【ハゲタカ】6話ネタバレと感想。滝本社長(高嶋政伸)との対決に決着!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『ハゲタカ』第6話が2018年8月23日(木)に放送されました。

ドラまる
滝本社長(高嶋政伸)による強引な統合に待ったをかけた鷲津(綾野剛)。

マスコミを利用して滝本を窮地に追い込むんだよね。

ラマちゃん
第二章もいよいよ大詰め!

サムライファンドはハゲタカのように羽ばたけるかしら。

こちらの記事では、ドラマ『ハゲタカ』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『ハゲタカ』第6話あらすじネタバレと感想

経営悪化に陥った総合電機メーカー「あけぼの」に対するサムライファンドとファインTDの戦いはファインTDに軍配が上がったかに見えました。

記者会見で、今回の統合に反対の意思を表明するためTOBを仕掛けたサムライファンド代表・鷲津政彦(綾野剛)に対し、いきなり土下座をするファインTD社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)。

いきなりの土下座です!

予告のシーンは参りましたの土下座ではなく、初っ端の攻防の一部だったんですね。

10億の現金を用意し、あけぼのをあきらめてほしいという滝本でしたが、鷲津は首を縦には振りませんでした。

「金や泣き落としでハゲタカをくどくことはできません。」

そういう鷲津に向かい、滝本の本性が露わになりました。

きれいに積み上げられていた10億をばらまき、「金の力でねじ伏せてやる。」と鷲津に向かい声を荒げました。

後日、マスコミに対し鷲津のバッシングを始める滝本。

これに対し、鷲津もテレビ出演しファインTDとアメリカ軍事・プラザグループとのつながりに言及しました。

今回の統合はあけぼのの崩壊につながると語気を強めます。

その頃、鷲津の後を引き継ぎホライズンジャパン・パートナーズ社長に就任していたアラン・フジタ(池内博之)は、その放送を見ていました。

そのアランは本社からサムライファンドに株式を売却しなかった理由を聞かれましたが、素直に判断を見誤ったと自分の責任だと認めたのでした。

のちにアランは社長を解雇されるのですが、この責任を取る形で社長を辞職することになったのでしょうか。

鷲津と同じように違約金はもらわず、この世界に残る決意をしていましたね。

サムライファンドを立ち上げ、自分の信念に基づいて行動する鷲津の姿はアランの目にどう映ったのでしょう。

そして、鷲津の動きにプラザが反応しました。

ファインを通してではなく、直接あけぼのにTOBを仕掛けてきたのです。

財力的に不利な鷲津たちは、プラザを封じ込めるカードを用意することにしました。

その頃、あけぼのでは芝野健夫(渡部篤郎)と元社長の諸星恒平(筒井道隆)が会長の新見(竜雷太)を連れ、レーダー開発部にやってきました。

社員たちに「アメリカに自分たちの技術を売り渡すのか」と問われ、逃げようとする新見会長。

会長に対し、社員たちはそれが会長の意思ならば従うと言います。

その言葉に、見失っていた心を取り戻した新見は、会長職を辞する決意をしたのでした。

一方、アランの策略のより松平貴子(沢尻エリカ)が守ってきた「みやびホテル」は外資のセンチュリーホテルに買収されていました。

しかしセンチュリーが提示した条件はお客を外国人に限定するなど厳しいものでした。

契約にサインをしてもしなくても、自分でホテルを守ることができないと悩む貴子に、妹の珠香(木南晴夏)は「もう守らなくてもいいんじゃないかな。」と言葉をかけました。

あきらめろということではなく、妹としての優しさからくる言葉でしたね。

こちらも、姉妹が力を合わせて乗り越えられそうな予感がしました。

イヌワシの飛ぶ山の中。

再び偶然出会う鷲津と貴子。

ホテルを守れなかったと謝罪しようとする鷲津に、貴子は「何年後でもいいのでホテルを守れているか見に来てください。」と告げました。さらに「鷲津さんも負けないでください。」と。

引き寄せられる二人の距離感がとても素敵です。

サムライファンドでは、プラザの動きを封じ込めるカードが用意できました。

それはFBIが進めているプラザの不正の証拠でした。

有力な情報を持つ弁護士の名前の中に「ジョン・フジタ」の名前がありました。

彼はアランの父親でした。

いつものうどん屋でうどんをすする鷲津のもとに、迷惑をかけたお詫びにとプラザの不正を暴くデータをもって現れたアラン。

さすが元右腕です。

アランには断られてしまいましたが、鷲津は本心でまた一緒に仕事がしたいと思っているようでしたね。

そして、鷲津はそのカードの力をさらに強力にするために、日本ルネッサンス機構投資委員会委員長の飯島亮介(小林薫)に接触します。

飯島に会った狙いは総理大臣に会わせてほしいというものでした。

ここで登場角野卓三さんです。

政府として、プラザによるTOBを非難してほしいという鷲津。

国益のためと言いながら、過去に総理が闇献金を受けた顧客リストを見せ脅しの種として使う鷲津もなかなかです。

そして、そのリストを3億で買い取るという飯島は抜け目がないですね。

取引通り、政府の声明により、サムライファンドが友好的買収相手として認められました。

それでも胡坐をかいていた滝本の前に、ファインの持つ6%の株を譲ってほしいと鷲津が現れました。

その提案を滝本が鼻で笑ったそのとき、プラザが国防省との贈収賄疑惑で幹部が逮捕されたとのニュースが飛び込んできました。

プラザはこれ以上買い付けはできない。

ついにサムライファンドが勝利しました。

サムライファンド主導のもと、新社長には諸星を指名。

「本当に良い会社っていうのは、経営者や上層部にだけ都合が良い会社じゃないこと。そして強いカリスマ性のある経営者に頼らない会社だ。」という芝野の言葉が響きました。

みやびホテルでも貴子が契約書にサインし、正式にクラウン傘下のホテルになっていました。

あくまでもクラウンに対し提案は続けていく。貴子に一筋の光が見えました。

スポンサーリンク

『ハゲタカ』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
鷲津の義父(?)で、幸楽のお父さんで、総理大臣の角野卓三さんの出番がちょっと少なくて残念だったけど、インパクトは十分だったね。

ラマちゃん
反抗期だったアランが、いい子に戻っていて安心したわ!

できることなら鷲津と一緒にサムライファンドを支えてほしかった~。

ドラまる
次週からはオリジナルストーリーに入るんだよね。

平成最後の戦だ。

ラマちゃん
やっぱりラスボスは飯島さんね。

ウィンくんも出演でテンション上がっちゃうわ。

ドラまる
鷲津がテレビ出演した時に、質問していた人が聞きなれた声だなぁって思ったら、木下容子アナウンサーだったね。

ラマちゃん
この二人の間にただならぬ感情を感じているのは私だけじゃないはず!

スポンサーリンク

ドラマ『ハゲタカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ハゲタカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ハゲタカ』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年8月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『ハゲタカ』第7話あらすじ

2018年8月30日(木) 21:00時から放送のドラマ『ハゲタカ』第7話のあらすじをご紹介します。

時は2018年――平成最後の夏、日本を代表する名門重工業メーカー『帝都重工』で「データ改ざん事件」が発覚。

名門企業の不祥事を、マスコミはこぞって「信頼崩壊の危機」と書き立てる。

日本ルネッサンス機構の飯島(小林薫)は芝野(渡部篤郎)にこの一件に関する処理を依頼。

日本の名門企業の経営危機は政府系の金融支援団体である『日本ルネッサンス機構』としても看過できない事態のため、サムライファンドの鷲津(綾野剛)に救済を求めるよう、芝野に指示する。

その頃、鷲津は講演した経済セミナーで若きベンチャー企業の代表・天宮光一(森崎ウィン)と出会っていた。

『帝都重工』の子会社である『スペース・フロンティア・ジャパン』の代表として宇宙開発に関する事業に携わってきた天宮は、鷲津に投資を依頼してきたのだ。

しかし鷲津はスペース・フロンティアを視察した上で、「夢にお金は投資しない」と天宮の依頼を断る。

「夢とは実現する意思のない人間が使う言葉」という鷲津の言葉に、反発を覚える天宮だったが…?

芝野の差配により、飯島、そして『帝都重工』社長・真壁達臣(伊武雅刀)と対面した鷲津は、正式に『帝都重工』を買収してほしい、と打診される。

しかし「取得する株は最大でも三分の一。株主として拒否権はあるが経営権を渡すつもりはない」という条件を提示され、鷲津はいったん返事を保留。

いまや政界・財界・官界に強い影響力を持つフィクサーとなっている飯島が噛んでいることもあり、慎重に『帝都重工』周辺の動きを探っていくよう、佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らに指示する。

そんな中、『帝都重工』にさらなる激震が!

内部告発により大規模な「不正会計」が行われていたことが発覚する! 

鷲津は『帝都重工』が救うに値する企業か否かを判断するため、内部告発した人物に会わせてほしいと申し出…?

次々と明るみに出る『帝都重工』の腐敗――そのすべてを察知した鷲津は、驚きの行動に出る…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ハゲタカ』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

とうとうアメリカ軍事ファンド・プラザグループとの決着が着きました。

FBIの情報まで入手して、鷲津の情報網はどこまで広がっているのでしょう?

すごいです。

10億を放り投げて「プシャー」と言った強敵・滝本社長も観念していましたね。

敗れた滝本社長や新見会長に対する鷲津の礼儀を欠かない態度は、とても魅力的でした。

そして、アランが更生していて個人的にとても嬉しかったです。

これまで鷲津の片腕として働いていた時のように、さっと必要なデータを用意してくれていて感動でした。

サムライファンドで一緒に働くことはありませんでしたが、アランも鷲津と同じ道を歩んでいくことでしょう。

次週は、平成最後の戦いが始まります。

ラマちゃん
いよいよ最終章に突入よ。

ラスボスの飯島は、銀行時代よりもさらに力を強めていそうで手ごわそうね。

ドラまる
新章は朝日テレビ版のオリジナルの物語なんだよね。

森崎ウィンくんも登場で、見逃せないよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA