【dele/ディーリー】7話ネタバレと感想。祐太郎が呟いた「気持ち悪い」に共感。

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話が2018年9月7日(金)に放送されましたね。

ドラまる
ドラマ『dele(ディーリー)』第7話!

今回は、冤罪を訴え続ける死刑囚を巡る物語みたいだよ!

ラマちゃん
削除依頼されたデータの中に、この死刑囚を逆転無罪にできる証拠が残されているみたい!

弁護士の舞としては、この情報は喉から手が出るレベルでほしい情報よ!

でも、「dele.LIFE」のコンプライアンス的には、それは致命傷!

姉弟の関係は、どうなってしまうのかしら?

さ~今週も一緒に物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話のネタバレ感想と最終回・第8話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話のネタバレあらすじと感想は?

第7話:無実を訴える死刑囚の謎

依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきました。

死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)です。

ところが、圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変えます。

その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)です。

8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕されるも、無実を主張し続けている男でした。

削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない。

そう考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請します。

すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が出てきました。

この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれない、と考える舞です。

だが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示します。

しかし、舞は、消したら「証拠隠滅罪」で通報すると脅しをかけます。

そんな中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、笹本の過去を聞きました。

笹本の事件は、明確な証拠はなく、ほとんどが住民の証言でした。

そして、笹本には前科がありました。

笹本は、過去にメッキ工場を経営していましたが、経営悪化から倒産寸前になり、従業員に生産を飲ませて、保険金をだまし取ろうとしたのです。

従業員は、とっさに吐き出し命はとりとめましたが、笹本は殺人未遂で、懲役5年の実刑判決を受けていました。

刑期を終えて、その町にやってきた笹本ですが、どこからか、この過去が知れ渡り、町の人たちは、敬遠していたようです。

その結果、証言が集まり、笹本は、犯人として逮捕されたのです。

その後、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy-D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手します。

さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも分かりました。

独自に調査を進めていた圭司も宮川にたどり着きました。

圭司は、アポイントメントを取り、宮川に会いに行きます。

そして、証拠があることをちらつかせ、宮川の証言を引き出します。

宮川は、ウオータークーラーに粉末を入れたのは、確かですが、「ジュースの粉末」だと言いました。

そのことを、警察には話していませんでした。

立場上、疑いをかけられたくなかったのです。

帰ろうとする圭司に、宮川の娘・茜が声をかけました。

茜は、圭司に、父親である宮川を疑っているという事を、遠回しに伝えますが、圭司は宮川の言っていることは嘘ではないと言います。

映像を見ると、宮川は確かに粉末を入れていますが、入れる直前にその粉末の匂いを嗅いでいました。

青酸系の毒は、微量でも吸い込むと気道粘膜から吸収され命を落としかねないからです。

圭司は、安堵するかのような表情を浮かべた茜に、何があったのかと問います。

そして、親を嫌うのは期待の裏返しだと。

茜は8年前の事を話します。

8年前、帰宅する途中の茜の目には、不倫をする父の姿が飛び込んできました。

それも、相手は上野の妻でした。

その話を聞いて、圭司は逆に上野に疑念を抱きます。

そして、上野の携帯に潜入すると、上野が妻の浮気について、証拠を残していたことがわかりました。

そこへ、情報を入手してきた祐太郎と舞が入ってきて、裏が取れたから映像をよこせと、入ってきました。

宮川には市議会議員に不正な手口で当選した疑惑がありました。

更に、それをネタに談合のを持ち掛けられ、邪魔に思っている男がいることも。

その男は、この毒物混入事件で死亡していました。

しかし、圭司は上野への疑念を話します。

祐太郎は、そんな圭司に、上野は殺人をするような人じゃないと食って掛かります。

圭司は、祐太郎に、上野と自分を重ね合わせていないかと尋ねます。

妹を亡くした自分と、と。

祐太郎は、その話をまだ圭司にしたことはありませんでした。

「なんで…。 いつ調べたの?」

祐太郎の顔からはいつもの笑顔が消えていました。

圭司は、淡々と返します。

「お前が、初めてここに来た日だ。警察の厄介になってたような奴を雇う上で、素性を調べるのは当然だ。身の上が似てるからって、自分の見たいように、世界を見てるようじゃ…。警察や、あの町の住人と同じだぞ。」

舞は、そんな圭司を窘めますが、圭司には、とんと響いていません。

その時、祐太郎はあることに気が付きました。

登場人物がもう1人いることに。

それは、この動画を撮り、死亡後のデータ削除を依頼していた笹本の息子・隆です。

2人は、隆について調べ始めますが、中々情報は集まりません。

皆が口をそろえて言うのは、いじめられ、暗い少年だったという事でした。

何とか、笹本が出所前まで生活していた児童福祉施設までは突き止めましたが、そこで情報は途絶えてしまい、途方に暮れていると、若菜という少女に声をかけられました。

若菜は、隆と連絡を取り合っていたというのです。

若菜も、親が犯罪者という十字架を背負っており、心を開いていたようです。

隆は、時々若菜にメッセージと共に動画を送っていました。

それは、住んだ町の人たちを撮影したもので、自分がどんな瞳で見られているかわかるというものでした。

祐太郎は、この動画をコピーさせてほしいとお願いします。

若菜は、隆が見つかったら教えてほしいという条件で了承しました。

まだ、何も知らない若菜に、複雑な表情を浮かべつつも、祐太郎はうなずきました。

若菜からもらった動画を見て、3人は言葉を失います。

そして、いくつかの動画の中に、隆が事件で使われたであろう青酸を持っている動画が現われました。

3人は、隆の心理を分析していきます。

  • 隆は、周囲の敵意が少しずつシガテラ毒みたいに蓄積させた
  • それが、あの毒物混入事件を生んだ
  • あるいは、自分をそうした父親を殺そうとした
  • でも、迷っていた
  • この動画は、父親を救う唯一の証拠
  • でもそれを出せば、自分が死刑になる
  • 真相を消し去るには覚悟がいる
  • だが その覚悟がなかった
  • だから、誰かに消してほしくて削除依頼を出した。

舞は、立ち上がると笹本に会ってくると言い、拘置所に向かいました。

そして、笹本に、一旦自供したのは隆を庇うためではないかと、単刀直入に尋ねます。

更に、隆が亡くなったことも伝えました。

笹本は、息子も自分も「世間に殺される」と、頭を掻きむしります。

舞は、隆が青酸らしきものを持っている証拠が見つかり、庇うのを辞めるよう告げますが、笹本は逆上します。

そして、それは薬だと言うと、叫びました。

「犯人はな!あの町にいるんだよ!あの町にいる奴らは、犯罪者以下だ!」

刑務官に取り押さえられて、連れていかれる姿を、舞は呆然と見つめることしかできません。

更に動画を見進めていくと、宮川茜がドラッグを買っている姿が映し出されます。

その売人は、やはり毒物混入事件で死んでいました。

こうなると、宮川茜にも殺人の動機が生まれてきました。

更に、祐太郎は違和感を見つけてしまいます。

それは、最初に聞き込みに言った商店の店主が、映像に映りこんでいたのです。

その時、その店主は、バザーには行っていないと言っていました。

更に容疑者は増えます。

この店主は、要介護の母親がいて、いつも怒鳴っていました。

そして、この母親も毒物混入事件の被害者でした。

祐太郎は、この店主に話を聞きに行きます。

しかし、店主は祐太郎が何かを知っていると分かったとたん、祐太郎の首を締めました。

そして、「二度と来るな」と吐き捨てました。

圭司は、宮川茜に接触していました。

そして、「ドラッグは、もうやめたのか?」と、率直に尋ねます。

茜は、圭司が全て知っていることを悟ったのか、圭司にキスで唇をふさぎ、内緒にしてほしいとお願いしました。

圭司は、自分は茜がドラッグをやろうがやるまいが、どうでもいいと告げると、毒物混入事件で売人が死んでいることを指摘し、茜にも動機があることを伝えました。

茜は、態度を豹変させ、平手打ちをかますと、立ち去りました。

祐太郎と圭司は、町を見下ろせる高台で落ち合いました。

祐太郎は言います。

「不正に不倫。 病んでる少年。ドラッグに家庭内暴力。調べれば調べるほど、容疑者が増えてく。ここは、どうなってる?」

圭司は淡々と「この町に限ったことじゃない。人間なんてそんなものだ。」と返しました。

更に圭司は続けます。

「社会は、人にひとつの人格を望む。

人格が一貫してればしてるほど、誠実な人間だと捉えられる。

だから、みんな表向きの自分を演じて、そこから、はみ出る部分を隠したがる。

隠してきたものを消してやれば一貫した人生になる。

反対に、暴き始めればいろんなものが壊れる。

だから、俺は、いつも中を見ずに消してきた。

責任が取れないからだ。

この町も暴かれる事を望んでない。

あの削除依頼の映像を消せば、今までどおり笹本が犯人だという事で、この件は終わる。」

祐太郎は、「消すことだって同じくらい怖くない?」と尋ねました。

その時、舞から電話がかかってきました。

電話を切ると、圭司は、呟きました。

「終わりだ…。」

今朝、笹本の死刑が執行されたのです。

祐太郎は、これまで調べたことを裁判所へもっていこうと言います。

しかし、圭司は、犯人が特定できていない以上、決定的な証拠とは言えないこと、そして、裁判所が描いたストーリーを覆すようなものは、デリートされると、祐太郎を制止しました。

そして、例え、真実がわかったとしても、笹本は生き返らないということ。

あの町では、数年ぶりにバザーが開かれていました。

毒物混入事件などなかったかのように。

ある母親が、ジュースを娘に差し出しました。

娘は、「飲みたくない」と言います。

今日のは見張っていたから大丈夫だと言いますが、娘は拒否します。

そして、「前の時、言われたの。飲んだら死んじゃうよって。」と言います。

母親は、誰に言われたのかと尋ねますが、娘はよそから来たと言うその人の事はわからないと言います。

そんな娘の肩を強く握り、母親は言います。

「やめなさい。もう終わったんだから。」

祐太郎は、「気持ち悪い」と言い放つと、事務所を後にしました。

圭司は、笹本隆の依頼を遂行するのでした。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話の感想は?

黒猫葵
祐太郎にならいましょう。

気持ち悪い!

今回の話は、そんな感じでしたね。

結局、何も解決できなかったというべきでしょうか。

もちろん、圭司と祐太郎に解決するいわれはないんですけどね。

でも、笹本の死刑と隆の自殺で、全てが丸く収まったような日常が本当に気持ち悪かったです。

しかも、どうやら真犯人は、全くの別人のようですし。

冤罪で死刑になってしまった笹本には、この毒物混入事件については、同情せざるを得ません。

ただ気になったのは、隆は「世間に殺される」と、笹本は叫びましたが。

それは違くないかと。

だって、隆が町の人たちから白い目で見られていたのは、少なくとも笹本が最初に起こした事件のせいだと思うんですよね。

あそこだけは、共感できませんでした。

更には、ここまでほとんど笑顔を絶やさなかった祐太郎の素の表情が出てきましたね~…。

ラストのエレベーターに乗った時の表情がとてつもなく恐怖でした。

来週は、早いもので最終回を迎えてしまいますが、ついに祐太郎の過去に触れる事件になりそうですね。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
もう、祐太郎の「気持ち悪い」が、このお話の全てを表しているよね。

あのバザーが、穏やか過ぎて、怖かったよ。

ラマちゃん
動機のある5人が笑い合っているだけで、本当に怖かったわ。

皆が、けん制し合っている感じさえしたわ。

第7話は、このモヤモヤが真実という事でいいんでしょうね。

スポンサーリンク

ドラマ『dele(ディーリー)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『dele(ディーリー)』はTverやテレ朝キャッチアップで視聴可能です。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『dele(ディーリー)』7話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第8話のあらすじは?

2018年9月14日(金)23時15分〜放送のドラマ『dele(ディーリー)』最終回・第8話のあらすじをご紹介します。

「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。

パソコンの動作停止を知らせる信号が、「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)の端末に送られてきた。

その報告を受けた相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。

いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに、驚きを隠せない圭司。

その矢先、さらに想定外の出来事が起こる。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきたのだ!

まもなく圭司は、辰巳が祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物だと突き止める。

当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は筆舌に尽くしがたい心の傷を負っていたのだ…。

身を切り裂く過去に共鳴した圭司は、祐太郎に促されるまま、辰巳が遺した音声データを再生。

そこには“祐太郎の無念を晴らす真実”を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒)との黒い会話が記録されていた…!

相手が相手だけに慎重に動き、確実に仲村を追い詰めようとする圭司。

だが、データの即時公表を切望する祐太郎は、圭司への不信感をあらわに「dele. LIFE」を飛び出し…!? 

そんな中、圭司とその姉・坂上舞(麻生久美子)の間にも、これまで互いに語ることのなかった“過去の出来事”をめぐり、不穏な空気が流れ始める――。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第7話のネタバレ有りの感想と最終回・第8話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
ついに「dele」も最終回!

え?終わっちゃうの?

本当に?

ラマちゃん
1話の冒頭から、示唆されていた祐太郎の過去が明らかになるわよ!

しかも、これは、大きな黒い影を感じるし、2人の身の安全が心配だわ…。

黒猫葵
次回のゲストキャストは、声優の大塚明夫さんと俳優の麿赤兒さんという事で、裏の世界の大物感がたっぷりですね。

予告を見る限り、事務所にも魔の手が忍び寄りそうだし、せっかく近づいた2人の距離が離れてしまいそうな瞬間もありそう。

来週を楽しみにしておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA