義母と娘のブルース(ぎぼむす)6話の動画見逃し無料視聴はこちら【8月14日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『義母と娘のブルース』第6話(2018年8月14日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『義母と娘のブルース』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『義母と娘のブルース』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『義母と娘のブルース』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『義母と娘のブルース』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月14日(火)放送終了後〜2018年8月21日(火)21時59分

までは見られるよ!

原作マンガを無料で読む方法もご紹介!

あまり知られていないのですが、FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンを利用すると、原作コミックス『義母と娘のブルース』全2巻を無料で読むことが出来ます。

FODプレミアムは毎月8の付く日(8日、18日、28日)に400ポイントもらうことが出来、『義母と娘のブルース』のコミックスは1冊600ポイントで読めるので、1ヶ月で全2巻を無料で読めるという仕組みです。(登録してすぐに全2巻を読める訳ではないので、要注意!)

初回1ヶ月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かからないので、是非この機会にお試しください!

FODプレミアムで『義母と娘のブルース』原作コミックスを無料で読む

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『義母と娘のブルース』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『義母と娘のブルース』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『義母と娘のブルース』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『義母と娘のブルース』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじは?

2018年8月14日(火)放送のドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじを紹介します。

小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家の みゆき (上白石萌歌) は、“お母さん”“みゆき” と呼び合い、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという 亜希子 (綾瀬はるか) の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していた。

ある日、スーパーで働くママ友の 晴美 (奥貫薫) からお買い得情報が入り買い物に行った亜希子は、みゆきの大学進学に関して聞かれる。

大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」 と晴美から諭される。

一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験しようと気持ちは逸るのだが、テストの成績は伸び悩んでいた。

晴美の勧めもあって、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみると 「できればお母さんのようになりたい」 と言うみゆき。

それは、昔の亜希子の姿でもある企業の営業職かと思いきや、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。

親は子供を温かく見守ると思っている亜希子は、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきたのだが、それはみゆきにとっては、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまっていたようだ。

それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意。

その就職先は…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『義母と娘のブルース』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

飛べないアヒル
亜希子とみゆきの関係も、「お母さん」「みゆき」と呼び合う仲を築き上げて、みゆきも大学進学を控える高校3年生になります。

亜希子はみゆきの進学については、受かる大学で構わないと考えていたところ、ママ友の晴美から、将来を想定した大学の選択が今の受験であると諭されます。

みゆき本人は、ランクの高い大学への進学が亜希子を喜ばせるものと頑張るものの、成績は思うようにあがりません。

亜希子は、みゆきにどういった将来を描いているか尋ねてみると、デイトレードで稼ぐ亜希子のような生活がしたいと言い出します。

デイトレードが楽して稼いでいる印象を与えたことに亜希子は、みゆきの仕事に対する考え方を変えさせるために再就職を目指すようです。

元、キャリアウーマンがいかなる就職先を見つけるのかが、ポイントとなりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3
ついに第2章に入り、みゆきも成長して高校生になりました。

亜希子とも仲も深まり、親子らしくなった2人でしたがこれまでの時間に何があったのでしょうか。

前回は良一も病気が良くなっていましたが、果たして次回はどうなってしまったのか、気になります。

亜希子もみゆきも大学進学を控えて、どのような大学を受験をしていくのか気になります。

みゆきの背中を見て育ったので、亜希子のようになりたいと考えているみたいです。

しかし、みゆきは亜希子をどのように見て、受け止めていたのか気になります。

今までとは違う家族関係がどう変化していくのか、楽しみです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

シャワーズ
宮本が亜希子のことを恋愛対象として好きになっていくのに対し、亜希子はますます宮本のことが好きになっていき、2人は本当の夫婦へとなり、そしてみゆきも加えて本当の家族へとなっていき、亜希子はみゆきと血が繋がっていないとしても、自分の本当の娘であるかように愛することができるようになっていく中で、宮本の身体の中にあるがん細胞が徐々に増えてしまい、がんの寿命が医師から発表されて、宮本が死ぬことを覚悟し、宮本のいない家庭のことを考えなければいけない状況になってしまうという展開を予想する。

宮本の中にあるがん細胞が完治しているかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

しーちゃん母さん
今回はマーカー治が下がってて良かったです。

一ヶ月後って言ってたので、あの病院のお酒を隠れて飲んでた入院患者が今度の検査の時に亡くなって落ち込むとか有りそうですね。

良一さんの今後がどうなるのか心配ですけど、せっかく二人がいい夫婦になって来てるので、もう少しみゆきちゃんの成長を二人が見守る形になれば視聴者は嬉しいです。

悲しい結末だと嫌だな、奇跡が起こって欲しいな、と願っています。

本当に佐藤健君、何の為に出てるんでしょう?良一さんを天国に連れて行くんではなくて奇跡を起こす人であって欲しいと思っています。

願望ですけど。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ぱるる
予告を見る限り良一は無くなっているようなので悲しいです。

もう子供のみゆきも出てこないようなのでそこも寂しいポイントの一つです。

しかし5話の時点で亜希子とみゆきはかなり親子っぽく仲良くなっていたのでなかよし母娘を見られるのは楽しみであります。

ヒロキくんは高校生になったらどんなふうになっているのか、亜希子は専業主婦と仕事を両立させているのか…。

もう良一に会えないのは寂しく思いますが、母と娘2人になってからの友達のような家族愛を期待しています。

そして高校生になったみゆきはどんな女の子に成長しているのか気になります。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

natu
今回プレゼンの仕事が成功してあきこはひと段落しているでしょうけれど、なんせ仕事が出来るのでまた呼び出されるのかな?とも思います。

夫もいったん仕事復帰しそうだけど、病気が実は足のケガでなく内科のことなので病状が心配です。

あきこと娘はだんだんうまく行き出しているのでこのまま仲よくなって欲しいと思います。

5話は病院でのシーンが多かったので次回は他の登場人物もたくさん出て来てほしいと思います。

それにしてもちらっと佐藤健くんも見かけましたが何役なんだろう?

今回から見たので人間関係の相関図を確認しておこうと思います。

ペンネーム:natu(40代・女性)

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぺんね

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

良一が46歳で亡くなりました。

葬儀で気丈に振る舞い式を取り仕切る亜希子に下山は、亜希子に、もっと、みゆきと一緒に悲しむことを忠告します。

亜希子は、みゆきと抱き合い、良一亡き後も、2人は親子を続けます。

そして、美雪は高校3年生になります。

亜希子は子育ての為に仕事を捨てましたが、アルバイトに興味を示します。

みゆきはビジネスの基本を教えられ母親譲りの口調になっていました。

一方、亜希子のママ友から、みゆきの将来を尋ねられ、どこかの大学に行くのではないかと亜希子は答えますが、将来を真剣に考えて親子で話し合ったほうが良いと言われます。

みゆきは将来の志望、強みを亜希子に尋ねられると、お母さんのようにデイトレで生きたいと言いますが、亜希子はデイトレにはリスクもあり楽ではないと諭します。

みゆきは取り合えず勉強すると言います。

一方、亜希子はパン屋の求人に応募します。

パン屋の若い主人は元部長にだせる時給は960円だと言いますが亜希子は、それも覚悟しており、アンパンが美味しいと誉め、採用されます。

そのことを下山に話すと、パン屋は家賃が未納で、アンパンしか作れない二代目の主人が頼りないと言いますが、潰れかけた店を立て直したいと亜希子は言います。

一方、みゆきは電車の中で自分に痴漢をしようとした人物を捕まえた学生が大樹だったことを知り、驚きます。

みゆきは大樹に今までの無礼を詫び、気使いの礼を言います。

大樹はみゆきが好きで勝手にやっていたと告白します。

みゆきは良一が亡くなって10年後に初めて告白を体験しました。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

良一の葬儀の後で、みゆきが、亜希子は良一と結婚したので、亜希子はいなくなるのでしょうと言い、これからは自分一人で頑張ると言った時、亜希子は悲しくなり、自分が良一が好きだったこと、これからも良一がいるような楽しい家にするプランをみゆきと一緒に考えて欲しいと言うと、みゆきは何回も、お母さんと呼びながら泣く場面は感動的でした。

漸く、みゆきと亜希子が本当の親子になれたのではないかと思いました。

やがて、みゆきが高校3年になり将来の夢、進路を尋ねたときにデイトレと答えた、みゆきに亜希子は自分が再就職して働く姿を見せる事で、社会の厳しさを教え込もうとしたのだと思います。

亜希子が良一の遺影に話かけ自問自答する姿は,ほほえましく胸打たれrます。

ペンネーム:ぺんね(60代・男性)

スマイル

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

冒頭から宮本良一(竹野内 豊が死亡して葬儀が始まる。

宮本亜希子(綾瀬はるか)は坦々と葬儀の段取りをしている。

宮本みゆき(横溝菜帆)も取り乱すことなく、大人しく葬儀の手伝いを自ら行います。

他の親戚は挨拶を交わすと、そそくさと帰ってしまいました。

葬儀の段取りをする亜希子に対し、しもやま和子(麻生祐未)は今あんたがすることはこんなことじゃない、悲しんでやることだと叱責します。

パパが亡くなったら亜希子さんは出ていくので、自分はしっかりしないといけないと言みゆきを亜希子は抱きしめます。

2人でこれからのプランを立てていこうと言うと、みゆきは泣きながらままと言ってしがみつきます。

亜希子はみゆきの為に外の勤めをせず、蓄えで生活することを決めます。

それから9年、みゆきも16歳になります。

将来の夢ゃ目的を持たないみゆきを見て、亜希子はこのままではいけないと考えます。

そして、潰れ賭けたパン屋に勤めて、店を盛り上げて、その姿をみゆきに見せる計画をたてます。

亜希子のキャリアウーマンの復活です。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

冒頭から葬儀が始まったのは、流石に驚きました。

5話で癌が小さくなって喜んでいたのと、結婚式の話しで終了したので、もう少し死ぬのは後だと思っていました。。

この急転回は視聴者の予想を逆手にとったものだと思います。

第2章の始まりと言われるように、ここから見た人には、何の不自然さは感じないと思います。

新たな物語が始まったように、ちょっと新鮮ささえ感じました。

しかし、あのみゆきちゃんが、こんなあほな娘に育ってしまったのは、ちょっとふに落ちません。

小さい時にあれほど、教訓を体験して育ったはずなのに、ちょっと不自然だなと思いました。

そう簡単には、亜希子の思惑どおりに、みゆきが感動して変わるとは思いませんので、先が楽しみです。

みゆきが子供の時のような、教訓を語ることがあるのかないのか、キャリアウーマンの手腕は衰えていないのか次回が楽しみです。

ペンネーム:スマイル(50代・男性)

飛べないアヒル

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

治療に専念した良一でしたが、その後突然の死を迎えることになり、彰子は葬儀にまでキャリアウーマンとしての業務を遂行するかのごとき振る舞いを演じ、下山和子が良一の弔いにならず、みゆきの母親としてやることがあるのではと叱責します。

亜希子が良一との関係を思い出し、泣き崩れてしまい葬儀まで涙が枯れることがありません。

その後、亜希子に顔の表情が生まれ、美由紀はお父さんが奇跡を生んだと喜びます。

その後、みゆきを育てることに専念するため、デイトレードと貯蓄で生計を立てていることが、御幸に楽して生活できると勘違いさせたと感じた亜希子は、つぶれかけの麦田ベーカリーに就職を決めます。

一方のみゆきは、9年ぶりに大樹と再会し、人生初の告白を受けて動揺します。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

実の母親を亡くし、さらに父親までもなくしたみゆきの側には、義母の亜希子だけがいる状態は、壮絶とも思える状況です。

しかしながら、亜希子の良一への思いとみゆきへの愛情が、義母と娘の良好な関係性を築いていることが、奇跡のように思えました。

小さな奇跡をつなぎながら、その後の9年間を生活して、みゆきが高校生になってその将来のために亜希子が新たな挑戦をすることが、いかにも自然に行われることが、凄いことに思えました。

みゆきが将来に対して、漠然と大学の進学を考えている姿が、本来の高校生のようにも感じられました。

仕事に対する覚悟を高校生に求める現在の社会の矛盾が、みゆきを通して感じられ、それを考える時期が高校生や大学生であるべきと思えました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

みゆきは小学校にいる時に先生に呼ばれました。

父である良一が亡くなりましたが、亜希子とみゆきは毅然とした態度で葬儀に臨んでいました。

亜希子は下山や大樹に言われて、みゆきの異変に気付きました。

食器を洗っていたみゆきを目にした亜希子は話し掛けました。

そして、2人で涙を流しながら気持ちを表に出して、抱き締め合いました。

そして、みゆきと亜希子は親子として、さらに絆が強くなりました。

みゆきと亜希子にも笑顔が戻り、2人の生活が始まりました。

亜希子はみゆきのそばにいることを一番に考えて、節約して生活をすることにしました。

そして、時間もあっという間に過ぎて、みゆきも高校3年生となりました。

亜希子との仲を深めてさらに気が合うようになりました。

ある時にママ友に晴美から子供の進学について問われて、みゆきと話し合うことを決めました。

学校から帰ってきたみゆきに亜希子は将来の進路について尋ねました。

みゆきは亜希子が生活の補填のためにしているデイトレードをしたいと言ってきました。

亜希子はみゆきの仕事の大事さを教えるために再びに働き出る事を決めました。

ある日、亜希子は求人募集をしていたパン屋のベーカリー麦田の面接を受けに行きました。

変わり者の店長との面接でしたが、以前に食べたあんぱんの良さをアピールして見事に採用されました。

下山にベーカリー麦田の実情を知った亜希子は俄然やる気になりました。

みゆきは通学途中にいつも目にする男子学生と遭遇しました。

そして、その正体が小学生の時によく遊んでいた大樹でした。

以前とは見違える容姿に驚くみゆきは突然の出来事に呆然と立ち尽くしました。

みゆきは昔の事を思い出して、翌日に大樹を見つけて謝りました。

そして、大樹から突然の告白を受けて、みゆきはその場から走り出してしまいました。

一方、亜希子は再びスーツに袖を通して、仕事に向かいました。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

良一が亡くなりましたが、葬儀中に一切涙を見せない亜希子とみゆきの姿はと切なかったです。

しかし、2人で話をして抱きしめ合い、涙を見せました。

2人の親子関係がさらに深まったと感じました。

亜希子も今まで見せなかった涙を出していました。

今まで冷静な態度を取ってきた亜希子が初めて感情をあらわにしたと思いました。

みゆきも高校生になりましたが、通学途中で小学校の同級生の大樹に遭遇するとは驚き展開でした。

また、以前と雰囲気が変わっていたのでさらに驚きました。

亜希子はみゆきに仕事の大事さを教えるために働きに行く事になりました。

スーツを着た姿や商品を分析する姿勢は元キャリアウーマンであった亜希子を思い出し、似合っていました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

おやき

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

みゆきとひろきはずっと仲が良かったが、友達になったあんながひろきの事を好きになり、ヤキモチを焼きます。

そしてみゆきは、ひろきと距離を置こうとして、「キモイ」と言ってしまいます。

そんな時、学校にみゆきの父が亡くなったと言う連絡が入ります。

ひろきはみゆきを心配してお通夜に来ますが、みゆきの友達が来たので話しそびれてしまいました。

喪主を務めるアキ子に、友人の不動産屋は「あんたの役目はみゆきと一緒に悲しむ事だ」と伝え、「段取りは私達が手伝えるけど、母親はあんたしかいない」と言います。

その時、ひろきがみゆきが変だと言いに来ます。

アキ子が見に行くと、みゆきは「パパ死んじゃったら、アキ子さん居なくなるから、しっかりしないと」と言います。

アキ子はみゆきを抱きしめ「どうしたら、パパがいた時のような家庭を作れるか、一緒に考えてくれますか?」と尋ね、みゆきは「お母さん」と言いながら二人で泣き崩れます。

葬儀場で送り人をやっていた麦田は、みゆきを見て、「あの子、もう親孝行出来ないんだろうな」とつぶやき、今の仕事を辞め、父のパン屋さんで働く事にします。

お葬式が終わり、みゆきが学校に行くと、ひろきは父の転勤で転校してしまっていました。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

みゆきの父が亡くなったあと、アキ子は朝食のパンと目玉焼きを3つ用意してしまいます。

私も母が亡くなったときに、晩ごはんのとき、お茶碗をひとつ多く用意してしまい、「そうか。もう居ないのか…。」と寂しい気持ちになったのを思い出しました。

でもこの親子は、落ち込む事なく明るく小さな奇跡を見つけながら生きていて、偉いなぁ。と尊敬しました!

みゆきが成長して高校生?になった頃、喫茶店で寒くて冷房が止まればいいな。と思っていると止まったり、電車に乗り遅れるとドアがまた開いたりしていたのは、実はひろきの仕業でした。

みゆきとひろきが再会した場面では、私も嬉しくなりました!

しかも痩せてイケメンになってます!

成長したみゆきもイメージ通り可愛くなっていて、ひとつのドラマでシーズン2を見ているような、不思議な感覚でした。

ペンネーム:おやき(40代・女性)

シャワーズ

『義母と娘のブルース』第6話のあらすじとネタバレ

みゆきはアンナらにデブとベタベタしていることを指摘された。

大樹はみゆきに話しかけるが、二度と話しかけないで、と言われた。

宮本が死去した。葬式の手続きを進めた。

葬式後、食事へと進んだ。そこに大樹が現れた。

亜季子はみゆきの元に行くことは大丈夫だと言った。

下山は、みゆきと一緒に悲しむことだと話した。

みゆきは宮本が死んだため亜季子はいなくなるのだろうと言った。

亜季子はみゆきに抱きついて、宮本がとても好きだった、陽だまりのような人だったと涙を流しつつ言った。

どうしたら宮本がいるような楽しい家を作れるのだろうか、一緒に打ち合わせをしてくれないかというのも言った。

みゆきも涙を流し、お、お母さん、お母さん、と連呼した。

亜季子の顔が普通に動いているのだとみゆきが指摘した。

亜季子はみゆきに公園に行くことを誘い、自転車の練習をしたら、みゆきが自転車を乗れるようになった。

大樹が父の転勤を受け、転校し、姿を消していた。

9年後、みゆきは高校三年生になっていた。

みゆきはイケメンとおじさんが恋つなぎをしているのを目撃した。

道で知り合ったおばさんがベーリカー麦田に入り、パンを購入し、亜季子に渡した。

亜季子はみゆきに希望する職業を教えて欲しいのだと夕食の時に話した。

自分の強みとは何かと聞かれ、みゆきは漠然と考えていた後、お母さんになりたいのだと言った。

亜季子はベーカリー麦田のあんぱんを食べて美味しいと感じた。

ベーカリー麦田に行き、麦田に挨拶した。

麦田は亜季子の履歴書を読んだ。

亜季子は採用された。

下山に報告すると、1年間家賃が払っていなく、あんぱんは先代直伝で美味しく、それ以外のパンは美味しくないそうだ。

みゆきは電車で恋人つなぎをしている人を再び見かけた。

その人は相手に痴漢のことを指摘した。

その人は何と大樹だった。

みゆきは大樹にお礼と謝罪を言った。

『義母と娘のブルース』第6話の感想

亜季子やみゆきの涙にもらい涙してしまった。

序盤に突然宮本が亡くなるというのは驚いた。

最初はみゆきの夢ではないかと思い、軽い気持ちで視聴していたが、徐々に話のスケールが大きくなり、現実味が帯びてきて悲しくなった。

みゆきはなぜ泣かないのだろうかと思ったが、亜季子に捨てられることを想定し、しっかりしないといけないのだと無理していたのだろうと思った。

急に9年後になって、みゆきの変化が激しいことに唖然した。

9年前のみゆきはしっかりしていた子だったにも関わらず、高校3年になったみゆきが能天気に生きているというのは拍子抜けだった。

昔はしっかりしていたというのは単に我慢し続けていただけで、今のみゆきは何も我慢していないからこそ、本当の性格が露出しているのではないかと考えた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA