ゼロ一獲千金ゲーム|最終回(10話)動画見逃し無料はこちら【9月16日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『ゼロ一獲千金ゲーム』を全話見る↓

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回 2018年9月16日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
第10話(最終回)を無料で見る方法はもちろん、スピンオフドラマ『ゼロ エピソードZERO』を無料で見る方法も分かりやすく解説していくわ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ゼロ一獲千金ゲーム』放送終了から1週間以内はTverや日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月16日(日)放送終了後〜2018年9月23日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

また、NEWSメンバー・小山慶一郎、増田貴久、手越祐也が出演するHulu限定配信のスピンオフドラマ『ゼロ エピソードZERO』も無料で見られるのはうれしいポイントですね!

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!
  • トドメの接吻
  • anone
  • もみ消して冬

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじ

2018年9月16日(日)放送のドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじを紹介します。

ゼロ(加藤シゲアキ)が勝利者となった直後、在全(梅沢富美男)が倒れた。

このままではグループの全権がゼロに渡ってしまうのを怖れた峰子(小池栄子)は、最後に自分との一騎打ちを仕掛ける。

車椅子で現れたのは、ゼロのせいで人生を失い、行方不明になっていた友人ミツル(小山慶一郎)だった。

ゼロの“目の前の命を必ず守る”という正義感は、過去にミツルを助けられなかった思いからだったのだ。

行方をくらましていた4年間、在全グループに匿われていたというミツルは驚くべきことを口にする。

「後藤峰子は俺の姉なんだ」

勝負は変則ポーカー『デイ&ナイト』で行われた。

赤が峰子、黒がゼロの持ち札で、26枚の中からポーカーの5つの役をつくり、交互に攻撃し合う。

相手より強い役をぶつけることが出来れば、点数が加算されていく。

1回戦は、峰子が圧倒的な点差をつけた。

しかし私情を持ち込んだ罰として、突然病床の在全から、峰子に極秘の命令が下る。

『負けたら弟を殺す―』

勝てば友人が死ぬとは知らないゼロは、驚異的な追い上げを見せていき…。

公式サイトより引用

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
今回最後に出てきた車椅子の青年を見た零の表情が気になってしかたありません。

今までに見たことのない零の動揺ぶり、そして、少しだけ流れた過去の映像で、あの車椅子の青年を歩けなくしたのは零ではないかと思っています。

そして実は、あの青年は、峰子の息子なのではないかとも予想しました。

峰子の零を嫌う姿は、目に余っていました。

実は、あの青年の母親で、息子を車椅子にした零を恨んでいるというストーリーならば、多少の辻褄が合う気がしました。

そして、実は在全もそれを知っていて、わざと零達を誘った、つまり、最初から仕組まれていたのではないかと予想します。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワーズ
真の王を巡ってゼロはミツルと対決した。

ミツルは未だにゼロへの恨みなんて忘れていないと言い、ゼロを動揺させたり、峰子と組んで自分の方が有利になれるようにするという作戦を企んでいた。

ゼロはミツルへの負い目を感じてしまい、ゲームに集中できなくなってしまったが、チカラやスナオ、ヒロシ達の声援を受け、冷静になってミツルに勝利した。

峰子は悔しがり、ゼロのことを祝って、ゼロは王へとなり、金や権力のない世界を作っていくという展開になるのを予想する。

ゼロとミツルの間に何があったかというのが明らかになってくるかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ふうか
やっぱりミツ?(小山慶一郎)との関係、何があったのかはすごく気になります。

予告でゼロから小山慶一郎が何かを持とうとしてる?奪おうとしてる?あれはなんなのか?なにを奪ってしまって「顔も見たくない」と叫んでいるのか。

峰子との勝負についてはなにも予告がなかったので、そこのゲーム内容についても気になります。

ゼロが勝った後に峰子はゼロの勝ちを受け入れることができるのか。

ゼロは獲得したお金をどう使うのかな?標くんに報いるような使い方…皆に配るのでしょうか?ケンコバが騒ぎそうですね。

なんで俺にくれないんだ?少しでも手元に置いて置かないんだ?等。

ゼロは最後まで平和にことを終わらせるのでしょうね。

どうするのか想像があまりつきませんが、なんにせよ楽しみにしてます。

ペンネーム:ふうか(30代・女性)

tp
原作ではここで区切られており、ギャン鬼編へと移るためか、次回で最終回なのが残念ではあります。

そのためこのストーリーで行うゲームのあらかたは行ってしまっており、残るゲームが多くもの自身の命をかけるこのゲーム史上の殺戮となるイベントが控えているためそれを実地するのかが気になるところです。

今回の標との戦いで、ユウキ等の元々仲間であった者との結束力はもちろん、末崎兄弟・ユウキ・標・このゲームに参加ししていた多くのプレイヤーと気持ちが共鳴できたため、結束や友情を用いて最後の壁となる後藤戦を乗り越えてほしいところではあります。

もちろん原作と異なる展開も面白いとは思いますが、すべては次週零の活躍次第といえるでしょう。

ペンネーム:tp(30代・男性)

あめい
ラストに出てきたみつるはゼロに恨みを抱いてるようなので、どんな恨みがあり、どのように復讐をしようとしているのかがとても気になります。勿論ゼロなので、みつるの恨みを解消できるような形で勝つとは思うのですが、どんな方法で解決するのか、そして峰子は何を仕掛けてくるのかが楽しみです。

最終回に向けては偽善者と言われても在全グループを潰して新たなクリーンな世界を築いて欲しいです。

と同時に在全が倒れる前に言った「わしのクローン」発言も心に残っていて、そうなってほしくない反面、そうなってしまうのかなという不安も拭えません。

何れの結果になったとしても楽しめると思うので、最終回まで引き続き見ていきます。”

ペンネーム:あめい(20代・女性)

ミカサ
秘書の峰子がゼロに対しての異様なこだわりが見えるのでどんな恨みがあり語られるのか、峰子がゼロとの勝負の場所に何故車椅子に乗ったミツルを連れて来たのか、ゼロが標に語っていた1人1人の命が大切と考えるようになった出来事は何だったのか、解明されるのが楽しみです。

車椅子に乗ったゼロに恨みを持っているミツルを演じられる小山慶一郎さんがどのように、加藤シゲアキさんが演じられるゼロをジワジワと追い詰めていくのか、対してゼロはミツルの心を救えるのか、NEWSメンバー同士の演技力の高い2人の白熱したバトルを期待しています。

ペンネーム:ミカサ(30代・男性)

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぴよちゃん

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

零の前に現れたのは友人のミツルでした。

ミツルは4年前プロのカメラマンを目指していました。

しかし零の嘘でミツルの夢もペンションも失いました。

峰子はミツルの姉で零のことを恨んでいました。

最後の勝負は峰子とポーカーでした。

勝負は3回戦です。

先攻が峰子で後攻が零です。

峰子は私情で勝負をした罰として、負けたらミツルを殺すと言われます。

零は3回戦で罠を仕掛けて反撃を始めます。

ミツルが殺されるかもしれない峰子は動揺します。

最後は運任せでカードを引いて勝敗を決めるというもので零は負けました。

それは零がわざと負けたのです。

セイギも気づいていました。

峰子は社長になりました。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

零にこんな過去があったんだなと思いました。

また零を信頼しているチカラ氏やヒロシ氏やスナオ氏がお鍋作っているところが可愛かったです。

またセイギやユウキやさくらも見届けて、最初とは違って素敵な仲間になってて良かったです。

特にセイギは零のために監視役に出たりして1番変わったと思います。

零のサポートをよくしてくれたと思います。

また零はやったことのないものもすぐコツを掴むのですごいなと思いました。

零は何でも出来ます。

またミツルが殺されると聞かされてないにも関わらず、気づいてわざと負けるなんて、あの状況でよく出来たなと感心しました。

さくらのゼロゼロ弁当には笑いました。

とても面白いドラマでした。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

シャワーズ

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

ゼロはミツルを見殺しにしたのは本当で、4年前、ゼロは宇宙物理学者を、ミツルはプロの写真家を目指していた。

ゼロの嘘で夢もペンションもミツルは失うことになり、事故に遭い、行方不明になったのだということを話した。

ゼロはもう誰も見捨てない、目の前の命は必ず守るって誓った。

ミツルはゼロの元に現れ、峰子は俺の姉で、明日勝ってくれ、俺のことは気にせずに、もう吹っ切れたと話した。

在ゼロらは翌日を迎えた。

勝負は変則ボーカー「デイ&ナイト」である。

ゼロと峰子それぞれ26枚に分かれた。

峰子はさくら達を追い出せ、と言ったのに対し、セイギは監視役として残った。

同じ強さの役をぶつけた場合、攻撃側が勝利となる。

ダーツは当たった数字の敵のトランプを開けることができる、

峰子が先攻へとなり、ダーツでAとKを当てた。

ゼロは8しか当てれなかった。

峰子41点、ゼロ22点となった。

黒田は峰子が負けるとミツルを殺すということを峰子に話した。

黒田はミツルを外に連れて行った。

2回戦目、峰子は後攻で、ゼロはKとQを、峰子はAと7を当てた結果、峰子64点、ゼロ58点になった、黒田は、峰子が負けたらミツルが殺されるということをミツルに話した。

ミツルは、ゼロは勝つかもね、と口にした。

俺はまだゼロを許せてないかもしれない、ゼロが勝ったら俺はまたあいつを苦しめることになると言った。

3回戦目、ゼロは後攻で、峰子はKとQ、AをゼロはAと8、7を当てた。

峰子91点、ゼロ91点、同点となった。

上から引いたカードの数字で決めることになった。

ゼロはK、峰子はAだった。

セイギはゼロがわざと負けたのだと指摘した。

1年後、仕事先でチカラ、スナオ、ヒロシは3バカだと言われた。

峰子が在全グループのトップになり、ユウキはそのグループで働き、さくらは弁当屋、セイギは就活をしていた。

1000億円をゼロはもらっていた。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

「自分のために戦って勝ってくれ」と言ったミツルの言葉は心強いのだと感じた。

ボーカー対決へとなったのは、単に峰子が自分の得意なゲームであるだけではないかと思った。

セイギが時々ゲームを解説してくれているというのが助かった。

Kのカードを引いたゼロが「次はあなたの番です」というセリフに鳥肌が立った。

もし峰子が勇気を持って先に引いていたらKのカードだったのに、と思った。

ミツルはゼロに悪事をぶつけるのではないかと思っていたが、ゼロと直接対決するわけではないということに嬉しく感じた。

ゼロはミツルのことを思ってわざと負けたというのは、あまりにもゼロらしいのだと思った。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

tpo

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

前回、突然の在全の体調不良により、規約上零に1000億円が譲渡されることになったものの、それを憎む後藤は一人の男を理由に勝負を申し込む、その男はかつて零と共に夢を追っていたころの知人「ミツル」であった、何年も消息が不明であったためミツルは足が不自由になっていた、そして後藤は弟ミツルの敵打ちということで、勝負を仕掛けてきた。

勝負の内容はジョーカーなしのA~Kまでの13枚×2種類をお互い2種類ずつ使って3回試合を行う変則ポーカーであった。

ただ普通のポーカーと違うことはその手持ちの26枚しか使えないため5種類のパターンを用意すること、ダーツの矢が当たった先の数字を覗けるということ、同じ役を2種類用いてはいけない、点数は手持ちの札の高数値(Aは14)を適用するというものであった。

後藤が仕掛けたということもあり、ダーツによるピーピングは思い通りのところが覗けたものの、零はいかんせん素人のため思うようにあてられない。

1回戦目は後藤が勝ったものの、休息をとっていた在全にこのことが監視され、後藤が負けたらミツルを殺害すると下された。

それにより心が揺さぶられた後藤は平常心を保てないまま勝負に挑むものの引き分けに追い込まれたカードめくりによるゲームにもちこまれたものの、最後の最後で後藤は勝利した。

だが、この勝利は揺さぶりを見切った零の行為であり、わざと後藤の手に一番強いカードを送るように細工していた。

勝負には負け、ドリームキングダムが終わり1年後、末崎兄弟やユウキ達はまっとうに働き、後藤は在全グループのトップになっており、標も平和な生活を送っていた。

そして零も新たな人生を歩くのでした。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

在全のアトラクションではなく、原作のギャン鬼編のゲームの100枚ポーカーをオマージュしたようなゲームを持ってくるのは正直予想外でした。

もっとも、ミツル自体も元々は零の義賊仲間、後藤は女性ではない等ドラマならではの改良点こそありましたが、最後にこのゲームを持ってくるとはだれも予想はできなかったため面白かったです。

最も前々から気になっていたOPのシーンでサイコロや像をモチーフとしているイベントはなんとなく原作のアトラクション等を連想させるものがあったものの、トランプのシーンと関係のあるものがこのアトラクション内には一度も出てきていないのになぜ用いられているのかが気になっていたのですが、その理由が分かったストーリーでもあった気がします。

とにかく予想外という一言に限るそんな最終回でした。

ペンネーム:tpo(30代・男性)

アンリ

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

これまでにリングを4つ集め、最大のライバルである筈だった標との一騎打ちを制したゼロでしたが、峰子から最後の対決を挑まれる事になります。

さらには「ミツル」なる新たな人物の登場がありました。

そして今回、峰子とミツルは姉弟で、ゼロには怪我したミツルを助けられなかった過去があったことが明らかとなります。

峰子はゼロに個人的な恨みがあったのです。

対決はポーカー。カードゲームに馴染みのないゼロは対決が始まった直後から窮地に立たされます。

さらに在全から峰子に、どうしても勝たないといけないある「条件」が与えられる事で、見えない戦いも始まったのです。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

このドラマの面白かった所は、ゲームの勝ち負けだけでなく、人の心理を読むストーリー展開にあったと思います。

もちろんこれまでのゲーム中は謎解きをしている感覚も楽しみの一つでしたが、ルールが分かりづらい今回のポーカーでも、自然とどういう状況なのかの流れが掴めて楽しめました。

そして最後は「人を助ける」という自分の信念を貫いたのもゼロらしく、負けるが勝ち、という終わり方もなかなかスカッとするなと感じました。

また、ゼロに関わった人たちが少しずつ前向きに生きるようになったエピソードも、短い時間ですが分かりやすく描かれていて良かったです。

ペンネーム:アンリ(30代・女性)

村人A

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

在全グループの後藤峰子と最後の勝負をすることになったゼロ。

実は後藤峰子は、ゼロの大学時代の友人であり足を負傷したまま行方不明になっていた「ミツル」の姉であった。

在全グループの独自ルールのポーカー勝負中、黒服が峰子に在全からの指示を伝える。「この勝負でゼロが勝ったら、罰として弟を殺す。そして、そのことはゼロに伝えてはならない。」と。負ける訳にはいかない峰子だったが、ゼロは食らいついてくる。

峰子の圧勝だと思われた勝負は最終的に同点で終了。

最後にめくったトランプの数字の大きい方が勝ちという勝負で、ゼロは惜しくも峰子に敗れるのだった。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

とても良い終わり方でした。

原作とは全く異なる終わり方ですが、ドラマの終わりかたはキャラクター各々が幸せそうで、ドラマ版の方が好きです。

峰子が異様なまでにゼロに執着すると思ったら、弟が負傷した件をゼロのせいだと思い込んでいたからだと知り、納得できました。

そしてゼロは最後の勝負時の峰子や黒服の様子からいろんな考えを巡らせ、あえて負けた訳ですが、その辺りでゼロの凄さを再認識しました。

ドリームキングダムを共に戦ってきた中で、セイギやユウキもいつの間にかゼロを信頼するようになっていたところも良かったです。

一年後、それぞれの人生を歩み出しているキャラクター達の姿に、ほっこりしました。

久々にスッキリ終わった感じのする良ドラマでした。

スリルと友情がぎっしり詰まっていて、楽しかったです。

ペンネーム:村人A(30代・男性)

ピルクル

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

後藤峰子がゼロに最後の勝負を仕掛ける所から始まり実の弟も登場させます。

その弟はかつてゼロと友達でありゼロが人の命を助けたいって強く思う切っ掛けを作った人です。

最後の勝負は限定ポーカーとでも言っておきます。

限られた手札の中からそれぞれのポーカーの役を作りそれで対戦していく内容です。

そしてポーカーの勝負前にダーツがあり書いてある数字またはアルファベットに矢が刺さると刺さった箇所のカードはオープンさせなければいけません、

峰子はダーツ経験者でゼロは初めてのダーツでした。

全部で3回戦あり勝った方が在全グループの主導権を握るという状況で在全が目を覚まし峰子に負けたら弟を殺すと言いました。

終始リード状態だった峰子はその言葉で動揺しゼロの罠に見事に陥りました。

そして同点のまま終わり最後はめくったカードの大きさで勝敗をつけるという状況でゼロがキングで峰子がエースを引きゼロが負けてしまいました。

しかし友達の命を助けたいと思うゼロが考えイカサマをし峰子を勝たせました。

そして一年後はそれぞれの人生を歩んでいました。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)の感想

原作は全部見ていたのでどういう風になるのか楽しみで見ました。

原作とは違った感じですがより近付いて書けてたと思います。

ただ今までのドリームキングダムのゲームの内容から言ったら最後の勝負は命をかけると言うよりも在全グループの覇権を握るか握らないかの違いでそれまでやってた命のやり取り、スリルに比べると温い感じがいました。

本来の原作だったらゼロは自分の歯を掛けて勝負する絵が描かれていて負けた時のリスクもそれなりですし、相手の手の内を知る方法がダーツってだけでこれもかなり優しい感じがしました。

原作に忠実では無いにしろここまでよく再現出来たと僕は思います。

でも、この様な内容だったら2期は無くてもいいと思います。

ペンネーム:ピルクル(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第10話(最終回)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10月からは同枠でドラマ『今日から俺は!!』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA