ゼロ一獲千金ゲーム3話ネタバレと感想。佐藤龍我(標)の演技に絶賛の声!

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年7月29日(日)「ゼロ一獲千金ゲーム」3話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
幼なじみのカズヤが、ゼロをだましてOUTの方向に飛ばせようとするが、回避するようです。友を疑わないゼロはどうやって回避するのか注目ですね。
ラマちゃん
標が驚く秘策に出るという話だが、ゼロが手こずっているゲームにどう向き合うのかな。

ゼロは、友人のカズヤが騙していることに気づき、ゲームの本質が見えてくる。セイギと峰子の騙しにも気づきギリギリでクリアする。標は、いとも簡単にクリアする、その秘策とは、、。

スポンサーリンク

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』3話あらすじネタバレと感想

ゼロは、カズヤにOUTエリアにいるのに、SAFEだと言われすっかり信じる。50m下では、チカラ達があの二人友達なのに、騙そうとしていると驚く。

カズヤは、大丈夫あと1歩前に、たった1mだからまだ信じてくれないのかと。

ゼロを助けるつもりで参加したのに、信用してくれないんだ。何度も言わせるなと。

ゼロが飛ぶよと言うと、カズヤは心の中でしめたと思い、口では、良かったこれでゼロの力になれる。お前は、俺たち同級生のヒーローだから、そのためにも生きて欲しいと。

ゼロが飛ぼうとすると何かに引っかかる。その時、ゼロは、カズヤが騙していることに気づくのでした。

ゼロは、カズヤに、靴が正しい方向を向いているか見て欲しい、ななめの方向を向いて、間違った方向に飛んだらしゃれにならないと。

カズヤのOUTの壁の覗き穴が小さく、ゼロが、飛ぼうと近くに寄ったため、死角で足元が見えないのである。

カズヤは、ゼロに、大丈夫、靴の先はしっかりこちらを見ていると。

ゼロは、大丈夫とカズヤが言えば言うほど嘘がばれると。

ゼロは、おれの靴のひもが解けているのが見えないのか、SAFEにいるのなら分かるはず。

命をかけて飛ぼうとする人の靴ひもが解けていたら、それに注意しない人はいないと。

OUTエリアの小さな覗き穴からは、先端に行った人の足元は死角になって見えない。

それが、カズヤの嘘が発覚した時だとゼロは言う。

ゼロは、カズヤに、在全にそそのかされたのではと言い、分かっていると。

カズヤは、ゼロにおれの何が分かると言い返す。高校時代何もゼロに勝てなかった。

水泳部の連覇をかけた高校最後の試合で、アンカーに選ばれたゼロは断り、カズヤが代わりに出場したが、連覇は途切れ、仲間たちは、ゼロがアンカーだったら勝てたはずと噂する。

カズヤは、あれは屈辱的だった。ゼロの幻影に負けて人生を歩んできた、しかし、ドリームキングダムで、ゼロの姿を発見して、殺してやろうとこのゲームに参加したと告白。

軽蔑しろというカズヤに、ゼロは、軽蔑しないよ、またここからやり直せると。またいっしょに泳ごうと。

カズヤは、おれはゼロを殺そうとしたんだよと。高校時代の写真を見つめながら、ゼロは青臭いんだよと。死ぬなよゼロと言って去る。

何なんだこの卑劣極まりないゲームはとゼロは気づく。在全が見たいのは、欲にくらんだ声役が友達を裏切るところか、裏切りに気づかず飛び役が落ちるところかと。

ゼロは、残り2方向になったが、OUTに死角があることが分かったので大丈夫だと。

次は、2つ同時に、声役にはいってもらってどちらがSAFEか当ててもらうと。入ってきたのはセイギと峰子であった。

OUTに入ったセイギは、事務局からあるものが届くまで、話しを引き延ばすようにと言われる。

ゼロは、OUTの覗き穴には、先端に死角があることが分かり、そこに、50円玉を置き、見えますか10円と100円どちらですかと尋ねる。

セイギは、俺がいるとことがSAFEだと言い、コインを当てる前に、なぜ、声役に志願したかと分かるかと。

在全に、ゼロと標が王に近いと言われ嫉妬したが、目の見えないゼロの戦いに感服し、リング1つで人を殺すとはと反省したと。

なんていうのは嘘だと、SAFEエリアにきて何ができる。制限時間を延ばして、標に勝たせるくらいと。

ゼロが、もう一度聞きます10円と100円どちらですかと尋ねる。

セイギは、光って見えないですよと言いながら、なんだ50円玉ではないかと答える。その時、セイギの手元に、OUTの塀の上から、先端にあるコインが見える大きな鏡が届く。

ゼロは、言い当てたと考え、セイギがいる方向が、SAFEエリアだと。念のため、残る方向についても、コインを置いてコインの種類を聞く。

峰子の声がして、コンタクトを忘れたのでよく見えないと言い、こちらが、SAFEだと。

ゼロは、動揺し、基本に戻れと、峰子はリングなんて欲しくなく、SAFEエリアにするかどうか選べる立場にいる。

峰子はこちらがSAFEエリアだよ、在全も現れ笑う。峰子は、そろそろタイムアップまで残り2分と言う。

ゼロは、確実なのは、セイギがコインが見えているという事実だけだ、峰子ではなく、セイギの方に聞こうと。

ゼロは、10円玉と100円玉を置いて、セイギに聞くと、すぐに正解を答える。セイギが、先ほど答えるまで時間がかかりかかったのに今度は早いと気づく。

何か事情が変わったのか、もし、セイギがOUTエリアにいて、コインが正確に見えるとすると、何か台の上に昇って、OUTの塀の上から見ているのか、いや、それなら、声が上の方から聞こえるはずと。

ゼロは、OUTエリアで、覗き窓から声がして、死角でない上の方から覗けるとすると鏡のようなものではと考える。

ゼロは、セイギに、10円玉の裏か表かを答えさせる。それを見た、峰子が思わず、答えてはだめだという。

ゼロは、峰子さん本当は見えているのではと。セイギには、あなたには見えるはずがないと。

ゼロは、点字ブロックの点字の部分に10円玉を隠し、セイギがSAFEエリアにいて正面から見ると見えないが、上から鏡を使うと見える絶妙な位地に置く。

ゼロは、セイギが答えたことで、セイギが、OUTの位置にいることを確信。正解は、峰子の方だと思い切って飛び着地するゼロ。

在全は、よくやった、もはや王であると言い、両手で握手を求めてくる。事務局の男が現れ、棒についた両手をゼロに差し出す。

事務局の男とゼロの間に大きな穴があく、在全はもっと近くに寄れと言い、ゼロは、不審に思い、ゲームは終わったとマスクをとり、両手の棒が50m先に落ちる。

ゼロは、在全の声が聞こえた時に、SAFEエリアはこちらだと確信できたと。在全が見たかったのは、ゼロが落ちるところ、それを肉眼で見届けるのが在全の望み。

そのためには、OUTエリアのような狭いとこからではなく、視界を遮らないSAFEエリアだと。

在全は、面白い余興だったと言い、ドリームキングダムにいる限り、わしの指先一つで、ゼロの生き死には決まると脅す。

事務局は、ゼロに、ぎりぎりのタイムだが標次第で勝ち負けが決まると言う。

標がこんどは、事務局に呼ばれる。標は、ゼロが突破したと悟る。

ゼロは、事務局が、大きな鏡を3つ運び入れるのを見る。事務局は、このゲームは、後からやる方が情報が入って有利だから、最初から鏡を入れるという。

ゼロは、死角がなくなって、自分がやった方法はできないと標を心配する。

マスクを被せられてエレベーターに乗せられる標を見つけて、無理して答える必要はないと、「わが みがか わいければ」とチャリンとコインをわざと落として音を聞かせる。

事務局は、ゼロのヒントを与えることは違反と言い、隔離部屋にゼロと、チカラとスナオやヒロシを閉じ込める。

ゼロは、みがかと言った言葉を逆にしてみてと解説し、コインとともに教えれば標は気づくだろうと言う。

チカラは、標は敵ですよ、我々の王は、勝ちたくないのだと残念そうに言う。

事務局がドアを開けて、標がたった45秒で飛んだと驚いた表情で入ってくる。

標が出てきて、ゼロに、あれはかがみのことかと聞き、その言葉で、悩んでしまったと。

SAFEエリアにいた末崎が戻ってきて、ゼロは、標が何を聞いたかと聞く。

末崎は、頼みを聞いてくれたら教えると言い語り出す。

標は、頭を垂れて上から手元が見えないようにして、両手で、親指を隠して、左右からも、親指が見えないようにして、親指がくっついているか離れているかを答えさせたと。

ゼロは、それならば、OUTエリアの上からは見えず、左右のエリアからも見えない。見えるのは唯一、SAFEエリアで正面にいた人間だけだと、それなら特定できると驚く。

それを、たった10秒のマスクをとった間に判断するとは、恐るべしとゼロ。

峰子は勝者の標のグループ5人にリングを2つ渡そうとすると、標は新たに加えた5人も追加して、各1つのリングを渡す。グループの仲間がなぜと聞くと、標は、王が理由を答える必要があるかと。

峰子は、標が、昔の在全に似ていると思い、真の王は彼なのかと。

その夜、ヒロシはゼロにリングを拾って隠していたことを謝る。チカラは、ゼロに怒って欲しいからと言うが、ゼロは、怒ったりも許したりもしたくない。

ゼロは、相手を怒ったりして縛るのではなく、自分を緩めること、あるがままで生きたいと。

ただ、今回、ゲームに勝って1000億円をもらい王になることが必要だと悟ったと。

そこに、末崎がきて、ゼロに、約束通り、次のゲームは組んで欲しいと言う。3人ペアなので、セイギも入ると言う。

ここまでがネタバレですが、第3話は、ゼロの空間察知能力が光り、わずかな死角を突破口に。それ以上の能力を示した標でした。

カズヤに騙されそうになりましたが、靴ひもが解けることで助かりました。解けていることに気づかないカズヤが嘘を言っていると見抜きました。

OUTエリアからの死角に気が付いたゼロでしたが、セイギは鏡を使い、峰子は騙してゼロを惑わせますが、点字ブロックにコインを隠して見せるとはとっさによく気が付くと思いました。

標は、ゼロが手こずったゲームをあっと言う間にクリアします。ゼロが、せっかくヒントをあげたのに、ノイズになったとよからぬ方向に進んでいます。

スポンサーリンク

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』3話ネット上の反応

ドラまる
カズヤ(増田貴久)の演技がよかったとの声が上がってますよ。

ラマちゃん
標様役の佐藤龍我さんの人気絶大です。演技もよいと評判あがってきてます。

スポンサーリンク

ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ゼロ 一獲千金ゲーム』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』4話のあらすじ

2018年8月5日(日)放送のドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』第4話のあらすじをご紹介します。

次に挑む「迷宮のトライアングル」は3人1組のチーム対抗戦。

ゼロ(加藤シゲアキ)は末崎(ケンドーコバヤシ)とセイギ(間宮祥太朗)の3人でチームを組むことになった。

正体不明の建物の中、扉の奥には三角の部屋が二つ。

そこで出される問題「部屋はすべて同じ。君達は何?」答えるチャンスは一回。

25の選択肢の中から30分以内に1チームでも正解すれば終了となるが、出題と同時に注がれる水は、30分でいっぱいになるらしい。

「声が聞こえなくなったら残り時間はわずかだと思って」と笑う峰子(小池栄子)。

在全(梅沢富美男)はゼロも標(佐藤龍我)も閉じ込められたことに興奮を隠せない。

「四苦八苦煩悩苦悩のトライアングルバトル、始め!」

「正解しても地獄、正解しなくても地獄」チームワークが最悪の中、拘束されたゼロは仲の悪い兄弟に翻弄されていく。

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

カズヤがOUTエリアの死角で見えないことに気づき嘘を見破ります。その死角を使って、セイギや峰子の嘘も見抜き突破。標は、その死角を自分で作る秘策ですぐにクリアし勝ちました。

ドラまる
ゼロと末崎とセイギが組んでゲームをやるって、仲が悪い3人がどうして組むの。在全の作戦ですかね。
ラマちゃん
次にゲームは「迷宮のトライアングル」らしいです。水が注がれる容器に閉じ込められるようです。次は、水攻めか怖いですね。

新しいゲーム「迷宮のトライアングル」が始まり、ゼロは、末崎とセイギという最悪のコンビの中で、どうやってクリアしてゆくのか楽しみです。

標はすでにリング3個、ゼロはリングなしですが、王になる決心をしたゼロの本領が発揮して、標に追いつくのではと期待して見たいと思います。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA