義母と娘のブルース5話ネタバレと感想。6話の予告無しが話題に…!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年8月7日(火)にドラマ『義母と娘のブルース』第5話が放送されました。

ドラまる
自転車の練習中に突然倒れてしまった良一。

みゆきは動揺していたね。義母の亜希
子はどう説明するのかな。

ラマちゃん
そしてその亜希子は職場復帰?!

良一のために献身的に公私で支えるのよね。奇跡が起こることを信じてるわ。

こちらの記事では、ドラマ『義母と娘のブルース』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『義母と娘のブルース』第5話あらすじネタバレと感想

2009年7月。

公園で倒れてしまった宮本良一(竹野内豊)の心配をする宮本みゆき(横溝菜帆)に亜希子(綾瀬はるか)は転んだだけだと説明しました。

しかしガンの治療をすぐに始めることになった良一は、そのまま入院することになってしまいました。

母の時のことを思い出すみゆきに必要以上の心配をかけたくない良一と亜希子は、今回の入院の原因を骨折でやり過ごすことにしました。

元キャリアウーマンの亜希子は、良一の看病も完璧にこなそうとしますが、恥ずかしくてどうしても体を拭いてあげることができませんでした。

そのことに落ち込む亜希子に、良一は会社に詫びを入れに行ってほしいと伝えました。

亜希子の扱いが段々上手になってきていましたね。

自分でもできるミッションを与えられた亜希子が、再び元気を取り戻したことを喜んでいました。

そして自身もそんな亜希子を見て、生命力の強いこの妻といるために頑張ることに決めたのです。

桜金属工業に良一に代わり謝罪に向かう亜希子。

休暇中の良一の査定をキープするために、次回のプレゼンを亜希子が行うことになりました。

その報告に病院に向かうと、不機嫌な良一が待っていました。

検査結果が芳しくなく、転移まで数値が上がってしまっていたのです。

仕事でも、治療でも思ったような結果にならず、珍しく亜希子に当たってしまう良一。

つい「本当の夫婦でない。」と口走ってしまいました。

ショックを受ける亜希子。良一の気持ちもわかりますが、ちょっと言いすぎちゃいましたね。

帰宅した亜希子は、良一の保険の資料を探していました。

そこへ帰ってきたみゆきは、亜希子の様子がおかしかったことに気が付きました。

一緒に探しものをしていると、亡き母・愛(奥山佳恵)との思い出がたくさん出てきました。

本人は否定していましたが、完全にやきもちを妬いていましたよね。

良一の代わりに働くことになった亜希子をほめてくれるみゆき。

本当に素直でいい子ですねぇ。

なぜか敬語になるみゆきは、退院まで下山和子(麻生祐未)宅に帰宅するように提案します。

それは、亜希子が働きやすくするためのみゆきなりの気遣いでした。

最高すぎます!亜希子の心もわしづかみにされたことでしょう。

その頃、良一も妻に当たったことを反省していました。

そこへ白衣の麦田章(佐藤健)が。

何???今回は霊柩車のドライバーでしたね。

ケンカの翌日、愛とみゆきとの三人の写真を持って亜希子が病室にやってきました。

愛のように完璧な看病はできないけれど、仕事でならお役に立てるのではないか。

最大のライバルは、以前亜希子が務めていた光友金属でした。

元部下の田口朝正(浅利陽介)の考えることならば大体の見当はつくと、亜希子が動き出しました。

良一も亜希子もスタートダッシュで、全力疾走し始めました。

そして、みゆきも手伝いを頑張るなか、たくさんの写真を撮って集めていました。

順調に仕事を進める亜希子が病院に見舞いに行くと、良一の上司・笠原廣之進(浅野和之)が病室に来ると連絡を受けました。

笠原たちにも本当の病状を告げていなかった良一と亜希子は、病院に頼み込み一日だけ整形外科の個室に移動してもらうことにしました。

一緒に走ってくれた看護師さん、ギプスまで用意してくれてナイスでしたね!

決戦の日。

最終プレゼンと、良一の検査の結果を聞く日が重なっていました。

良一の代わりにプレゼンをやり遂げることにした亜希子は会場に現れました。

驚いたのは光友金属の社員たち。

完璧なプレゼンを行い、結果を聞かずに病院に直行する亜希子。

麦田の運転する霊柩車を見て、親指を隠した亜希子の気持ちわかりますね。

病室に行くと良一の姿がありませんでした。

最悪の事態を想像して、その場にへたり込んでしまう亜希子。

すると後ろから良一が声をかけました。

足を確認してお化けじゃないと安心する亜希子は、本当におかしかったです。

勝手に部屋を出ていたので怒る亜希子でしたが、そこは一日だけ借りていた部屋でした。

亜希子の動揺が伝わってくるシーンでしたね。

検査の結果、マーカー率は減少。「目標率達成です。」という良一に亜希子は感謝の土下座をしてしまいます。

うれしくて土下座をする人を初めて見ました(笑)

退院した良一はみゆきから奇跡の写真をプレゼントしてもらいました。

ずっと集めていたのは、小さな奇跡の詰まった写真でしたね。亜希子の写真もあって素敵なアルバムでした。

そしてその夜、みゆきから衝撃的なお願いが提案されました。

三人でお風呂に入りたい。でなければ一緒に寝たい。

動揺する亜希子に悪乗りする良一。いい夫婦ですね。

結局一緒に寝ることになった三人。

もうみゆきはギソウケッコンを疑ってはいませんでした。

安心して眠るみゆきの寝顔を見ながら将来の話をする二人。

可能性は見えてきたと言う亜希子に、良一は「死ぬことを怖いとは思っていなかった」と告げました。

しかし、「今は死ぬのが怖い。死にたくない。」とも。

良一は亜希子と出会ってそう思うようになったのでした。

「亜希子さんと一緒にみゆきが成長するのを見たい。病気が治っても一緒にいてくれますか?」

最高のプロポーズです。

亜希子は「この結婚で娘ができるものと思っていました。しかし夫は想定外でした。」と答えました。

良一が治った時には身を引く決意をしていた亜希子にとって、良一の言葉は何よりもうれしかったに違いありません。

母親にも妻にも向いているとは思えないという亜希子に、亜希子さんがいいと答える良一。

いい雰囲気のところでみゆきちゃーん!

可愛い寝相に、二人の初キスはお預けとなりましたが、二人でみゆきにキスをしました。

そして、退院後、登校するみゆきを見送った二人は電車で出かけました。

良一は、ウエディングドレスの亜希子とみゆき、タキシードを着た良一の三人で家族写真を撮ろうと提案したのでした。

スポンサーリンク

『義母と娘のブルース』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
みゆきの提案に驚く亜希子と、それを楽しむ良一。

最高に幸せな家族が生まれたと思ったんだ。

ラマちゃん
亜希子が、初めて本気で取り乱して本気で怒ったわね。

ドラまる
多くの人がガンに打ち勝っていることも忘れないでほしいんだ。

ラマちゃん
麦田が登場するといつも奇跡が起きるのよ。

でも佐藤健さんの使い方が贅沢すぎる!

ドラまる
最大の奇跡に最大限の感謝を伝える方法が土下座だったんだね。

ラマちゃん
予告なしは驚いてしまったわ。

ここで最終回でも十分なくらいね。

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『義母と娘のブルース』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『義母と娘のブルース』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『義母と娘のブルース』第6話あらすじ

2018年8月14日(火) 22:00時から放送のドラマ『義母と娘のブルース』第6話のあらすじをご紹介します。

小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家の みゆき (上白石萌歌) は、“お母さん”“みゆき” と呼び合い、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという 亜希子 (綾瀬はるか) の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していた。

ある日、スーパーで働くママ友の 晴美 (奥貫薫) からお買い得情報が入り買い物に行った亜希子は、みゆきの大学進学に関して聞かれる。

大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」 と晴美から諭される。

一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験しようと気持ちは逸るのだが、テストの成績は伸び悩んでいた。

晴美の勧めもあって、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみると 「できればお母さんのようになりたい」 と言うみゆき。

それは、昔の亜希子の姿でもある企業の営業職かと思いきや、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。

親は子供を温かく見守ると思っている亜希子は、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきたのだが、それはみゆきにとっては、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまっていたようだ。

それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意。

その就職先は…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『義母と娘のブルース』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

多くの人が思ったように、ここで終わりでいいです。と心から思いました。

良一が、生きる意味をもう一度取り戻したという大きな奇跡。

そして、亜希子へのプロポーズ。最高すぎます。

こんなに素敵なプロポーズがあるでしょうか。

それを受け入れる亜希子も、何もかもが完璧で続きを見るのがこんなに怖いと感じるドラマも少ないです。

小学校編は今週まで。次週からは高校編に突入します。

義母と娘の関係はどう変化していったのでしょうか。

ドラまる
今日も麦田が奇跡を運んできたね。

その麦田が出て行った最後にろうそくの火が消えたのは暗示だよね。

ラマちゃん
やっぱり希望としては良一さんにはずっと生き続けてほしいの。

でも、予告がなかったということは…。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA