ドラマ【シグナル】9話あらすじネタバレと感想!意外な真相が明らかに

  • この記事を書いた人:OCM
坂口健太郎主演・2018年春ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第9話(2018年6月5日(火)放送)のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラまる
大山の未来が分かっているだけに、事件解決の為に奔走する過去の大山の姿を見るのは、どこか悲しい感じがするね。
ラマちゃん
美咲の時の様に現代の世界で生き返ったりはしないのかな?3人で最後の未解決事件に挑むところを見たーーーい!!

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第9話のあらすじネタバレ

大山の死が教えてくれたもの

岩田(甲本雅裕)が死ぬ前に残した言葉がきっかけで、白骨化した大山(北村一輝)の遺体を発見した健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)。

わずかな望みを打ち砕かれ、悲しみにうちひしがれる美咲のそばで、健人は遺品から一枚の名刺を見つける。

その名刺は兄・亮太(神尾楓珠)の逮捕後、幼い健人が通った焼き鳥店のものだった。

1999年、亮太が集団暴行事件の主犯として逮捕され、加害者家族となった健人は、母親と離れて親戚の家へ行く事になる。

そして、せめて健人が食べるものに困らないよう、寂しさに負けないようにと、来る日も来る日も人知れず健人の様子を見に行っていた。

大山は中本(渡部篤郎)が誰かをかばうために亮太を陥れたことに気付くが、強大な権力を前になすすべもなく、己の無力さを感じていた。

2018年、名刺にあった焼き鳥店を久しぶりに訪れ、おかみ(濱田マリ)から当時の話を聞いた健人は、初めて知る大山の優しさに胸を熱くする。

そして、健人はやがて命を落とす大山の未来を変えようと、亮太の事件から手を引いてほしいと涙ながらに頼み込む。

その口ぶりから、大山はこの先自分の身に何が起きるか察するが、過去が変わることで健人に幸せを手にしてもらいたいと考えた大山はそれを拒否する。

無線の先の健人に「俺は絶対にあきらめません、必ず真実を暴いてみせる」と告げる。

事件解決に動き出す

やがて、大山と岩田の死に警察関係者が関与していることに気付いた健人と美咲は、すべての発端となった武蔵野市集団暴行事件を洗い直すことにする。

その被害者である井口奈々(映美くらら)を見つけ出し、話を聞きに行くと、思いもよらぬ事実が明らかになる。

亮太との想い出を話しながら、中本が奈々の証言を操作した事も話し出す。

そして、事件当日に小川陽一から襲われた事も明らかになったが、奈々は今の生活を考えて証言をしたくないという。

健人が兄の亮太が自殺した事を告げると、奈々は亮太がいた少年院から手紙をもらっていた事を話して、その場を立ち去る。

事件の真相は?

1998年、亮太が少年院から出てきた日に友人からある物を渡されていた。

その頃、中本が所轄を訪ねて来て、武蔵野市集団暴行事件を洗い直していた大山に取引きを持ち掛けるが、「たった1回の事が始まりなんです、あなたにはなりたくない」と言って、部屋を出ていく。

その時、亮太から大山に電話が掛かってきて、真犯人の証拠を渡すと言って電話を切るが、それを察した岩田が大山を阻むように無理やり捜査会議に出るように促す。

現在では、健人は岩田に呼び出された病院へ向かうと、亮太の血液サンプルを渡される。

そこへ桜井もやって来て、血液検査の結果から健人は兄の亮太が自殺では無く、他殺であると断定する。

兄の亮太は決定的な証拠を持っていて、口封じの為に殺されていた推測し、おもむろに無線機を取り出して、大山と連絡を取り合う。

無線機から聞こえてきた大山の声に桜井は驚きを隠せない、そして亮太を助けて欲しいと懇願する。

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第9話の感想

段々と事件の全貌が明らかになってきましたね。

しかし、健人は最初の方で大山が危険な目に遭うから事件から手を引いてくださいと言っていたのに、最後には兄を助けて下さいと少しちぐはぐな感じでした。

まさかとは思いますが、兄・良太と大山が生き返る秘策を持っていて、敢えて大山にその様な指示を出したんじゃないかと疑っています。

さらに事件の真犯人の可能性が高い中本が逮捕されていて、大山は刑事部長になっているなんて事は無いですよね、まさか…

そうなれば、全てハッピーエンドで終わりそうですがどうなるのでしょうか?

ますます、ラストが気になってきますね~

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『シグナル』9話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』最終回(第10話)のあらすじと見どころ

2018年6月12日(火)21時〜放送のドラマ『シグナル』のあらすじと見どころをご紹介します。

大山(北村一輝)の死の真相を突き止めるため、武蔵野市集団暴行事件の被害者・井口奈々(映美くらら)に会いに行った健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)。奈々は、健人が事件の主犯として逮捕された亮太(神尾楓珠)の弟だと知ると、重い口を開き、19年前の真相を語り出す。そして、やり場のない怒りがこみあげる健人に、少年院にいた亮太から一通の手紙を受け取ったことを明かし、その内容から亮太が自殺などするはずがないと訴える。奈々の言葉で兄の自殺に疑念を抱いた健人は、岩田(甲本雅裕)の死の直前の足取りを追うことに。すると、亮太の死が他殺だという証拠にたどり着き、事件の裏で糸を引いていた黒幕の正体にも気付く。

何としても亮太を助けたい健人は、大山の身に危険がおよぶことを覚悟のうえで、過去を変えるため、美咲の前で無線機を取り出す。当然、美咲は見覚えのある大山の無線機をなぜ健人が持っているのか理解できない。健人はこれまでに起きた不思議な出来事をすべて打ち明け、呆然とする美咲の隣で「3月20日、兄は自宅で何者かに殺されます!お願いです、兄を助けてください!」と大山に助けを求める。

2000年、健人と無線で交信する数時間前、大山は少年院を出たばかりの亮太から連絡を受けていた。自らの無実を証明する真犯人の証拠を持っているという。その矢先、健人から亮太の死が他殺だと知らされた大山は、その証拠こそが亮太の命取りになると気付き、急いで亮太の元へ向かう。

一方、大山の身にも危険は確実に迫っていた。過去が変えられると知った以上、健人同様、何とかして大山の死を防ぎたいと考えた美咲は、無線機を使って18年ぶりに大山と言葉を交わす。そして、これまで胸の内に秘めていた想いと、健人が大山にどうしても言えなかった“あること”を伝えるが……。

公式サイトより引用)

まとめ

2018年6月5日(火)放送のドラマ『シグナル』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
いよいよ、事件の真相が明らかになってきて、手に汗握る展開になって来たね。

次回予告では健人が怪我していたけどどういう事なんだろう?

ラマちゃん
いよいよ、次回は最終回だね!

真犯人を追い詰める事が出来るのか?過去を変えて、未来を救えるのか?

絶対に見ないとね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA