義母と娘のブルース|1話あらすじネタバレと感想。綾瀬はるかの腹踊りが話題に

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『義母と娘のブルース』第1話が2018年7月10日(火)に放送されました。

ドラまる
今回の綾瀬はるかさんは、超真面目なエリートキャリアウーマンだね。

すごく自然におかしなことをする感じがたまらないね。

ラマちゃん
宮本家のみんなと、身近なところにある小さな幸せを一緒に探していきたいわ。

こちらの記事では、ドラマ『義母と娘のブルース』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』第1話あらすじネタバレと感想

2009年4月。

自転車を練習する女の子の元にビジネススーツの女性が近づいてきました。

岩木亜希子(綾瀬はるか)、登場。

待ち合わせをしていた宮本良一(竹野内豊)みゆき(横溝菜帆)親子の元に向かっていました。

突然現れた亜希子が、新しいママになると聞いたみゆきは完全拒否。

いきなり孫子の論語を出して来たり、小学生のみゆきに名刺を渡して「鋭意善処します」と宣誓してみたり。

子供でなくても、かなり引いてしまうと思いますね(笑)

初手の5分のプレゼンに失敗した亜希子は、改めて再アプローチを考えてきますと謎の封筒を渡して帰ってしまいました。

しかし、残された名刺にはちゃんとフリガナがふられていました。

こんなところから、亜希子のやさしさに気が付く良一。

小さな奇跡を見つけることが得意というだけありますね。

しかし、みゆきの心をつかむことはできず、亜希子の残した謎の封筒もくしゃくしゃに丸めて投げてしまいました。

亜希子は業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務めるキャリアウーマンでした。

仕事場でも小学生のことを徹底的にリサーチをする亜希子。

ランチタイムに良一に呼び出されみゆきの様子を聞きますが、うまく納得させることはできなかったと聞きました。

唐突に決まったこの結婚には、事情があり、みゆきはまだそのことを知らなかったのです。

児童館でお迎えを待つみゆき。

良一はわざと迎えに行かず、みゆきを困らせて新しいママをほしがるように仕向けますが、なかなか切れ者のみゆきは近所の不動産屋の下山和子(麻生祐未)に迎えを頼み早々に帰宅していました。

下山と一緒に帰ったみゆきは、良一の分の晩ご飯まで作って待っていました。

新しいママなどいらないというアピールでした。

下山を見送るとき、妻の宮本愛(奥山佳恵)が亡くなってから時間がたっていないのに、良一はなぜそんなに再婚を急ぐのか聞かれます。

まだ、愛を愛している良一は歯切れの悪い返答しかできませんでした。

兵糧攻めが失敗し、みゆきの必死の抵抗に困り果てる二人。

亜希子はアスレチックにみゆきを連れすことを提案しました。

吊り橋効果を狙うって、あとで本当にまんまの吊り橋渡らせてましたね(笑)

亜希子の勤務先・光友金属にバイク便の麦田章(佐藤健)が田口朝正(浅利陽介)に二つの封筒を手渡されていました。

両会社の名前が、「monテクノ」と「テクノmon」でややこしいので間違えないように釘を刺していました。

麦田、ノリが軽いですね~。佐藤健さん、朝ドラとは別人のようです。

友達にエキストラを頼まれて軽く受けてしまって、絶対間違えますよね。

一方、みゆきはアスレチックに行けることになり大喜びだが、亜希子が来るのでは?と鋭い眼を良一に向けていました。

当日、スーツで来てる!?パンツスーツだけど、ないですねぇ。

亜希子は本当に仕事一筋に生きてきたんでしょうね。

楽しむ二人の後をつけ偶然を装ってみゆきと接触したけれど、全然自然じゃなかったですね。

亜希子のほうに全く顔を向けないみゆき。

抑揚のない亜希子の話し方が怖いなぁと思っていたらアスレチックも難易度高すぎ!怖すぎです。

しかし亜希子に負けられないみゆきは吊り橋を渡り始めます。

ものすごい標高の丸太の一本橋。

怖がりながらも進んでいるとき、突風が吹きみゆきが落下、つられて亜希子も落下し、二人そろって宙づりに。

みゆきはあまりに怖すぎておもらししてしまい、作戦は完全に失敗でした。

良一は亜希子に結婚を止めようかと言います。亜希子にメリットがないのではと。

しかし、亜希子はこの結婚に大きなメリットを感じて再婚を進めようとしていたのです。

そのことを聞いてうれしく思う良一。

この話から亜希子はみゆきに再婚のメリットを感じてもらおうと考えました。

みゆきのことをよく知っている下山にリサーチに行くと、みゆきはいじめられているのではと言われました。

さりげなく億ションのパンフレットを渡す下山。やり手ですね。

小学校に出向く亜希子は、みゆきの様子を観察します。

帰り道、みゆきは男の子に親がシングルファザーであることをからかわれていました。

いじめにも正論で理詰めする亜希子は、良一に報告すると言います。

良一には知られたくないみゆきに、亜希子はいじめがなくなれば報告しなくていいと教え、再びみゆきと男の子たちの元に向かいました。

亜希子の後押しを得て、ボスの大樹(ひろき)に交渉に向かうみゆき。

意を決して、「なぜいじめるのか?」と聞くと大樹は、みゆきが下ばかり向いていたから気になっていたと答えました。

亜希子のおかげで、みゆきはひとつ目の課題をクリアすることができました。

きちんと気持ちをぶつけ合ったのを見届けた亜希子のもとに、仕事を任していた田口からHELPの要請が来ました。

「テクノmon」と「monテクノ」の見積もりが入れ違ったというのです。

麦田ぁ~!ってなりますよね。

みゆきが亜希子に会いたいと良一に話しましたが、仕事のトラブルを対処するために中国に飛んだ後でした。

少しみゆきの心がとけたのを感じられましたね。

亜希子に会えなかったみゆきは、初対面の時に受け取った謎の封筒をようやく開けることにしました。

中身は手紙ではなく履歴書。

子供との距離感が取れないからって、亜希子の的外れ感はすごいですね。

中国から帰った亜希子の元にみゆきから手紙が届いていました。

みゆきが一生懸命書いていたのは母親募集の合格通知。

やりました!まずは第一歩です。

亜希子は児童館にみゆきに会いに行くが保護者ではないので断られてしまいました。

みゆきが様子を見に玄関に来ると、亜希子は採用のお礼と感謝の心を込めて腹踊り!

周りの友達に笑われ恥ずかしくなったみゆきは、また心を固めてしまうのでした。

スポンサーリンク

『義母と娘のブルース』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
ホタルノヒカリでもドジョウすくいをノリノリでやっていた綾瀬はるかさん。

この腹踊りも真顔だったけど楽しんでそう~。

ドラまる
佐藤健さんの久々の明るいキャラがまぶしいね。

ラマちゃん
アスレチックは、完全に失敗だったわね。

亜希子さん、武将っていうか、やっぱり元工作員なのでは?

ドラまる
この二人の関係、素敵だね。

ラマちゃん
座長が綾瀬はるかさんだけあって、現場の雰囲気も楽しそうね!

ドラまる
素敵な主題歌だったね。

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『義母と娘のブルース』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『義母と娘のブルース』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『義母と娘のブルース』第2話あらすじ

2018年7月17日(火) 22:00時から放送のドラマ『義母と娘のブルース』第2話のあらすじをご紹介します。

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊)・宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。

亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。

一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。

一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。

女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。

その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。

仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子。

だが、亜希子には自分の中に母親像がない。

そこで、みゆきの母親・愛 (奥山佳恵) をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理など、一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく…

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『義母と娘のブルース』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。
凛とした姿勢の綾瀬はるかさんは、二次元のような美しさでしたね。

亜希子がなぜこの再婚にメリットを感じているのか、というところがこのドラマのキーポイントになってきそうです。

良一の思いは、もう何となくわかってきたので、それをみゆきがどう受け入れていくのか。

そしてこれから10年、みゆきと亜希子がどんなふうに日々を紡いでいくのか先を見たくなるそんな第一話でした。

テンポよく、あっという間の時間でしたが、最後に亜希子の腹踊り。

綾瀬はるかさんの女優魂を見ましたね。

ドラまる
みゆきちゃんの心の動きが手に取るように分かったね。

亜希子は、まだクライアントを落とせそうにないね~。

ラマちゃん
MISIAさんとGReeeeNのHIDEさんによるコラボの主題歌も素敵だったわ!

義母と娘の間の物語を盛り上げてくれるわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA