ドラマ【チア☆ダン】1話ネタバレと感想。福井弁にハマる人続出!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『チア☆ダン』第1話が2018年7月13日(金)に放送されました。

ドラまる
映画化され大ヒットした『チア☆ダン』がドラマになって帰ってきたよ。
ラマちゃん
小さいころから日本舞踊やクラッシックバレエをたしなんでいる土屋太鳳さんのチアダンスは期待しちゃうわ!

こちらの記事では、ドラマ『チア☆ダン』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『チア☆ダン』第1話あらすじネタバレと感想

2009年。福井中央高校のチアダンス部「JETS」が全米初制覇した年。

わかばとあおい姉妹は福井でその様子を観ていました。

テレビ中継の友永ひかり(広瀬すず)の笑顔を見て、自分もJETSに入りチアダンスをやろうと心に決める姉妹。

時は流れ、姉の藤谷あおい(新木優子)はJETSに入り、全米三連覇を成し遂げ現在は実家の眼鏡工場を手伝っていました。

一方、妹の藤谷わかば(土屋太鳳)は受験に失敗し、福井西高校に入学して応援専門のチア部に入部していました。

JETSとは違いメリハリのない応援に、野球部も10-0と大敗し、呆然と立ち尽くすわかば。

一生懸命やっても、手に入らないものってありますよね。

そんな経験ばかりで頑張ることの意味を見いだせなくなっていたわかばでした。

この年、漆戸太郎(オダギリジョー)が西高に赴任してきました。

太郎は前任校で起きた事件がもとで、しばらく教職から遠ざかっていた先生でした。

妻の漆戸今日子(松本若菜)も、教職への復職を大変心配していましたね。

ちょっと過保護かな?とも思いましたが、次回太郎の遭遇した事件が明らかになるんですね。

そんな時、東京から桐生汐里(石井杏奈)が転校してきました。

彼女は一目散にチア部の部室に訪れると、「チアダンスをしよう!JETSに勝って全米制覇!」と高らかに宣言します。

わかばが藤沢あおいの妹だと聞いた汐里は、一緒にチアダンスをしようとわかばのことを追いかけてきます。

なかなか乗り気にならないわかばに、転機が訪れました。

姉のあおいが東京でチアのコーチになるというのです。

両親は福井にいてコーチをすればいいと大反対。

しかしあおいは、JETSの力を借りず自分の力で道を切り開きたいを考えていたのでした。

あおいの芯の強さが、わかばとの明暗を分けたのだと思いました。

わかばもそのことはわかっていたけれど、どうしても今の自分の状況と比べてしまってつらく当たってしまったんですよね。

高校では、汐里の勢いに負けてチア部の面々が中庭に集められていました。

本気でチアダンスをやろうとする汐里は、チアダンスのイロハをチア部員に説明しますが、行き過ぎたダメ出しにぐんぐんやる気をそがれていく部員たち。

最終的に残ったのはわかばだけでした。

嫌がるわかばの言葉を聞かず、二人で練習しようとするのを冷ややかな目で止めたのは教頭・桜沢伸介(木下ほうか)の娘、桜沢麻子(佐久間由衣)でした。

麻子に練習をするなら学校から許可を取るように言われた汐里は校長の蒲生駒子(阿川佐和子)の元に向かいました。

新部活を設立するために部員を集めるように言われる汐里達。

賛成派の校長は漆戸に、新部ができたら顧問にならないかと持ち掛けていましたが反対派の教頭は渋い顔をしていましたね。

わかばが家に帰ると、JETSの現役部員たちがあおいに会いに来ていました。

東京に行くことを知り、今までのお礼を言いに来たのでした。

そこには友永ひかりの姿もありました。

友永もあおいの努力を知っている人物で、「できっこないをやらなくちゃ」と激励しました。

その夜、愛犬のタロウと散歩に出かけたわかばは、漆戸と偶然出会いました。

先生に「できっこないをやる意味ある?」と問いかけます。

その質問に太郎は、「本当にやりたいことをやれているときが一番楽しいかも」と答えました。

その言葉を聞いて吹っ切れたわかばは、翌日汐里にチアダンスをやることを告げました。

しかし、新部を発足するためには8人の部員をそろえなくてはいけません。

走り出したわかばたちは、ビラを作り勧誘を始めます。

声をかけたのはバレエ経験者の橘穂香(箭内夢菜)、日舞の家元の娘・蓮実琴(志田彩良)、陸上部に所属の栗原渚(朝比奈彩)でした。

そしてもう一人、ダイエット目的できた中華屋を手伝う苦労人の榎木妙子(大友花恋)もビラを見てやってきました。

初心者の穂香たちにも、やはりスパルタをしてしまう汐里。

一生懸命すぎるんですよね。

そのころ、太郎は校長に顧問を辞退したいと申し出ていました。

やはり妻が心配していましたね。前任校で何があったのか気になるところです。

姉の上京が近づいてきたある日、わかばはあおいが工場にいるところを見てしまいました。

まだ両親を説得できていないようでしたね。

あおいも本当は不安でいっぱいだということがわかったわかばはあることを思いつきました。

そして向かったのは友永のところ。

「教えてほしい歌がある」と。

姉のために西高のメンバーでJETSが大切にしている曲・サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」を一曲踊ろうと考えたのでした。

しかし、一曲踊るために練習を始める部員は、慣れないチアの動きと汐里によるスパルタのダブルパンチで、辞めると言って帰ってしまいました。

「やっぱり無理かなぁ」と珍しく弱気になる汐里にわかばは「一曲踊る約束は?」と言いました。

あおいが出て行く日。

まだ両親と仲直りできていないあおいは挨拶もなしに出て行ってしまいました。

両親の気持ちを考えると、つらいところですね。

福井駅。おいかけてくるわかばと汐里。

駅前で、「できっこないをやらなくちゃ」でチアを踊りだしました。

それはお世辞にも完璧とは言えなかったけれど、人を応援するというチアの心にあふれた演技でした。

そこへ穂香たち4人も来ていました。

二人の渾身の演技に心打たれた穂香たちもポンポンを持ってきて入ってきてくれました。

「自分もできっこないをやってみることにした。やりたいことやったほうが結局はたのしいやろ?」と笑顔であおいのことを送るわかば。

そこには、麻子や太郎先生、不登校気味の柴田茉希(山本舞香)、野球部の椿山春馬(清水尋也)もいました。

それぞれに、心に何かを抱えている面々でしたね。

わかばたちの演技が心に響いたのではないでしょうか。

駅前で勝手にチアを踊ったので警官が来てしまいました。

そして成り行きで太郎先生はチアダンス部の顧問だと言ってくれたのです。

大喜びの女子高生。可愛いですね。

動き始めた福井西高の夢。その夢を追いかけるにはまだあと二人…。

スポンサーリンク

『チア☆ダン』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
みんなの心を素直に後押ししてくれるドラマだね!


ラマちゃん
イインチョウ、意地を張らずに一緒にやろう!

ドラまる
美しさの共演だったね。

実年齢に違和感あり、でも可愛いからいいか。

ラマちゃん
やっぱり福井弁は難しいのね。

その中でもオダギリジョーさんが自然だと感じる人が多かったみたい。


ドラまる
どんどん土屋太鳳さんの本領が発揮されていくんだよね。

本気の太鳳さん楽しみだ!

スポンサーリンク

ドラマ『チア☆ダン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『チア☆ダン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『チア☆ダン』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『チア☆ダン』第2話あらすじ

2018年7月20日(金)22時から放送のドラマ『チア☆ダン』第2話のあらすじをご紹介します。

東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。

警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!

 早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行くが、練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまう。

汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言をし、職員室を後にする。

なんとしてでも2人を集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入る!

わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言う。

それを聞いた汐里が「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返す。

 その言葉にカッとなった麻子は「わたしにだって好きなことぐらい――」と言いかける。

気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけ声をかけてみることに。

その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝える。

果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのか―。

そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかに――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『チア☆ダン』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

女子高生がひたむきに夢を追いかけ始めた第一回。

爽やかでしたね~!

何といっても土屋太鳳さんの笑顔がはじけて、こちらまで元気になってしまいます。

今までずっと比べられ続けてきた姉が東京へ立つ日。

それは、何事も無理だと言いあきらめ続けていた妹の物語の始まりでもありました。

顧問も成り行きで太郎先生に決まり、必要なメンバーはあと二人!

頑張れ!わかば!

ドラまる
週末に、元気の出るドラマが始まったね。

早く、みんなが揃って本気の演技が見たいな!

ラマちゃん
2018年夏は福井弁が流行るかもね!

サンボマスターの主題歌もすごくよかったわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA