義母と娘のブルース(ぎぼむす)8話の動画見逃し無料視聴はこちら【9月4日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『義母と娘のブルース』第8話(2018年9月4日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『義母と娘のブルース』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『義母と娘のブルース』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『義母と娘のブルース』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『義母と娘のブルース』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月4日(火)放送終了後〜2018年9月11日(火)21時59分

までは見られるよ!

原作マンガを無料で読む方法もご紹介!

あまり知られていないのですが、FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンを利用すると、原作コミックス『義母と娘のブルース』全2巻を無料で読むことが出来ます。

FODプレミアムは毎月8の付く日(8日、18日、28日)に400ポイントもらうことが出来、『義母と娘のブルース』のコミックスは1冊600ポイントで読めるので、1ヶ月で全2巻を無料で読めるという仕組みです。(登録してすぐに全2巻を読める訳ではないので、要注意!)

初回1ヶ月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かからないので、是非この機会にお試しください!

FODプレミアムで『義母と娘のブルース』原作コミックスを無料で読む

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『義母と娘のブルース』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『義母と娘のブルース』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『義母と娘のブルース』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『義母と娘のブルース』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第8話のあらすじは?

2018年9月4日(火)放送のドラマ『義母と娘のブルース』第8話のあらすじを紹介します。

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!

果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?

一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『義母と娘のブルース』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

きろろ
8話では、亜希子はパン屋の店頭販売にも力を入れますが、苦戦を強いられます。

麦田はパンに愛死天流と書いてしまうくらい亜希子に心を奪われ始めます。

しかし、亜希子は起死回生の勝負をかけるべく、一度閉店してリニューアルすることを提案します。

古めかしい外装を新しくし、みゆきや大樹の意見を入れ、若い学生が好きなパンを焼き、それから出張販売にも力を入れ、学校や会社の昼休みにパンを売り成功します。

そして麦田から亜希子は愛の告白を受けますが、自分は良一を今でも愛しており、一生、良一の妻でいたいと答えるのではないでしょうか?。

それを、みゆきにも言うことで、みゆきと亜希子の壊れかけた2人の信頼感が一層強固になるのではないかと期待します。

ペンネーム:きろろ(60代・男性)

mirokichi3
亜希子はベーカリー麦田の立て直しために奮闘しました。

店長の麦田も亜希子の考えを受け入れて、やる気を出しましたが果たしてお店は完全に立て直す事が出来るのでしょうか。

また、亜希子に恋心を抱いた店長の麦田はどう接していくのでしょうか。

亜希子に思いを伝えて恋が成就するのか気になります。

みゆきも大樹と再会して、徐々に距離が縮まってきました。

勉強や亜希子との事を相談してもらったりしていますが、2人の恋も発展していくのか気になります。

大樹も亜希子と再会しましたが、どう受け入れるのか気になります。

亜希子とみゆきのそれぞれの恋はどうなっていくの楽しみにしています。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

飛べないアヒル
亜希子が立てたベーカリー麦田の再建計画によって、焼きたてパンによる急速な集客と販売増加に成功したものの、麦田のパンにもう一度買いたいと思わせる魅力がないためか、客足も遠のいてしまいます。

亜希子は、麦田に一度閉店して、リニューアルオープンをすることを提案します。

店の再建に全力投球する亜希子の姿に、麦田に心境の変化が起きそうで、仕事上の思いだけではない恋愛感情までも含まれるような感じを受けます。

亜希子がいかに店を盛り返せるのか、麦田が亜希子に対してどのような信条を告白するのか、みゆきの受験勉強がどう進むか、三者の展開が見どころとなりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

たかは
麦田は亜希子に次第に惹かれていきます。

麦田と亜希子は正反対の性格ですが、それが逆に魅力的に感じてしまうのだと思います。

しかし、鈍感な亜希子はその麦田の気持ちに全く気づいていませんでした。

これからの二人の関係がどうなっていくのか気になります。

亜希子は良一の事をまだ愛しているのできっと他の男性のことを恋愛対象として見ていないと思います。

良一への気持ちを忘れて欲しくありませんが、良一はいつかは亜希子が好きな人と一緒になる事を望んでいるかもしれません。

また、パン屋の経営についても気になります、亜希子と麦田の頑張りで人気のパン屋に成長して欲しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
亜季子とみゆきはお互い和解し、血は繋がっていなくても本物の親子のような関係になっていき、みゆきは大樹と共に勉強を頑張っていき、模試でも結果を出すようになっていく。

麦田は亜季子のアドバイスを聞いて、父にパンのレシピを教えて欲しいと頭を下げたのに対し、父は息子がそこまで本気を出していることに驚き、レシピを伝授した。

これで麦田はパン作りに力を入れていき、パン屋の売れ行きは順調に伸びていくという展開になっていくのを予想する。

麦田が亜季子に惚れてしまい、亜季子と恋に落ちてしまうという可能性が出るかどうかが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

しーちゃん母さん
まさかの展開が予想されますよね。麦田と亜希子が付き合いそうじゃないですか?

うなじをうなぎとか言ってるおバカな麦田ですけど本気で立て直しそうですね。

後、みゆきちゃんとひろき君の今後もスッゴい気になります。

きっとひろき君、子供の頃はジャイアンみたいでイマイチでしたけど高校生になって勉強もできるしイケメンだし優良物件ですよね。

何より一途にみゆきちゃんの事を心配する思う優しい所が良いですね。

子供の頃から亜希子さんは「ひろき君はいい子です」って言ってたんで絶対うまくいきそうな気がします。

ベーカリー麦田もヒット作が生まれそうです。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『義母と娘のブルース』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

パンチョ

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

亜希子が考えた計画で焼きたてパンを提供しましたが、再び売り上げが落ちます。

しかし店長の麦田は、密かに亜希子に思いを寄せるようになります。

そこで亜希子は店を一旦閉じてリニューアルすると言います。

焼きたてパンを買った客が一巡したせいだと言います。

亜希子は主婦を集めて意見聴取をすると先代のパンには、何かがあったと言います。

亜希子は先代に会いに行き教えを乞いたいと頭を下げて麦田の父を店に連れて来て息子にパンを作らせます。

ところが、父はレシピ通りに息子が作っているので、何も言うことはないと一言も注文を付けず、それが逆に息子を怒らせます、そうすると父はパン作りに気持ちが入っているかと尋ねます。

一方、みゆきは行くのが楽しくなるような、いいことありそうな物があるといいと言います。

みゆきは、より楽しい店にする為に女子高生向けにホワイトチョココロネを作り、これを買うと彼氏がゲットできるという紙芝居を店長に見せるとハートの形のロールパンの案を店長が思いつき、みゆきの提案は成功します。

2人が喜ぶ姿を見て、みゆきは店長が亜希子が好きなのかと、少し心配になります。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

亜希子が店長に言いたい事があり、店を閉じると言った時に、勘違いして亜希子が自分に告白をするのではないかと勝手に思い込んだ店長が、店を閉じるという意味が閉店してリニューアルすると聞いてびっくりする様は、笑えました。

又、亜希子が先代に頭を下げて秘伝のレシピを貸して欲しいと言います。

そうすると先代は一つだけ確かめて欲しいことがあると言います。

亜希子は先代の味の復活がベストだと店長に言いますが、親がレシピを教えてくれないと言います。

しかし、父が現れて仕方ないから教えると言い、亜希子は店長の頭を掴み、お願いポーズをさせる場面はひやひやでした。

対立する2人を何とか引き合わせて、ひやひやなのに、それでも、父は、うまくも不味くもないパンだ、本当にうまいと思って作っているか、食って欲しいと思って作っているかと尋ねますが、息子は、やってられないと怒ってしまう場面は、緊張する場面でした。

亜希子は父の真意を問うと、自分の作品より改良されているとも言います。

であれば先代のパンが美味しかったが、今のパンは印象が残らないと言う客の声に、どのような違いがあるかと亜希子が尋ねると、思入れの違いだ、自分は世界一うまいと思い、客の顔を見ながら考えて作ったレシピだったと言います。

父の本心を引き出した亜希子は、息子に、自分のやり方が間違っていたと土下座して謝り、父の真意を伝えコピーではなく店長自身が同じスピリットを持つことだと言い理解を得る場面は、ふてくされる息子を納得させた亜希子の人心のひだを探り、人心を掌握する素晴らしいテクニックを見せてくれたと思います。

ペンネーム:パンチョ(60代・男性)

湊海

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

パンを改良しても客足が伸びないことを考慮して、亜希子は麦田にリニューアルオープンを提案しました。

亜希子は先代のベーカリーを復活させようと、麦田の父親にパン作りの指導を頼みますが、麦田がいくらパンを作ってもコメントしようがない味だと突っぱねられ、親子仲はますますこじれました。

父親の「自分が一番食べたいパンを作れ」というアドバイスを聞いた麦田は、耳までおいしい食パンを作り出します。

そこで自信を得た麦田は、亜希子の提案通り、30種類のパンを仕上げます。

楽しそうな麦田と亜希子の様子を見たみゆきは、麦田が亜希子を好きなんじゃないかと大樹につぶやくのでした。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

今回は、ひたすらベーカリー麦田の再建に向けてみんなが四苦八苦するという展開だったので、ドラマチックな高揚感がなかったのが少し残念でした。

でも、麦田が作り出す斬新なパンがとても美味しそうで、ストーリーよりもそっちの方が気になってしまいました。

自分自身も食パンの耳はあまり好きじゃないので、耳まで柔らかくて美味しいというポイントにはかなり惹かれました。

これまでは亜希子の有能さばかりが目立っているような感じがしましたが、ささっと改良してしまう麦田のポテンシャルの高さや、柔らかさのバランスを瞬時に計算できる大樹の頭の良さ、そしてみゆきの奇抜なアイデアなど、みんなそれぞれにいいところが発揮されていて良かったと思います。

みんなの努力でできた、まさに奇跡のパンは売れそうな気がしました。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

rinngo

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

義母はベーカリー麦田のお客さんが全く立ち寄らなくなってしまったため、新たな戦略を立てる。

一旦店を閉めることにして、リニューアルオープンをすることにした。

リニューアルオープンに向けて義母は考えた結果、昔のベーカリー麦田のようになってもらおうと考え、先代に作り方を教えてもらえるように頼みに行ったのだ。

先代は息子が自分と同じレシピを欲しがっていないのではと感じていたのだが、教えてもらえるのであれば欲しいと言ったため、教えてもらえることになった。

しかし、息子が作ったパンに口出しをしない先代だった。

理由はおいしいと感じないだった。

どうすればおいしいと思ってもらえるのか、自分のパンは世界一おいしいと思いながら作ることが大切だと教えられた息子は自分の作りたいパンを作ることにした。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

先代の意見があったからこそ、麦田がやる気を出したのでとてもすごかったです。

世界一おいしいと思って出していたという先代の意見はすごく素晴らしいと思いました。

麦田は昔からパンの耳が苦手で、パンの耳もおいしいと思える食パンを作りたいと感じたため、熱心に試行錯誤する姿がとてもかっこよかったです。

どうしてもうまくいかずに悩んでいたところ、ヒロキ君が分析してくれてたどり着くことができ、耳までおいしい食パンを作ることができてすごいと思いました。

本当においしそうだったので食べてみたいと思ってしまうくらいでした。

ペンネーム:rinngo(20代・女性)

飛べないアヒル

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

ベーカリー麦田での焼きたてのパンを提供したことで、一旦は客数を伸ばしたものの、リピーターの獲得ができません。

亜希子は、一旦店を閉めてリニューアルオープンすることを提案し、先代の父親にレシピの提供を求めます。

父から子へ、パンの作り方を教えようとしますが、技術的なことに問題はなく、パンに込める魂の問題ではないかという結論に達します。

麦田ベーカリーの立て直しをしている亜希子の姿を見ていたみゆきは、お店に行くことが楽しいと思える空間にすることを提案します。

みゆきと亜希子は、楽しくなることの奇跡を探し、リニューアルオープンの準備を進めます。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

潰れかけのパン屋の立て直しに奮闘する亜希子の姿を見ていたみゆきが、自ら楽しいことを探したいと動き出した姿こそ、亜希子が望んでいたことかもしれません。

パンを作る技術的な要素に問題がなく、そのパンの味を第三者が美味いというかどうかは、職人の思いの違いかもしれないというセリフには重みを感じました。

同じ仕事でも、やった人の思いが感じられる仕事に現れる違いが職人の仕事なのだと思います。

最近ではデジタル化された仕事が多く、職人の仕事が軽視されがちですが、本来の人の仕事の意味を考えさせるものでした。

考えることで、楽しいことがみつかると教えているようにも感じられました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

ベーカリー麦田は亜希子の戦略で売上が伸び、繁盛したかに見えました。

しかし、ある時期から売上が伸びなくなり、亜希子は思いきった提案をしました。

それはベーカリー麦田を一度閉店し、リニューアルオープンさせることでした。

亜希子はリニューアルオープンに向けて、研究や分析をし始めました。

昔のベーカリ麦田を復活させることを目標にしていましたが、みゆきは納得していませんでした。

ある日、亜希子は先代の店長である麦田の父親に会いに行きました。

先代のレシピを貸してもらうためでしたが、レシピはありませんでした。

亜希子はベーカリー麦田に父親を呼び、店長の麦田に直接指導してもらうことにしました。

店長の麦田の味は印象に残らないと父親に言われて、麦田はその場を去りました。

亜希子は先代のパンに対する思いを知り、作戦を変更する事にしました。

店長の麦田も自分の思いを込めたパンを作り始める事を決めて、再度やる気を出しました。

亜希子やみゆき達の協力もあり、リニューアルオープンに向けて着実に前に進んでいきました。

店長の麦田も亜希子からの課題を1つずつ達成して、最後の課題も見事にやり遂げました。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

ベーカリー麦田を閉店して、リニューアルオープンさせる作戦を亜希子は考えました。

店長の麦田も驚いていましたが、思い切った作戦を取ったと思いました。

先代の味を取り戻すために奮闘する亜希子でしたが、なかなか上手くいきませんでした。

先代と店長の麦田は衝突しましたが、そこで先代の思いを知ることになりました。

その思いを知った店長の麦田も気持ちを新たに頑張る姿を見て、安心しました。

亜希子やみゆき達も協力して、リニューアルオープンに向けて準備してきいきました。

店長の麦田も奮闘していきましたが、皆で協力し合う姿は素敵だと感じました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

タンク

『義母と娘のブルース』第7話のあらすじとネタバレ

ベーカリー麦田とゆうパン屋をリニューアルされるために一旦閉店させ、宮本亜希子はどうすれば人気店へとたどり着くか試行錯誤する。

先代の元へ亜希子はパンの味を取り戻す為に頭を下げ再び本来の味を求め店長の特訓が始まるものの先代との親子関係の悪さもあり特訓は失敗に終わる。

しかしみゆきの一言。楽しくなるような店作りを提案しイッキに展開を広げていく。

大樹くんの力も借り店長と共に美味しいパン作り。

亜希子とみゆきは店内の構想を。4人が力を合わせついに耳まで美味しいパンを完成させる。

ついにリニューアルに向けて弾みがついて行った。

『義母と娘のブルース』第7話の感想

ベーカリー麦田のリニューアル閉店とゆう大胆な政策を実施した亜希子さん。

なかなか上手くいかないリニューアルにみゆきが楽しくなるパン屋さんとゆう提案で一気に展開が良くなった。

亜希子はいつも1人でやろうとするなか人の意見を取り入れるようになり随分人間らしさが出てきた。

店長もなかなかやる気がなくだらしないのだが。

先代との親子関係が今の時代にはなかなか見られない男臭い関係にどこか羨ましいと感じました。

いろんな人の意見を聞くこと参考にすることが大事だとゆうことを感じました。

次回のリニューアルオープンを期待したい。

ペンネーム:タンク(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA