ドラマ【チアダン】8話ネタバレと感想。You’ll never walk aloneに感動!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年8月31日(金)にドラマ『チア☆ダン』第8話が放送されました。

ドラまる
前回はイインチョウの恋もうまく収まって、ロケッツの演技もまとまってきたんだよね。

そこに、今度は汐里が退部の危機?!

ラマちゃん
お父さんとアメリカに渡ることになるみたいだわ。

わかば達は、どんな決断を下すのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『チア☆ダン』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『チア☆ダン』第8話あらすじネタバレと感想

北信越カップで初優勝を達成し、関西予選大会に向け、練習に励むロケッツ。

高校3年生になった藤谷わかば(土屋太鳳)たちは進路選択の時期に入っていました。

それぞれに進学や就職と進路を決めていることに焦るわかば。

案の定、わかばは何にも考えていませんでした。

初めてロケッツとしての時間が限られていることを思い知らされたわかばでしたが、三者面談では、進路希望に「全米制覇」と書いてしまいます。

あきれる担任の杉原(本多力)と母房子(紺野まひる)。

高3のこの時期に、脱力ですね。

娘の桜沢麻子(佐久間由衣)が生徒にいる教頭・桜沢伸介(木下ほうか)も面談を受けていました。

志望大学にGOサインを出す杉原に教頭は五分五分でしょうと返します。

「この子は本番に弱い。」そう心配する教頭に、麻子は「大丈夫。前の自分とは違う」と告げました。

ロケッツが麻子を内面から成長させていたんですね。

そして、栗原渚(朝比奈彩)も親と進路のことで衝突していました。

渚は漁師である父の仕事の手伝いをする覚悟を決めていたのに、父から大学に行くことを薦められていたのです。

父との意見の対立から、藤谷家へ家出してきた渚。

渚の話を聞いて、ようやく真剣に進路のことを考え始めたわかば。

それぞれが、進路について悩んでいるとき、桐生汐里(石井杏奈)は離婚して離れて暮らしている父・光俊(津田寛治)に会うために東京に出向いていました。

近々、転勤でアメリカに行くことになったので、チアダンスをするために一緒に来ないか?と誘ってきたのです。

しかし、今までほおっておかれたと感じていた汐里は素直に提案を受け入れることができませんでした。

その帰り道。以前通っていた高校の生徒が男に絡まれているところを見かけてしまいます。

翌日の練習で、浮かない顔の汐里。

そこへ教頭から呼び出しがかかりました。

東京の警察から暴行事件の関係者として汐里に話を聞きたいと連絡があったと聞かされました。

事件はSNSによって拡散され、事態は大事になってきました。

先生にもロケッツのメンバーにも「何もしていない」と汐里は言いますが、どこか歯切れが悪く心配になるわかば達。

部室に一人佇み、みんなで書いた壁の目標をみる汐里。

その日、汐里は校長にチアダンス部の退部届を提出していました。

椿山春馬(清水尋也)にもアメリカに行くことになったと告げましたが、その時の「俺フラれた?」発言!

この二人付き合ってた?んですかね?

春馬の隣はずっと空いてたと思っていたのですが。

そして、汐里のことを心配していた柴田茉希(山本舞香)に、何もやっていないがロケッツに迷惑がかかる前に退部の道を選んだのだと打ち明けました。

一方、わかばは姉の藤谷あおい(新木優子)からジェッツのウエルカムピンチという言葉を教えてもらいます。

ピンチはチャンスの最上級。

翌朝、汐里の退部届の受理を待ってほしいとわかば校長室に飛び込んできました。

そして汐里を部室に呼び出し、汐里に「汐里を疑ったままで別れるのは嫌だ」と話しました。

その言葉に、汐里は事件の日に起こったことを話し始めました。

その日、ナンパされていた後輩を助け、その時に手をつかんできた男を振り払ったと。

バランスを崩し、フェンスに当たっただけだったんですね。

自分からは何もしていなかったけれど、それを証明することができなかった。

そいういう汐里に「世界中が疑っても、汐里を信じる。」とわかば。

「ロケッツを辞めたくない。」汐里の本音が聞けました。

そして教頭先生が汐里と東京に行ってくれることに。

「無実を証明してくる。」教頭先生かっこいいです!

麻子も嬉しそうでしたね。

予告にあった「離れててもみんな一緒やでの。」は東京のことだったんですね。アメリカに渡ってしまったのかと思っていたので安心しました。

東京から戻ってきた汐里。

話し合いの席で助けた女生徒が真相を語ってくれていました。

その結果、汐里の正当防衛が認められ無実が証明されロケッツに復帰することができました。

そして汐里は父親にアメリカにはいかないと報告し、「自分のことを考えてくれて嬉しかった」と伝えることができました。

渚も、父親が漁から帰ってくる日に家で待つことに。

わかばも、本気で父の仕事と向き合う決意をし、父もその思いを受け止めてくれたのでした。

スポンサーリンク

『チア☆ダン』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
今回も思わず涙する人が続出したね。

わかりやすいけど、いい話だ。

ラマちゃん
太郎先生のお株を奪う、素敵な先生に教頭先生がなってますよ~。

ドラまる
結局ハルと汐里は付き合ってた?

謎だ~!

ラマちゃん
汐里が無実でよかったんだけど、一高校生に弁護士はやりすぎな気がしたわ。

ドラまる
渚の家出に寛容な藤谷家に違和感がありながらも、馴染んでて美人三人姉妹が誕生してたね。

ラマちゃん
You’ll never walk alone最高だったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『チア☆ダン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『チア☆ダン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『チア☆ダン』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『チア☆ダン』第9話あらすじ

2018年9月7日(金) 22:00時から放送のドラマ『チア☆ダン』第9話のあらすじをご紹介します。

 関西予選大会を2位で入賞し、全国大会に進めることになったわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部ROCKETS。

 結成1年で全国大会に進んだ奇跡に福井西高校のみんなもROCKETSたちに期待が高まる。

入院中のチアダンス部顧問の太郎先生(オダギリジョー)もあとは検査を残し、もうすぐ退院することが出来るまでに回復した。

 全国大会に向けて練習を進める中、膝に違和感を覚えるわかば。

気にしないようにするも、あおい(新木優子)が異変を見抜き病院に連れていく。

診察の結果、膝の靭帯損傷。

治るには1カ月以上かかるという。

 全国大会まで39日を切った日に通告された現実に、戸惑いを隠せないわかば。

踊れなくてもやれることはいっぱいあるというあおいの言葉を聞いたわかばは、次の日、朝練中のROCKETSの元へ行くと、自分は全国大会には出ないと宣言をする。

踊れなくても私はROCKETSのメンバーだからと積極的にみんなのフォローを行うわかばだが、汐里(石井杏奈)は納得がいかない。

しかし、「一番大事なのはROCKETSがJETSに勝つことだから!」とわかばの意見は変わらない。

怒りを抑えられない汐里は、わかばに「もうROCKETSに来なくていい」「全国大会で優勝するためには、わかばにいてほしくない」と言ってしまう。

呆然と部室を出ていくわかば。太郎先生からは思う存分休んだらいいと言われてしまい――

 結成以来、最大のピンチを迎えたROCKETSが下す最後の決断とは――!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『チア☆ダン』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。
ロケッツ創部の中心的存在の汐里が、自ら退部の決断を下したのは、汐里の幼稚さが露呈してしまったような気がします。

しかし、それを責めるのではなく信じるという方法でわかば達は乗り越えました。

それを後押ししてくれたのが、今回は太郎先生ではなく教頭先生だったことに驚きと同時に嬉しさを感じました。

娘のためだけではなく、ロケッツのために動いてくれたことに感動です。

太郎先生の出番がなかったことは少し残念でしたが。。。

そして、次回はわかばに試練がやってきます。

ドラまる
汐里の無実が証明されて一安心。

渚も無事に家に帰って、みんな落ち着くところに収まったと思ったのに。

ラマちゃん
次週は、わかばに汐里が退部を迫る?!

怪我をしてしまったわかばは、もう一緒に踊れないのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA