グッド・ドクター5話ネタバレと感想。帰ってきたモンクリ土屋に大盛り上がり!

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018夏ドラマ・山崎賢人主演『グッド・ドクター』

2018年夏ドラマ『グッドドクター』第5話が2018年8月9日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「グッドドクター」も第5話!

ここで半分というところかな!

ラマちゃん
今回は、天才ボーイソプラノ少年の歌声も守りたいということよ!

そんな天才少年の父親役は、前クールでもディーンフジオカさんの秘書役を演じていた三浦誠己さんよ!

またこの枠に帰ってきてくれたのねという気持ちになったわ(笑)

それでは、早速、一緒に物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第5話のネタバレあらすじと感想は?

第5話:天才ボーイソプラノ歌手の歌声を守れ!

東郷記念病院の大部屋では新堂湊(山﨑賢人)橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ています。

番組には天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していました。

特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファンです。

そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていました。

その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来ました。

瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると喉が酷い炎症を起こしています。

カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たちです。

すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めました。

湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断します。

高山が正解だと告げると喜ぶ湊です。

しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていました。

響には早急の手術が必要だったが喉の手術のため、術後に高音が出なくなることが懸念されます。

夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発しますが、ともかく入院することになった響です。

それを知った倫太朗たちは大喜びします。

湊は倫太朗たちと響の個室に行きます。

だが、響は倫太朗たちに冷たい態度です。

また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまいます。

とある日、倫太郎はこっそり響の病室を訪れて、自分は音痴と言われてしまうので、こっそり歌を教えてほしいとお願いをしました。

しかし、突然せき込み始めてしまう響を見て、驚いた倫太郎は、慌てて医師を呼びに行きます。

たまたま、その場にいた湊を連れていきます。

夏美と高山も、すぐに駆け付けて、処置を行います。

高山は、改めて手術の必要性を説明しますが、徹郎は頑なに声が出なくなるリスクのある手術はしないの一点張りです。

さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになりました。

高山は、画像診断科でも患者を救うことには変わらないと説得をしますが、湊は「小児外科医」になると頑なに首を横に振ると、その場を立ち去ります。

そこへ、副院長の猪口(板尾創路)が表れます。

「そんなに弟さんと重なりますか?」と。

高山は、猪口が湊を駒に院長・司賀(柄本明)を失脚させようとしていることを指摘すると、これ以上、思い通りにはさせないと釘を刺します。

夏美は高山と食事に行きました。

高山の行動の意味を知らずに、湊の処遇について反論していたことを謝る夏美です。

そして、猪口の思惑を知った夏美は、湊の夢を利用するなんてと怒りを露わにします。

高山は、湊の夢に興味を示します。

夏美は、湊が幼い頃に兄を亡くし、その悔しさを忘れられないこと、絶対に小児外科医になって、全ての子どもを大人にしたいという夢を教えました。

その頃、湊は響の病室へ巡回に来ていました。

イヤホンをしたまま眠る響の耳から、イヤホンをそっとはずすと、湊は何を聞いているのか知りたくなり、そっとイヤホンを耳に入れてみました。

一方、食事を終えた高山と夏美は、千鳥足で帰路につきます。

その中で、夏美は、高山に高山の弟について、そして、猪口の言った「弟に重なる」という言葉の意味を尋ねました。

表情を曇らせた高山は、夏美に言いました。

「瀬戸、もう1杯付き合え。」

その頃、理事長の東郷美智(中村ゆり)は、次々と銀行から融資を断られてしまいます。

高山の声を聞きたくなった美智は、電話をかけ相談したいことがあると言いますが、夏美と一緒にいた高山は、かけ直すと素っ気なく切られてしまいます。

外のコンコースで缶ビールを開けると、高山は話し始めました。

  • 自分の弟にも夢があったこと
  • 弟も湊と同じ自閉症だったこと
  • 子どもの頃から車が好きで自動車の整備工になりたかったこと
  • 弟の自立、夢を叶えるために工場で働かせたこと
  • しかし、世間は思った以上に、自閉症患者に厳しかったこと
  • そして、とある日パニックを起こした弟は、踏切に飛び込んだこと

高山は、自閉症の弟に、何もさせるべきではなかったこと、夢を諦めろというべきだったと、後悔している胸中を話しました。

湊を見ていると弟を思い出し、いずれ傷つくことになる湊を見たくないと言います。

そして、その話を電話の切れていなかった美智も聞いていました。

翌朝、徹郎が病室へ行くと、響が姿を消していました。

慌てて駆けつける夏美たちです。

手分けして探そうとする夏美たちを、湊がやってきて、その必要はないと言います。

夏美は、響の居場所を知っているのか尋ねますが、湊は「言いたくありません。」と首を振ります。

怒る哲郎をなだめるために、夏美は湊の手を取ると、後で理由はちゃんと聞くから、響の居場所を教えてほしいとお願いします。

響は、使われていない病室に隠れていました。

響を見つけた徹郎は、「まだ間に合う。」と、出発の準備をするように促します。

しかし、項垂れた響は、「ドイツにはいかない。」と言い出します。

湊は、激昂する徹郎に、響の音楽プレーヤーを見せました。

響は、もうずっと音楽を聴いていなかったのです。

理由を尋ねる徹郎に、響は声を絞り出すように言いました。

「歌なんて…嫌いだ。歌えば、歌うほど、お父さんは僕を見なくなった。声なんてでなくなったっていい!」

徹郎は、湊が何かを吹き込んだに違いないと怒りを湊にぶつけます。

そして、「普通じゃない」医者がいる病院に、響を預けるわけにはいかないと吐き捨てるのでした。

夏美は、意を決して湊に尋ねました。

「画像診断科に行く話、一度、真剣に考えてみる気はない?そこでなら、今日みたいにひどい言葉を浴びせる人もいないし、あなたが傷つくことなく、能力を生かした仕事ができる。」

「どうして、高山先生と同じことを言うんですか?」

「あなたの為を思って言ってるの!」

そう言われた湊は、激しく首を横に振ります。

「瀬戸先生には、そんなこと言われたくなかったです。嫌いです。そんなこと言う瀬戸先生は嫌いです。」

そう言って、走り出してしまいました。

この一連のやり取りを物陰で聞いていた倫太郎は、努めて明るく響の病室へこっそりと入ってきました。

倫太郎は、響に「みんなの前で歌うってどんな気持ちなの?」と尋ねました。

倫太郎達は、長い入院生活を送っているため、運動会や学芸会に出たことがありませんでした。

そんな現実を聞いた響は、驚きを隠せませんでした。

翌日の合唱の発表会の日を迎えていました。

張り切ってみんなに指示を出す倫太郎ですが、突然鼻血を出して倒れてしまいます。

突然高熱を出した倫太郎は、「白血球減少症」の症状が出ていました。

湊は、白血病の再発の可能性を指摘します。

看護師の橋口は、そんな倫太郎の病状を重く受け止めつつも、一緒に合唱をする予定だった子どもたちの前では、心配をかけぬよう努めて明るく「今日の合唱は無理かも。」と、言うにとどめました。

それでも、この合唱を一番楽しみにしていた倫太郎を思い、みんなは泣いてしまいます。

倫太郎は、無菌室に入っていました。

響は、ガラス越しにすっかり落ち込む倫太郎の姿を見つけます。

倫太郎は完治を目前にして、再発してしまい、また辛い治療の日々が始まることに、すっかり気落ちしていました。

響は、そんな倫太郎の姿を見て、以前に破り捨てた合唱発表会のプログラムを見つめていました。

そこへやってきたのは、湊です。

湊は、響に、倫太郎が何故響の歌が好きなのかという理由を教えてあげました。

「寝るのがずっと怖かったけど、でも響くんの歌を聞いていると心がポカポカしてきて、明日が来るのが楽しみになるんだ。」と。

湊は、続けます。

「響くんは、今、歌が嫌いかもしれません。でも、響くんの歌を好きな人は、たくさんいます。倫太郎くんも、その一人です。」

そんな湊の言葉を聞いた響は、湊に「お願いがある。」と言いました。

ナースステーション前では、項垂れる徹郎の姿がありました。

夏美が、そこを通りかかると、看護師が慌てて夏美を呼び止めます。

「響くんたちが!」という看護師の言葉に、徹郎も顔を挙げます。

倫太郎の病室の前に夏美と徹郎が駆けつけると、感染症予防の服をまとった子ども達と湊が倫太郎に気づかれぬようそっとスタンバイします。

病室の外には、そんな子どもたちの保護者もいます。

他の医師が、湊を止めようとするのを、夏美が止めました。

湊の合図で、子ども達は、一斉に歌いだします。

「365日の紙飛行機」です。

みんなと一緒に歌う響の姿に、徹郎は目が離せません。

倫太郎は、皆の歌声に涙を浮かべます。

湊は、倫太郎が願いを書いた紙飛行機を渡します。

そして、全員で紙飛行機を飛ばしました。

病室の外では、大きな拍手が起こっていました。

倫太郎が笑顔を浮かべると、子ども達も大喜びです。

そして、響と倫太郎は、ビニールのカーテン越しにハイタッチをしました。

徹郎は、「あんな風に笑うんですね。あんなに楽しそうに笑う息子を、久々に見ました。妻を亡くしてから、私にとっての生きがいは響だけでした。響を誰よりも幸せにしたい。そう思って、あの子の才能を伸ばせることなら、何だってやってきた。でも、いつの間にか私は、あの子から、大切なものを奪ってしまっていたんですね。」

そういうと、夏美に手術をお願いしました。

「私が本当に聞きたいのは、あの子の歌声なんかじゃない。笑い声です。」

響の手術が決まると、湊は夏美に、自分も手伝わせてほしいとお願いし、スケッチブックを差し出しました。

そこには、響の喉の絵が描かれており、CTにも映らない部分まで詳細に描かれていました。

そして、その絵は、響の歌声を失わなくてもいい手術方法を示していました。

夏美は、徹郎に話したのかと尋ねます。

しかし、湊は、以前に高山に「根拠のない希望を与えるな。」叱られたことを、きちんと覚えていて、まだ徹郎には話していませんでした。

この方法は、実際に手術で響の喉を開けてみないと分からないからだと言います。

「響くんは、とても楽しそうに歌っていました。いつか、また歌いたいと思える日が来ます。僕は、響君の夢を守りたいです。夢は、生きる力をくれます。簡単に諦めてはいけません。」

夏美は、そんな湊の気持ちを受け止めると、高山に響の手術に参加させてほしいとお願いしました。

高山は、その申し出を拒否しますが、夏美も引き下がりません。

  • この方法は湊が見つけたこと
  • CTに写らない部分まで把握しているのは湊だけだということ
  • そのため、湊の力が絶対的に必要だということ

そんな2人の熱意に押された高山は、湊の手術への参加を認めました。

そして、迎えた響の手術の日、高山はスタッフ全員に向けて言いました。

「これは、ただの治療ではない。患者の未来を守るための手術だ。患者にとって、一番悔いのないオペにする。」

初めて手術のスタッフとして参加する湊は、震えています。

夏美は、そんな湊の手を取ると、落ち着かせます。

その頃、美智は院長室に駆け込み、司賀に、症例のない手術を、著名人である響に行うことを非難します。

司賀は、そんな美智に言いました。

「彼らが守りたいのは、病院の体裁でもなんでもない。子どもの未来です。それが、小児外科医の仕事です。」

手術室の外では、徹郎に小児外科に入院するたくさんの子ども達が、心配していました。

倫太郎も無菌室で、響を応援していました。

手術が終わり、目を覚ますまで徹郎は響の手を握っていました。

響は、徹郎に「ありがとう」というと、自分の歌声が誰かの力になる事がわかった、それは徹郎のおかげだとお礼を言います。

「僕、また歌いたいよ。」

徹郎は、そんな響に、手術は成功し、また歌えると告げると、響はとても喜びました。

そんな親子の団欒を邪魔してはいけないと、夏美は湊を連れて病室をあとにしようとします。

徹郎は、湊を呼び止めると、自分はひどいことを詫びました。

湊は、「お礼ならもうもらいました。僕のお給料5か月分の歌をタダで聞かせてもらいました!」と言いました。

夏美と徹郎は、思わず吹き出してしまいます。

この一連の流れから、夏美は高山に、湊の転科は反対であるという気持ちを伝えました。

そして、高山の言葉は、ちゃんと湊に届いていると言いました。

高山は、「どういうことだ?」と尋ねます。

湊は、あの新しい手術方法を、響親子には伝えませんでした。

それは、高山から言われた言葉を受け止め、医師としての対応をでき、医師として成長していることを告げました。

「どうか彼を信じてあげてください。高山先生だからこそ、彼の夢を守れるはずです。」

その頃、手術が成功した響は、テレビのインタビューを受けていました。

倫太郎は、そんな響の姿を見て、治療を頑張ると笑顔を見せます。

そして、響は自分がまた歌えるようになったのは、湊のおかげだと話しました。

いつもは湊を邪険に扱う研修医たちも、今回の湊の活躍を認めざるをえませんでした。

夏美は、テレビに映る湊の姿が、いつもより顔が怖くないかと指摘すると、湊は言います。

「立派なお医者さんに見えるように、高山先生の顔を真似しました!」

皆で、「似てるかも」とひとしきり盛り上がっていると、「どこがだ」と高山が入ってきます。

そして、湊に言いました。

「新堂、今日の当直はお前がやれ。」

当直は研修医の仕事だという高山、湊を研修医の1人として認めたようです。

他の研修医たちは、喜んで仕事をふります。

ただ一人、面白くなさそうな表情を浮かべる中島(浅香航大)を除いて…。

高山は、湊の転科届を破ると、弟の写真を見つめ、ほほ笑みました。

しかし…どこぞの居酒屋で、このニュースを見ていたひとりの男が、湊の名前を聞いて画面に見入るのでした。

一方、猪口は、融資を断られ続けている美智に、改善プランを渡し、この通りに改善すれば、病院を守ることができるとそそのかしていました。

そして、病院では、先ほどの居酒屋の男が、湊を探しています。

それを見つけた夏美が、不審がり身元を尋ねます。

その男は答えました。

「新堂湊の父親です。」と。

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第5話の感想は?

高山陥落!

と言ったところでしょうか(笑)

いや、まぁ、やり方はどうあれ、自閉症の弟と重ねていた高山は、多分湊を不器用なりに守っていたところはあると思うんですけどね。

それでも、彼を研修医として受け止めたというのは、大きな一歩だと思います。

しかし、どうしても夏美も高山も湊にかかりきりになってしまいがちですし、間宮は役に立たないしで、浅香航大さん演じる中島の険しい表情にもうなずける部分はありますね。

もちろん、湊への暴力行為が許されるわけではありませんが。

来週以降、野々村も猪口の手先になって暗躍してしまわないか、それだけが心配です。

今回は、美智にも、同情する部分と怖っ!ていう部分がありましたね。

多分、あの電話を高山切り損ねたとして、夏美の声がしなかったら、普通に切ってたと思うんですよ。

でも、電話の向こうで夏美の声が聞こえたから、思わず切らずに、全部聞いていたのかなと思っています。

しかも、恐らくは自分にはしてくれていない、家族の深い話を他の女に…と思うと、こちらも嫉妬の炎がメラメラと湧いてきて、そこを猪口に利用されなければいいのですが…。

更に、湊を虐待していた父親まで登場という事で、来週以降、湊の過去も一気に展開していきそうです。

このドラマ、子ども達の頑張る姿に、本当に泣かされてしまうんですよね。

その間の大人たちのドロドロがスパイスになって、本当に楽しみなドラマです!

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第5話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
みんな「土屋」が好きすぎだよ(笑)

かくいう僕も、つい「土屋ぁ!」って言っちゃったよ。

でも公式サイトを見て!

今回は、「羽山徹郎」さんだよ(笑)

ラマちゃん
前クールの同じ枠だし、そう思ってしまうのも無理ないわね♪

私自身、前クールの今頃、同じ枠をこうやって記事を書いていて、「土屋」を見ていたからこそ、TLが「土屋」で溢れてて、ちょっと嬉しくなっちゃったもの!

ドラまる
湊の転科話は、賛否両論わかれるよね。

確かに、湊が画像診断科に異動して、たくさん診断して、適切な治療を行っていくことができるなら…。

湊の言う「子どもをみんな大人にしたい。」という、湊の夢を叶えるっていう意味があると思うんだよな。

ラマちゃん
そうね。

この場合、転科してしまうとドラマが成立しなくなってしまうから、転科することは無いと思っていたけれど…。

湊が「小児外科医」に、こだわる理由が、もう少しだけ来週以降明確になってくるといいなと思うわ!

ドラまる
湊が認められていくという事は、味方も増えるけど、敵も増えることを意味していると思うんだよね。

人間て、強欲だから、自分が下にみていたはずの人間が、上に行くことを嫌がるってあるじゃない。

だから、夏美や高山が湊を認めて、味方になればなるほど、それを面白く思わない人間が出てきちゃうんだよね。

ラマちゃん
そうね。

特に中島は、研修医の中ではリーダー的存在だと思うから、湊の躍進の足はひっぱりたいと思う気持ちもあると思うのよ。

認めている部分もあるとは思うんだけどね。 

ドラまる
今週の劇中歌に使われたAKB48さんの「365日の紙飛行機」を病気の子ども達が歌うと、意味が全然違く聞こえてきて、すごく考えさせられてしまったよ。

本当に、湊じゃないけど、「子どもがみんな大人にしたい。」と思えるよね。

ラマちゃん
眠ることが怖いっていう恐怖の重さって計り知れないと思うの。

これを背負って治療に励む子ども達、それでも笑ってる子ども達に涙がこぼれてしまうわね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッド・ドクター』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッド・ドクター』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『グッド・ドクター』5話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第6話のあらすじは?

2018年8月16日(木)22時〜放送のドラマ『グッド・ドクター』第6話のあらすじをご紹介します。

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。

高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。

だが、夏美は湊が心配。

湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。

湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。

すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

高山は医局に湊たちを集める。

そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。

皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。

理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。

そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。

だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。

リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。

だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。

湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。

だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。

怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。

湊は航と食事に行くことを約束する。

これを知った夏美は司賀に報告して…。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
ついに湊の過去が、つまびらかになっていくね。

突然現れた父親の目論見は、一体何なんだろう…。

ラマちゃん
予告では、湊が医者になれないという場面も出てきて、今からハラハラしちゃうわ。

来週も楽しみにしましょうね♪

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA