チアダン|4話の動画無料視聴はこちら【8月3日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『チア☆ダン』第4話(2018年8月3日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『チア☆ダン』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『チア☆ダン』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『チア☆ダン』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『チア☆ダン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『チア☆ダン』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『チア☆ダン』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月3日(金)放送終了後〜2018年8月10日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『チア☆ダン』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『チア☆ダン』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『チア☆ダン』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『チア☆ダン』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじは?

2018年8月3日(金)放送のドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじを紹介します。

部長になったわかば(土屋太鳳)率いる西高校チアダンス部ROCKETS。

初大会となるチアダンス福井大会は散々な結果だったが、顧問・太郎(オダギリジョー)の一喝で心が一つになったわかば、汐里(石井杏奈)、麻子(佐久間由衣)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の8人。

新学期を迎え、さらに勇往邁進!と思った矢先、わかばが所属していた望(堀田真由)率いるチアリーダー部たちによる嫌がらせで学校の壁中にROCKETSに対する悪意ある張り紙が貼られていた。

今は無理でも、いつかは分かってくれるという思いで黙々と張り紙をはがすわかばだったが…。

その一方で、自分たちのダメさに気付き始めたROCKETSの8人。

校長・駒子(阿川佐和子)の配慮もあり、中央高校チアダンス部JETSの見学をさせてもらえることに。

覇気のある挨拶で出迎えたのは現JETSのセンターであり、わかばの姉・あおい(新木優子)の後輩・月子(小倉優香)ほかJETSメンバーたち。

JETSの練習に圧倒されたROCKETSは、JETSのまねをする“JETSごっこ”をしてみることに!

そんな中、ROCKETSに福井商店街からゲスト出演の依頼が??。

さらに、対立しているチアリーダー部に所属している1年生の芙美(伊原六花)がベンチに一人でいるところを見つけたわかばは、自分たちが踊る商店街のお祭りを見に来てほしいと伝える。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『チア☆ダン』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

チア入りたい
チアの大会に見に来ていた人の中に、最初にわかばが入っていたチア部の後輩がいたので、ドラマの後半になると入部を再度希望してくるような気がします。

春馬も見に来ていたので、チアダンに反対しつつも、段々と応援しようと感じて来て、最終回くらいには、JETSと対決などをすることになり、自信を失くしそうになっているわかばを励ましてくれるでしょう。

春馬は野球に復帰できなくても、太郎先生と共にチアダンをサポートする方に回るかもしれません。

マキはみんなともっと喋るのが目標としましたが、慣れてくるとヒップホップのところをしおりに代わって指導してくれると思います。

ペンネーム:チア入りたい(30代・女性)

たかは
また頑張り始めたROKETSのメンバーですが、校長先生の配慮でJETSを見学できることになります。

憧れのJETSを目の前で見ることができてわかば達にはとても良い刺激になると思います。

全米制覇の前にまずはJETSを倒さなければならないので、敵の動きを知る良い機会だと思います。

JETSから色々な事を吸収して欲しいと思います。

今のROKETSはとても良い雰囲気になっていると思います。

それには太郎の力も大きいです。

太郎は普段はメンバーを優しく見守っているだけですが、いざという時は的確なアドバイスをしてくれて頼りになる顧問だと感じました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

飛べないアヒル
チアダンスの福井大会での失敗を乗り越え、再出発を決めたわかば達ROCKETSのメンバーは、新学期に入り、これまでのチアリーダー部から嫌がらせを受けるようになりそうです。

わかば達が練習を重ねるごとに、自分たちの欠点やダメさを認識していくようです。

そんな中、校長のはからいで、JETSの見学ができることになります。

わかば達は、JETSの練習に圧倒されることになり、その後の練習に取り入れるというよりも、真似してみることをはじめます。

そんな練習を重ねている頃、福井商店街からゲスト出演の話が持ちかけられ、対立するチアリーダー部に自分たちのダンスを見て欲しいと伝えるようです。

新たなことを具現化したわかば達に対するこれまでのチアリーダー部などの反感との戦いと、チアダンスROCKETSの成長がいかにはかられるかが、ポイントとなりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ぱるる
太郎先生が一人ひとりにアドバイスと反省点を言っていてみんな夢ノートにも色々と書いていましたし、少しずつ変わっていくのではないかと思います。

自分のダメなところも含めダンスも負けられない!という強い思いから上達していけばいいなと思います。

JETSだって最初からあんなレベルの高いダンスができた訳ではないでしょうし、ロケッツだってこれからいくらでも上手くなることができるでしょう。

わかばは部長として周りをうまくまとめてくれると思いますし、汐里もうまく感情をコントロールしてみんなとうまく付き合っていって欲しいですね。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

ゆきちゃん
だんだん部活らしくなってきましたね。

野球部のピッチャーに幼なじみとかも出てきて気になるところですね。

最初はみんな勝てるわけないから部活始まると思いますが小さな目標から達成して行くと思います。

若葉は太郎を先生と呼べたのでしょうか?お祭りとかで披露するようなので部員も増えそうな気がします。

まだまだ全米にはほど遠い気がしますが身近な所から実績をあげて欲しいです。

太郎は全然チアダン部とは無縁な感じなのに勉強してますよね。

素人と思ってただのお飾りの顧問だとみんなは思っていると思うのですが、やがて学校の花形の部活に顧問へと成長していくお話になると思います。

ペンネーム:ゆきちゃん(50代・女性)

まるねこZ
各自の夢ノートに沿って一歩一歩すすむことを決め、わかばを部長として団結したROCKETSの成長が楽しみです。

次回予告ではJETSを訪問して何かを学びとろうとするシーンがありますが、まだまだ大きな差があるライバルチームを見学に行くことで、汐里(石井杏奈)あたりが焦り始めてまたチームワークを乱したりすることになるのではないかと、心配な面もあります。

ともあれ前向きに進んでいく女子高生の夏らしいシーンを見ることで、自分自身も力をもらえるのではないかと期待しています。

とはいっても次回はもう新学期のようですが…。

ペンネーム:まるねこZ(40代・女性)

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

mirokichi3

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

わかば達はチアダンスの福井大会では良い結果を出せずに落ち込んでいました。

しかし、太郎の言葉もあり再び結束を固めました。

わかば達のことを良く思わない生徒の嫌がらせを受けながらも、前に進み始めました。

ある日、校長や太郎の後押しもあり、JETSの練習を見学に行く事になりました。

JETSの練習を目にして、圧倒されたわかば達でした。

わかばの提案でJETSのやり方を真似して、練習することになりました。

練習をしている時に茉希は他の部員と衝突し、再び輪から離れてしまいます。

太郎の提案で商店街のお祭りのイベントに強引に参加する事になりましたが、わかば達も力が入りました。

汐里は茉希の事が心配で、本人に会いに行きました。

そこで茉希の過去を知った汐里は茉希の事を尊重しながらも、練習に参加するように言いました。

そして、汐里の言葉が茉希にも届き、練習に参加して部に戻ってきました。

お祭りの当日に舞台でチアダンスを披露したわかば達に客席から歓声が沸きました。

部員達で成功の喜びを分かち合いながら、会場を後にするわかば達の前に新たに2人の部員が入部することになりました。

『チア☆ダン』第4話の感想

福井大会を終え、再び前に進み始めたわかば達を後押しする太郎はたくましく思えました。

わかば達のことをよく思わない生徒達の嫌がらせに対して、怒らずに接するわかばの態度は大人な対応で素晴らしいです。

必ず分かってもらえると思える気持ちが純粋だと思いました。

茉希の過去が明らかになりましたが、意外な事実に驚きました。

しかし、汐里はその事を受け入れて手を差し伸べた姿に感動しました。

汐里の気持ちも茉希に届き、少しずつ心を開くようになって安心しました。

商店街でチアダンスを披露して成功を収め、喜びを部員達で実感できて良かったです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

りな

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

朝登校するところからはじまり大会で恥をかいたけど衣装を変えると良いのかもと新しいのをつくりはじめる。だが前のチア前の人達に校内に張り紙をされて軽いいじめにあう嫌味を言ってくるがわかばがなだめる怒りもせず優しく謝った。

そして1年生が張り紙をのけてたら先輩に出くわし裏切り者といわれ、もう来ないでといわれる。

帰りに野球部の幼馴染と一緒にかえっててしおりが話しかけるといい雰囲気になった。

まきとみんながあわないがしおりのおかげでまた帰ってきてくれてお祭りで無事に披露する事ができその帰りに1年生が入部する事になった。

『チア☆ダン』第4話の感想

友情とチアダンに対しての思いがつたわる回でした。

ただ先がよめてしまうのが残念です。

この先どうなるか、誰が入部するかすべてがよめてしまいます。

たろう先生もがんばっててだんだんちゃんとした顧問になっていってるのも素晴らしいです。

ジェッツの見学にいってみんながさらにやる気になって一気に踊りも上達しててえ、もう祭り??ってなりました。

そして、前回と今回のダンスが前と違いすぎて段階早くない?とおもいました。

でもたろう先生と部員の人達がだんだんひとつになっていってるのがよくわかる回でもありました。

もう少し団結力があればなぁとおもいました。

ペンネーム:りな(20代・女性)

のん

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

全米制覇のJETSの見学に行けることになったROCKETS。

そこでJETSの凄さを目の当たりにする。

そして彼女たちは今後の練習はJETSを真似ていくことに決める。

しかし真似ていくことに反発する気持ちを持つ茉希。

練習にも顔出さなくなる。

そんな中、商店街の祭りにROCKETSがゲスト出演することが決まる。

茉希は人を信用できなくなった過去があり、協調性に欠いていた。

それでも汐里は茉希の過去を知った上で、彼女のペースで話に入ってくれば良いと告げる。

次の日、茉希は練習に現れた。

そして祭りに向けての振り付けが本格的に始まった。

商店街の祭り当日、ROCKETSは見事なチアダンスを披露した。

観客からは大拍手。

成功をおさめたロケッツROCKETS。

そんな彼女たちの物質が、チアリーダー部の嫌がらせによりめちゃくちゃにされてしまった。

『チア☆ダン』第4話の感想

チアダンスはメンバーみんなの息を合わせることがとても大切なダンスであって、協調性が必要とされる。

そんな中、協調性のない茉希は、昔から人に合わせることが苦手だったことにつまずいてしまう。

それを受け入れ、自分のペースでやっていけばいいと励ます汐里の優しさに心打たれました。

またチアリーダー部による嫌がらせにも冷静に対処するわかばに感心すると同時に心が痛くなりました。

部長として崩れるわけにはいかないと言う思いがそこにはあったのではないかと推測しました。

それでも夢を持つ若者の強さや純粋な思いは、美しくもありキラキラとした輝きが伝わってきました。

ペンネーム:のん(40代・女性)

しーちゃん母さん

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

チアダンス部は福井大会の大失敗でチアリーダー部達に嫌がらせで大失敗した写真を学校中に貼られていた。

太郎はこの前のJETS の動画を見ながら研究していた。

校長が太郎にJETSの練習を生で見たらどうか?と太郎に提案する。

JETS の練習を見学させて貰えることになった、わかば達は挨拶や自主性や笑顔に圧倒され自分たちはまだまだだと思う。

そこで先ずJETSの真似を徹底的にしてみる事にした。

そんな時商店街のお祭りに出てみないかとオファーがくる。

汐里は振り付けや曲を考えないといけないから無理だと一度は断る。

でもかわいい衣装を春まで披露できないのはもったいない、みんなで協力して考えるから出てみよう、と出ることとなる。

しかし練習は、いつもまきが和を乱し喧嘩になってしまう。

昔、友達に裏切られ人間不振になっていた。

喧嘩した汐里が一人で踊っているまきに声をかけチア部のみんなを信じてみて、と励ます。

一方、チアリーダー部の1年生のふみはわかば達を庇った事から部で仲間外れにされていた。

わかばは商店街のお祭りに誘ってみる。

商店街のお祭りのダンスは思いもよらず大盛況でアンコールまであった。

帰り道、ふみからロケッツに入れて下さいと言われる。

一人増えたと喜んでたら、もう一人入部希望者が居て10人で再スタートとなった。

そして、部室へ行くと部室が見るも無残に荒らされていた。

『チア☆ダン』第4話の感想

女の嫉妬って怖いですね。と言うか人間って怖い。

さっきまで親友だった子が平気で裏切ったり、自分の気に入らない人を庇うと、その人を仲間外れにするんですね。

そうやって小さな事からいじめって始まっていくんだと分かりました。

チアリーダーの子達は結局、馬鹿にしながらもイキイキ部活してるわかば達が羨ましいんだけど一生懸命やってる感を出すのが格好悪いと思ってるんですよね。

でもチラッと写真で出てたJETSの最初のメンバーの天海祐希さん達、初期メンバーも夢が大きくて最初は鼻で笑われてたって言ってたので最初から何でも上手にできる人なんていないです。

人の夢や希望を笑って嫌がらせをする人に絶対良いことは起こらないと思います。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ぱるる

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

福井チアダンス大会では散々な結果に終わったわかばたちでしたが、チアダンス部の心は1つになっていました。

そして新学期も始まりましたが、壁にはチアダンス部の嫌がらせの張り紙が。

しかしわかばは怒ることもなくその張り紙を剥がしていきました。

そんな中校長の声がけでJETSの練習風景を見にいけることになったわかばたち。

出迎えてくれたJETSのメンバーたちは明るく笑顔で迎え入れてくれ、わかばたちの質問にも丁寧に教えてくれるほどの親切さだった。

それを見てわかばはJETSの真似をやろうと部員に呼びかけ、前髪をあげたりチームリーダーを決めたりしていたが、JETSのよさはそこじゃないと太郎は気づいていた。

『チア☆ダン』第4話の感想

あまり女子特有のジメジメドロドロした感じがこれまでこのドラマにはありませんでしたが、ついにきたか…という感じでした。

わかばたちならそれを受けても流せるし大丈夫でしたが、芙美の場合は1年生ですし先輩も怖いしなんか見ているだけでハラハラしてしまったほどでした。

まきの過去のシーンとかなぜカッターで刺したのかとかそういうシーンが出てきましたが、逆に被害者側だったのはなんとも言えない気持ちになりました。

せっかくできた友達だったのに刺したのはあいつだなんて言われたらトラウマものでしょう。

しかし汐里がちゃんと話しを聞いてくれたから救われたんじゃないかと思います。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレ

ストーリーは前回ロケッツが大会でミスを連発しているところをワカバの元部活仲間たちが恥さらしだと大会での写真をおちょくったような画像にし校内に張り出しているところからスタートします。

なかなか腹立たしいスタートでした。

そんな中、ロケッツに初めてのダンスを披露してほしいと依頼がきます。

ですがそれは町内の小さな小さなお祭りの、しかも、元々劇のようなものをそのお祭りでする予定だったのですがその劇を披露する方々が参加できなくなりその穴埋めで、という理由でした。

それを聞いたメンバーは最初こそ参加は皆反対でしたが顧問の太郎先生の説得のもと、参加を決めました。

ですがまたその中でメンバー同士に揉め事で亀裂が…

『チア☆ダン』第4話の感想

マキの過去が明らかになるのですが、もともと前回まではマキが中学生時代頭に血が上りカッターで男子生徒を刺したとゆうサイコパスのような過去が流れていたのですが、今回その過去がはっきりして、マキが刺していないのに男子生徒にはめられ、親友にも裏切られ、人を信じられない、どうせ裏切られるなら信じない女性になってしまったという、悲しい女性だとわかり涙が止まりませんでした。

自分も、友達だと思っていた相手に利用されそうになっていると、人伝てで知ったことがありなかなか自分と重なる部分があったからなのだと思います。

ペンネーム:ぷ(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA