ドラマ【dele/ディーリー】4話の動画見逃し無料視聴はこちら|8月17日配信

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『dele(ディーリー)』第4話(2018年8月17日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『dele(ディーリー)』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『dele(ディーリー)』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『dele(ディーリー)』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『dele(ディーリー)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『dele(ディーリー)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『dele(ディーリー)』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月17日(金)放送終了後〜2018年8月24日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『dele(ディーリー)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『dele(ディーリー)』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『dele(ディーリー)』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『dele(ディーリー)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『dele(ディーリー)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
6月を例に出すと、6月1日〜6月30日が無料期間になります。

仮に6月29日に登録をしてしまうと、無料期間は6月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『dele(ディーリー)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第4話のあらすじは?

2018年8月17日(金)放送のドラマ『dele(ディーリー)』第4話のあらすじを紹介します。

「人は二度死ぬと言う」「呪われた力を持った僕」「あの判断は間違っていなかったはずだ」

 ――そんな不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書とも取れるメールが「dele. LIFE」に届いた。

送信主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男。

「dele. LIFE」にPDFファイルの死後削除を依頼していた人物だった。

メールを受け取った坂上圭司(山田孝之)は「あれまで消えてしまうことが正しいのか」という言葉を目にするや、「あれ」が削除依頼ファイルだと推測。

何を思ったか自ら進んでファイルを開き、子どもが色鉛筆で描いたと思われる絵が数点格納されているのを確認する。

すぐさま日暮の死亡確認に向かった圭司と真柴祐太郎(菅田将暉)は、色鉛筆を手に絶命している日暮を目視。

遺体の下から描きかけの風景画と古ぼけた女性の写真を発見した圭司は、思いがけない言葉を発する。

日暮はかつて天才超能力少年としてもてはやされたサイコメトラーで、圭司も心酔していた人物だというのだ! 

だが25年前、日暮はある少女の依頼で、失踪した母親の居場所を霊視しようとするも失敗。

世間から猛烈なバッシングを受け、メディアから姿を消したのだという。

その哀れな境遇に同情した祐太郎は圭司とともに、最期の瞬間まで日暮の心を大きく占めていた思いをひも解こうとする。

そんな中、日暮にとって“最後の依頼人”となった少女・松井美香(松本若菜)の行方が判明! 

近所に住む父・重治(矢島健一)の助けも借りながら、今では幸せな家庭を築いているという美香を訪ねた2人は、妙な話を耳にする――。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『dele(ディーリー)』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

パラパラ
依頼人は天才超能力を持つ少年でした。

未来が予知できる能力を持っていました。

少年は亡くなる前に多くの絵を残していました。

その絵のデータを坂上に託した後に、亡くなりました。

殺人の疑いがありました。

少年は25年前に母親が失踪してから、父親との仲が悪くなり、少年は超能力を使い、母親の行方を追っていました。

そして遂に、母親の田舎の山林に埋められていたことを突き止め、父親に何故、母が埋められたのか尋ねたのですが、逆上した父親に殺されたのでした。

少年は自分が殺されることも予知して坂上に、自分の書いた絵のデータを預けていたのでした。

ペンネーム:パラパラ(60代・男性)

nautilus
いつもは削除するデータの内容に興味を示さない圭司が、率先して依頼者のデータを確認するという展開が興味深いです。

依頼者もかつて世間にもてはやされたサイコメトラーで、普通の人間には理解できない考えを持っている人物のようなので、やはり相通じるものがあるのでしょうか。

ひょっとすると依頼者がサイコメトラーだったというのはでっち上げだった、という気もしないでもありません。

いつも冷静な圭司が第2話の時のような意外な一面を見せてくれる一話になることを期待しています。

ひょっとして姉の舞も興味津々になるかも、という気もしています。

ペンネーム:nautilus(40代・男性)

湊海
次回は霊視で行方不明者を探すという、ちょっとマニアックなテーマなので、全く展開が予想できないという点がかなり気になります。

依頼者の日暮のことを圭司は崇拝していたようなので、彼の嗜好も相当マニアックなんじゃないかと思います。

普段はまるで依頼者に興味を持っていないように見える圭司ですが、宮内詩織の時もそうでしたが、自分の人生に関わりがあった人物にはかなり興味を示していると思います。

クールに見えて、実はかなりのミーハー体質なのかもしれないと感じました。

また彼の内面が暴露されるのかと思うと、かなりドキドキします。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

シャワーズ
ひょんなことから依頼人からの依頼が入り、しばらくしてからその依頼人が命を落とすという事件が起きて、坂上や祐太郎はその依頼人のデータの処理の作業に取り掛かっていた。

祐太郎は裏付け捜査を行うことにし、その手段としてでは自分の正体を装ったり、聞き取り捜査を繰り返すなど様々な手段を取る。

その間、坂上はパソコンでできることはパソコンで調べる。

こうして2人が調べた結果を踏まえ、そのデータをどのように処理していくかどうかを判断するという展開を予想する。

そのデータを取り巻くストーリーの完成度がどのくらいのものであるかどうかが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ねこぽん
ますます圭司と祐太郎の仲がしっくりいっているのが面白く、次回も二人のやり取りを見るのが楽しみです。

今度は圭司のほうが積極的にデータの中身を開けて事件を解決しようとしますが、圭司の独自のこだわりなのか、祐太郎に影響された結果なのか、興味しんしんです。

音楽や細かい設定も楽しみです。

第2話はバンド音楽が出てきましたし、今回は時間の流れを表すときにきれいな弦楽合奏がかかっていました。

次回も何か同じように楽しませてくれる設定があればいいな、と思いました。

結局秘密のままの二人の過去も、ぜひそろそろ明かしてほしいです。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

スナフキン
次の予告編を見ていたらRADWINPSの野田洋次郎さんの顔がちらりと映りました。

毎回、凝った面白いゲストを用意しているなあと感心してします。

どうやら超能力少年だった過去があるという設定のようです。

かつて昭和の時代には一大超能力ブームがあり、いんちきをしたという少年がマスコミからつるし上げられ、大バッシングを浴びたことが実際にありました。

きっとそれがモチーフになっているのでしょう。

どうやらこのドラマ全体として、ちょっとノスタルジーのある内容が多いように感じます。

原案に本多孝好さんが関わっているからでしょうか。

圭司と祐太郎のコンビがどんな解決に導くのか楽しみです。

ペンネーム:スナフキン(50代・男性)

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

nautilus1

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

ある日「dele. LIFE」に不可解なメールが届きます。

送り主は圭司に死後のデータ消去を依頼していた日暮裕司という男性でした。

そして彼が残したデータを真っ先に開こうとする圭司。

そこには何枚かの絵のデータが残されていました。

不審に思いながらも裕司の死亡確認に向かった二人は、そこで彼が残したと思われる書きかけの風景画と古ぼけた女性の写った写真を見つけます。

その写真を見た圭司は、依頼者の裕司は、かつて「天才超能力少年」として世間を騒がせた人物で、25年前にある事件の霊視に失敗して表舞台から姿を消し、その事件の霊視を依頼したのが写真に写った女性だと言いだします。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

25年前、裕司には真実が見えていたのに、依頼主の少女の家庭を守るために透視に失敗したフリをしていたという展開は、10歳の子供がずっとそんな思いを抱えて生きてきたんだと思うと切なくなりました。

成長した美香も、「今の自分なら母の死を受け止められるけれど、当時の自分では無理だった」というようなことを言っていましたが、25年が経ち、自分の死期を悟った裕司が謎のメールを圭司たちに送ったのは、「自分の思いを引き継いでほしい」という気持ちの表れだったのかも、と思いました。

また、彼が最後に会いたがっていたのが、自分を捨てた母親だったというのも、周りから異質なもの扱いされてずっと孤独の中で生きてきた彼の悲しさを表しているように感じました。

ペンネーム:nautilus1(40代・男性)

飛べないアヒル

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

25年前に超能力少年としてもてはやされた日暮が末期の肺がんで自宅のボロアパートで、色鉛筆を握った状態で絶命しているところを、信号を受けた圭司と祐太郎が発見します。

亡くなった日暮の遺体の下には、描きかけの風景画と女性の写真があり、彼から送られた謎のメッセージとともに、圭司が彼の死の経緯をたどります。

25年前に超能力で世間から注目され、マスコミに叩かれる原因となった失踪した母親の居場所の霊視の失敗の依頼者のもとを訪れます。

その少女は、日暮が母親が既に死亡していることを霊視したために、自分のショックを考慮して彼が霊視をわざと失敗したと語ります。

圭司と祐太郎が、日暮の残した絵にある景色の場所を訪れると、その場所に遺骨を発見します。

日暮の人とは違う能力によって、彼がたどった数奇な運命を圭司は、自分たちが忘れないことで彼が二度死ぬことはないと言い切ります。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

ユリゲラーの登場で、スプーン曲げの天才超能力少年を、現実に昔マスコミがチヤホヤしたことがありましたが、最近ではそういったことはありません。

超能力のまやかしと本物の区別がつかないことが明らかになるにつれて、世間の興味が急減速したことが原因だと思われますが、このドラマでは、少年の周囲とは違う能力を恐れたためという解釈も的を得ているように感じました。

日本では特に個性を重視するようなことを言いながら、周囲と違うと排除する傾向にあります。

今回のストーリーに登場する日暮も、特殊な能力を持っていたために母親から捨てられ、不遇な最期となってしまいますが、亡霊となった日暮が圭司たちの車を見送る姿に、多少救われる気がしました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

シャワーズ

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

依頼人の日暮から信号が来た。祐太郎や坂上は日暮のいるアパートに向かった。

日暮は絵を描いている最中に死んだ。

日暮は末期の癌による病死であった。

日暮は昔、霊体視力を持っていた超能力の天才の少年だった。

日暮が出た最後の特番では、女の子のお母さんは見つからずに終わった。

その番組により、日暮はヤラセだという記事が出た。

日暮の実の母は生きていることが発覚した。

日暮の超能力を見た母が悪魔を生んだのではないかと怖くなってしまい、日暮を捨てたそうだ。

祐太郎は鎌田に接触し、日暮が描いた絵を見せたが、鎌田は話すことがないと言った。

坂上は特番で母親の行方を捜していた松井の行方が分かったと言い、二人は松井と接触した。

松井は母の捜索がうまくいかず、人生を変えたなら日暮には申し訳ないといい、未だに母は見つからないと話した。

坂上らは松井に絵を見せた。

松井は内房にある水族館のことだと気付いた。

だがホームページの水族館とは違った。

1ヶ月前に松井の元に日暮が現れたのではないかと話した。

坂上は水族館が全面改装をしていることを知り、2人は水族館があるところに行くと絵と一致する風景がいくつか見つかった。

だが2枚の絵だけは分からなかった。

マスターはその絵を見てキャンプだと言った。

そこで二人はキャンプに向かい、祐太郎は坂上をおんぶして森の中に入った。

そうすると絵に描かれたものがあることに気付いた。

その付近の土を掘り始めた結果、人骨が見つかった。

その人骨は松井の母で間違いなかった。

2人は松井の父を呼び出し、遺骨と共にあった名札ケースを渡した。

松井の父はつまらない喧嘩がきっかけで松井の母を死なせてしまったことを認めた。

その後、妻を埋めた。

日暮は松井の父が松井のことを幸せにしてあげていくことを望んでいると思うのだと2人は松井の父に伝えた。

日暮は死ぬ間際に母のことを思い出し、母の家の絵を描いたことが判明した。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

坂上が子どもの頃スプーンを曲げさせることができたというエピソードには驚いた。

坂上は超能力を信じないタイプに見えたが、坂上は坂上なりに超能力が本物かどうか見極めているのだと感じた。

魔女狩りの時代から変わっていないという坂上の言葉は重く聞こえた。

超能力があるということで悪魔だと判別するのは不自然なことだと感じた。

祐太郎が超能力らしき現象を引き起こした時は驚いた。

坂上をおんぶする祐太郎の姿があまりにもかっこよくて素敵だった。

菅田将暉が山田孝之をおんぶするというのは様になっている構図なのだと見えて感動した。

松井の父が妻を殺していたということには驚いてしまった。

日暮は松井のことを想って真実を明らかにしなかったというのは優しいのだと感じた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

まんぼう

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

かつて天才超能力少年といわれた日暮(野田洋次郎)から圭司(山田孝之)に不可解なメールが届き、音信も途絶える。

圭司は祐太郎と日暮の住む部屋を訪ねるが、日暮は血を吐き、病死していた。

圭司はかつて自分のアイドルだった日暮が残した消去依頼のファイルを開き、残された絵が日暮が透視した事件と関りがあると考え、彼がインチキだと糾弾される直前の失踪人探し企画に注目する。

圭司たちはその時の依頼人美香(松本若菜)を見つけ出すと、絵に導かれるまま失踪した美香の母親を捜索。

そしてついにその遺体を発見するが、そこには一緒に名刺入れが落ちていた。

残されていた名刺には美香の父親重治(矢島健一)の名前があった。

圭司たちに妻を殺したと犯行事実を認めた重治だが、ふたりはそれを確認するだけで美香の幸せを壊すことはしなかった。

場所がわからないまま最後に一枚だけ残された絵は日暮を捨てた母親が住む家だった。

ふたりはその場所を確認すると黙って立ち去った。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

いろいろと解釈が可能な内容でした。

日暮を超能力者だと素直に認めてもいいし、美香の様子を見に来ていたのを日暮だと考えるならば、地道に調べていたとも解釈が出来ます。

また美香の父親の告白も真実かどうかはわかりません。

あくまでも本人がそう言っているだけです。

つまりこの物語のなかで確かなことは、美香の母親は殺されていて、長い年月が過ぎた後に発見された、ということだけです。

それでも圭司は満足したし、祐太郎も納得しています。

美香はようやく胸のつかえがなくなり、重治も沈黙していてもよかったのに告白したことで憑き物が落ちただろうと思います。

もちろん日暮も同様です。

実は真実や事実は何もわかっていません。

ただみんなが納得した。

単純にそのまま受け取ってファンタジー的な解釈をするのもいいですが、よく考えればうがった見方もできる内容は、よくできているなあと感心しました。

ペンネーム:まんぼう(50代・男性)

ねこぽん

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

今回の依頼人はかつて圭司の憧れの人だった、もと天才超能力少年・日暮裕司でした。

遺書ともとれるメールが来たのをきっかけに、珍しく圭司は自分からデータフォルダを開けてしまいます。

中には子供のタッチの風景がが何枚か入っていました。

調べていくうちに、日暮はテレビ出演時代に依頼人の少女に言えなかった行方不明人の情報を、絵で残していたのだ、ということが分かります。

圭司と祐太郎は絵の指し示す場所を見つけ、超能力か霊に導かれるように白骨化したご遺体を発見します。

かつての日暮少年は、母かいない悲しみを共有した少女に「母親は父親に殺され、ある場所に埋められた」と言えなかったことを死ぬ直前まで悩んでいたことが、明らかになります。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

圭司と祐太郎が泥まみれで雨の中ご遺体を必死で掘り返すシーン、父親が泥まみれで母親を埋めているシーンを赤裸々に映しているのが、生なましかったです。

2人が過去の真犯人を許したことが、少し信じられませんでしたが、依頼人の希望を重視した結果なのだというある種の終始一貫した感じが良かったです。

「俺たちがマザコンの天才超能力少年を覚えておけばいい」「そうすれば彼に二度目の死は訪れない」という圭司の言葉も、依頼人の遺言を守る、というだけでなく、かつて憧れていた人への敬意も伝わってきて、感動しました。

その圭司を「キザ」といって温かい目でみる祐太郎の人柄も素敵ででした。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

ハンサムスマート

『dele(ディーリー)』第4話のあらすじネタバレ

依頼人の日暮からの通知がきて、謎めいた文面が開かれる。

文面に書かれている“彼女”、とは?“あれ”、とは?圭司は今回は特別だと言って、普段は消去するだけの日暮のデータを開ける。

そこには子どもが描いたような風景の絵が何枚も出てきて、謎は深まるばかり。

さらに普段は死亡確認に関わらない圭司が珍しく一緒に行く積極性を見せる。

日暮の死亡を確かめるためアパートに出向いた二人は遺体を発見する。

ところが不法侵入したところを管理人に見つかり、警察行きに。

病死と判断され、二人は解放される。

その帰り道、やおら圭司は日暮を知っていると言い出して…。

『dele(ディーリー)』第4話の感想

今回もどういう話なのかわからず、目隠しして車に乗っているような感覚でした。

どこに着地するんだろう、どうやって終わるんだろうって考えてもわからないので、乗せられたまま観るのが正解なのかなと思い始めているところです。

日暮は超能力者で、人には見えないものが見えたりわかったりすることで家族からも疎まれ、幸せとは言えない人生を送ってきました。

圭司の台詞の中で、“人ははじめは面白がっていたがやがて恐怖する”という台詞が示しているように、人のためにやっていたことがやがて自分の人生を破壊していくなんて、ずいぶん世知辛い話だなあと思いました。

ほんとに能力のある人はこういう人生の末路になるんだろうなあと、説得力があったのは日暮役の野田洋次郎さんの演技たるゆえんなのかしら。

前回の高橋源一郎さんといい、このドラマは役者以外の方がものすごく自然な演技をするのでびっくりします。

ペンネーム:ハンサムスマート(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『dele(ディーリー)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『dele(ディーリー)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA