ハゲタカ|2話の動画見逃し無料視聴はこちら【7月26日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ハゲタカ』第2話(2018年7月26日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ハゲタカ』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ハゲタカ』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ハゲタカ』第2話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ハゲタカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ハゲタカ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ハゲタカ』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年7月26日(木)放送終了後〜2018年8月2日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ハゲタカ』を見る方法について、前クールドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の傾向から、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されると思われます!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハゲタカ』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハゲタカ』の配信は以下のようになると思われます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ハゲタカ』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ハゲタカ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ハゲタカ』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
6月を例に出すと、6月1日〜6月30日が無料期間になります。

仮に6月29日に登録をしてしまうと、無料期間は6月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『ハゲタカ』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじ

2018年7月26日(木)放送のドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじを紹介します。

三葉銀行が行なった日本で最初のバルクセールから4年――再び飯島(小林薫)の前に現れた鷲津(綾野剛)は、国内有数の寝具メーカー・太陽ベッドの債権をすべて譲渡してくれるよう迫る。

オーナーの中森一族が経営する太陽ベッドは現在、創業者の娘である中森瑞恵(かたせ梨乃)が社長の座に。

しかし経営者一族の浪費と乱脈経営は常軌を逸しており、債務超過は480億円にまで上っていた。

飯島から300億円ほどの債権を40億円で譲り受けた鷲津は、アラン(池内博之)らを伴い、瑞恵らが住む太陽ベッドの社宅を訪問。

債権を放棄する代わりに経営陣の撤退と民事再生法適用の申請を迫るが、まともに話も聞かれぬまま追い返される羽目になる。

なんとしてでも太陽ベッドをバイアウトしたいと考える鷲津は、社内の重要人物たちを探り出し、内部から揺さぶろうとする。

すると、瑞恵の息子で役員の伸彰(渡部豪太)と経営に関わるふたりの役員に、瑞恵社長を裏切るかのような動きが…。

すかさず鷲津は“ゴールデンパラシュート”をチラつかせた上で、経営陣にさらなるプレッシャーをかけていく!

その頃、芝野(渡部篤郎)のもとには、日光みやびホテルの支配人に就任した貴子(沢尻エリカ)が追加融資の依頼に訪れていた。

しかし社長である貴子の父・重久(利重剛)の放漫経営により経営状況が悪化の一途をたどっていた日光みやびホテル。

そんな状況から追加融資を不可能であると判断する芝野に、貴子は近日中にあらためて経営再建計画書を提出することを約束する。

しかし、家を出て外資系ホテルに就職し、日光みやびホテルに戻ってきた途端に支配人としてホテルを仕切り始めた貴子に、妹の珠香(木南晴夏)は不満顔を隠さない。

やがて、重久が社長の座を退き、珠香の婿・寿(池田良)にホテルを任せようとしていることがわかり…?

そんな中、太陽ベッドが債権者である鷲津たちに無断で民事再生法を申請。

新たなスポンサーを競争入札で決めようとしていることが明らかになる!

番組公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハゲタカ』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ななまる
鷲津と松平の関係が気になります。

たまたまホテルで会っただけで、その後松平の地元で再会をして、ということですが、何か関係が生まれるんじゃないかなと思います。

松平の実家のホテルを鷲津が狙っているとか、そういうことなのかもしれません。

バルクセールで不良債権を処分したいと考えている三葉銀行。

銀行の中でも色々あるみたいなので、芝野が銀行の中でどこまで活躍をするのかな、ということも期待したいと思います。

そして最初のシーンにあった工場で働く鷲津。

何故代表取締役が工場勤務になったのか、かなり気になってしまいます。

ペンネーム:ななまる(30代・女性)

キョウちゃん
第2話から鷲津が個別の企業に介入していく展開になります。

「腐った肉を切り落とす」大手術を日本で繰り広げて行ってくれてハゲタカの本領を発揮してくれそうです。

第一号は”太陽ベッド”が標的になるそうですが、死肉を食いあさるハゲタカが悪いのか?、企業を私物化して腐らせてしまった無能な経営者が悪いのか?というハゲタカシリーズの核心を行く展開が繰り広げられそうです。

血も涙もないハゲタカが悪徳経営者をあらゆる手段で追い詰めて倒す、”毒をもって毒を制する”ことのできるダークヒーローとしての鷲津政彦がどこまで私たちの胸のスカッとする行動に出てくれるのか期待します。

ペンネーム:キョウちゃん(50代・男性)

飛べないアヒル
三葉銀行が初回のバルクセールを実施して4年後、鷲津がまた飯島の前に現れます。

鷲津は、国内有数の寝具メーカー太陽ベッドの債権譲渡を要求し、簿価の約10%の40億円で取得します。

太陽ベッドは債権者である鷲津たちを無視して民事再生法を申請し、再生の手助けをしてくれるスポンサーを入札で決めようとします。

鷲津は、太陽ベッドの債権をバイアウトする事が本来の目的ですが、その為に経営者の退陣と民事再生法適用申請が選択肢となるはずが、手法が変わってそうです。

外資ファンドの企業買収の方法の二つ目が、表現されるようで、その際の決定のために数字ではない実態を調査する姿も興味がそそられる内容となりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

真凛
芝野が鷲津に一本やられた状態で、再会して再び鷲津たちとの取引がなされる時にどれだけ「バルグセール」の時の失敗を活かして鷲津と絡むのかな?と思います。

あの真っ当な性格はあまり変わらないでほしいところです。

飯島と鷲津の心理戦も楽しみです。

「次は自分が」と言っていて小狡そうなだけに鷲津も手こずる部分が出てくるのかな、と思ってます。

1話ではホテルのマネージャーだった松平貴子が時が経ち「日光みやびホテル」の人間として、金色庵みたいな譲渡の話になってくるんだろうなと思います。

でもとりあえずたち直すために融資から始まるんですかね。

鷲津と貴子の毎回の絡みを楽しみにしてます。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

ケロスケ
第2話では鷲津と第1話とは他の不良債権した企業へのお金の回収場面が次回予告に出ていましたので、新たな展開が生まれて来ると思います。

第1話の最後に沢尻エリカとも一緒にいたので、これから沢尻エリカがもしかすれば鷲津の会社に関わる人物になり、キーパーソンになっていくとも思います。

また、三葉銀行もこのままでは引き下がれないので、再びハゲタカに対し闘いを挑んで来ると思うので、新しい展開がと第1話からの引き続きの展開が入り混じり、新たな面白さが生まれて来ると思います。

鷲津の発するメッセージは心に響くものがあったので、各回で名言が生まれて来ると思います。

ペンネーム:ケロスケ(20代・男性)

にゃろん
今回さわりしか出てこなかった日光での貴子の問題が今後どう絡んでくるのか、鷲津が貴子の味方になるのか第一回と同じように経営者の敵になるのか、早く知りたい気がします。

現実社会でも外資系ホテルはどんどん増えているし、銀行があまり健全な企業でないこともよく言われているので、その内幕を知るような気持ちでこのドラマを見ているのですが、銀行でもホテルでも腐った経営陣ばかりが俎上に載ってしまうと、何となく普段から使っている銀行や旅行先のホテルも色眼鏡で見てしまいそうで、もう少しまっとうな人たちも登場させてもらいたいなぁと思いました。

ペンネーム:にゃろん(40代・女性)

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

どろどろ銀行

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

三葉銀行のバルクセールから4年が経ち、2001年、鷲津は、料亭で飯島常務に会い、中森一族による乱脈経営で多額の負債を抱える太陽ベッドの債権譲渡を要求し、受け入れられます。

そして鷲津らは、一族に会い、300憶の債権放棄をする代わりに一族が経営から手を引くのが条件だと言いますが、社長は拒否します。

480億の債務超過になっていました。

鷲津は社長に強制執行の手続きをちらつかせます。

鷲津は飯島常務に呼び出され、行ってみると、太陽ベッドの青山常務ら役員が、社長を退任させ自分達が再建するという提案をしますが、鷲津は拒否しゴールデンパラシュートの条件を提示します。

鷲津は三葉銀行系列のファンドとの入札に勝ち、中森一族の背任の証拠を突きつけ退陣を迫りました。

一方、日光みやびホテルの支配人になった松平は資産流動化室長の芝野に融資を依頼します。

ところがホテルは37億円の負債を抱えていました。

芝野は社長の退陣を求め、松平は債権計画書の提出を提案しました。

しかし松平の妹はじめ役員は松平を煙たがり、出戻りの松平を社長にはさせません。

しかし後任の社長も行方不明になります。

『ハゲタカ』第2話の感想

三葉銀行の飯島常務が、中森一族は一筋縄ではいかないだろうと言った通り、鷲津の要求に抵抗し、三葉銀行を巻き込んで役員が生き残りの条件を出してくる等、したたかさを見せます。

しかし、役員の一族が経営する会社に、太陽ベッド本体から資金が流出している背任の疑いのある事実を突きつけて封じ込んだのは、見事でした。

しかも鷲津がゴールデンパラシュートと言う条件を提示したのは、驚きでした。

しかし太陽ベッドが民事再生手続きを申請して鷲津に対抗します。

しかも再建のスポンサーに三葉銀行の系列会社アサノファンドが浮上し入札となりました。

しかも中森社長がファンドに委任状を渡していました。

しかし太陽ベッド従業員からの委任状を鷲津が提出します。

この時点で、さすがの鷲津もピンチかと思いましたが、鷲津は相手がジャンク債を資金源に用いている証拠を握り、最終的には鷲津が勝ち、飯島常務は激怒する場面は、あっと言う間の、どんでん返しで面白かったです。

ペンネーム:どろどろ銀行(60代・男性)

飛べないアヒル

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

鷲巣は、三葉銀行が所有する太陽ベッドの債権300億を40億円で譲り受けたいと申し出て、バイアウトを画策します。

太陽ベッドは、創業者の娘中森瑞恵ら経営者一族の浪費と放漫経営のため、債務超過は480億円にまで膨らんでいます。

鷲巣らは、太陽ベットの社長宅で、債権放棄と引き換えに現経営陣の退陣と民事再生法適用の申請を迫ります。

三葉銀行の飯島が鷲巣と太陽ベッドの瑞恵の息子信彰と役員の二人の橋渡しを画策し、その場で鷲巣は、役員二人の横領疑惑の暴露とゴールデンパラシュートの金額を提示して揺さぶります。

鷲巣は、太陽ベッドとの交渉の合間に、日光みやびホテルを訪れ、放漫経営のために父親が社長の座を退き支配人として就任した貴子と再会します。

鷲巣は、時期がくれば日光をまた訪れることになることを貴子に告げます。

鷲巣が日光を訪れている中、太陽ベッドは民事再生法を申請し、競争入札によるスポンサーの決定をはかろうとします。

入札に際し、鷲巣は太陽ベッド従業員からの委任状を提示します。

両者の入札上限の設定額を超える入札額に鷲巣は、アメリカ本社の決済を取り付け、太陽ベッドの買収を完遂します。

『ハゲタカ』第2話の感想

海外の外資から狙われた企業の多くは、今回の太陽ベッドのような同族経営、ワンマン会社といったものが多かった過去があります。

創業者の強固な意志と従業員との信頼関係で築かれた会社の財務基盤を崩すのは、後継者一族の浪費がおきまりですが、やはり今回のストーリーでも傲慢な女社長が登場し、それをロジカルに突き崩していく鷲巣の手法が面白いものでした。

入札で設定していた上限額に達した際の鷲巣の判断の素早さと、相談する決断の潔さも、勝負を賭ける際の判断の柔軟性と執念と信念は、ハゲタカと呼ばれた外資の強さかもしれないと思わせる動きだと思いました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

真凛

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

ホライズン・ジャパンの鷲津政彦は「太陽ベッド」の債権を譲って欲しいと三葉銀行の常務取締役、飯島亮介と会っていた。

飯島は40億で譲ってしまう。

早速太陽ベッドの中森瑞恵に会い条件を話すも中森は聞こうともせず書類を破り捨てる。

日光みやびホテルの松平貴子は三葉銀行で融資の相談に来ていた。

経営状況が芳しくなく担当の芝野健夫に追加融資は出来ないと言われる。

鷲津は再び太陽ベッドへ行き権利を渡すよう請求債権目録を渡しに来る。

三葉銀行を間に置き太陽ベッドとの交渉が行われるが太陽ベッドが出したホライズン・ジャパンにとっての条件は悪い。

再び太陽ベッドへの条件を出して帰るが芝野に「やり方を認める気にはなれない」と言われる。

しかし「私とあなたの生き方の違い」と返す鷲津だった。

貴子は「社長が会長に退く」と聞く。

その上、後任の社長は妹珠香の夫、寿と言う。

鷲津は日光みやびホテルに寄り貴子との再会、4年前、イヌワシを一緒に見た時に決断した選択を話す。

何故日光に来たかと聞かれ「時期が来ればお邪魔する機会も増える」と答える鷲津。

太陽ベッドの債権は競争入札になったと情報が入った。

入札の日。どんどん跳ね上がっていく金額。

予想していたアトムファンドの上限も超えた時点に鷲津は入札額の書かれた紙と一緒にある書類を持ち込む。

アトムファンドが追加した15億円は問題のある会社だった。

その事実が響いてアトムファンドからの入札は行われずホライズン・ジャパンが勝利する。

『ハゲタカ』第2話の感想

かたせ梨乃さんの女社長ぶりにますますの貫禄がありました。

最後の「クワッ!」がかわいかったです。

前回と同じ?と思ってしまった競争入札は飯島の案でしたね。

息子の目のやり場に「こいつがスパイか」と思ってしまいましたが、予想していたアトムファンドの上限額を超え「シナリオ」を変えたことで単に用済みになっただけなのか、とも感じてしまいました。

いくつものパターンを考えてるんだな、と思いましたがよくあの状況下でアトムファンドの15億に目をつけて動いたな、それより相手側の投資先とかすぐわかるものなのかなと思ってしまいました。

珠香役の木南晴夏さん、ハマり役ですね。

強い演技だったり夫の寿がいなくなったと抜けた表情の演技が珠香の性格にぴったり来ているようで改めて凄い女優さんやなと感心してしまいました。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

bayasatars

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

第1話から4年あまりたち、今回の敵寝具メーカーーです。

創業者の娘が社長を務めるその会社は、創業者一族とその取り巻きの放漫経営により480億もの債務超過に。

一方松平貴子は実家の日光の老舗ホテルに戻っていた。

しかしこのホテルも経営状態は良くなく三葉銀行に追加融資を申し込んでいた。

寝具メーカーの債権を引き受けた鷲津からの提案も無視し社長の座にしがみつこうとする。

そしてついにバイアウトの競争入札となる。

競争相手は三葉銀行系のファンド。

最初から不利な入札だったが、様々な情報を収集をし、最後は入札に勝利し、無能経営者達を追い出すことに成功する。

『ハゲタカ』第2話の感想

経済用語がいろいろ出てきますが、今回からその度字幕が入るようになりました。

これで非常に解りやすく、興味を持ってドラマを見ることができます。

しかし本当に実際にも無能経営者多いですよね。

今回の寝具メーカーの社長も、悪い人ではなさそうだけと貴子の父親の旅館の社長も。

特に創業家の2代目、3代目て本当に…。

そしてゴマすることしか能のないゴマすり役員がいて…

もちろん創業一族だけが無能て訳じゃないですけど。「うちの会社の偉い人達本当に大丈夫」と思って今回見た人も多いんじゃなないでしょうか?

こういう人たちがバブル崩壊させてなんも責任取ってないまま今日を迎えているんですよね。

ペンネーム:bayasatars(50代・男性)

はげたかねこ

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

今回主人公「ハゲタカ」こと鷲津(綾野剛)が着手したのは「太陽ベッド」という老舗の同族企業。

創業者の利用者重視の体質を受け継いだ現場の作業工程を見学した鷲津は、ますますこの企業を買収し、立て直す決心を固めます。

対する太陽ベッドの女社長・中森瑞恵(片瀬梨乃)は、鋭い指摘を受け、重役の中に背信行為を働いていた者がいたことを知らされても、旧体質の経営者らしい考えを改めることが全くできず、三葉銀行の支援を受け、民事再生法適用と競売で物事を解決し、外資企業を排除しようとします。

鷲津はいざというときの切り札を隠し、正攻法で中森社長をやり込めることを決意します。

『ハゲタカ』第2話の感想

全体的に、ビジネスの難しい話プラス男性ビジネスマンばかりの花のない世界だったので、かたせ梨乃の貫禄のある悪振りが華やかで、ある意味スカっとしました。

それにしても、啖呵を切るときの綾瀬剛の低音ボイスはいいですね。

言っている内容のどぎつさが強調されるというよりも、心に染み込んでくるような気がします。

今回も入札によるシーンが描かれますが、違うところは民事再生法に基づく入札とのこと。

しかもその手続きは三葉銀行の入れ知恵で、不正を重ねての申請ということで、難しいことわからないのですが、ずるいの一手に企業はともかく銀行がこれでいいのかと、ドラマながら憤りを感じてしまいます。

ペンネーム:はげたかねこ(40代・女性)

イナムラ

『ハゲタカ』第2話のあらすじネタバレ

今回の獲物は太陽ベッド、創業者の娘が引き継ぐも会社を私物化しての贅沢放題。

モノづくり日本の代表とも言えるこの会社をホライズンジャパンの鷲津政彦が買収へ!

かつてバルクセールで敵対した三葉銀行から太陽ベッドの負債を買い取り創業者を一掃しようとしたが三葉銀行の飯島涼介の策略が阻む。

太陽ベッドの役員にゴールデンパラシュートのチャンスを与えるも結果的に役員の不正が発覚し、創業者側が一時的に有利に。

予定していたかのように飯島涼介の口添えで太陽ベッドは会社更生法の手続きを進めた結果、入札で争う。

資金の限界に達した鷲津の最後の手段はあれだった。

『ハゲタカ』第2話の感想

相変わらず鷲津役の綾野剛さんの髪型は気になりますが二話目となるとなれてくる。

綾野剛は役になりきるのが上手いので演技自体は安定している。

沢尻エリカも歳を重ね知的な雰囲気もなかなかである。

少し残念なのは飯島や芝野がNHKの作品に比べ軽いことか?

2話目はNHK版でいうところの玩具会社の部分なのだろうか?

女性経営者のベタな部分はかたせ梨乃がいやらしく演じている、息子役の俳優も馬鹿面が似合い(失礼)キャステインがは及第点と言えよう。

少し疑問なのはNHKの作品や小説を読んでいない人にとって鷲津の生い立ちなどバックボーンがはっきりしないままでの展開は大丈夫なのかが気になる。

ペンネーム:イナムラ(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『ハゲタカ』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA