを止める術を見つけられず、未曾有の混沌と絶望の渦の中で、耐えるしかなかった。

それでも我々は、「自分たちが幸せになるために何が必要なのか」を考え続けた。

カネか、愛か、安定か、それとも未来への希望か……。

『ハゲタカ』の登場人物たちは、日本人の誇りの復活を叫び、希望を追い求めた。

その葛藤の記録が、映像化される。

 それは、平成時代を締めくくるための必然なのだ。

公式サイトより引用

そして、脚本家は大人気ドラマ『LIAR GAME』や『ガリレオ』を手掛けた古家和尚さんです。

代表作
  • LIAR GAME(2007年/フジテレビ)
  • ガリレオ(2007年/フジテレビ)
  • メイちゃんの執事(2009年/フジテレビ)
  • 幽かな彼女(2013年/関西テレビ)
  • ウロボロス~この愛こそ、正義。(2015年/TBS)
  • 明日の約束(2017年/関西テレビ)

スポンサーリンク

まとめ

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介しました!

ドラまる
金融界の革命児・鷲津政彦の活躍で、大企業の膿が出される痛快なドラマになりそうだね。
ラマちゃん
企業買収って、あまりいいイメージがないけれど、日本の企業・財界を健常化するためには必要なものなのかもしれないわね。

勉強しながら見てみようっと。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA