いつまでも白い羽根|視聴率一覧を最終回まで更新中【新川優愛主演ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2018年春のフジテレビ系列東海テレビが制作の深夜ドラマ『オトナの土ドラ』枠は『いつまでも白い羽根』!

ドラまる

新川優愛さんが看護学生のヒロインを演じるドラマだね!

ラマちゃん

夢に向かってスタートする人や、スタート前に少しつまづいてしまった人にも勇気をくれるドラマになりそうね。

こちらの記事では2018春ドラマ『いつまでも白い羽根』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2017春ドラマ『いつまでも白い羽根』視聴率はどうなる?

はじめに、2017年春からのフジテレビ『オトナの土ドラ』枠の作品の視聴率を振り返っていきますと…(ビデオリサーチ調べ)

2017年春ドラマ『犯罪症候群』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 5.8%
  • 最終回(第8話)視聴率 3.0%
  • 全話平均視聴率 3.65%

2017年春ドラマ『屋根裏の恋人』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 3.2%
  • 最終回(第8話)視聴率 4.1%
  • 全話平均視聴率 3.58%

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 4.0%
  • 最終回(第8話)視聴率 3.3%
  • 全話平均視聴率 3.3%

2017年夏ドラマ『さくらの親子丼』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 4.2%
  • 最終回(第8話)視聴率 3.3%
  • 全話平均視聴率 3.3%

2017年秋ドラマ『オーファン・ブラック』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 3.9%
  • 最終回(第8話)視聴率 2.7%
  • 全話平均視聴率 2.8%

2018年冬ドラマ『家族の旅路』視聴率一覧

  • 初回(第1話)視聴率 4.0%
  • 最終回(第8話)視聴率 2.8%
  • 全話平均視聴率 3.0%

もともと、フジテレビの『昼ドラ』を制作していたのが東海テレビ。

はじめのうちは昼ドラ時代のようなドロドロ系ドラマが多かったですが、2017年後半あたりから「社会派」のようなテーマもあり、路線を変更している可能性も。

ですが、視聴率的には毎クールちょっとずつ低下しているというところもあり、2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』がどう挽回するかというところです。

フジテレビは長く続いたバラエティも終わらせて、変革をしている真っ最中ですね。

2018年冬ドラマ『隣の家族は青く見える』も好評だったように、ひとつひとつ良いものを作っていくという方向性なのでしょうか!

また、わりと第1話はチェックしている方が多いのですが、最終話あたりになるとガクリと下がっている傾向にあり、2話、3話と続けて見たくなるようなドラマになっていってほしいところ!

主人公を務める新川優愛さんは、ここ数年ドラマやバラエティで引っ張りだこですし、雑誌のグラビアなどでも活躍されて若い男女から人気です。

ドラまる

10~20代に支持されている『ゲスの極み乙女。』ドラムのほないこか(さとうほなみ)さん、最近引っ張りだこの女優、伊藤沙莉さんも出演しているね!

ラマちゃん

深夜ドラマは特にネクストブレイクと言われる俳優/女優陣のチェックもしたいところ!

加藤雅也さんもヒールな役でいい味出しそうだわ。

悪いやつがいると主人公を応援したくなるわよね。

迷いながらも看護師の道を歩み始め奮闘する学生を描いた藤岡陽子さんの原作小説『いつまでも白い羽根』。

何かをスタートさせる春にぴったりの作品ですし、学生さん、社会人、仕事への情熱を思い出したい方などが励まされるドラマになりそうです。

厳しい現場実習のシーンもあるようなので、もがきつつ成長していくヒロインから目が離せない!という方も出てくると、継続的に見る人も増えるかも知れません!

ただ10~20代はネットコンテンツの利用が多くなっていますね…そうしたことも踏まえて、平均視聴率は3.3%あたりと予想いたします。

スポンサーリンク

『いつまでも白い羽根』制作陣から視聴率を予想!

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』の主要制作スタッフは以下の方々になります。

原作 – 藤岡陽子『いつまでも白い羽根』(光文社文庫)
脚本 – 小松江里子、泉澤陽子
演出 – 阿部雄一、谷川功
企画 – 横田誠(東海テレビ)
プロデューサー – 市野直親(東海テレビ)、島崎敏樹 (泉放送制作)、壁谷悌之 (泉放送制作)
ウェキペディアより引用

脚本は、2009年『天地人』、2015年『花燃ゆ』などの大河ドラマの脚本を書かれ、数年前にはアカデミー賞も受賞されいている小松江里子さん。

そして泉澤陽子さんは、2017年の映画『一週間フレンズ。』の脚本も担当されていますし、『あぽやん』では空港スタッフの奮闘するストーリーを熱く描かれていました。

プロデューサーの市野直親さんは、昼ドラ時代から多数の作品を制作、ファンも多くDVD化もされている2002年『新・愛の嵐』も担当しています。

原作者の藤岡陽子さんは、新聞社でスポーツ記者を経験されてから看護の道へ進まれており、デビュー作であるこちらは現役看護師だからこそ分かるリアリティが感じられる作品。

原作の世界観をしっかりとドラマ化してくれそうな制作陣であることが期待できますね!!

スポンサーリンク

まとめ

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』の視聴率を、フジテレビオトナの土ドラ枠の過去作や製作陣から予想しました!

ドラまる

土曜日の夜に、一週間の疲れを癒やしながらも励まされるドラマになりそう。

ラマちゃん

わりと夜更かしがしやすい週末の「オトナの土ドラ」を楽しみたいわね!

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『いつまでも白い羽根』視聴率一覧

第1話(2018年4月7日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『いつまでも白い羽根』の視聴率は月曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA