いつまでも白い羽根|2話の動画見逃し無料視聴はこちら【4月14日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話(2018年4月14日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『いつまでも白い羽根』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『いつまでも白い羽根』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『いつまでも白い羽根』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『いつまでも白い羽根』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月14日(土)放送終了〜2018年4月21日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつまでも白い羽根』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『いつまでも白い羽根』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『いつまでも白い羽根』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『いつまでも白い羽根』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『いつまでも白い羽根』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつまでも白い羽根』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじ

2018年4月14日(土)23時40分放送のドラマ『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじをご紹介します。

大学を再び受験するという思いを捨てきれないまま、看護実習に明け暮れる毎日を送る瑠美(新川優愛)。

学校では、相変わらず主婦である佐伯(酒井美紀)の出席日数不足が問題視され、千夏(伊藤沙莉)と2人、気をもんでいた。

2人で佐伯の家を訪ねると、そこには画に描いたような幸せな生活があった。

裕福な家庭、可愛い2人の娘たち――「佐伯さん、どうして看護師になろうとしてるんです?」思わずぶしつけに聞いてしまう瑠美だったが、はっきり答えを言わない佐伯の姿に、優しげな表情の裏に潜むもう1つの顔を感じ取る。

ある日、瑠美は遠野(さとうほなみ)が実習中に倒れた際に助けてくれた研修医の拓海(清原翔)と再会する。

瑠美が“仮面看護学生”だと知り、拓海は自分にとっての医師を目指す原点である場所に瑠美を連れていく。

小児科医になりたいという拓海の真摯な言葉は、瑠美の胸を打った。

「君も早く見つけろよ、響くもの」――瑠美はどっちつかずの自分を振り返り、自答する。私の目指すべき道は…。

あまり人付き合いの上手でない瑠美だが、千夏とは確かな友情を育んでいた。

一方で、瑠美は千夏の幼なじみ・瞬也(瀬戸利樹)から好意を寄せられ、居心地の悪さを感じていた。

瑠美は千夏が瞬也に恋心を抱いていることに気付いていたが、当の瞬也は千夏をただの友達としか思っておらず、瑠美を当惑させるのだった。

ある夜、突然瑠美の携帯が鳴る。遠野だった。

「あの写真、返して」

以前、彼女から無理やり預けられた封筒…遠野が男性とあられもない姿で写っている写真。

いったい彼女は何を考えているのか。

学校では誰とも親しく接しない遠野だったが、なぜか瑠美に本心の一端を見せる。

彼女は幼い頃、医療ミスで妹を亡くしていた。

ミスを犯した医者を見つけ出す――そのことこそが、遠野が法学部を出て再び看護専門学校に通う理由だった…。

ドラマ公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

実習はそつなくこなしてきた瑠美が、病院で実際に患者さんのお世話をするようになります。

元々、人付き合いの得意でない瑠美なので、患者さんの厳しい言葉やわがままに驚き、振り回されてしまいそうです。

そこで初めて、看護師になる難しさ、大変さを実感するのではないでしょうか。

大学に受からなかったから、という理由だけで看護学校で勉強をしているということを、改めて考え直すきっかけになりそうです。

瑠美と千夏と千夏の幼馴染との三角関係も気になるところでふが、瑠美は再会した若い医師に惹かれていき、新たな恋が動き出しそうです。

千夏や典子、藤香の事情についても少しずつわかり始め、目がはなせなさそうです。

ペンネーム:杏(30代・女性)

となり町のとろろ
クールで自分の考えをしっかり持っている瑠美は、ともかく大学に進学するつもり。

けれど、家庭の状況を考えれば学費を親には頼れない。

それに、就きたい仕事があるわけでもない。

何のために大学にいくのかも不明瞭のまま。

いまだけのつなぎのつもりで看護学校には通うけれど、看護師になるつもりなんてまるでない。

尊いけれど激務で、よほど思いやりのある心の広い人しか務まらない、瑠美は看護の仕事に否定的だ。

そんな彼女が実技で実際の患者と接することで変っていく。

なかには性格の悪い、偏屈な患者もいるはずで、看護のたいへんさをあらためて思い知って、やっぱり看護師なんて無理と拒絶するのか。

家庭の経済事情などはいっさい無視し、あくまで進学にこだわるのか。

瑠美の成長ぶりが愉しみ。

ペンネーム:となり町のとろろ(50代・女性)

プレミアさん
2話では、佐伯さんと遠野さんのお話です。

佐伯さんはなぜ看護師を目指しているのか1話目でも聞かれていましたが、明らかになりませんでした。

2児の母親で今更看護師にならなくてもいいのに、なぜそこまでするのかに注目です。

遠野さんも同じで、法学部を出てきたエリートなのになぜ看護師を目指すのか。

そこには、かけがえのない妹と医者とが関係しているようで、1話の最後に瑠美に手渡された封筒の写真が遠野の看護師を目指す理由の鍵となるようです。

この2人も結構な問題を抱えていそうな予感がします。

瑠美は、いまだに捨てきれない大学受験と看護師という仕事に対して色々と思いが。

遠野を運んでくれた拓海と再会し、看護師や医者の仕事の現場を見せてくれます。

ここで瑠美も感慨を受けるようで・・・。

看護師として看護専門学校を卒業するのか、はたまた大学受験をするのか見どころです。

ペンネーム:プレミアさん(20代・女性)

ああか
主人公が、看護学校と大学受験の勉強に加えて、友達の演習にも付き合い、飲み会にも付き合い、面倒見もいいので抱え込んでしまわないかが、今後心配です。

しかも最後変な写真受け取ってしまっていたので、さらに問題抱えてしまいそう。

それだけでなく、母親はまさかの大学受験反対だなんて、すごく過酷な環境で息抜きする暇がないところもきになるところです。

父親も何かありそうだし。

なので家庭環境も今後気になる展開かなと思います。

さらに1番仲のいい子の幼馴染との三角関係も平穏主義な私にはドキドキ、恐々させられそうな気がします。

あと医師とも何かあるのでしょうか?ちょっと気になります。

ペンネーム:ああか(20代・女性)

2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

yukimegu

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

留美は千夏が、駿也のことを好きなことを察知し、駿也からの好意から自分をガードし避けて、千夏の本心を確かめ、彼女を応援すると決める。

看護学校では、拓実と再会し、拓実の好きな臓器が生命体を生み出し育てていく子宮であると打ち明け、感銘を受ける。

佐伯は出席日数が足りていなかったものの、年を取ってから子供を持った今こそ自立をし、夢をもった日々を過ごして人生をやり抜きたいという志から、成績も優秀で、学長からその人望を買われ、特別許可で、最終試験に合格する。遠野は、幼い頃妹を亡くした医者を探すために、看護師を目指している過去があった。

それぞれの思いを胸に裁帽式が行われ、本格的に看護師としてのスタートが始まる。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

留美を取り巻く周りの人物が、皆それぞれ目的は違うものの、看護師という夢に希望を持ち、人生を歩んでいく描写がとても素敵だなと思います。

留美がそこから刺激を感じ、人生観がこれからどんどん変わっていくのかなという描写で、留美は優秀な成績を持っているし、過去の心の傷を受けた分、強い人になろうと羽ばたいていこうとする姿勢が少しずつ出始めてきていると感じました。

少しずつ看護師の世界にも興味を持ちつつ、私情も交えて複雑な役どころを演じる新川優愛さんの演技が絶妙で素晴らしいなと思います。

千夏との友情や、恋を織り交ぜて展開されていくザ・医療ドラマという感じじゃないところが好きです。

ただ、遠野だけが、看護師になる夢が復讐のためと言う、ずれた視点になっているところが分かり、心配です。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

ぷー

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

第2話は、佐伯さんと遠野さんがどうして看護師になりたいのかというのが明かされました。

佐伯さんは家庭を手に入れたけれど、再び職に就きたくて看護師を目指すことを決意しました。

しかし、その詳しい理由というのはいまだに明かされていません。

一方遠野さんは、看護師になることに明確な理由があったのです。

それは、12歳の時に医療ミスで亡くなった妹の敵を取ろうと医者を探しているから。

しかし、いまだに瑠美は看護師の魅力に気づかず受験勉強をしています。

そんな時に拓海が瑠美を病棟に連れていき、拓海が医者になろうと思ったことを語りました。

それに瑠美は何か感じるものがあったように見えました。

修了試験に4人とも合格し、いよいよ病棟実習が始まります。

恋の行方も気になるところです。

瞬也は瑠美に近づきますが、瑠美は千夏のことを考えて、瞬也に興味ない感じです。

しかし、拓海のことが少し気になり始めているのではないかという笑顔を見せていました。

千夏はなかなか素直になれず、瞬也とじゃれあうばかりで、瑠美も苦戦中です。

いつ瞬也が千夏の思いに気づけるかがカギとなりそうです。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

今回の見どころは、拓海が医者になった理由を聞いて瑠美が看護師を目指すきっかけになってくれるかどうかというところが見どころでした。

あのシーンは、拓海との再会で瑠美と拓海の関係を助長する場面だったのではないかと思いました。

ホルマリン漬けの所に連れて行って、瑠美が骸骨に驚いて、拓海に捕まるところはきゅんとしました。

あれは、男性はたまらなかったでしょう。

そして、臓器の話しをするのですが、あの雰囲気で聞くような話ではないかなと思いましたが、仕方ないですね。

個人的には、もうちょっと明るいシーンがよかったですね。

瑠美は式の時に拓海を見て、ニヤッとするシーンでは、絶対拓海のこと好きでしょと思ってしましました。

今後の行方が気になります。

そして、千夏と瞬也の恋の行方ですが、千夏の気持ちを聞くとなんだか切なくて、幼馴染の恋は友達以上恋人未満という感じがして難しそうです。

もっと瞬也が千夏を女扱いしてくれればいいのですが、結構鈍感で瑠美の「守りなさいよ」が伝わっていなかったことにがっかりでした。

いつ千夏の気持ちに気づくのか待ち遠しいです。

ペンネーム:ぷー(20代・女性)

mi

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

看護師になる気はないものの、日々看護学校なら通い続けている瑠美。

ある日、以前、オペの見学の際に遠野が倒れてしまった時に助けてくれた、研修医の菱川と再会し、親しく話をするようになる。

学校では、看護実習にむけた試験が刻々と迫って来ており、自宅で勉強をしていた瑠美の元に知らない番号からの着信が。

電話の主は遠野だったが、ひょんなことこから、遠野の妹が昔医療ミスで亡くなった可能性があり、その時の担当医師に復讐をするために 、いろいろな医師と関係を持っていることを知る。

そして、試験は無事合格し、晴れて看護実習に参加することに。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

来年、再度大学を受け直すつもりで時間のあるときは勉強をしながらも、病院実習の為の試験のための勉強もするって大変そうだなと思いながら見ていました。

自分の本当にやりたいことのために努力をしている瑠美や、子育てをしながら看護師を目指す佐伯を見ていると、人生1度きりだからこそ、今、自分がやりたいことは何なのかを考えたり、多少無理が生じる場面があったとしてもぎらぎらと自分のやりたいことに向かってチャレンジしてみた方がいいのかなという気にさせられました。

あとはイケメン研修医の菱川先生が瑠美に自分が夢中になれるものを見つけるように伝えるシーンが素敵でした。

ペンネーム:mi(30代・女性)

ちいめろ

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

本日の第2話では、ストーリーの主役の看護学生の木崎るみがクラスメイトの千夏と学校での実技試験や筆記試験を受けて進級が決定します。

また、欠席が多く出席日数な足らなくなってしまい担任の先生から留年を言い渡された主婦をしながら看護学生をするクラスメイトのことを千夏とるみが気にかけて進級試験の手助けをしたり、自宅訪問をする場面があります。

このクラスメイトは出席日数が足りないのですが進級試験を受け見事合格しました。

その際、自分は出席日数が足りないのに合格でいいのか学院長に問い学院長は責任をもつから合格で良い。

次の病棟実習へと進みなさいと言います。

今回のドラマでは、クラスメイトの助け合いや他人の気持ちへの歩み寄りの場面が多く感じました。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

第2話では、前回るみのクラスメイトの遠野ふじかの不倫の場面が描かれていました。

今回のドラマでなぜ彼女が不倫をして、なぜ看護学生になったのかが明らかになりました。

彼女は憎しみや恨みを晴らすために看護学生になり、妹を医療ミスで殺してしまい家族をバラバラ日数した医者を探していますが、第2話の終盤に学院長と研修医の会話の流れで医療ミスをした医者は学院長なのではないかと予想することができました。

また、主役のるみですが彼女の場合は大学進学を考えており仮面看護学生をしていますが今回、研修医に好きな臓器の話を聞かされなぜ医者になったかという話も聞かされます。

るみは現在仮面看護学生ですが、今回のストーリーがきっかけで看護師を真剣に目指すことになったら面白いと思いました。

ペンネーム:ちいめろ(20代・女性)

ころ

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

第2話では、修了試験を行い、結果的にはみんな合格して病棟実習に移るところまで進みました。

同じグループの主婦学生さんも、出席日数が足りておらずどうなることかと思いましたが学校長の計らいでなんとか一緒に合格することができました。

実技試験もなんとかみんなで合格できました。

主人公と研修医の距離もグッと近くなりましたね。

そして、グループの1人のクールな女性の過去もだんだん露わになってきました。

妹さんを死に追いやった医師を探すために体を売っていること。

それを主人公に話したということは、その子の中でやはり止めて欲しいという思いがあったのではないでしょうか。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

まず、全員で修了試験を突破できてよかったです。

主婦学生さんが、家庭を持って可愛い子供もいていい住まいもあって、さらに自分のスキルもあげようとしていてとても羨ましいです。

友達の幼馴染の男のこの鈍感さには呆れました。

なぜ友達の想いにも、主人公の呆れにも気づかないのでしょうか。

研修医の先生にホルマリン漬けの部屋に連れていかれた時は、主人公がとても可愛いので良からぬことをされるんじゃないかとハラハラドキドキしましたが、研修医さんが悪い人じゃなくてよかったです。

イケメン研修医と美人看護学生の恋も期待してしまいます!

ペンネーム:ころ(20代・女性)

ナタデココ

『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじとネタバレ

瑠美は未だ大学受験の準備を続けながら、看護実習に臨む毎日を送っている。

千夏は筆記、実技ともに不安があったが、瑠美と協力し切磋琢磨している。

ある日遠野から連絡が入り、瑠美は千葉の空き家に連れて行かれる。

そこで、此処が以前自分の自宅であったこと、両親は離婚し、自身の心臓に持病のあった妹が12歳で医療過誤により亡くなった事を告げられる。

そのミスを起こした医師を探しているのだ、とも。

医師との密会を重ねている理由を知り、瑠美は遠野の事を気にかけながら、教室での看護実習生から、病院での病棟実習へと舞台が移る。

『いつまでも白い羽根』第2話の感想

今年に入ってから寒いのに場面が夏なので、ノースリーブが寒そうだなと思いながら、見ていた。

幼馴染の日野は、千夏の思いに気づかず、瑠美にアピールする姿勢がもどかしいなと感じた。

瑠美は研修医に興味があり、乗る気がないようなので、ただでさえ看護の勉強が忙しいのだから、大学受験の勉強する時間を確保したいなら、別に遊びに付き合う必要もないのになと思った。

興味がないとはっきり伝えて欲しい。

千夏が一度はっきり思いを伝えてみたらいいのに、と。

泣きたくないから怒ると言っていたが、怒りながらずっと幼馴染の側にいるってキツイのではないかと思った。

あと今回の肝になっている、自身の妹の執刀をした医師が分からないから探しているのだという点は、病院で説明を受けるときに説明を受けるのではないか、調べれば分かる事なのではないかと構成に疑問を感じた。

原因を探っているのならば分かるが、医師を探しているっていうのが、何なのだろうと、感じた。

ペンネーム:ナタデココ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『いつまでも白い羽根』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『いつまでも白い羽根』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『いつまでも白い羽根』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA