ドラマ【限界団地】4話ネタバレと感想。団地に悪魔が誕生した秘密が明らかに

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年6月30日(土)オトナの土ドラ「限界団地」4話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
江理子の夫・高志が家を出て行って、寺内は、江理子とどんどん接近して行くのだろうな。寺内さんのニヤニヤ嬉しそうな顔楽しみ。
ラマちゃん
自治会長の金田が、寺内を疑い始めるようだよ。寺内さんまたまた排除しちゃうのかな。怖いけど展開が見てみたい。

寺内はついに、江理子を得る。しかし、金田が盗聴器を仕掛け疑いはじめ、江理子も、ゴミ屋敷の老女・加代子の家に寺内が殺した白骨死体があることを知り、、、どうする寺内さん。

スポンサーリンク

ドラマ『限界団地』4話あらすじネタバレと感想

江理子の夫・高志が家を出て行き、アップルパイをいっしょにつくるなどますます寺内と仲良なっていった。

自治会長の金田は、寺内を疑いはじめ、寺内の部屋を盗聴するようになっていた。

ゴミ屋敷の老女・加代子は、団地の子供たちにもからかわれ、不気味な存在であった。江理子は、みんなに阻害されることに同情をしていた。

その夜、江理子は、郵便受けに、『加代子の部屋に、寺内が殺した白骨死体がある』と書かれた手紙を見つけ驚く。江理子は、寺内に、手紙に書かれたことが真実か聞きたいと思うが、切り出せない。

自治会の集まりがあり、さっそく、寺内と作ったアップルパイを皆に配る穂乃花。寺内は、アップルパイができお孫さんもしっかり育てていると皆に褒められ嬉しそう。

自治会の集まりで、チャン・リンリンから太極拳をまたやろうとか、村瀬から、昔作っていた団地の文集を作ろうと自治会が活発になって行き喜ぶ寺内。麻生から、子供会のチラシを作ったので、担当の棟に配ることを依頼される。

自治会が終わり、集会場の照明を交換する寺内に、自治会長の金田は、なぜこの団地に引っ越してきたかと。引っ越ししてきてから、孤独死で亡くなったり、江理子の旦那さんがいなくなったりしてますねと疑い深く言う。

江理子は、子供会のチラシを配りに、加代子の部屋を訪ねる。加代子さんと声をかけるが、応答がなく、白骨死体があるという手紙が気になり、そのまま、部屋の中に入って行き、押し入れを見つけ、開けてしまう。

中には、ボストンバックが入っており、気になるが、開けてはだめだと断念する。振り返るとそこに、加代子が立っておりびっくりする江理子。チラシを渡しにきたとごまかすのが精いっぱい。

江理子は、加代子のことが気になり、昔からの住人に話を聞く。加代子には、昔、旦那さんがいたが、突然姿が見えなくなった。昔は、けっこう美人だったが、どうしたのだろうと。

江理子は、寺内に、加代子に旦那がいたことを知っていたかと聞く。寺内は、不倫していて家を出て行ったと噂で、もう50年も前の話ですと笑い、なぜ、そんなことを聞くのかと問う。

江理子は、団地の人から奇異な目で見られており、何かしてあげられられないかと。寺内は、人と違っていても、加代子さんが幸せと思っているなら良いのではと。

自治会長の金田は、寺内の部屋を盗聴して動きを文章に書き留め動きを探っていた。幽霊部屋に入って行く寺内を見つめる金田。

深夜、幽霊部屋の前でタバコを吸い待つ金田。そこに江理子がやってくる。江理子は、幽霊部屋で寺内が何をやっているのか調べるという金田の誘いに乗ったのです。

江理子は、寺内さん来ないかと心配するが、金田はもう寝たから大丈夫と、なぜそれを知っているのかは聞かないでと言う。

幽霊部屋に忍び込んだ江理子と金田、そこには、のこぎりと、大きなスーツケースと小さなボストンバックが。金田が気になるのは大きい方ですよねと言い開けようとするが、ファスナーがかみ合って開きません。

その時、寺内の「手伝いましょうか」という大きな声。江理子も金田もビックリする。寺内は、「江理子さん開けるのです。中身が気になってここにきたのでしょう。これ以上僕を怒らせないで下さい」と目を吊り上げる。

江理子が恐る恐る大きなスーツケースを開けると、中から飛び出してきたのは沢山の可愛い箱でした。

笑う寺内。冗談ですよ。この部屋は、寺内が昔住んでいた部屋で、穂乃花が大きくなったら使おうと所有していて、穂乃花の7歳の誕生日会を開こうと、加代子さんにも手伝ってもらって、準備していたと語る。

江理子は、平謝り、言い出せなかったのですがと例の白骨死体があると書かれた手紙を寺内に渡す。寺内の目はひかり、江理子に、息子・颯斗がいるから帰った方がいいと言い、金田さんにあとは手伝ってもらうからと。

江理子が帰ったあと、金田に、小さなボストンバックを開けさせると、そこには本当に白骨死体が、金田は腰を抜かす。寺内は、加代子さんの大事なもので、思い出といっしょに暮すのが加代子さんの夢だったと語る。

金田は、史代が言っていた息子夫婦を殺したのも本当なのかと問う。嘘に決まっていると寺内は否定し、でももし、僕が、本当にそういう人間だったら言うことを聞いたほうがいいと脅す。加代子さんの部屋には、大事なものがあるから入るのはやめておきましょうと睨みつける。

自治会の皆が加代子さんの荷物を片付けようと集まりますが、自治会長の金田は、加代子さんの大事なものだし、プライバシーもあるから自治会長命令でやめましょうと。

加代子は、穂乃花を前に、昔、この団地で悪魔が生まれたことを思い出す。不倫をしていた加代子の旦那を寺内は壺で殴り殺した。それは、加代子を守るためで、寺内は団地の平和を乱す人間は許せなかったと語る。そして、死んでもいっしょにいたいと言う加代子に、死体といっしょに住むことを守ると寺内は約束したのです。

自治会長の金田は、入院中の史代に、怖くてもうこんなことに関わりたくないと言う。史代は、本当に白骨死体があったのねと、もうあなたは必要ないから、私が探して寺内の悪事を公表してやると。

病室で史代は、もう寺内もおしまいだと笑う。忍び寄る寺内。だから、邪魔をするなと言ったでしょうと。

加代子が、骨を焼くのを見つめる寺内。ただの骨、もういいと。寺内が、団地に戻ってきて、死んで、この人の元に行ける勇気が出てきたと。

加代子は、私を守ってくれたけど、憎いと。寺内は、旦那さんを殺し、加代子の大事なものを壊してしまったことは分かっていると。

加代子は、もう、あなたのいる団地にいたくない。あなたを好きだったのよ。地獄で待っているわねと。

寺内は、加代子を車に乗せて走る。座席には、鉄アレイとロープが。海には、加代子のかぶっていた赤い帽子が浮かぶ。加代子の願い通り、自殺を手伝ったのです。

寺内は、穂乃花の寝顔を見ながら、愛しすぎるとつらいという加代子の言葉が胸に突き刺さる。

数日後、寺内は、加代子の部屋の掃除をする。江理子も手伝い、加代子さん希望の老人ホームに行けたのですよね良かったと。

寺内は、そうですと言い。ここは、加代子さんの思い出がつまった部屋なんとかしたいと言う。

江理子は、例の白骨死体を暴露した手紙を思い出し、あれは、寺内さんの恨んでいた穂乃花ちゃんのおばあちゃん史代さんが書いた物ですかねと聞く。

寺内は、史代さんは、加代子さんのことを知らないはずだから書けないと答える。

寺内の部屋に、自治会長の金田が訪ねてくる。金田は、さっさと逃げようとしたが、500万くれますかと脅す。それで、あの白骨死体のことも、タイミングよく、史代が病院で亡くなったことも黙っておくからと。

寺内はすぐに用意します。集会場で待っていて下さいと。

寺内は、自治会長は困ったもんだと言い、何もかもいやになったと父さんいっしょに死んでほしいと包丁を手に、ベットに寝たきりの父・仁に向かう。

仁は恐ろしくなり、ベットから飛び出して逃げる。いつの間にか元気になったね父さんと嫌味を言う寺内。

江理子さんに、この手紙を送ったのはお父さんだねと例の白骨死体の手紙を突きつける。寺内は、50年前の約束を忘れたのかと迫り、お父さんとの秘密だったじゃないかと怒る。

ここまでがネタバレですが、第4話、団地の悪魔・寺内の誕生が分かり、ますます、邪魔なものの排除がエスカレートしてきました。

寺内が殺した白骨死体があるとの手紙を見た江理子が、金田といっしょに幽霊部屋で、スーツケースを見つけ開けようとした瞬間、寺内が現れた時にはぞっとしました。

江理子にスーツケースを開けさせる時の寺内の怒る顔は恐ろしく、穂乃花へのプレゼントが入っていた時のギャップがより怖さを演出してました。そして、金田だけになり、別のカバンを開けた時に、今度は本当に白骨死体が入っていたというジェットコースターのような展開は引きつけられました。

金田のバックに史代がいると分かると、すぐに邪魔者を排除してしまう寺内は恐ろしいです。

そして、団地に悪魔が誕生したのが50年前、加代子の旦那が不倫して、加代子に暴力をふるうのを止めるため、旦那を殺してしまった青年・寺内。

加代子は、寺内に疲れ、ついに、寺内の元を去るため、自殺を望み、ドラマでは描かれませんでしたが、寺内が自殺を手伝います。

よせばいいのに、金田は欲を出して、寺内にお金を要求します。寺内の恐ろしさをまだ分かってないなと思いました。

父親の仁が、江理子に白骨死体の手紙を送っていた。それは、仁は、息子が、人殺しであることを知っていて、寺内との秘密の約束だったことが暴露されます。もうどうなって行くのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『限界団地』4話ネット上の反応

ドラまる
佐野史郎さんの演技が怖すぎ、半端ないがネットで話題になってます。寺内さんの演技に注目です。

ラマちゃん
怖い恐ろしいがネットの中で話題になってます。いろいろな見方で分析をされるかたも。必見ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『限界団地』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『限界団地』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『限界団地』4話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『限界団地』5話のあらすじ

2018年7月7日(土)放送のドラマ『限界団地』第5話のあらすじをご紹介します。

「加代子さんの旦那を殺した事は僕と父さん、ふたりだけの秘密だったろう!」。寺内(佐野史郎)は、父親の仁(山谷初男)に激怒する。

実は47年前、寺内は加代子(江波杏子)の夫を殺害したことを仁にだけ打ち明けていたのだった。

その際、誰にも言わないと約束した仁の言葉を信じていた寺内は、仁を一生大事にすると誓っていた。

しかし仁は、寺内の息子夫婦の火事をきっかけに、寺内の中に再び悪魔の心が蘇ったと危ぶみ、自分の身を守るために芝居で弱ったふりをしていた。

さらに団地に引っ越してからも寺内の手によるものと思われる事件が相次いだことから、何とか寺内を止めようという一心で、江理子(足立梨花)の家の郵便受けに告発の手紙を入れたのだった。

仁は寺内から逃げようとするが失敗、警察に自首することを望んだ仁に対し、寺内は不敵な笑みを浮かべながら、団地住人で作る文集に納得のいく名作を書くよう仁を脅迫する。

老いた父と子。人生最後の親子げんかが幕を開けた……。

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『限界団地』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

寺内が、加代子の旦那を殺した時に悪魔が誕生。その白骨死体を金田に見せつけ、バックにいた史代を殺す。加代子も、自殺の道を選び寺内から去る。父・仁は寺内の悪魔を知っていて、、。

ドラまる
寺内は、加代子の旦那を殺していたという秘密を知った史代も殺しました。自治会長の金田はそれを元にお金を要求しますが。まだ、活用の道がありそうなので、どうするのか寺内さん。
ラマちゃん
加代子と話す中で、穂乃花が、若き日の青年・寺内の幻想をみるようになり、寺内の異常さを感じ何か心が崩壊して行っているような気がします。心配です。

父・仁は、寺内の悪魔が蘇ってきたと感じ、恐ろしくなり、加代子の旦那を殺していたという50年前の秘密を江理子に知らせたようです。次回は、寺内の逆鱗に触れた仁とのバトルが始まるようです。ますます、寺内さんに目が離せません。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA