ドラマ【ハゲタカ】4話ネタバレと感想。アランの反逆…鷲津の解雇!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『ハゲタカ』第4話が2018年8月9日(木)に放送されました。

ドラまる
今日から第二部が始動!

敵には癖のある役が得意な高嶋政伸さんが登場するね。

ラマちゃん
電機メーカー「あけぼの」をめぐってホライズンジャパンと闘うんだよね。

強敵になりそうね。

こちらの記事では、ドラマ『ハゲタカ』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ハゲタカ』第4話あらすじネタバレと感想

2010年。

国内有数の大手総合電機メーカー「あけぼの」は経営の危機に瀕していました。

そのあけぼの再生担当には、三葉銀行を退社した芝野健夫(渡部篤郎)が就任していました。

その情報を立ち食いうどんの店で入手するホライズンジャパン・パートナーズ社長の鷲津政彦(綾野剛)。

鷲津は、「あけぼの」を買収するために動いていましたが、芝野が再生担当に就いたため一旦買収を保留にしました。

このことについて、部下のアラン・フジタ(池内博之)は快く思っていなかったようですね。

9年前も、ごく日本的に行動する鷲津に対し、一つ一つ疑問を投げかけていましたが、積もり積もって今回の行動につながってしまったのだと思います。

一方、芝野も役員会議にて再建案を提示しますが、会長の新見(竜雷太)に渋い顔をされてしまいます。

フェニックス計画と名付けられた芝野の案は、半導体事業部売却や大規模のリストラでした。

芝野は会長に「首切り屋」と揶揄されてしまいます。

この9年の間に企業再生のスペシャリストとして、数々の企業を再生させてきましたが、容赦ない人員整理を行うためそう呼ばれていたのでした。

会長は、半導体研究部門を大切にしているようでしたね。

そして、社員たちもその会長のためにと研究を続けていました。

その頃、ホライズンの動きを探る滝本誠一郎(高嶋政伸)の姿がありました。

滝本は自身が一代で大きく育て上げたPCメーカー『ファインTD』のカリスマ社長でした。

その滝本も「あけぼの」を狙っていました。

張り付いたような笑顔で、「あけぼの」の社長・諸星恒平(筒井道隆)と芝野の前に現れた滝本は、あけぼのにとって都合のいい条件ばかりを並べた救済型の買収案を持ってきました。

しかし、芝野は即座に提案をはねのけます。

滝本は以前に今回のような甘い提案を餌にし、企業を乗っ取った過去があったからです。

芝野の強硬な態度に、滝本の表情も一変し、TOB(株式買い付けによる買収)を行うと宣言しました。

買い付けにかかる費用は約1.5兆円。

滝本はすぐに用意できる金額だと答えました。

滝本のバックにはアメリカ軍事ファンドの「プラザグループ」が潜んでいました。

滝本は「プラザ」に「あけぼの」が開発しているレーダー技術を売ることで数兆円の利益を見込んでいたのです。

この情報を手に入れたホライズン本社は会長の命令で、あけぼのから撤退することが決まりました。

鷲津は芝野に「プラザ」に狙われていることを伝え、本社の命令を無視し、友好的買収を行う「ホワイトナイト」になると告げました。

鷲津からしたら、日本の企業が軍事産業に食い物にされるのは許せなかったのだと思いますが、ホライズンにとって異分子になってしまったのも理解できます。

豪勢に夜遊びをしている滝本の前に、諸星・芝野と共に鷲津がやってきました。

滝本に宣戦布告する鷲津にしびれてしまいました。

ハゲタカであることに誇りを持ち、あくまでもその姿勢を貫く鷲津はかっこいいですね。

しかし、そんな姿をアランは理解できませんでした。

より良い買収先を探す鷲津の姿勢と、ホライズンの会社としてのベストがかけ離れてしまっていると。

そして、鷲津はホライズンを解雇されてしまったのです。

後継にはアランが任命されました。

隠居する鷲津に25億の違約金を払う準備があると告げるアラン。

当然、「ホライズン」は「あけぼの」に対するホワイトナイトも降りることになりました。

鷲津と同様に、芝野家にも報復が行われていました。

過去にアルコール依存症だった芝野の妻・亜希子(堀内敬子)の元に大量のお酒を送りつけたり、娘のあずさ(是永瞳)も仕事で報復人事に遭っていました。

滝本の陰湿さに驚愕です。

自分たちであけぼのを守らなくてはいけないのか。という芝野に鷲津は「私はまだ生きている。これから宣戦布告です。」と闘志を燃やしました。

改めて滝本の前に立ちはだかり、声高らかに新たなファンドを立ち上げ「あけぼの」のホワイトナイトになることを宣言しました。

その頃、アランの元に次々と辞表を出す中延五朗(光石研)たちの姿がありました。

鷲津の新たな戦いが始まりました。

スポンサーリンク

『ハゲタカ』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
ハゲタカであることに誇りを持ってるのが伝わってきたね。

ただの犬じゃなくて、自分の意思で空を飛び回っているんだ。

ラマちゃん
あんなに鷲津に懐いていたいのに、9年の間にアラン自身も変身したってことなのかしら。

ドラまる
高嶋政伸さんは、爽やか好青年のイメージがあったのに、いつの間にかあくの強い役が得意になったよね。

ラマちゃん
久々にお目にかかった筒井道隆さん。

今でも若いわ。

ドラまる
マンションの管理人では収まらなかったようねby海月姫

ラマちゃん
本当に日本語が流暢で驚いちゃった!

スポンサーリンク

ドラマ『ハゲタカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ハゲタカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ハゲタカ』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年8月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『ハゲタカ』第5話あらすじ

2018年8月16日(木) 21:00時から放送のドラマ『ハゲタカ』第5話のあらすじをご紹介します。

総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。

しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。

一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。

その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。

その頃、ホライズンジャパン・パートナーズの新社長に就任したアランは、これまでに鷲津が手がけてきた企業の株式を次々と売却していた。

貴子(沢尻エリカ)が社長を務める『日光みやびホテル』もそのうちの一社に。

アランから、2週間の猶予の間に51億円を用意するよう告げられた上、鷲津がホライズンを解雇されたことを聞かされた貴子は、途方に暮れるのだった…。

そんな中、『あけぼの』製のコンピュータに不具合が生じ、株が大暴落。

『ファインTD』の後ろ盾となっているアメリカ大手の軍産ファンド『プラザ・グループ』による先制攻撃と見た鷲津たちは、資金を調達し徹底的に『あけぼの』株を買い集める。

こうして『サムライファンド』と『ファインTD』の壮絶な株争奪戦の幕が切って落とされる!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ハゲタカ』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

思いがけないアランの裏切り。

鷲津は窮地に立たされたかと思いましたが、仲間たちの厚い信頼によって新たなファンドを立ち上げることになりました。

あんなに鷲津のために一生懸命走っていたアランが、まさかという思いでした。

9年の間に芝野は企業再生のスペシャリストとなり、鷲津と共に戦う戦士となっていましたね。

鷲津のことを芝野が理解してくれていたことがうれしかったです。

ファインのバックについているプラザとの戦いによって、みやびホテルも再び登場します。

鷲津が築いてきた企業再生の道がアランによって壊されていくのを、鷲津が手をこまねいてみているだけなわけがないですよね。

自分の翼を持って自由にハゲタカのように舞う鷲津の本当の戦いは今始まったようです。

ドラまる
右腕だったアランに裏切られて鷲津も驚きの表情だったね。
ラマちゃん
バックにアメリカの軍事産業が絡んでいるなんて。

この戦いは簡単には終わらないようね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA