ドラマ【ハゲタカ】5話の動画見逃し無料視聴はこちら|8月16日配信

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ハゲタカ』第5話(2018年8月16日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ハゲタカ』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ハゲタカ』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ハゲタカ』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ハゲタカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ハゲタカ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ハゲタカ』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月16日(木)放送終了後〜2018年8月23日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ハゲタカ』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハゲタカ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハゲタカ』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ハゲタカ』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ハゲタカ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ハゲタカ』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
6月を例に出すと、6月1日〜6月30日が無料期間になります。

仮に6月29日に登録をしてしまうと、無料期間は6月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『ハゲタカ』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじ

2018年8月16日(木)放送のドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじを紹介します。

総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。

しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。

一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。

その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。

その頃、ホライズンジャパン・パートナーズの新社長に就任したアランは、これまでに鷲津が手がけてきた企業の株式を次々と売却していた。

貴子(沢尻エリカ)が社長を務める『日光みやびホテル』もそのうちの一社に。

アランから、2週間の猶予の間に51億円を用意するよう告げられた上、鷲津がホライズンを解雇されたことを聞かされた貴子は、途方に暮れるのだった…。

そんな中、『あけぼの』製のコンピュータに不具合が生じ、株が大暴落。

『ファインTD』の後ろ盾となっているアメリカ大手の軍産ファンド『プラザ・グループ』による先制攻撃と見た鷲津たちは、資金を調達し徹底的に『あけぼの』株を買い集める。

こうして『サムライファンド』と『ファインTD』の壮絶な株争奪戦の幕が切って落とされる!

番組公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハゲタカ』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

飛べないアヒル
ホライズンから解雇された鷲巣は、アランに反旗を翻した佐伯や中延らと共に新たなファンドを立ち上げて、あけぼのを守るための株の取得の準備を始めます。

あけぼのの役員となった芝野は、ファインの買収から会社を守るためにレーダー開発部の売却を検討し始めます。

その動きを察知した鷲巣と滝本は、水面下での株の争奪戦を想定します。

そんな時に、あけぼの製のパソコンの不具合で株価が暴落し、鷲巣と滝本の株の奪い合いが始まります。

一方、アランが日本の代表となったホライズンは、日光みやびホテルの貴子にも資金の回収を仕掛け、鷲巣がホライズンを去ったことを知った貴子は途方にくれるようです。

後ろ盾をなくした鷲巣が、いかにして企業買収という生き馬の目を抜くような世界で対抗できるのか、興味をそそられる展開となりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

鷹津政彦
第二部の幕開けとして見事なまでに細かなネタ振りをいくつも見せていて、これからの回も見逃せない展開を示してくれました。

外資ファンドの後ろ盾をなくした鷲津がどう動くのか?彼の後釜となった池内博之さん演じるアラン・フジタは敵になるのか?滝本誠一郎は次にどんな汚い手で攻めてくるのか?第一部で壊れかけていた芝野と家族の絆はどうなっていくのか?挙げればきりがないほど楽しみなネタがあります。

中でも争奪の鍵となっている「アケボノ」のレーザー部門をどうやって守り、どうやって奪い取ろうとするのかは、実際の企業買収劇を重ねてみるととても楽しみです。

ペンネーム:鷹津政彦(50代・男性)

真凛
鷲津と滝本の激しい買収戦になりそうですが新たな敵となったアランが鷲津の邪魔をするようになってくると思います。

どんな形で鷲津が勝ちとっていくのか、ピンチはチャンスの言葉にわくわくします。

結局今まで鷲津がやって来ていたホライズンでのこともアランが「あけぼの」のように白紙に戻したりの行為に、とことん悪役になって行くような雰囲気がします。

でも鷲津には中延や佐伯がついているからホライズンとさほど変わらないのかなと思ってます。

予告には飯島の姿があり味方なのか敵なのか楽しみに思ってしまうところです。

芝野の娘、あずさも巻き込まれてるけど芝野とのほんわかしたシーンが息抜きにでもあったらいいなと期待するところです。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

baysatars
来週は独立した鷲津が滝本社長と株争奪戦をくりひろげられるようです。

今週でも芝野一家にいやがらせを仕掛けたりいろいろえげつない事をする滝本ですからまたやらかすのでしょう!

あけぼの株価暴落もあるようですが、これもアメリカファンドの陰謀でしょう。

これのあたりに鷲津がライバルでもありビジネスパートナーのして信頼している芝野と協力して対応していくのが一番の見どころになるだろうし、株や投資に興味ない人たちにも「株式投資」の参考になるでしょう。

またホライズンの新社長に就任したアランが「日光みやびホテル」にもいろいろ圧力を掛けるようです。

アランと鷲津な対決も見どころのなりそうです。

ペンネーム:baysatars(50代・男性)

まんぼう
滝本と鷲津の戦いの幕が切って落とされるようですが、今のところ資金力では滝本の方が上です。

果たして鷲津はどこからお金を調達するのかに注目が集まります。

予告にはちらりと飯島(小林薫)が出ていました。

かつての仇敵と手を組むのでしょうか。

また「日光みやびホテル」の貴子(沢尻エリカ)も予告に出てきました。

新しく社長になったアランが何らかの画策をするのでしょう。

貴子がどう動くのかもめが離せません。

やはり鷲津が関わるのか、彼女がひとりで立ち向かうのか、どちらにしても楽しみな展開になりそうです。

滝本役の高嶋さんの個性あふれる濃い演技にも更に注目です。

ペンネーム:まんぼう(50代・男性)

ケロスケ
次回、鷲津は新たなファンドを立ち上げてあけぼの買収に動き出す。

ホライズンジャパンにいた部下たちも最後、会社を辞め、鷲津の元に行くという場面もあったのでどのようなファンドとして動き出すかがとても楽しみです。

また、強敵であるファインの滝本とどのように闘っていくかも大きな見所になると思います。

辞めたホライズンジャパンとの関係性はどうなるのか、第1章の時に出ていた沢尻エリカや元三葉銀行の常務取締役など関わってくるのか、さらに激しい展開が予想されます。

まだまだ鷲津のハゲタカとしての力は消えていないので、独立しさらなるパワーアップを期待します。

ペンネーム:ケロスケ(20代・男性)

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

鷹津政彦

『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレ

ホライズン・ジャパンを解雇された鷲津政彦は新たに「サムライ・ファンド」を自ら立ち上げて、大手電機メーカー「あけぼの」の救済的買収に乗り出す。

一方「あけぼの」の敵対的買収をもくろむ「ファインTD」の滝本誠一郎は「あけぼの」会長新見に接近し、彼の創業者としてのプライドを揺さぶって自らの手中に収めることに成功する。

会長の裏切りにより「あけぼの」社長諸星恒平はその座を追われ、彼に請われて役員となっていた芝野建夫も解任されてしまう。

また、鷲津を追い出して自らがホライズンのボスとなったアランは利益度外視の鷲津への復讐に終始し始める。

『ハゲタカ』第5話の感想

このドラマシリーズが始まって以来最も無理のある展開で首をひねることがしばしばありました。

まず、ホライズン・ジャパンを解雇されてすべてを失ったはずの鷲津政彦にどうしてすぐにあれほどの資金が調達できたのか?

個人的な手腕を買われて、とドラマ内でもありましたが、本社に対して背信行為で解雇された人間がすぐに数千億の資金を手にするとは考えにくいのです。

また、その資金を使ってまで何故「あけぼの」買収にこだわるのかももう少し丁寧に描いて欲しかったです。

また、日光みやびホテルの社長が筆頭株主であるホライズン社長の交代劇を知らないのが不自然です。

そして、これまで携帯でやりとりしていたのに、連絡先を知らないというのも不自然すぎました。

ペンネーム:鷹津政彦(50代・男性)

飛べないアヒル

『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレ

ホライズンを解雇された鷲巣は、佐伯や中延らと新たにサムライファンドを立ち上げます。

あけぼのの芝野は、レーダー開発部を売却することでファインからの買収を防ごうとします。

その準備の最中、ホライズンの新社長となったアランは、鷲巣が手がけた企業の株式を次々に売却していきます。

鷲巣がこだわった日光みやびホテルを壊すことで、アランは鷲巣を出し抜きたいという思惑です。

鷲巣はその動きに対して、ホライズンに全て高値で買い取ると打診しますが、アランは交渉のテーブルにつこうとしません。

そんな中、あけぼの製のコンピューターの不具合により株価が暴落し、サムライファンドとファインの壮絶な株争奪戦が始まります。

あけぼののトラブルの責任を問われ諸星が解任され、会長の提案でファインの買収受け入れを表明します。

鷲巣の日光みやびホテルの買取も間に合わないようにアランが画策します。

そんな中、鷲巣は、あけぼののTOBを発表します。

『ハゲタカ』第5話の感想

解雇された直後に新たなファンドを立ち上げた鷲巣の精神状態の強さと、一人になったことでも信じてついてくる仲間がいることには、驚きました。

鷲巣がビジネスにおいて信念ともいえる利益を最優先させるというこの一点で判断しているものの、その根底には企業に在籍する人をみている印象を受けます。

鷲巣を出し抜きたいというアランは、個人的な勝ち負けにこだわって企業を道具として利用した点を、鷲巣が勝者は誰もいないと言ったセリフには彼のファンドを運営する側の人間性を見たように思えました。

鷲巣と芝野の立場は違えども、お金の力を利用したパワーゲームを展開する人の信念を見たように思いました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

テレ朝好き

『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレ

鷲津(綾野剛)の立ち上げたサムライファンドは、あけぼの電機のレーザー開発部の買収に関して、ファインの社長滝本(高嶋政伸)と敵対する。

あけぼのの社長諸星(筒井道隆)と芝野(渡辺篤郎)はサムライファンドに期待するが、会長の新見(竜雷太)は反対する。

一方、ホライズンジャパンの新社長になったアラン(池内博之)は、鷲津が手掛けた案件もすべて売却するとして、日光みやびホテルの社長(沢尻エリカ)に51億円を用意するよう連絡をする。

鷲津は全案件を買い取るとホライズンに連絡するがアランは無視。

最終的に間に合わず日光みやびホテルは売却されてしまう。

そんな中、あけぼののコンピュータがシンガポールで不具合を起こし株価が大暴落する。

サムライファンドとファインは株の争奪戦を始めた。

ファイン滝本は新見を味方にひきこみ、新見は取締役会で諸星を社長解任し、ファインと統合するとした。

芝野も同時に解任され、流れは一気にファインに傾く。

鷲津と芝野は日本ルネッサンス機構に、元三葉銀行の飯島(小林薫)がいることを見つけ、あけぼのを公的資金で買い取るよう依頼するがいい返事はもらえず。

そこで鷲津は記者会見をして、あけぼのにTOBを仕掛けると発表した。

『ハゲタカ』第5話の感想

綾野剛と高島政伸の真剣な対決に、竜雷太や筒井道隆などが絡み、緊迫したシーンが続き飽きなかった。

現実にもよく起こっているような企業買収の裏側も見ているようで楽しみ。

ただ、ホライズンと日光みやびホテルの件が絡んでくるが、これは必要なのか?

配役の関係で仕方ないとは思うが、終わった事案を無理やり中に入れているようでちょっとわかりにくいというか、無駄なような気がした。

小林薫の再登場も無理やりな感じがどうしてもする。

最後まで見ると最終的にそれらがすべて関連性を持っていると分かるのかもしれないが、この回の場合、白熱した企業同士の喧嘩の中に別の話として余分な気がどうしてもしてしまった。

ペンネーム:テレ朝好き(50代・男性)

真凛

『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレ

鷲津政彦はホライズン・ジャパンの社長を解雇されるも新しい会社「サムライファンド」を立ち上げた。

総合電機メーカー「あけぼの」では役員会議でPCメーカー「ファインTD」から買収されないためにレーダー開発部を売却することは会長の新見も合意したが売却先候補の「サムライファンド」には納得しない。

日光みやびホテルは9年前にホライズン・ジャパンの融資を受け再び経営は軌道に乗っていたところに「株式売却通知書」が届く。それはホライズンを乗っ取ったアランの仕業だった。

松平貴子はホライズン・ジャパンの事務所に行ってみると鷲津が解雇されたことを知る。

1200億で「ホライズン・ジャパン」が投資した企業を「サムライファンド」に売却することが了承されたと知らせが入る。

「あけぼの」の株が暴落したことで「サムライファンド」と「ファインTD」との株の買い付けが始まった。

「あけぼの」の役員についている芝野健夫は鷲津から「日本ルネッサンス機構」の会員リストを見せられる。

そこにいたのは元三葉銀行常務の飯島亮介だった。

鷲津と芝野は飯島に会い「あけぼののレーダー開発部を日本ルネッサンス機構に買い取ってほしい」と頼む。

鷲津はホライズン・ジャパンに行き契約書を持って行く。

しかしみやびホテルとの約束も破り、利益を最優先に信念を捨てたことに契約書を破り捨てた。

「あけぼの」の社長、諸星恒平は新見によって社長を解任される。

芝野は新見に「あなたにあけぼのの未来を創ることは出来ません」と言い放つ。

世間にはあけぼのとフィインTD統合のニュースが流れる。

鷲津は芝野と諸星に「まだ手はある」と話し「サムライファンド」が「あけぼの」に対しTOBを行うことを決定した。

『ハゲタカ』第5話の感想

アランは勝ち敗けだけを優先に考えてましたが芯の部分でどこかしら「いけないことをしている」の思いがあるんだと感じます。

鷲津の「下らない私情に走る」の言葉をただじっと聞いている感じのシーンが好きでした。

株の買い付けとなると「会社を守るため」の言葉を忘れるくらいの鷲津や滝本の迫力あるシーンだったと思います。

飯島の再登場に「日本ルネッサンス機構」は元三葉銀行の役員が多いと言われてたことを思い出しました。

連絡は芝野経由だったのかな?と考えてしまうとこです。

再会の場に鷲津はどっしりしていて、芝野がソワソワしている感じがかわいいような、おかしいような、クスッと笑えた場面でした。

買収とTOBの差がいまいち分からないまでも先週の流れから「そこで来たか!」となんとなく雰囲気が分かりつつある感じでした。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

ケロスケ

『ハゲタカ』第5話のあらすじネタバレ

電気会社である「あけぼの」の買収の続編でした。

アランの裏切りにあった鷲津は新ファンドとしてSAMURAIファンドを立ち上げました。

ある時シンガポールのシステムダウンにより、あけぼのの株が暴落しました。

そのためファインとSAMURAIファンドの買収の争奪戦となりました。

プラザグループがバックがあるファインが有利に進める中、鷲津はあるところに足を運びました。

それは日本ルネッサンス機構にいる飯島元常務に声をかけました。

そうする中、最後に鷲津は記者会見を開き、あけぼのへのTOBを発表し、公開買い付けを行うことを宣言したのでした。

『ハゲタカ』第5話の感想

とても面白かったです。

新チームの鷲津が引き続きファインの滝本と全面対決をしていますが、一進一退な感じがしましてとてもドキドキしながら見ています。

今回は日光みやびホテルの沢尻エリカや三葉銀行の元常務の飯島などが登場してとても盛り上がった内容です。

第1章に出てきた登場人物と第2章の登場人物が勢揃いしてあけぼのの買収に向けて関係してくるところが面白く、今後の展開も含めて楽しみです。

あけぼのの買収に対して不利である鷲津がまだ諦めていない、勝負はこれからですというところがカッコよく、また上手くいくと思ってしまうほどの凄さを感じられるのが尊敬でき、楽しく見れています。

ペンネーム:ケロスケ(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA