ゼロ一獲千金ゲーム|9話の動画無料視聴はこちら【9月9日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『ゼロ一獲千金ゲーム』を全話見る↓

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話(2018年9月9日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
9話を無料で見る方法はもちろん、スピンオフドラマ『ゼロ エピソードZERO』を無料で見る方法も分かりやすく解説していくわ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ゼロ一獲千金ゲーム』放送終了から1週間以内はTverや日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年9月9日(日)放送終了後〜2018年9月16日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

また、NEWSメンバー・小山慶一郎、増田貴久、手越祐也が出演するHulu限定配信のスピンオフドラマ『ゼロ エピソードZERO』も無料で見られるのはうれしいポイントですね!

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじ

2018年9月9日(日)放送のドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじを紹介します。

ついに勝者の条件である、4つ目のリングを標(佐藤龍我)が獲得した。

あと1つが目前だったゼロ(加藤シゲアキ)は愕然とするが、在全(梅沢富美男)の思いつきで20分の延長が全員に与えられた。

最後のチャンスに皆が奔走する中、ゼロは1000億円を手にした後に標が企てている“在全を倒す”計画を聞き、その全貌に驚愕する。

「無謀だ。危険過ぎる!」

標を止めるためにも決勝に進みたいゼロは、ゴミ屋敷の中からリングを探す「失われたリング」に挑む。

まだ誰も成功していないため、インチキだと噂されていたが、ゼロは時間ギリギリでゲームに潜むカラクリに迫っていく。

そして決勝戦―。

「来たよ、標くん」

標の前にゼロが現れた。

行われるのは一対一の心理戦「ブレークダウン」。

それぞれの前にはリングの入った4つの箱が並ぶ。

相手の箱の中から鉄板で守られてない一つを見破り、ハンマーで叩き割れば勝利だが、3回勝負で守りに使える鉄板の数は限られるため水面下での駆け引きが必要だった。

「君を勝たせるわけにはいかない」

圧倒的な力を見せつける標を相手に、二人の壮絶な頭脳戦が繰り広げられていく。

公式サイトより引用

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
ついに標がリングを4つ獲得して、標がそのまま在全の後継者になっていくのかと思いきや、何やら零と戦うようなので、まだもう一展開あるのかなと感じています。

ゲームに勝てば、標が獲得したリングを総取り出来るとか、もしくは、在全が、標の最大のライバルである零に勝たなければ本当の後継者として認めないと告げるなど、とにかく標にとっては、絶対に勝たなければならない何かがあるのではないかと感じました。

とは言え、今までお互いを認め合いながらも競ってきた二人の一騎討ちです。

どのような心理戦や頭脳戦を見せてくれるのか、とても楽しみです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワーズ
導が4つ目のリングを獲得したことで、本来、導はそのまま王になるはずだった。

だが、在全はもう一度導とゼロの対決が見たいと主張し、それは導が持つ4つのリングと、ゼロが持つ3つのリングを使って、合計7つのリングを奪い合うというゲームに強制的にゼロと導は参加することになった。

どちらかが先に4つ目のリングを獲得すれば勝ちだというものだった。

ゼロは導と対決した結果、ゼロが4つのリングを獲得し、ゼロの勝利に収めるという展開になるのだと予想する。

導が4つ目のリングを獲得したため、このまま王になってしまうかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

おやき
今回はバラバラに問題を解き、お互いに敵だと思っていた最初の頃と違って、生き残りとリングをひとつだけもらう為に、みんなで問題を解けそうなゼロに協力します。

最後に一人勝ちする為でもありますが、いい戦い方なのではないでしょうか。

これからライバル同士、お互いの優れている所を知るキッカケになります。

でも、時間が迫ってくると、ゼロが問題を解けるかどうか不安になって来ます。

そんな人達が、自分達で出した答えが正しいと主張し始めます。

答えたい人達と阻止したい人達で機械の前でもめ始めます。

切羽詰まるとこうなりますよね。

でも今回もゼロは皆を救いました。

これから皆もゼロを一目置くようになるのではないでしょうか。

今回は人間の表と裏が垣間見える回でした。

次回はしるべくんの出番もありそうで楽しみです!

ペンネーム:おやき(40代・女性)

tpo
8話目で、わかってはいたもののやはり3つ持っている標に先を越され遅れてしまった零達は新たなゲームに参加することになるが、実はこれは原作にはないオリジナルイベントのため今後の展開が気になるところではあります。

また本来零が単独で挑戦するイベントが原作にはあと2種類残されていたためそれらもやるのかと思うと気になるところです。

特に1つのイベントは死には至らないものの、致命傷を負うリスクが生じるためそれをベースとしたハイリスク型のゲームがあるのかと思われます。

また零vs標は一度クォーターゲームで敗れているのと、標は零の事を認めているため原作にはないオリジナルストーリーに進み今後を楽しませてくれることに期待したいです。

ペンネーム:tpo(30代・男性)

たかお
次回の9話では、ついにメダルを4つ獲得した標くんとの、直接対決です。

ずっと謎だった標くんとの対決とあって今から楽しみです。

天才同士の対決がどのようなものになるのか、またゼロは勝つことができるのか。

次回予告ではハンマーで箱を壊していたが、わたしの推測では中に何か入っている方を壊した側が、勝つというゲームであると思います。

ラスボスになると思っていたキャラクターがここにきて、対決することになるとは思わなかったので、おそらく一度負けるのでは無いのかと推測しています。

また、標の素性も今後明らかになっていくと考えます。

ペンネーム:たかお(20代・男性)

てんにー
ついに標くんがリングを4つ手に入れたみたいですね。

いつのまに、なんのゲームで?という感じですが、その辺も含めた次回が楽しみです。

在全の気まぐれで、20分間ゲームが延長されるようで、きっとゼロはリングの数を追いつけるのだと思います!

しかし、標くんとゼロがゲームで戦うようなシーンが映っていたので、どういうこと!?と楽しみです。

きっと次は最強同士の決勝戦ですよね。

内容が心理戦みたいなので、今まで以上にハラハラしながら見ることになりそう…。

標くんは強敵すぎるので、一筋縄では行かないと思います。頑張れ、ゼロ!

ペンネーム:てんにー(20代・女性)

2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

標がリングを4つ獲得した。

ここで標が王になるはずであったが、在全の提案で、他に4つリングを獲得した者と標が決勝戦をする事となり、標もそれを承諾する。

そんな標に零は、以前標が話した『在全を倒す』という言葉の意味を問う。

すると標は、サイバーテロの計画があるという。

そんな事をしては標が危険だと考えた零は、標を止めるため決勝戦へと進む。

決勝戦では、4つの箱と手持ちのリング、箱を壊すハンマー、そして、ハンマーを回避するガードを利用した心理ゲームが待っていた。

序盤から有利に進める標だったが、そんな標に零は、人を信じる大切さを伝える。

零の言葉に、標は思いがけない行動を見せるのだった。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

まさか標が、サイバーテロ等という恐ろしいことを考えているとは思いもよりませんでした。

でも、そんな恐ろしいことを考えていた標も、人を信じたかった普通の人だったと感じた時、これまで冷徹に見えていた標が、初めて普通の青年に見えました。

そして、やっと零が頂点に立って、賞金を手にするとなった時、在全が倒れてしまい、更には在全の遺言書に、自らに何かあった時には、ゲームでトップに立った者に在全グループを譲ると書かれていたという展開になり、突然すぎて少し戸惑いました。

更には、零の過去を知るであろう青年も出て来て、やはりただでは終わってくれないなと感じました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワーズ

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

峰子がスピーカーで、20分の猶予を与える、その間に4つのリングを獲得したら決勝戦に行けると説明した。

失われたリングというゲームには行列ができていた。

チカラは、部屋に隠されたミニリングを探すという宝探しだというゲームで、制限時間は3分で、もらえるリングは最大で3つだが、見つからなかったと話した。

ゼロはチカラ達には情報を収集するようにと求めた。

収集した情報をゼロらは報告し合い、ゲームに向かうと行列は2人になっていた。

ゼロは順番を譲ってもらえないかと聞き、自分の持ったリングを渡した。

ゼロが中に入ると、ゴミ屋敷だった。

ゼロはスタートの合図と共にリングが消えるという仕掛けがあると言い、ドアノブの中にあるリングを発見した。

決勝会場で、ゼロは導と対決した。

4つの箱には獲得したリングが一つずつ入っていて、箱は簡単に壊すことができるため、8つのガードをあげる。ガードを箱に入れると叩いても壊れない。

相手のノーガードを見破るゲームで、先に1つでも中のリングを破壊できた者が勝ちだ。導が先攻となった。

ゼロは4つガードを全部入れたのを導は見抜いて、攻撃しない、と言った。

次はゼロが攻撃だ。

ゼロが叩くとガードされた箱だった。

導の攻撃に移した。導は叩くが、ガード入りだった。

ゼロの攻撃に移した。

導は4つガードを置いたと主張し、実際その通りだった。

導の攻撃になった。

一人一人の命の方が大切、それを忘れたら金や権力の奴隷として生きて行くのだとゼロは話した。

傍観者がゼロのコールをし始めた。

それを聞いた導は叩いた結果、ガード入りだった。

峰子は導にフェイクを与えた。

ゼロはノーガードを叩いたことにより、ゼロの勝ちとなった。

導は去った。

在全は心臓発作で倒れた。

黒田によると、遺書には在全グループがゼロのものになると書かれていた。

峰子は私と最後の勝負をしなさいと主張し、会わせたい人がいると言った。

そこにはミツルだった。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

導とゼロの対決が再び見れるということに緊迫感があるのだと感じた。

導は何とかしてゼロのことを信用するということはできないのだろうかと気になった。

ゼロの言葉が導の気持ちを動かせるのがゲームの内容よりも見どころではないかと思った。

「金や権力の奴隷」という言葉は非常に分かりやすい表現なのだと思った。

その言葉を発した後、傍観者がゼロの名前を連呼し始めるという現象に驚いた。

その上、導がハンマーで叩いた結果、ガード入りでゼロが防ぐことができたというのは、ゼロは余程と強運なのだと思った。

導にフェイクをプレゼントしたというのはあまりにもずるいのではないかと思った。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ふうか

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

4つのリングを獲得した、標くんとゼロの対決。

4つの箱にリングを入れてハンマーで叩くゲーム。

その箱の内側に見えないように設置できる鉄のガードがそれぞれ8つ用意されている。

ゼロは最初は守る側。

4つの箱に4つのガードを入れるが標くんに見破られて攻撃はされない。

対する標くんは1つのガードでゼロをうまく誘導して叩かせる。

2回戦で、ゼロは3つのガードを使う。

うまくガードする。

標くんは4つのガードを使い難なくクリア。

3回戦で、ゼロが標くんの心情(信じられる大人がいないと思い込んでいる標くんを説得する)を理解して、ゼロは残ったガード1つでガードできてクリア。

標くんは運営からズルの箱をもらうが、ゼロがそのズルの箱を叩いてゼロの勝ち。

財前が倒れる。

ゼロに財産を渡したくない峰子が最後の勝負を挑む!!

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

メインゲームのリングを潰すゲームに辿り着く1個前のリング探しゲームがもう少し楽しみたかったです。

おそらく標くんとの勝負がメインだと思うのでサクッと感は仕方ないのかもしれませんが、なぜ4つの部屋をわざわざ作っているのか(「R」「I」「N」「G」の4つの部屋)が疑問にも感じました。

今までのゲーム内容よりも簡易な感じもしました。

三角の部屋や先週の矢が飛んでくる部屋、手越祐也が出てた時のゲームの時のゼロの周りの人とのやり取りやゲームの方が一緒に考えながら参加できるような感じで良かったです。

ラストに財前がなにかしら体調を崩して倒れるんだろうな的なことはよめました。

ペンネーム:ふうか(30代・女性)

tp

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

4つリングを手に入れた標は在全に呼ばれていたが、在全は標と誰かを戦わせるため、新たにリングを4つ持つものを挑戦者として標と戦わせるように仕向けた。

そして零達はリスクなしで最大3つ手に入る”LOSTRING”に挑戦するものの、時間が間に合わず最後の挑戦者にリングを2つ渡し挑戦権を譲ってもらい新たにリング3つの獲得を狙う。

8つの室内にある3つのリングを探すという宝探しのゲームであるが、達成者はいるかどうかというあいまいなものであり、零は半信半疑であったが見事に3つのリングの隠し場所を当てて標との挑戦権を得た。

一方標は、先ほど零からリングをもらった者と挑戦し返り討ちにしていた。

そして零も到着し、標とのゲームが行われた。

ルールはシンプルであり4つの箱の中にあるリングを先に壊したものが勝ちというゲームであり。

それを守るために自分の番に1か所1枚しか使えない8枚分のガードをそれぞれ支給、各自自分の番に1度ハンマーでそれぞれ箱を破壊するか守るゲームである。

標は零の内心を看破し最初に4枚分ガードしたことを見抜き、一方零は1枚分のガードしかしていない標の戦略に揺さぶられ、ガードしてある箱を壊す。

開幕からガード枚数4vs7という不利な状況下にされるが、2回戦目で標と零はそれぞれ本当のことを打ち明けあい、信頼関係が芽生え、見事1vs3という状況に持ち込む。

最後の番零は見事に標の攻撃をかわしたものの、後藤の指示により標に側面が少し壊れており、ガードの部分が見えているが破壊できるダミーの箱を渡されるが、あえて標はダミー箱が正解だと述べる。

その言葉を信じた零は、標のリングを破壊し勝者となるが、急に在全が発作を起こし搬送される。

零の勝利を阻止すべく、後藤自ら零の前に立ちふさがり、最後の勝負を挑むのでした。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

原作基準とはいかないものの、LOSTRINGとジャックルームに酷似のゲームを行った点はうれしい限りではあります。

もっともLOSTRINGはあまりにも決着が早かったため入れるかどうかは気になってはいましたが無事行ってよかったです。

また本来最初にやるべきであった、ジャックルームのゲームも内容は異なっており、指ではなく各々のリングをかけるというものに変わっていましたが、原作とは異なる展開とストーリーが楽しめたためこれはこれで悪くはないと思います。

何より、原作ではあまりに伝わりにくかった零の義賊としての誇りがドラマ版では誇張しており、応援席からの歓声や元々敵対していたものからの信頼の芽生えは大きなものといえます。

ペンネーム:tp(30代・男性)

あめい

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

第8話で標が4つめのリングを在全から首にかけられてるところで終了したが、第9話で制限時間20分以内に4つ獲得すれば決勝戦に進められることとなった。

そこで、ゼロはマイルドで3つ獲得出来るゲームを選択したが、そこには行列が出来ていた。

だが、ゼロ達は過去の挑戦者達へ話を聞きに行き、制限時間が5分になったときに戻ったら、残り2人になっていた。

ゼロはそこで最後の挑戦者へ自分のリングを2つ渡し、挑むことにした。

そしてトリックを見破り、合計4つとなり、決勝戦へ進むこととなった。

決勝戦では、ゼロと標でリングを潰しあうゲームを行ったが、ゼロは標を信じたことで、最終的に勝利を手にした。

が、在全と話をしている途中で、在全は心筋梗塞で倒れてしまう。

遺書により後継者に指名されかけたとこで、峰子により、最後の試練に挑むようにと指令が下される。

最後の相手はゼロの知人、みつる。。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

ゼロの人間らしさを持ち合わせていながら、多角的に物を見抜ける力と標の洞察力に毎回引き込まれていましたが、第9話は2つのゲームの話を織り込まないといけないので仕方なかったのかもしれないのですが、今回はそこの部分が少なかったように感じます。

前回のみなごろしの魔女の方がストーリー展開にドキドキして引き込まれました。

今作は、ゼロと標の直接対決が予告されていたこともあり、期待値が高すぎたのかもしれません。

ですが、負けたときの標の笑顔はとても印象的で、総合的に見て、あの笑顔で作品として納得することができました。

ペンネーム:あめい(20代・女性)

ミカサ

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじネタバレ

標にリングを渡した在全はつまらないと話し20分間延長され、標も次も勝つと話す。

ゼロは標から、サイバーテロを行い在全を倒し新国家を創る考えを話し、ゼロは反対する。

ゼロはリングを4つ獲得できる失われたリングに挑戦するため、敗者から情報を集め残りが5分になった時、最後の1人にゼロ自身のリングを渡し挑戦者となる。

ゼロが部屋で黒服がスタートを言い扉を閉めるのを止め、外側のドアノブからリングを発見し、4つのリングを獲得。

ゼロはセイギたちに標を止めると話し決勝へ向かう。

標と4つのリングを4つの箱の中に入れ、8つのガードで守り、3回勝負で相手のリングを壊したら勝利となる、ブレイクダウンに挑戦する。

先行は標だったものの、ゼロが4つのガードを使ったのを見抜き攻撃はしない。

次のゼロの番、標はガードは1つ残り3つを当てたらゼロの勝ちと話し、ゼロは標の目の動きから攻撃するがガードの入った箱で失敗、その光景を在全は楽しんでいた。

2回目、標にゼロが何故4つのガードがある事をわかったのか聞くと、標はゼロに揺らぎがなかったと話す。

ゼロは3つのガードを使用するが標は見抜く、ゼロは標が本当は誰かに頼りたい思いがあると言い動揺させ、標はガードの箱を叩き、世界を変えようとする大人はいないと言い放つ。

ゼロの番に標は4つガードを使い全てをガード。

3回目、標の番に世の中は間違いだらけ標を守りたい、次は標が誰かを守り世界を変えるのは守る事から始まり標を止めると話す。

会場からゼロに共感、ゼロコールが起こり、標が選んだ箱はガード。

ゼロの番に標がガードが無い箱と示したのは峰子が用意したガードの見える箱。

ゼロはそれを叩き壊し、標は笑みを浮かべ

共に信じ合う事を確認。

ゼロが在全から後継者として変わっていくと話し苦しみだし倒れる。

峰子が現れ自分と勝負しろと話し、車椅子のミツルが現れゼロが動揺、ゼロのせいで全てを失ったと恨みを滲ませる。

『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話の感想

在全は標が4つのリングを誰よりも早く確実に獲得した事で、ゼロよりも後継者にふさわしいと考え才能は認めていたと思いますが、標の在全を倒そうとしている事を始めから知っていたので、ゲームの延長をしたように感じました。

また、在全は本当に後継者を探していたように思えてゼロが勝利した時は認めていたものの、在全の秘書をしている峰子はゲームの中で苦しむゼロを楽しんでいて、葬り去ろうとしている感じを受けていたので、峰子はゼロに対する復讐をしていたように思えました。

最後に現れた車椅子のミツルは恨みが凄そうで、ゼロも動揺している様子から最大のピンチに感じました。

ペンネーム:ミカサ(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ゼロ一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA