【チアダン】最終回(10話)ネタバレと感想。ロケッツ最高の演技に感動!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『チア☆ダン』最終回(第10話)が2018年9月14日(金)に放送されました。

ドラまる
全国大会に出場するロケッツ。

わかばの怪我が大会に間に合ってよかったね。

ラマちゃん
汐里が通っていた高校も東京代表で出場しているのよね。

ロケッツはどこまでも高く飛べるかしら?

こちらの記事では、ドラマ『チア☆ダン』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『チア☆ダン』最終回(第10話)あらすじネタバレと感想

全国大会前日。

東京の空気に飲まれてしまうロケッツのメンバー。

会場に着いた藤谷わかば(土屋太鳳)達は、さらにその雰囲気に負けそうになってしまいます。

部長であるわかばは大きく息を吸い込んで見せ、「空気飲んだ」とみんなを勇気づけました。

空気に飲まれないよう深呼吸するみんな。

「自信を吸って不安を吐き出せ。」

ジェッツにも伝わる魔法の言葉でした。

そして、会場では桐生汐里(石井杏奈)の転校前のチームメートと会ってしまいます。

やはりまだ気まずいんですね。

ジェッツも会場に到着しており、声をかけられます。

「お互いベストを尽くしましょう。」なんて爽やかチームなんだと思わずにはいられません。

宿泊先でわかばは漆戸太郎(オダギリジョー)先生に「絶対勝って太郎をアメリカに連れていくでの。」と約束しました。

その夜のミーティングでは再び目標である「ジェッツに勝ってアメリカに行こう。目指せ全米制覇。」と号令をかけるわかば。

そこで汐里は「本当はできっこないと思ってた。」と本心を話し始めました。

しかし、わかばは「汐里の言葉がここまで連れてきてくれた。」と返事をしました。

それはみんなの心も同じでした。

イインチョウをはじめみんなの心がひとつひとつまとまっていく良いシーンでしたね。

全国大会当日。

教頭の桜沢伸介(木下ほうか)先生たちも応援団として駆けつけていました。

汐里が前にいた学校のチアダンス部に再び遭遇し、緊張感が走りましたがキャプテンの北沢麻友(飯豊まりえ)に話しかける汐里。

責められるかと思っていた汐里でしたが、ロケッツの快進撃を見ていた北沢は素直に応援してくれていたのでした。

チアダンスをしている子たちって、みんなこんなにいい子ばかりなんでしょうか。

疑問に思ってしまうほど爽やかな人たちです。

そして桜沢麻子(佐久間由衣)の恋も進行中かなと思われ。照れてしまいました。

父である教頭先生に連れて行かれる麻子。

恋愛のことで話があるのかと思いきや、たくさんの胃腸薬を渡してくれる教頭先生。

「けど、もう大丈夫だよ。」娘の一人立ちの時です。

娘を心配するあまりの過保護。父の愛。ここは泣くところですよね。

一方、わかばは会場に幼馴染の椿山春馬(清水尋也)の姿がないことを心配していました。

そんなわかばに春馬を探しに行くように勧める汐里。

会場外で出会った春馬はわかばに向かってエールを送ります。

「今度は俺の番。今日は俺がお前を力いっぱい応援する。」

応援する側から、応援される側になった。

このことに気が付いたわかばは、気合を入れ「いってきます」と答えました。

大会が開幕し、他校のレベルの高さにまた圧倒されるロケッツのみんな。

さらにジェッツの演技を見て、その心はまたもや不安に押しつぶされそうになっていました。

楽屋で最終チェックを行うメンバーですがその表情は硬いままです。

そこで太郎先生は深呼吸をして見せました。

会場の空気飲むみんな。

「ずっと夢見てきた場所に来たね。ロケッツのダンスを見ていると元気になる。君らのダンスでみんなを笑顔にしてきてくれるか。」

やっぱり太郎先生の一言は、どこまでもすっと心に入ってきますね。

いよいよロケッツの出番。

いつもの円陣でわかばは「みんなにありがとうと伝えたい。ロケッツを支えてくれた人たちに。太郎先生に。」

「伝えよう心を込めて。」「どこまでも高く飛べ!We are rockets!」

みんないい笑顔です。

ノンストップでロケッツの演技が見れました!

鳥肌ものです。

そして、運命の結果発表。

ロケッツは、二位を獲得しました。

第一位はジェッツに。

悔しさを滲ませながらも、ちゃんとジェッツにおめでとうと言えたわかば。

「夢叶わんかった。」舞台裏で泣くロケッツのメンバーたち。

「でも、みんなキラキラしてたぞ。」

太郎先生のその言葉にわかばは「そっか。私、夢叶ったかも。だって、子供のころに見たあの人たちみたいにキラキラできた。」と言いました。

ロビーで待つ応援団はロケッツに惜しみない拍手を送りました。

「応援ありがとうございました!」深々と頭を下げるわかば達。

そんなみんなに太郎先生は、「ずっと笑っていてほしい。君たちは僕の奇跡だから。」と伝えました。

最後の最後まで太郎先生は素敵でした!

スポンサーリンク

『チア☆ダン』最終回(第10話)ネットの反応や感想

ドラまる
感動の演技だったよ。

二位は悔しかったと思うけど、胸を張ってほしいな。

ラマちゃん
太郎先生が無言で深呼吸し始めた時は、可愛くて悶絶したわ。

ドラまる
会場がエコパアリーナだってみんな気が付くのが早かったね。

ラマちゃん
結局ジェッツには勝てなかったわ。

でも、わかば達が手に入れたものは伝統校とは違う大きなものだったと思うの。

ドラまる
結局、ちゃんとわかばとはくっつかなかったよね。

ラマちゃん
イヤミ課長が、超絶可愛いお父さんで胃薬を渡したシーンで涙がこぼれちゃったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『チア☆ダン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『チア☆ダン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『チア☆ダン』最終回(第10話)の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『チア☆ダン』最終回(第10話)のネタバレ感想をご紹介いたしました。

悔しい悔しい二位です!

わかば達の追ってきた目標には届きませんでしたが、チアスピリッツにあふれた、素晴らしい演技ではなかったでしょうか。

みんなにありがとうを伝えたい。

太郎先生、教頭先生をはじめ、みんなに伝わったと思います。

20人そろってのノンストップの演技は素晴らしかったです。

プロのお仕事を見せていただきました。

主演の土屋太鳳さんを筆頭に、忙しい女優さんたちだと思いますが、練習の日々は過酷だったのではないかと想像が付きます。

それだけでも、十分に楽しめた作品でした。

ドラまる
創部二年目で、全国二位!

素晴らしい結果だったけれど、もう一年あげたかったなと思っちゃうよね。

ラマちゃん
もう金曜の夜に太郎先生と教頭先生に会えないのね。

寂しくなるわ。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA