グッド・ドクター|最終回(10話)動画見逃し無料視聴はこちら【9月13日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018夏ドラマ・山崎賢人主演『グッド・ドクター』

↓無料で『グッド・ドクター』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回 2018年9月13日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グッド・ドクター』第10話(最終回)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グッド・ドクター』第10話(最終回)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グッド・ドクター』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グッド・ドクター』第10話(最終回)放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グッド・ドクター』第10話(最終回)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月13日(木)放送終了後〜2018年9月20日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『グッド・ドクター』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッド・ドクター』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッド・ドクター』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しています。

ドラマ『グッド・ドクター』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『グッド・ドクター』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『グッド・ドクター』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『グッド・ドクター』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のFODプレミアムへのリンクからご覧ください!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじは?

2018年9月13日(木)22時00分より放送のドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじをご紹介します。

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。

だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。

これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。

その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。

司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。

そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。

しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。

高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。

そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)の見どころや期待度をご紹介いたします。

たかは
小児外科の年内廃止が決定してしまい、高山ら医師達もその決定を受け入れるしかない状況でした。

猪口は息子が助かったことで小児外科が病院に必要だと考え直すかもしれないと思いましたが、結局廃止の方向で話が進んでしまいます。

このまま本当に廃止になってしまうのか気になります。

そんな中、院長の司賀が倒れているのを湊が発見します。

さらに伊代も急変してしまって湊は緊急手術に向かいます。

湊の父親代わりである司賀が倒れてしまって心配だと思いますが、湊にはまず小児外科として伊代の手術を無事に成功させて欲しいと思います。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
院長が癌を患っているということを新堂先生は知ることになり、伊代の件もあって、伊代と院長二人ともどうすれば救えることができるかどうかということを考えるのにパニックになってしまった。

夏美先生がそのような新堂先生を落ち着かせた上で、新堂先生は子供を救いたいだけではなく、院長も救いたいのだと主張した。

伊代は小腸移植が無理になっても、他の方法で手術を受けることができるということを高山先生らは突き止め、その方法による手術を行うことで、伊代の命を救っていくという展開を予想する。

新堂先生は伊代の担当医として、伊代を救うことができるかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

くっきい
ひとつは最後に倒れた委員長(柄本明)がどうなるのかがすごく気になります。

委員長は病気を患っていてもう長く生きられない感じだったので少しでも長く生きてほしいと思います。

それに委員長は誰よりも湊の味方だったのでずっといてほしいです。

もうひとつは、小児外科の行方です。

このまま年中になくなってしまうのか、、

なくなってしまったら今東郷記念病院に入院している子供たちはどうなってしまうのか、とても心配です。

次回はもう最終回ということで、グッドドクターが終わってしまうのはとても嫌ですが、はやく来週になってほしいです。

ペンネーム:くっきい(20代・女性)

なあ
病院は、このまま改革案に沿って変わっていくのか?息子を助けてもらって、小児外科に恩を感じている副院長の心が、この先変化する事はないのか?血を吐いた司賀医院長はどうなるのか?伊代ちゃんの手術は成功するのか?その全てが、良い方向に進んで行けば嬉しいです。

個人的には高山先生と理事長も、本当にお似合いな美男美女カップルなので、元サヤに収まると良いなと思います。

そして湊と夏美先生は、恋には発展しないのでしょうか…そこも気になる所です。

湊が初めて恋を知る!胸の痛みを感じる!という展開も最後にあったら、また違った湊の成長を見れて嬉しいかなぁと思います。

ペンネーム:なあ(40代・女性)

ぱるる
ついに最終回ですが、司賀も伊代も吐血して倒れてしまいましたし、涙なしには見られない展開になりそうです。

そして伊代は小腸の移植ができない状態。

亮平のおかげでせっかく手術を決意してしおりとも仲直りし元気になれると思っていたのにこれではあんまりです。

なんとしてでも小児科の先生たちに頑張ってもらって伊代には元気になってもらいたいです。

最終的には司賀も助かるのではないかと思いますがステージ4のがんとなれば難しいかもしれません。

司賀が亡くなってしまうのかと思うと悲しいですが湊は医師としてとても成長していますし、心温まるラストになることを期待しています。

ペンネーム:ぱるる(20代・男性)

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぴよちゃん

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

患者はキャンプで溺れたみさきちゃん。

そして今までずっとでてきた、いよちゃん。

みさきちゃんはほぼ脳死で命は1週間で心臓が停止。

残りの1週間の過ごし方を両親に瀬戸先生が提案。

その後母親から瀬戸先生を担当から外してほしいと言われ、代わりにしんどう先生が担当に。

いよちゃんはここが家みたいなものと言う。

しんどう先生は脳死状態のみさきちゃんの7歳の誕生日にお花の絵をプレゼントします。

また父親に渡したいものがありますと言ってあるものを渡す。

両親としんどう先生、瀬戸先生また他のスタッフの皆さんで7歳の誕生日会をします。

そのときに両親はみさきちゃんの臓器提供を決意したことを報告します。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

いよちゃんのお姉さんもとても辛いのに一生懸命に妹を支えるお姉さんに感動しました。

そして、可愛い小さな美咲ちゃんとその親にも涙が出ました。

手が動いたら信じて喜ぶ親の気持ちも分かります。

しかし先生に現状を伝えられた両親が受け入れられない気持ちは本当に辛かったと思います。

昼間はあんなに元気だったのに受け入れられないですよね。

母親が目を離した自分を責めてしまうところも辛かったです。

元気のない瀬戸先生をアイスで元気にさせようとしているしんどう先生も可愛いです。

多くのスタッフに囲まれて7歳のお誕生日会するのも感動的でした。

とても素敵なドラマでした。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ぽむぽむ

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

湊はこれまでずっと支えてきてくれた司賀のガンの進行状況を初めて知り、ショックを隠せない。

そんな中、湊は自らが担当医を務める伊代の急変を知り、司賀に今心配すべきなのは子どもたちだ、と促され、伊代の病室へ急ぐ。

伊代は小腸だけでなく肝臓の同時移植が必要となってしまったが、国内では前例が少なかった。

またそんな時、東郷記念病院に救急救命室から心肺停止状態の少女、美咲が運び込まれた。

しかし、美咲は脳死状態と判断された。

その現実を中々受け入れられない両親の心を、湊は丁寧かつ誠実な対応で少しずつ開かせていった。

湊は人の気持ちを思いやることで多くの患者やその家族、医者たちを癒してきた。

初めは周りに迷惑としか思われていなかった湊が、多くの患者に触れていく中で人としての成長を遂げた。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

自閉症で人との付き合いが苦手だった湊が、東郷記念病院に勤めるようになってから、患者の子どもだけでなく周りの医者たちのことも勇気付け、元気付けることができるようになり、一人の人間の成長を感じることができ、とても感慨深い回でした。

また、伊代が「私が元気になるためにドナーを待つということは、誰かが亡くなるのを待つということでしょ。本当にそれでいいのかな?」と幼いながらに自分ではなく他の人のことを考えていたシーンや「ここの病院は家みたいなもので、ここじゃなかったらここまで頑張れたかわからない」と言うシーンではとてもグッとくるものがありました。

そして、司賀の「病院とは医者と患者の信頼関係で成り立っている」という場面で、今までの湊や夏美がそれぞれ担当してきた子どもたちとのシーンが蘇ってくる気がしてとても感動しました。

そして、湊と夏美のお互いを支え合う関係もとても素敵な関係だと改めて感じました。

ペンネーム:ぽむぽむ(20代・女性)

shu-mama

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

入院していた伊代は小腸の移植手術を予定していたが肝硬変も患っていることが判明する。

肝不全になるため、すぐにでも移植手術をしなければならないため国内でも例の少ない小腸と肝臓の同時移植手術をするしかない。

でも、病院はリスクを恐れ理事長である美智は許可を出せずに迷う。

一方川で溺れて救急搬送された6才の美咲ちゃん。

呼吸は戻るも脳死状態となるが両親は認めることができない。

担当を変えてくれとの要望で担当となった湊は両親に『きっと美咲ちゃんは悲しい時間より両親と残された時間を楽しく過ごしたいだろう』というとを伝え、瀬戸先生が臓器移植のことをまとめたノートを見せる。

誰かのなかで我が子の一部が生きるということの希望で両親は臓器提供を決意し、最後には病室で美咲ちゃんの誕生日会をして最後のお別れをする。

伊代のドナーが見つかり迷っていた美智は『この病院が入院してるみんなにとって家でありスタッフが家族なんだ』という話を胸に理事会で反対を押切り手術許可を宣言する。

無事に難しい手術は成功する。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

人の気持ちに寄り添うことのできなかった湊が気づけば瀬戸先生を助けるほど患者やその家族のことを思いやることができるようになっていることに感動しました。

子供かいる私は臓器提供の決意がどれ程難しいか胸がいたくなりました。

そして頼りなかった美智が一人の命を救えるなら病院がなくなっても構わない!と言い切ったところはほんとに胸がすっとしました。

臓器提供は本当に素晴らしい制度だけれど、やはり親としては息をしている我が子を手術室へ見送るのは断腸の思いで、想像すら無理でした。

命を考えさせられるドラマでしたが、最終話はこの究極の話で観てる私まで苦しかったけれど美咲ちゃんの両親に宛てられた伊代の手紙で物凄く救われました。

ペンネーム:shu-mama(40代・女性)

さきママ

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

伊代が肝硬変を発症し、肝臓と小腸の同時移植が必要となった。

しかし、前例がないこと、ドナーが見つからないことで、上の者達は反対をしていた。

一方で、川で溺れた美咲という少女が運ばれてくる。

瀬戸は懸命に手術に当たるが、美咲は脳死状態となってしまった。

余命一週間ほどと見られる美咲に何をしてあげるべきか、瀬戸は両親にアドバイス資料を渡すが、その中の『臓器提供』という文字を見て、母親は激怒。瀬戸を担当から外すことを希望する。

代わりに担当となった湊は、美咲が楽しくなるように努めた。

そんな湊を見て、美咲の両親は、美咲の臓器提供を決めるのだった。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

私自身、幼い子供を持つ母親なので、美咲の両親の気持ちが痛いほど分かりました。

今回のドラマを見ている限り、臓器提供が大切だということは分かります。

でももしも自分が同じ立場だったら、あの母親のように取り乱すだろうと感じました。

そして、そんな両親、家族の気持ちを察することが出来る伊代は、とても心が優しいと感じたと同時に、そんなことを想えてしまうほど、幼い頃から病気と、その病気に立ち向かう家族を見続けてきたのだろうなと思い、どこか切なくなりました。

最終的には、伊代にとっても、美咲の両親にとっても、納得行く結果になって良かったです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

むー

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

いよちゃんは肝硬変も併発しており、肝臓と小腸の両方を移植しなくてはならなくなった。

そんな時に運ばれて来たみさきちゃん。

脳死判定をされた。

現実を受け入れることができない両親。

湊先生の優しさと患者を思う気持ちが、両親の心を動かした。

脳死判定を受け入れ、臓器移植を選択した。

一方、いよちゃんは戸惑っていた。

自分が移植手術を受けるという事は、どこかで誰かが亡くなったという事であると。

湊先生は、いよちゃんに告げた。

その子は1人では生きることができなかったのだと。

みさきちゃんの肝臓は、いよちゃんへと移植される事となった。

移植手術は無事に成功した。

いよちゃんの中で、みさきちゃんは生き続けている。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

子供を持つ親として、もしも我が子が脳死と判定されたらと思うと、涙が溢れて来ました。

みさきちゃんのお母さんが言っていた、もっといっぱい我儘を聞いてあげれば良かった。と言う言葉が、胸に刺さりました。

一方で、私にも妹がおります。

姉として、移植を受けなくては死んでしまう妹を思う気持ちにもまた涙が溢れて来ました。

母親として、我が子が同じ状況になった場合、臓器提供という選択をすることができるのかと考えさせられました。

姉として、妹が同じ状況になった場合、移植できることを喜ぶのだろうなと思うと、複雑な気持ちです。

湊先生の優しさと患者を思う気持ちには、毎回感動させられます。

湊先生のようなお医者さんがいれば…と思います。

ペンネーム:むー(30代・女性)

りぃさん

『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

伊代ちゃんが肝硬変も患っており、肝臓と小腸の同時移植をすることになった。

だが、国内で実施された例が少ない。

高山先生も実施したことがなく反対される。

そこに川で溺れて心肺停止で運ばれてきた女の子がいるという連絡がはいる。

最初は臓器移植から目を背けていたけど、みなと先生の言葉、純粋だからできるみさきちゃんへの気づかいに両親が心を安らかにされ、臓器移植へと進めることができた。

みさきちゃん、みさきちゃんの両親が1歩前に進んでくれたおかげで伊代ちゃんも助かることができ、伊代ちゃんのお姉ちゃんもみんながハッピーになる素敵な最終回でした。

『グッド・ドクター』第10話(最終回)の感想

伊代ちゃんの言葉に、心が痛くなってその場に入れなくなったお姉ちゃんの姿を見て涙が出ました。

伊代ちゃんの言葉一つ一つが心に響きました。

辛いのに、生きたいのにドナーを待つことが誰かが死ぬのを待つことである、その相手の家族への思いに感動した。

みさきちゃんの家族を思うと辛いなと思いました。

少し目を離したすきに溺れて脳死状態になってしまい、どうしていいのかという感情で溢れました。

みさきちゃんのお母さんが涙してる姿をみて、つられて涙が溢れしまいました。

人が人を思うといいことも悪いこともあるけど、それをどういいと思う状態にするかが大切だと思いました。

まだ見てない人には早く見てほしいです。

ペンネーム:りぃさん(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第10話(最終回)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10月からは同枠でドラマ『黄昏流星群』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA