ドラマ【チアダン】4話ネタバレと感想。茉希(山本舞香)が可愛いと話題!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『チア☆ダン』第4話が2018年8月3日(金)に放送されました。

ドラまる
先週は太郎先生の思いが通じて、ロケッツのみんなの心が一つになったんだよね。
ラマちゃん
今回は、わかばが所属していたチアリーディング部との確執があるみたい。

チアダンス部との和解はあるのかな?

こちらの記事では、ドラマ『チア☆ダン』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

2018夏ドラマ『チア☆ダン』第4話あらすじネタバレと感想

散々だった福井大会を終え、新学期が始まりました。

藤谷わかば(土屋太鳳)が登校すると、学校の壁紙にロケッツを中傷する張り紙が大会での写真とともに張られていました。

写真には、悪意のある落書きがたくさん書かれていましたね。

すぐにわかばが以前在籍していたチアリーディング部の稲森望(堀田真由)たちの仕業だと気が付きましたが、「いつか分かってくれる」と前向きなわかばは言いました。

望たちにすればわかばは裏切り者。

すぐに納得はしてもらえそうにもありませんでした。

職員室でジェッツの演技を映像で確認する漆戸太郎(オダギリジョー)。

そこへ校長の蒲生駒子(阿川佐和子)がやってきて、ジェッツの練習を見学できることになりました。

中央高校の校長先生、コンフィデンスマンでの五十嵐(小手伸也)でしたね。

ハゲタカのナレーションといい、続けて出演中です!

ジェッツの練習風景を見たわかばたちは、最初の挨拶から圧倒されてしまいます。

練習前には円陣を組み、一人ひとり大きな声で目標を叫んでいました。

これは桶と同じで、一人でも声が小さかったら意味がないのだといいます。

また練習リーダーは日替わりで、これもみんなの練習に対する意識を高めるためにしていることでした。

中央高校での練習は部員の自主性に任されていました。

わかばはジェッツの真似をしてみようと桐生汐里(石井杏奈)たちに提案しました。

まずはおでこ丸出しから。

キャッキャとはしゃぐわかばたちとは反対に、しぶしぶ柴田茉希(山本舞香)も少しでこ出ししてくれました。

そこへ太郎先生が福西商店街祭りからロケッツに出演依頼があったと伝えにやってきました。

改めて振付や練習を用意しなくてはならないため汐里は出演を渋りました。

次は日替わり練習リーダー。

そこでまた茉希と栗原渚(朝比奈彩)が衝突してしまいました。

茉希の一匹狼っぷりはどうしたものでしょうか。

茉希が中学の時に起こしたカッター事件の原因は、仲のいい女友達との仲を男子にからかわれたからというものでした。

しかし、それはからかった男子生徒の自作自演で、その現場を見ていた女友達にも裏切られたことがショックとなり、人を信用できなくなっていたのです。

その頃、チアリーダー部に所属している1年生の麻生芙美(伊原六花)はいまだに張られていたチアダン部への中傷のビラをはがしていました。

本当は芙美もチアダン部に入りたかったんですね。

そこへやってきた望に、こんなことはするべきではないと意見してしまい、望に目をつけられてしまいます。

チアリーディング部で芙美が応援曲の候補を持ってくるが、望たちは頭から否定しました。

さらに「あんたもうこんくていいで。」

痛烈な一言ですね。

一人でベンチに座る芙美の元にやってきたわかばが声をかけます。

芙美が選んだ曲ははブルーハーツの「人にやさしく」。

亡くなった父が自分を励ますために歌ってくれた歌でした。

何か得られるものがきっとあるはずだからとやっぱりお祭りに出ようと言う太郎先生に、今度はみんな協力して出演することに決めました。

そして、選曲は芙美が自分の応援歌にしていたブルーハーツの「人にやさしく」にすることになりました。

芙美にもお祭りに来るように伝えるわかば。

お祭りの当日には幼馴染の椿山春馬(清水尋也)も手伝いに来ることになっていました。

その頃、再び一人で駅前でダンスを踊る茉希がいました。

どうしても人と合わせることができないという茉希に、汐里は「茉希のペースでいい。信じられるようになるまで無理することはない。しかし練習には来るように。」と伝えました。

汐里の優しさが爆発しましたね。

ロケッツが生まれたのは茉希のおかげという思いが強かったのだと思います。

「帰ろうロケッツに。」

この一言が、茉希の心を解きほぐしたように感じました。

翌日、練習に茉希の姿がありました。

しかもフルでこ出しで。

素直に謝る茉希に、渚をはじめ一同は驚きました。

お祭りの当日。

はじめは少なかった観客も、ロケッツの演技に引き寄せられるように徐々に集まり始めました。

桜沢麻子(佐久間由衣)の父・教頭桜沢伸介(木下ほうか)もまた来てましたね。

本当に過保護なんですから(笑)

「元気出たよ!ありがとう!アンコール!」観客の声が響き渡りました。

舞台上では茉希が汐里に「ありがとう」と伝えていました。

たくさんの笑顔を見れてロケッツも大きなものを手に入れたのだと思います。

お祭りでの舞台は大成功を収め、喜びながら帰るわかばたちの前に芙美が現れました。

ロケッツに入りたい。

ようやくいえた言葉でした。

そしてわかば達にはそれを断る理由などありませんでした。

芙美に続いてもう一人梶山カンナ(足立佳奈)もチアダン部に入りたいと申し出てくれました。

後日、野球部には春馬の姿がありました。

チアダン部のチアスピリットはこんなところにまで届いていました。

そして、事件は続きます。

わかばが練習をしに部室に入ると、そこには嫌がらせの手が伸びていたのでした。

スポンサーリンク

2018夏ドラマ『チア☆ダン』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
茉希の隠されたつらい過去に、汐里が引導を渡してくれたね。

笑顔が最高に可愛かったね!

ラマちゃん
茉希役の山本舞香さんについては以下の記事にまとめているので、要チェック!

チアダン柴田茉希(まき)役は山本舞香!出演ドラマ紹介や演技評価も

ドラまる
名曲中の名曲!高校生は知らないのかなぁ。

チアにピッタリだったね。

ラマちゃん
大会でのロケッツの演技とは全く違ったわね。

人々の心に響く素晴らしい演技だったわ。

ドラまる
春馬が野球部に復帰したね。

わかば達のチアスピリットが届いた証拠だね。

スポンサーリンク

ドラマ『チア☆ダン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『チア☆ダン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『チア☆ダン』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

2018夏ドラマ『チア☆ダン』第5話あらすじ

2018年8月10日(金) 22:00時から放送のドラマ『チア☆ダン』第5話のあらすじをご紹介します。

福井商店街のお祭りで踊りを披露したわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部・ROCKETS。

ステージは大成功に終わり、さらにチアリーダー部1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)も加わり部員は10人となった。

福西祭が近づき賑わいをみせる校内で、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発!

望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせでやったに違いないと怒るROCKETS一同。

そんな中、部室にやって来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美を心配そうに囲む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。

話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足に怪我を負わされたという。

堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚はチアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へ向かう。

果たしてチアダンス部とチアリーダー部の争いはどこまで行ってしまうのか!?

その一方で、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)は、今のROCKETSにはコーチが必要だと感じる。

そこでコーチを探すために東京へ向かうが、適任者はなかなか見つからない。

諦めて帰ろうとした時、前任校の生徒である木田(岐洲匠)に似ている男性を見つける――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『チア☆ダン』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

ロケッツのメンバーが10人に増えた!と喜んだのもつかの間、部室が荒らされてしまいました。

チアリーディング部の仕業だと思いますが、チアダン部との確執はどこまで続くのでしょうか?

そんないざこざが続く中、わかば達ロケッツは着々とチアがまとまってきましたね。

最初は土屋太鳳さんのキレキレダンスにばかり目が行っていましたが、段々全体を見ている自分がいることに気が付きました。

そして、そんなロケッツに勇気づけられた人たちがたくさん。

その中にいた春馬が、再び野球を始めてくれたことに感動しました。

ドラまる
大会では失敗が続いてしまったけれど、お祭りは大成功を収めたね。

茉希も帰ってきて、部員も二人増えて順風満帆に見えたのに。

ラマちゃん
チアリーディング部の嫌がらせがエスカレート。

わかばは、この事態にどう立ち向かっていくのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA