いつまでも白い羽根|3話の動画見逃し無料視聴はこちら【4月21日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話(2018年4月21日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『いつまでも白い羽根』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『いつまでも白い羽根』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『いつまでも白い羽根』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『いつまでも白い羽根』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月21日(土)放送終了〜2018年4月28日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつまでも白い羽根』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつまでも白い羽根』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『いつまでも白い羽根』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『いつまでも白い羽根』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつまでも白い羽根』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじ

2018年4月21日(土)23時40分放送のドラマ『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじをご紹介します。

瑠美(新川優愛)は、病棟実習で肝臓がん患者・千田(笹野高史)を担当することに。口が悪くかんしゃく持ちの千田は看護師たちも手を焼く存在で、その傍若無人ぶりに瑠美も辟易する。千夏(伊藤沙莉)や佐伯(酒井美紀)、遠野(さとうほなみ)の担当患者はみな穏やかな人たちなのに、どうして自分だけ…釈然としない瑠美。けんか腰の言動を繰り返す千田に思わず「患者だからって何言ってもいいんですか」と言い返し、衝突してしまう。

落ち込む瑠美だったが、研修医の拓海(清原翔)の助言を受けたことで千田との向き合い方を考え始める。率直な言葉で語りかけ、態度が悪かったことを素直に詫びると、千田は「病院は愛想笑いする奴が多いが、あんたは違うな」と笑う。千田との距離が少し縮まった瞬間だった。と同時に、瑠美の中では拓海の存在が少しずつ大きくなっていた。

 大変な治療の中苦しむ千田を、自分なりのやり方でケアする瑠美。指導看護師からも評価され手応えを感じていたが…。「書いてくれよ、遺言状」「さっさと帰れ!」病室での息子との殺伐としたやり取りを聞いてしまったせいで、千田の複雑な家族環境が気になっていた。

ある夜、瑠美は拓海から小児科のボランティアの集まりに参加しないかと誘われる。何となくうれしくて浮き足立つ瑠美。しかし――待ち合わせの場に偶然居合わせた遠野と拓海が出会い、拓海が一瞬で彼女に心奪われる瞬間を瑠美は目の当たりにしてしまったのだ。「彼女はやめといた方がいいですよ…」動揺のあまり、思わず遠野の悪口を言ってしまった瑠美は、いたたまれず拓海の前から足早に立ち去る。自己嫌悪にさいなまれ、懸命に涙をこらえる瑠美だった。

 病院では気持ちを切り替えようとするものの、千田の前でつい落ち込んだ顔を見せてしまう瑠美。「何かあったのか」千田の質問に、思わず聞いてしまう。「…誰かを憎いと思ったこと、ありますか」

ドラマ公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

yukimegu
看護学習が始まり、留美の担当する患者千田だけが口が悪く手を焼く患者さんで、留美が悪戦苦闘するが、留美なりの持ち前の聡明さ、しっかりとした発言で対応し、千田に気に入ってもらえて、少しずつ打ち解けていくと想像します。

また、千田の世話をする上で、拓実が、アドバイスや助言をしてくれて、留美の中拓実に恋心のようなものが芽生えていくと予想します。

このドラマの楽しみなポイントは、新川優愛さん演じる留美が看護師という世界に本気で目指して入ったわけではないが、千夏との友情、拓実の優しさ、遠野の壮絶な過去などにより、人生観が変わって、成長していく姿が見られる描写となっている所です。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

ぷー
第3話からは、看護実習の場面になります。

他の3人はいい患者さんなのに瑠美だけは厄介な患者さんの担当に。笹野さんが演じる患者さんは、古臭い感じの人で、若者が嫌いそうな性格をしています。

しかし、瑠美がこの患者にどうにかして向き合おうとし、色々試すようで、心を通わし患者さんの本音を聞けるようになるみたいですね。

素直で何でも口にしてしまう瑠美なので、患者さんにも失礼な態度で接します。

彼女らしいのですが、先生から見たらどうですかね。

そして、瑠美が拓海に恋心を抱き、次こそは看護師を目指すことになるか。

しかし、そこで邪魔をするのが遠野さん。

医者を探すのに必死な遠野さんは拓海にも手を出すことに。どうする瑠美…

今まで以上に楽しむ見どころが満載です。

ペンネーム:ぷー(20代・女性)

mi
遠野の医療ミス?で亡くなってしまったという妹の件に瑠美たちの学校の理事長が絡んでいそうな言動がぱらぱら見られたので、これからどのタイミングで真相が明らかになるのかが、とても楽しみです。

また菱川先生が瑠美のことを少し気にかけている風な描写がけっこう見られたので、これから何をきっかけに2人の関係が進展していくのかにも注目をしていきたいと思います。

個人的に菱川先生のビジュアルも声もとても結構好きなので、将来のことを考えすぎて迷ってしまった瑠美のことをおだやかに包み込みつつ、きちんと軌道修正してくれるような場面をたくさん見たいと思います。

ペンネーム:mi(30代・女性)

ちいめろ
次回はいよいよ病棟実習の場面のストーリーです。

病棟実習は私自身も学生の頃に何度も様々な場所で経験しましたので、また次回も懐かしいという気持ちで見ることができるだろうと楽しみにしています。

また、るみは病棟実習で担当の患者様がクセの強い患者様を担当することになりそうですね。

彼女が病棟実習を通して看護師という仕事を肌で感じて、どのように進んでいくのか。大学進学を希望していますが、看護師という仕事が向いているとも研修医からいわれている彼女ですがどのように受け止めるのかも見どころだと思います。

そのほか、医療事故を起こした医者への復讐を考えている遠野ふじかですが、どのタイミングで意外にも復讐対象の人物が近くにいることを知るのかハラハラしますね。

ペンネーム:ちいめろ(20代・女性)

ころ
第2話の最後に出てきた病棟実習での受け持ちの患者さん、なかなかくせ者そうですね!

でも実際の医療現場にもよくいそうな患者さんなので、これから主人公がどのように打ち解けていくのか楽しみです。

そして、病棟にはあのイケメン研修医がいるのかと思うと、2人がまた親密な関係になっていくんじゃないかな、と思います。

とても楽しみです。

そして主人公のお父さんは、うつ状態からなぜいきなり外出したり履歴書を書いたりしていたのでしょうか?

お父さんの気持ちと行動の変化も気になりますね。

そして第2話の最後には医療ミスというワードもでてきました!

学校長がどう関わっているのかも楽しみです。

まさか学校長あの子の妹の事件に関わっているのでしょうか。

ペンネーム:ころ(20代・女性)

ナタデココ
実習が始まることで、瑠美には難しい患者がつくようなので、より不安を抱えることが多くなるのだと思う。

この経験を通じて、やはり違う道を選びたいと思うのか、看護という仕事にやりがいを見出すのかという点は面白くなるポイントだと思う。

実際の実習が始まれば案外、学校内では成績不良だった千夏の面倒見の良さが認められて評価されて、瑠美はやりにくさを感じるのではないだろうか。

主婦だった佐伯が、試験に休みがちであったのに、今後実習にどれだけ参加できるのだろうか、続けていけるのかという点は心配である。

遠野の受けている傷の経緯、今後の行動を見守る事も楽しみだ。

ペンネーム:ナタデココ(30代・女性)

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ゆきめぐ

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

留美は看護学生新人として、看護師としての実習が本格的にスタートになり、年配の性格に難癖もある扱いにくい患者、千田の担当となるが、心を開いてもらえるどころか、体を拭かせてももらえず、意思疎通もままならない、患者との関係に深く悩む。

そこでアドバイスしてくれた拓実の一言により、患者の意外な一面を発見し共有することで打ち解け、仲良くなっていくことに成功する。

お礼を巧みに言いにいき、子供会のボランティアに誘われ、留美は拓実に恋心を寄せ始めている自分に気が付く。

倒れた遠野に優しくする拓実を見て、嫉妬心が芽生え、やるせなくなる。

しかしその嫉妬している遠野から夜中、助けてと呼び出される。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

留美の患者さんとの向き合い方がすごくいいなと思いました。

看護師として、仕事としてではなく人間として一対一で心に寄り添って、千田の性格も把握した上でのこんちきしょー!と言っているシーン、すごく千田さん、元気づけられただろうなって感じました。

こういう風な素の性格で立ち向かってくれる留美のような看護師さんって貴重だと思います。

看護師と言う職業の難しさを考えさせられながら、人間としての温かさも同時に感じられる回でした。

一方で留美の拓実への恋心、淡くて切ないですね。

留美や千夏の純粋な恋心も、いつまでも白い羽根というドラマのタイトルにイメージがかけられているように感じました。

看護師としても、女性としても留美に正しく成長して行ってほしいなと心から応援しています。

ペンネーム:ゆきめぐ(30代・女性)

ふじお

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

頑固そうな患者に当たってしまいました。

笹野高史さんと、新川優愛さんはお互いに言いたい事をいうので喧嘩になりました。

新川優愛さんは、はっきりした性格なので、敵も作りそうですが好意も持つ人も多いと思います。

笹野高史さんに謝りに行くと、容体が悪化していて、それどころではなくなっていました。

一命は取り留めて、二人は次第に仲が良くなっていました。

一方、プライベートでは、恋愛に期待してましたが、上手くいかない結果になりました。

応援していた、伊藤沙莉さんは肩を落としてしまいました。

酒井美紀さんは、夫婦仲が悪くなり、物に当たっています。

さとうほなみさんは、相変わらず男遊びに没頭しています。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

それぞれ、悩みを抱えて上手くいかない人生ですね。

伊藤沙莉さんは、なかなか上達しない不器用な人に見えます。

酒井美紀さんは、仕事と主婦の両立が出来なくて、苦しんでいて旦那ともすれ違い生活です。

さとうほなみさんは、援助交際してて見た目と全然違う人に見えます。

この中で、一番頼りになるのは新川優愛さんだと思います。

友達でもない、さとうほなみさんから助けての電話がありました。

ほっておけない新川優愛さんは、夜中にダッシュで助けに行きました。

さとうほなみさんは、友達に思ってるのかもしれないし、信用できる人間だと思っています。

ペンネーム:ふじお(20代・男性)

ころ

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

ついに病棟実習が始まりました。

瑠美の受け持つ患者さんは少し難ありで、禁止されている水分や飴を勝手に飲食してしまう、末期の癌患者でした。

まわりのみんなの受け持ちは穏やかな患者さんなのになぜ私だけ…と嘆いていました。

素直な気持ちをぶつける瑠美は担当の千田と衝突ばかりしていました。

ある時悩んでいた瑠美は、ふっきれたように千田と一緒に『ちくしょー!』と叫んだのです。

千田も次第に心を開き、自分の過去を話してくれ、2人の関係は深くなって行きました。

瑠美の想い人、菱川先生に誘われてボランティアに出かけようとすると、同級生の遠野が座り込んでいました。

菱川先生が助けたのですが、瑠美は菱川先生の気持ちが遠野に行ってしまうのではないかと思いました。

そんな中、夜中に遠野から、助けてと連絡が来たのです。

初めはいくもんか!な瑠美も心配になって家を飛び出して行きました。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

病棟実習は、前回の終わりに思ったとおり難航していましたね。

医者や看護師のゆうことを聞かない患者さんで、みんな苦労していたんだと思います。

そんな状態だった千田を瑠美が変えようとしているのが伝わって来ました。

はっきり言ってしまう性格の瑠美なので、ぶつかり合いながらも本音で話しているのがとてもいいなと思いました。

一方、遠野と菱川先生の距離が近かったことに嫉妬してしまい、菱川先生に遠野の悪口を言ってしまった瑠美が、千夏と同じ気持ちで泣きたい時に泣けないから怒るんだと言っていたのは、なぜか納得できました。

誰しもがある経験だと思います。

ペンネーム:ころ(20代・女性)

ゆきな

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

進化巌さん主演のドラマですいつまでも白い羽です大学受験に失敗した奇跡るみは滑り止めで顔隠した看護学校で向かない感じし患者達と出会ったことで本気で看護師を目指しますさらに仲間とともに看護師になれるのでしょうか。

るみはもともと看護師になりたかったわけではありません大学受験に失敗して仕方なく看護専門学校入学しました。

看護専門学校は同級生もいましたが主婦で2人の子供持つ方もいて学歴や年代も皆さんバラバラでした。

患者さんの千田さんはるみさんをなかなか入れて受け入れた誰あげないのがとても歯がゆかったです。

でもるみさんは強い人だなと思ったのは、大きい声で2人で言い争っているシーンがすごくるみさんの気迫の強さを感じました。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

るみはがん患者の千田から1つの手紙を託されました。

るみの誰かを憎んだことがあると言う問いに対して花房チヨと言う宛名の女性のことを千田が俺が憎んだ人だと語ります。

戦争で母を亡くした千田は生き延びたチヨの事をある事情からずっと許せないで生きてきたといいます。

その手紙を孫に渡すようと探すように言ってきて欲しいと言っていました。

それが千田の最後の願いでした。

そのあまりの切実さに動揺するるみでしたが、頼む最後に黒いままじゃ死んでも死に切れないとの千田の真剣な言葉に手紙を受け取るしかありませんでした。

泉田は戦争で君をなくした頃の話でしたのでずいぶん昔の話でしたがチヨさんに何か手紙で伝えようとしていた事があったと思います。

ペンネーム:ゆきな(30代・女性)

ここあ

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

看護実習に入った、瑠美。

初めて実習を担当することになったのは、末期の肝臓がんの男性だった。

末期という状況から、周囲の人間にもきつく当たる患者の担当になったことに瑠美は初めは不満を抱えていたが、遺産の相談の為だけに家族が見舞いに来る様子、患者自身が副作用など、辛い日々を過ごす様子も目の当たりにし、自分なりの言葉や接し方で患者と向き合うようになっていく。

何かと話かけてくれる拓海先生に看護師になること、小児科にくることを勧められ、実習にも前向きに臨んでいた矢先、体調の悪い遠野を優しく介抱する姿を見て、遠野が周囲と仲良くしない、医師にばかり近づくなど、問題があること、悪口を伝えてしまう。

主婦で、子供もいて幸せそうに見える佐伯も、家の中では実は不満を抱えている描写もあった。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

初めて担当する方が末期のがん患者というのは大変なことだろうなと感じました。

看護師にこれからなろう、とする人が病気の回復ケアよりも苦痛や痛みの緩和のケアに集中しなければならないということは、やはりやりがいとが得られにくくなると思ったので。

その中で日々小さな目標を見つけて患者に寄り添う、と言っていたが、自身のメンタルもキツイだろうし、簡単な事ではないだろうなと思いました。

拓実先生は医師で、医学的に知識もあるし、体調の悪そうな遠野さんを放ってはおけないのでしょうが、女性を支えるようにして、優しく接する様子を見れば、それは瑠美は気分がいいものではないだろうなと思った。

ペンネーム:ここあ(30代・女性)

セントポーリア

『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじとネタバレ

戴帽式を終えた瑠美たちは、実際の患者さんたちのお世話をする病棟実習をすることになりました。

瑠美が担当したのは、がん患者の千田でした。

瑠美が紹介されると怒鳴られてしまいました。

他の3人の同僚の担当患者はみな穏やかな人だときいて、なんでわたしだけと思ってました。

翌日、瑠美が千田の病室に行くと、禁止の飴を食べていました。

注意すると「うるせえ」といって、からだをふこうとすると「やめろ」と大声でいいました。

そして、反対側を向きながら、「おめえ、なんで看護婦なんかになりてえんだ」と瑠美が「まあ、なんとなく」と応えると、「おれはぜったいさせない。説教してやめさせる」といいました。

それを聞いた瑠美は誰かがやらないといけないというと、「やめたほうがいい」と繰り返し口げんかになりました。

そこに、先輩看護師がやってきて、つれていかれて怒られました。

面倒な患者にも、ニコニコしているよういわれました。

瑠美が千田に入ってあやまろうとすると千田が荒い呼吸をしていました。

びっくりして声をかけてると、先輩看護師が来てくれて、処置をしてくれました。

翌日、瑠美が千田の病室に入ると、マスクがとれていました。

千田に向かって「昨日はすみませんでした」とあやまると、「けんかしたおかげでしにかけたよ。はははっ。冗談だよ。」、その後、背中をふいたりお世話をしました。

次の日、瑠美が千田の病室へ、息子が来ていて「遺言状を書いてくれ」とおどしていました。

千田は怒って帰れというと、咳き込みました。

瑠美が病室を出て歩いてると、遠野の姿が見えました。

おもわずにらんでると、遠野からにらむのをやめてくれと言われました。

その日の夜、遠野から電話がかかってきて、「助けて、おねがい」と言われて、マンションの場所をいって切れました。

「なんでわたしが・・」とつぶやきましたが、瑠美は家をとびだしました。

『いつまでも白い羽根』第3話の感想

最初は、千田が荒々しくぶっきらぼうであいそうが悪くはらはらしながら仲良くなる展開を祈りながら見ておりましたが、ストーリが展開するごとに留美と千田が初めの頃より打ち解けあって一緒に叫んだり、快く解除してもらっていく二人の姿がよかったです。

それから、他の3人の看護士さんは、患者さんが初めから、温厚な性格の患者さんで運がよかったなと思います。

結局留美と千田は、打ち明けあっていく展開になりますが、留美は、いろんな面で人間関係で貧乏くじを引くタイプなのかな。

拗らせ女子だと管理sる最後の留美への遠野の電話が気になりました。

なんだかんだ言いながら留美は気になって走っていくんですよね。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『いつまでも白い羽根』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつまでも白い羽根』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA