ドラマ【ハゲタカ】3話ネタバレと感想。鷲津の真の狙いが明らかに!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年8月2日(木)にドラマ『ハゲタカ』第3話が放送されました。

ドラまる
日光「みやびホテル」の買収に乗り出した鷲津(綾野剛)たち。

松平貴子(沢尻エリカ)は、どう受け入れるのかな?

ラマちゃん
今日は第一部完結!

鷲津が三葉銀行やみやびホテルに近づいた本当の理由が明らかになるのよね。

こちらの記事では、ドラマ『ハゲタカ』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ハゲタカ』第3話あらすじネタバレと感想

「ホライズンジャパンはみやびホテルを買収する」と高らかに宣言した鷲津政彦(綾野剛)。

困惑する社長・松平貴子(沢尻エリカ)と三葉銀行の芝野健夫(渡部篤郎)に、貴子の妹・松平珠香(木南晴夏)の夫・寿(池田良)の分の株式も譲渡を受け、全株式の34.5%保有することになったと言いました。

貴子は鷲津がみやびホテルに前から目をつけていたことに気が付き、なぜ買収しようとするのか問います。

鷲津は貴子に今回の買収は、ホテルを奪うためでも壊すためでもないと答えました。

財閥向けの避暑地として開業した「みやびホテル」は3代目社長の貴子の父・重久(利重剛)の代で債務超過450億にもなっていました。

貴子は改めて鷲津の元に、買収の真意を聞きに向かいました。

重久は現在は会長に退き、4代目社長には貴子が就任しサービスの向上など改革を行っていましたが結果には現れていませんでした。

ホテルにとってのガンを切り捨てていないからだと言われてしまう貴子。

貴子自身も、能天気な経営を続けていた父親のことだということはすぐにわかっていたようでしたね。

祖母の手紙が足かせとなり、今まで強く言えなかったのですね。

その父は、三葉銀行から新しく設立される「三葉ふるさとファンド」で支援を受けられるかもと聞かされ浮き足立っていました。

三葉銀行の飯島亮介(小林薫)の口からは、金による乗っ取りは許さないといった耳障りの言い言葉しか聞くことができませんでしたが、それを聞く芝野の顔は険しいものでした。

実は「三葉ふるさとファンド」は債権回収に目的を絞っており、参加した会社は子会社化を進められ、乱脈経営を行った現経営陣には告訴も辞さないという厳しい内容のものだったのです。

そのことを貴子に伝えた芝野は、銀行はハゲタカに狙われるほど経済を腐らせてしまったと反省していました。

鷲津から「対抗するなら覚悟を見せろ。」と言われていた貴子は行動を起こしました。

まず、「三葉ふるさとファンド」への参加は見合わせ、そして現会長である父・重久の退任の動議を発動しました。

人員整理も行った貴子は、鷲津の元にある提案を抱えてやってきました。

ちょうどその時、珠香の夫・寿が鷲津にお金を借りに姿を現しました。

貴子を見て逃げる寿を見て、「この人ダメな人だぁ」と痛感しましたね。

呼び出された珠香も、ようやく目を覚ましてくれて、本当にすっきりしました。

これから、姉妹でホテルの再建が始まるという感じがしましたね。

改めて、鷲津に以前に一緒にイヌワシを見た場所に来てほしいという貴子。

そこで、買収を受け入れる代わりにお金を貸してほしいと言います。

そのお金で、貴子自身がホテルを買い取りたい。ハゲタカの翼を利用して羽ばたきたいと。

とてもいい決断だったと思います。

そして鷲津は、イヌワシと自身の両親の話を始めました。

みやびホテルは両親のゆかりのホテルだったのです。

両親が大切に思っていたこの自然を守りたかった。そのためにホテルを買収しようとしていたと。

貴子の決断の報告を受けた芝野のところへやってきた鷲津が茶封筒を手渡しました。

その中には、10年前芝野が担当していた「ワープジャパン」という繊維会社の資料が入っていました。

そのワープジャパンは脱税を指摘され、倒産した会社でした。

しかし、脱税は虚偽の申請で摘発されたもので無罪だったものの、風評被害に遭い倒産に追い込まれていたのです。

しかも、その倒産も計画倒産だと指摘されていました。

書類上、その指摘を行った人物は芝野となっていましたが、実は直属の上司だった飯島の仕業だったのです。

鷲津は、飯島に復讐を行うために執拗に三葉銀行に目をつけて揺さぶりをかけていたのでした。

鷲津は、飯島が管理している隠し口座のリストに目をつけていました。

そして、その隠し口座が金融庁の捜査対象になっていると芝野を通じて飯島に伝言します。

何としても隠し口座のことを隠したい飯島は、以前鷲津が隠し口座のリストと飯島自身を買い取りたいと申し出ていたことを利用して、逃げることを選択しました。

鷲津の用意したホテルに到着し、顧客リストを鷲津に渡すと確認の間にあるボイスレコーダーの音源を聞くようにいわれました。

それは、ワープジャパン社長で鷲津の父・花井順平(小木茂光)からの伝言でした。

大番頭(=飯島)にはめられたという内容。

花井は三葉銀行の隠し口座の存在に気が付き探りを入れたため、飯島の罠にかかり会社を倒産に追い込まれていました。

そして、抗議のために旧大蔵省で割腹自殺を図ったのです。

父の抗議の方法が、常軌を逸していて怖かったですが、鷲津自身も父親の行動に怒りを覚えていましたね。

その音源を聞かせている間に、鷲津は顧客データをNYのジャーナリストに送っていました。

翌日にはマネーロンダリングもすべて明らかにされる。

「三葉銀行をつぶせたのはハ~ゲ~タ~カ冥利に尽きますよ。」

来ましたね、このフレーズ。

飯島常務にも、恐ろしい響きに聞こえていたのではないでしょうか。

みやびホテルは順調に経営を再建していました。

姉妹仲良くお客様を迎える姿は、目頭が熱くなってしまいました。

今回の一件で銀行を辞めてきたという芝野は、鷲津に大銀行をつぶすという目的を達した今、これからどうするのかと問いかけます。

「この世界が性に合っている」

そう答えた鷲津も芝野に「ホライズンに来ないか?この国を変えるために一緒戦おう。」と誘いますが、芝野は鷲津とは生き方が違うのだと断ったのでした。

スポンサーリンク

『ハゲタカ』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
名台詞いただきました!

でも、どこかで聞いたような。名台詞には変わりないか!

ラマちゃん
綾野剛さんの演技の幅に感服しちゃうわ。

そして、きれいな走りっぷり!

ドラまる
外資のファンドはみんな悪者みたいに見えるけど、中身を見たら本当にそうとは言い切れないんだね。

ラマちゃん
今日も沢尻エリカさん、きれいだったわ。

ドラまる
MBOを駆使して貴子はみやびホテルを守ったんだね。

ラマちゃん
綾野版鷲津の正義感がバンバン伝わってくる感じは、結構好きだなぁ。

スポンサーリンク

ドラマ『ハゲタカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ハゲタカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ハゲタカ』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年8月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『ハゲタカ』第4話あらすじ

2018年8月9日(木) 21:00時から放送のドラマ『ハゲタカ』第4話のあらすじをご紹介します。

鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年――鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。

その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任。

それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。

経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。

佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン(池内博之)だけは、その判断に反発を示すのだった…。

そんな中、PCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が『あけぼの』買収に動き始める。

『ファインTD』を一代で大きく成長させた滝本は、カリスマ経営者として名を馳せていたが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。

大手の『あけぼの』を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうとする滝本。

『あけぼの』に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると途端に態度を変え…?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ハゲタカ』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
1997年から2001年にかけての第一部が完結しました。

「みやびホテル」の買収に、誠実に対抗して見せた貴子は芯の通った素晴らしい社長だと感じました。

妹も姉と一緒にホテルを再建することに協力するようになったようで、安心しました。

妹の目が覚めてよかった!

そして、鷲津がホテルを買収しようとしていたのが両親との思い出を守るためだっということも素敵な理由だと思います。

父親の自殺の原因となった飯島への復讐も、鷲津らしいキレのいいやり方でしたね。

「あなたは生きている、私の父とは違って。」のセリフにしびれてしまいました。

第二部には強敵・高嶋政伸さんが登場。

面白くなりそうです!

ドラまる
みやびホテルの再建がうまくいってるみたいで、安心したね。
ラマちゃん
鷲津のお父さんの自殺に飯島常務が深く関わっていて、最初から三葉銀行をつぶすことが狙いだったことに驚いたわ。

来週からは、高嶋政伸さんが演じる滝本誠一郎とバトルが始まるのね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA