特捜9|4話の動画無料視聴はこちら【5月2日放送ドラマ見逃し】

  • この記事を書いた人:マスダ

『特捜9』第4話(2018年5月2日(水)21時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『特捜9』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『特捜9』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『特捜9』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『特捜9』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『特捜9』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『特捜9』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月2日(水)放送終了後〜2018年5月9日(水)19時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『特捜9』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『特捜9』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『特捜9』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『特捜9』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『特捜9』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『特捜9』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年春ドラマ『特捜9』第4話のあらすじ

2018年5月2日(水)放送のドラマ『特捜9』第4話のあらすじをご紹介します。

フリーライター・三好加奈子(松岡由美)の自宅床下から白骨遺体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)らは現場に駆けつけた。

加奈子は自宅を改装中で、遺体を発見したのはリフォーム工事を請け負っていた業者・村田肇(伊東孝明)たちだった。

鑑識課の猪狩(伊東四朗)によると、遺体は男性で、死後5年以上が経過しているという。

加奈子は母を1年前に亡くし、父はグループホームに入居中で、現在ひとり暮らし。

そんな加奈子の父・泰三(小松政夫)の名を聞いて、猪狩は驚く。

なんと泰三は猪狩とかつて同じ所轄署にいた、元警視庁交通機動隊の副隊長だったのだ。

直樹は猪狩と共にグループホームで暮らす泰三を訪ねるが、泰三は認知症を患っており、猪狩のことを思い出せないばかりか、亡き妻の幻影に話しかけていた。

ところが、リフォーム工事中に白骨遺体が見つかったことを知らせるとなぜか突然、リフォームだけはダメだと激しく取り乱す。

監察医・真澄(原沙知絵)の鑑定の結果、白骨遺体の死因は撲殺と判明。

志保(羽田美智子)、村瀬(津田寛治)、青柳(吹越満)、矢沢(田口浩正)は遺体とともに見つかった遺留品から身元を探るべく捜査を進める。

そんな中、加奈子の家には7年前、シロアリ駆除業者が入ったことが判明。

直樹や新藤(山田裕貴)がその駆除業者を当たったところ、意外な事実が浮かび上がる…!

その矢先、泰三が突然、猪狩を呼び出した。

先日と違ってしっかりとした様子の泰三は一時的に記憶を取り戻したのか、猪狩と宗方班長(寺尾聰)の前で、「自分がやった」と殺人を告白するのだが…!?

公式サイトより引用)

2018年春ドラマ『特捜9』第4話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『特捜9』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

garlic
伊東四郎さんと小松政夫さんがゲストということで、これは面白い内容になる、笑わせてくれるのではと期待させられます。

おふたりはコメディアンとして名を馳せていらっしゃいますがもちろん芸達者でありますからドラマの役者としての演技も楽しみです。

どの程度かはわかりませんが寺尾聰さんとも絡むシーンがあるようなのでベテラン達がどう盛り上げてくれるかに注目したいところです。

そして、2話で新加入した新藤刑事が3話では実は事件関係者に利用されていたことにショックを受けて、単独行動を続けた我を反省し2人1組の原則に徹しようとしてトイレに行くのも浅輪とコンビで、そんなことをしようと浅輪を困らせます。

失敗を通じて成長した姿が4話でも見られるかもポイントの一つでしょう。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

さきママ
なんと言っても、やはり新藤がこれからどのような言動を取っていくのかが楽しみなところです。

今回、刑事としての言動を理解したような言い方をしていましたが、本当に分かっているのか、次回の立ち振舞いを期待しています。

また、班長と琴美の関係も、また何か少しでも分からないかと思っています。

上手く表現できませんが、班長はちょっとずつではありますが、浅輪に心を開いているような印象を受けました。

徐々にお互いを認め合って、琴美についても明かしていってくれないかと考えています。

次回は、そんな真相に、また少し近付きそうかなと予想します。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

さゆりん
次回もスピーディーな事件発生と謎解きの展開をテンポよく、少し惑わせるような感じで進めて欲しいなと思います。

人情劇があると人間らしいドラマになり、魅力的です。

次回も人情劇を入れて欲しいなと思います。

そして、刑事たちのコミカルな掛け合いも忘れずに行って欲しいです。

クスッと笑えるような絡みがあると嬉しいです。

次回は、ストーカー殺人事件をして欲しいなと思います。

ストーカーをしていた男が犯人だと思い込まれてましたが、他に真犯人がいたという展開が面白そうだなと思います。

ぜひ、最後まで見ないと真犯人が特定できないようなストーリーにして欲しいです。

ペンネーム:さゆりん(30代・女性)

ふないちろう
リフォームの際に、見つかった白骨死体。

フリーライター・加奈子の自宅の床下。

なぜそんなところに、置かれていたのか、一体、誰なのでしょうか。

そして、加奈子の父親・泰三は、鑑識課・猪狩と、一緒に勤めていた元警察官でした。

しかし、今は、施設に入り,認知症でした。二人は昔はどんな関係だったのでしょうか。

また、泰三と、白骨死体は、何か関係があるのでしょうか。

鑑識官として、そして、元仲間として、猪狩は、真実を突き止めることが出来るのでしょうか。

伊東四朗さんと、小松政夫さんのベテラン二人が、どのような、絡みをしてくださるのか、とても楽しみです。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

セントポーリア
次回は、床下から白骨化した遺体が見つかるというお話ですね、現実でもよく聞く話なので、現実的で怖い話です。

さて今回白骨化した遺体は男性でいったいなぜ埋葬されずに白骨化した状態で現れたのかすごく気になります。

泰三さんの家から見つかり泰三さんが自分がやったという場面がありますが、亡くなった奥さんと男性、泰三さんの間で何かトラブルでも起こり殺害にいたったのかなそれとも泰三さんが認知症の為の単なる妄想の狂言なのかと思うとどんな風に捜査が進んで殺害に至った理由が暴かれていくのか、お父さんが殺人者だとしたらと思うと加奈子さんに対してもいたたまれずいまからハラハラします。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

2018年春ドラマ『特捜9』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『特捜9』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

家のリフォームをしようとした三好家の床下から、白骨死体が発見される。

その三好家の主である三好泰三は、伝説の鑑識官である猪狩と共に警察署で働いた仲であった。

懐かしさもあり猪狩が泰三のいるグループホームを訪れるが、泰三は猪狩の事を忘れていた。

泰三は、レビー小体型認知症という状態であった。

そんな泰三にリフォーム途中で遺体が見つかったと話すとパニックを起こす。

実は、亡くなった奥さんが生前残した手紙に、リフォームはしないでと書かれていたのだ。

それを見た特捜メンバーは、三好夫妻の犯行を疑い調べ始めるのだった。

『特捜9』第4話の感想

かつての仲間である泰三さんが認知症になっていたこと、犯罪を犯したかもしれないと疑わなければならない状況に置かれた猪狩さんの気持ちを思うと、胸が張り裂けそうになりました。

見ている側も、とても切なく辛かったです。

それでも、そんな泰三さんを信じ、見えない奥さんにも話し掛けて、以前と変わらないように接する猪狩さんは、とても素晴らしい人柄をしていると感じました。

そんな猪狩さんだからこそ、泰三さんも、認知症で記憶が曖昧ながらも、猪狩さんを受け入れたのだろうなと感じました。

仲間とは良いものだと感じられた回でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ふないちろう

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

リフォーム中の家の床下から、白骨遺体が見つかった。

リフォーム業者村田達によって発見された。

遺体は、最低5年以上経っていると、猪狩は言った。

持ち主は、フリーライター・三好加奈子。

母親は、亡くなっていて、父親・泰三は、施設に入っていた。

泰三は、元警察官で、猪狩とは、同じ署で、勤めたことがあった。

猪狩は、浅輪とともに、泰三に会いに行ったが、認知症で、亡き妻に話しかけるような状態だった。

そして、リフォームということを聞くと。

パニック状態になった。

また、村田によると、7年前、シロアリ駆除していることがわかった。

そして、遺体には、撲殺された後があった。

浅輪と新藤はシロアリ業者を訪ねたが、領収書が、偽物であった。

シロアリ詐欺とわかり、偽業者は、詐欺などで捕まったことのある中原という男だった。

猪狩、宗方が、泰三を訪ねると、「自分が殺した」と話した。

青柳と矢沢は、中原とともに、シロアリ詐欺をしていた野村という男に話を聞いた。

中原は、女性を騙していることがわかった

中原に、加奈子は、騙されていたのだった。

そして、発見された時計から、遺体が中原だと、わかった。

また、リフォームを躊躇していた大工村田から、泰三の妻が、「リフォームをしないこと」と書いた手紙があることがわかる。

中原が、殺されたとされた7年前のその日、計画停電があり、警察官として働いていた泰三が、殺人を行うことはできなかった。

一方、宗方は、泰三の妻からもらった手紙の「対」の字と、31ヶ条の字が異なっていたことがわかった。

その字は、泰三の面倒を見ていた介護福祉士・対馬の字だった。

対馬は昔付き合った中原から脅迫されたため、殺害したのだった。

小宮山と村瀬は、加奈子に母親の手紙を渡し、頼れる人が、そばにいるということを、示した。

『特捜9』第4話の感想

床下から見つかった遺体は、シロアリ詐欺をはたらき、付き合った女性達を脅迫していた男・中原。

男に対して、許せない思いです。

しかし、犯人である女性、介護福祉士・対馬も、脅迫されていたとはいえ、空き巣を手伝ったこと、そして、殺してしまい、その家に埋めたことも、許されません。

また、泰三の妻の残した手紙を利用して、自分の犯行を隠し続けようとしたことは、もっと許せません。

泰三の妻が、泰三や、娘を思って書いた手紙ですから。

そして、何も知らない泰三が、自分で犯人であると言わせてしまったことも、とても辛いです。

しかし、ラスト、泰三が、猪狩、浅輪とともに、話している姿は、ホッとしました。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

スモークサーモン

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

リフォームをしようとした住宅の床下から発見された7年前の白骨死体。

その家の持ち主は元警察官の三好だった。

今は認知症で施設に入っている三好に話を聞くと「床下はダメだと言ったじゃないか!」と取り乱す。

亡き妻からの手紙の最後に綴られた31番目には家のリフォームは絶対にしない様にと書かれていた。

家族の犯行なのか、元警察の三好の犯行なのか、そうだとして認知症の三好を罪に問えるのか。捜査が始まる。

唯一床下に入ったと言われるシロアリ駆除業者をあたるが、領収書は偽物だった。

更に床下から盗聴器が発見される。

三好から呼び出され、向かった施設で「あれは俺がやった」という告白を受ける。

次々と7年前の情報が集まってくる。

妻からの手紙だと思ったいたものは最後のリフォームについての一文が妻の筆跡ではなかった。

介護施設の職員が殺害した事、三好の手紙に床下に埋めた自体が見つからない様に一文を足した事を認めた。

『特捜9』第4話の感想

今回もいろいろな要素が絡み合ったストーリーになっていて、見ていて飽きない1時間でした。

昔の仕事仲間を疑いたくない気持ちで証拠を集める、やっと7年前の事件の日、三好のアリバイがある事にたどり着く。

信じた気持ちが報われた展開で本当に良かったです。

リフォームをしないと書いた一文を見て、自分が犯人だと思い込んでしまっていた三好。

良い人すぎます。

最後に読まれる家族へ書かれた手紙の内容も、妻からの家族への愛がたくさん詰まっていました。

終わった恋と、拗れた恋、新しい恋。

男女の関係も絡んだ話がまた今回の話に複雑さを加えていました。

最後の施設での長年の友人とのふれあいのシーン、気持ちが和みました。

ペンネーム:スモークサーモン(30代・男性)

飛べないアヒル

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

女性フリーライターの実家のリフォーム中に白骨遺体が工事をしている大工さんによって発見されます。

白骨化の具合から、死後5年以上が経過していると鑑識課の猪狩が判断する。

その現場となった家は、鑑識課の猪狩さんと昔同僚であった警察官だったことが判明し、現在では、グループホームへ入居しており、聴き込みに訪ねるが、認知症のため有力な情報を得られず、ただ亡き妻への思いとリフォームはダメと取り乱す姿だけが収穫となります。

監察医の検死により、遺体の死因が撲殺との判断がなされ、現場の家には7年前にシロアリ駆除業者が入ったことが判明し、その業者をあたると、認知症を患っているはずの現場の家主の元警察官の小松政夫さんが猪狩さんと班長を呼び出し、自供を始めます。

第一発見者の大工の棟梁も疑われますが、娘のために元警察官の夫婦共犯説が浮上します。

しかしながら、真犯人は介護士がシロアリ詐欺の中原から脅されていたため、殺したうえで床下に埋めていたことを突き止めていきます。

『特捜9』第4話の感想

特捜9も今回で第4話目を迎え、前シリーズの9係の雰囲気が徐々に戻ってきた感じがあり、1話目や2話目に感じていた違和感がなくなり、昔のチームワークの良さを感じられました。

新班長の動きも次第に自然に見ることができ、昭和の印象と現在の刑事像に近いものをあわせ持つ刑事ドラマとして、のんびりとみることができました。

しかも今回のドラマの展開上、認知症の元刑事が犯人であることを匂わせながら、真犯人が別にいることは見ていて感じましたが、まさか介護士さんとは、一種の大どんでん返しとなっていたのは、面白かったと思います。

認知症絡みの事件関係者が登場するのも時代を感じさせるドラマだったと思います。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

セントポーリア

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

フリーライター・加奈子の自宅の床下から、白骨が発見され、リフォーム中の業者・村田肇たちは人間の骨だと気づき、警察に通報。

直樹達特捜班が駆けつけ、鑑識課の猪狩によれば、骨は男性のもで、亡くなってから5年~8年が経っていて、床下から丸い蝋が見つかる。

加奈子は混乱しつつ村瀬と志保の聴取に応えた。

去年、母親を亡くし、父親はグループホームにいるという。

そして父・泰三は、元警視庁交通機動隊の副隊長で、若かりし頃の猪狩と同じ所轄署にいた旧知の人物。

グループホームへ泰三は、「母さん」と呼びかけ、さらに猪狩を忘れていた。

彼は幻覚などの症状が出る“レビー小体型認知症”を患っていた。

猪狩がリフォーム中白骨が発見されたことを教えると、泰三は突然「リフォームはダメだ!」と叫んだ。

その後の調べで、加奈子の家には7年前にシロアリ駆除業者が入っていたことが判る。

家族全員が被疑者の可能性があるが、母親はすでに亡くなっており、加奈子が犯人であればリフォームを頼むとは考えにくい。

さらに認知症の泰三を罪に問えるのかは判らないという状態だ。

駆除業者は、三好家に入った業者が架空のものだったことが判明した。

シロアリ詐欺に遭ったようで、必要もない駆除をさせられ、料金を支払ってしまったようで、しかも床下には、何者かが盗聴器をしかけていた。

一方泰三のもとを訪れていた宗方と猪狩は、一時的に記憶を取り戻した泰三から「あれは自分がやったんだ」という、犯罪の告白を告げられる。

中原は加奈子を騙して交際してたが、その途中で当時の出入りの大工だった村田肇に気づかれ中原は三好家への接触を絶った。

犯人は過去に中原と交際してたグループホーム職員対馬遥香。

中原はかつて撮った写真をネタに遥香を脅迫、さらに空き巣に協力しろと強要してきた。

その後、中原と遥香は三好家に侵入。

中原が床下の盗聴器を回収しようとしたところで、遥香は中原を殴り、床下へ埋めた。

『特捜9』第4話の感想

加奈子の自宅下から白骨死体が発見され、泰三は、認知症で話ができる状態ではなかったのだけれども、家のリフォームは絶対しないというのが妻の遺言を守り通そうと、白骨死体が発見された後も、リフォームは、しないっと言い張り、妻の遺言を守ろうとした場面には奥さんの事を大事に思っていたのだなと心打たれました。

ただ残念な事に、その後の展開で、首謀者と加奈子が元恋人同士だったという事、実は、手紙の妻がリフォームを絶対にしないという一文は、介護士が書いたのではないかと浅輪が突き止め。

シロアリ詐欺の首謀者中原と介護士が共謀し、空き巣を行い、介護士は中原を殺害し、床下に埋めたのだという結末を今回は迎えてしまいましたが、悲惨な殺人事件の中、老夫婦の愛も感じる今回第4話の展開で見ごたえがありました。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

アニメス

『特捜9』第4話のあらすじネタバレ

リフォームをしようとした時、とある人の家から白骨遺体が見つかったのです。

その中にボタンのような丸い形のロウが見つかりました。

また、鑑識の結果から、その白骨遺体は5年ほど立っているとのことでした。

その時期は、両親がいた頃に埋められたことになるらしいです。

しかし、娘から「父は警察官」だと聞かされました。

それに、いかりさんの知り合いだったのだ…。

また、詳しい話では、頭蓋骨に殴られたあとがあったため、殺人と睨みました。

謎が謎を呼び、そしてひとつずつ解決に進んでいく。

この番組はハラハラドキドキさせられました。

『特捜9』第4話の感想

とてもドキドキハラハラさせられました。

初めは「父親が犯人か!?」と思いましたが、認知症?でもあり、「違うかなっ?」と思いました。

次に、「もしかして、母親が!?」と思いました。

ボタンのような丸い形のロウが見つかったのが、とても気になりました。

「もしかして、犯人に関わっているものなのかな?」っと思いました。

とても面白く、ドキドキハラハラさせられました。

新しい章になっても、本当に面白いですねぇー!

それに、こういう事件ものは、シロアリやら盗聴器やら、色々な謎が謎をうみ、ひとつずつ解決していくところが本当に大好きです!

ペンネーム:アニメス(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『特捜9』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『特捜9』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『特捜9』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA