ドラマ【シグナル長期未解決事件捜査班】8話ネタバレと感想!9話あらすじも

  • この記事を書いた人:OCM
坂口健太郎主演・2018年春ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第8話(2018年5月29日(火)放送)のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラまる
いよいよ、クライマックスに近づいてきたのかな?でも、まだまだ謎は残っているよね!
ラマちゃん
そうだよね!大山の失踪の原因や現在の大山の消息などたくさん!見どころはまだまだたくさんあるね!

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第8話のあらすじネタバレ

暴行事件が過去と現在を結びつける

1999年、東条高校では複数の男に乱暴された女子生徒・井口奈々(山田愛奈)が、屋上から飛び降りるという事件が発生する。

大山(北村一輝)は健人(坂口健太郎)の言葉を思い出して、自ら捜査員に名乗りを挙げる。

一命を取り留めた奈々が入院している病院へ向かった大山は父親の態度が気になる様子。

その後、大山は暴行事件の犯行現場へと向かう。

そこで、被害者の同級生・斉藤裕也(瀬戸利樹)と出会う。

裕也は事件には無関係だと言うが、その様子にどこか気になる大山。

その頃、現在では…

岩田(甲本雅裕)の襲撃現場に居合わせた健人は、中本(渡部篤郎)から必要に責められて、容疑者として捜査対象にされてしまう。

健人は取り調べに対して、頑なな態度を取る。

それを見かねた桜井(吉瀬美智子)が「あなたを助けたい」と伝えると、健人は「大山巡査部長の収賄事件には裏がある」と話し始める。

続けて、瀕死の岩田が言い残した驚愕の事実を話し始める。

その事実とは…

大山の収賄事件は岩田に嵌められて、さらに上の人間が黒幕だという事実だった。

さらに、岩田は「大山を殺したのは俺で、全ての始まりは武蔵野暴行事件だ」と伝えていた。

健人が過去を打ち明ける

時は現在…

健人が桜井にこれまで独自に捜査していた事実と兄の亮太(神尾楓珠)が事件に関わっていた可能性があって、警察に連れて行かれた事を打ち明ける。

ある日、健人が家に戻ると、家の中には兄が自殺していた。

健人が中学生になった時に暴行事件の真相を掴んで、奈々を暴行したグループの元を訪れて、兄が犯人に仕立てられた事を知ってしまう。

健人は「誰かを守るために、兄は生贄に選ばれた。俺は必ず真相を暴きます」と桜井に誓う。

1999年では、加藤が事情聴取を受けていた。

グループの全員が口裏を合わせて、加藤を犯人にしようとしていたが、加藤は必死に自分が無実である事を訴える。

その際、大山は加藤の母親の旧姓が三枝であることを偶然見つける。

ゆがめられた事件の真相が明らかに

次の日、大山は中本に取調室に連れて行かれると、そこには奈々が事情聴取を受けている姿があった。

奈々は警察に言われるがまま、涙を流しながら「加藤君が犯人です」と話す。

大山は真犯人が地元の優良企業の関係者の息子である事を知っていたが、中本が裏で手を回していたのだった。

そして、現在では…

健人と桜井が見た物はっ!

健人は岩田殺しの捜査をしていた。

当日、現場から走り去った車を見つけて、調べていくとその車は岩田が連絡を取り合っていた暴力団組員の岡本の物だという事が判明。

そこに岩田の当日の足取りが分かったと連絡が入り、岡本の別荘に立ち寄った可能性があったので、桜井と共に別荘へ向かう。

健人は岩田が言い残した、裏庭という言葉を思い出して向かうと、地面に不自然な部分を見つける。

掘り進めていくと、そこには肩に手術痕がある白骨化した遺体が…

そのそばには大山の警察手帳があった。

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第8話の感想

今回は一気に話が進みましたね。

暴行事件で過去と現在が繋がりました。

大山の失踪の原因や現在の行方も明らかになりました。

てっきり、大山は生きていて、健人と桜井の前に現れて、3人で事件解決に挑むと予想したんですが…

これで、健人と桜井の間にわだかまりも無くなって、暴行事件の真相と見えない大きな力に立ち向かっていくんでしょうね!

そういえば、今回は無線機の出番は無かったな…

さあ、いよいよドラマもラストスパートに入ってきました。

どの様な捜査で事件の闇を解き明かしていくのか見逃せませんね!

スポンサーリンク

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『シグナル』8話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第9話のあらすじと見どころ

2018年5月29日(火)21時〜放送のドラマ『シグナル』のあらすじと見どころをご紹介します。

岩田(甲本雅裕)が死の直前に残した言葉がきっかけで、白骨化した大山(北村一輝)の遺体を発見した健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)。抱いていたわずかな希望を打ち砕かれ、悲しみに暮れる美咲のそばで、健人は遺品から一枚の名刺を見つける。それは、兄・亮太(神尾楓珠)の逮捕後、幼い健人が通った焼き鳥店のものだった。

1999年、亮太が集団暴行事件の主犯として逮捕され、加害者家族となった健人は、母親と離れて親戚の家へ。大山は中本(渡部篤郎)が誰かをかばうために亮太を陥れたことに気付くが、強大な権力を前になすすべもなく、己の無力さを感じていた。そして、せめて健人が食べるものに困らないよう、寂しさに負けないようにと、来る日も来る日も人知れず健人の様子を見に行く。

2018年、名刺の焼き鳥店を久しぶりに訪れ、おかみ(濱田マリ)から当時の話を聞いた健人は、初めて知る大山の優しさに胸を熱くする。そして、やがて命を落とす大山の未来を変えようと、亮太の事件から手を引いてほしいと頼み込む。その口ぶりから、大山はこの先自分の身に何が起きるか察するが、過去が変わることで健人に幸せを手にしてほしいと願う大山はそれを拒否。無線の先の健人に「必ず真実を暴いてみせる」と告げる。

やがて、大山と岩田の死に警察関係者が関与していることに気付いた健人と美咲は、すべての発端となった武蔵野市集団暴行事件を洗い直すことに。その被害者である井口奈々(映美くらら)を見つけ出し、話を聞きに行くと、思いもよらぬ事実が明らかになり…。

公式サイトより引用)

まとめ

2018年5月29日(火)放送のドラマ『シグナル』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
いや~、今回は展開も早くて見応えがあったね。

過去の暴行事件に全ての人物が関わっていたんだね

ラマちゃん
でも、大山がすでに殺されていたのには、ちょっと衝撃的だったよね。

いよいよドラマもラストスパート!

ここからは見逃し厳禁だね!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA