正義のセ|9話の動画無料視聴はこちら【6月6日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
吉高由里子主演・2018年春ドラマ『正義のセ』

↓今すぐ『正義のセ』の動画を全話見る↓

吉高由里子さん主演の2018年春ドラマ『正義のセ』第9話( 2018年6月6日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『正義のセ』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『正義のセ』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『正義のセ』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『正義のセ』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『正義のセ』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年6月6日(水)放送終了後〜2018年6月13日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『正義のセ』の見逃し動画配信状況をご紹介します。

『正義のセ』を現在配信しているのは、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでFODプレミアム以外で配信されています。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信しているHuluが最もおすすめとなります!

※紹介している情報は2018年4月19日時点のものです。

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『正義のセ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioでも見られる?

結論からお伝えするとパンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでもドラマ『正義のセ』の動画を見られることはあります。

ただし、

  • 低画質・低音質
  • 全話揃っていない
  • 違法にアップロードされた動画
  • スマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがある

といったデメリットもありますので、気を付けてください!

ドラまる
上記のリンク先に動画がない場合は、著作権違反の違法アップロード動画として削除されているってことだね。
ラマちゃん
その時は、Huluの2週間無料キャンペーンがおすすめだよ!

2018年春ドラマ『正義のセ』第9話のあらすじ

2018年6月6日(水)放送のドラマ『正義のセ』第9話のあらすじを紹介します。

ある日、凜々子(吉高由里子)が過去に担当した痴漢事件の真犯人が逮捕され、「冤罪」だったことが発覚する。

凜々子が起訴した被疑者・村井直陽(東幹久)は、取調べでも素直に容疑を認めていたため、確信を持って起訴に踏み切ったはずだった。

しかし、新たに起きた痴漢事件の被疑者のDNAが、凜々子が担当した事件の被害者の衣服についていたDNAと一致したため、村井は無罪だと判断されたのだ。

検事になる時に「絶対に冤罪だけは出さない」と心に決めていた凜々子は、動揺を隠せず、いつもの元気をすっかり失ってしまう。

支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ港南支部の面々は凜々子を気遣い、父・浩市(生瀬勝久)ら家族も傷ついた凜々子を支えようとする。

だが、マスコミからも追われるようになり、責任を感じた凜々子は、検事を続けていいのか思い悩む……。

果たして、検事人生、最大のピンチを迎えた凜々子の運命は!?そして、冤罪となってしまった痴漢事件の真相は!?

公式サイトより引用

2018年春ドラマ『正義のセ』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『正義のセ』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みき
冤罪を取り扱うようで、とても興味深いです。

今まで次々と事件を解決して、自信をつけ、まわりの信頼も築いてきた凛々子が検事を辞めたいと思わなければいいなと思います。

そもそも本当に冤罪なのかも、気になります。

新たな犯人が出てきた場合、どんなことをするのか分かりませんが、過去をもう一度振り返ってみるとは思います。

凛々子がまた自信を取り戻してくれることを信じたいと思います。

妹は彼と上手くいっているようなので、凛々子の恋愛も何か進展があればなぁと思います。

やはり大塚さんが一番ちかいところにいますが、相原さんとくっつくのも意外性があっておもしろそうです。

ペンネーム:みき(30代・女性)

真凛
凛々子が受け持った案件で捕まった被疑者が実は間違いの冤罪だった。

マスコミも騒ぎ出して凛々子のメンタルもやられてしまう感じになるんだと思います。

訴えてる男性も結果的「冤罪」とはなってるが違う形で罪があるのではないかと思っています。

支部長の「辞めたいと思ってるわけじゃないよね?」と凛々子の思いを読み取った言葉もあるように正義感が強いと逆に落ち込んだ時も自分をどん底まで責めるタイプなんだろうなと思ってしまいました。

そんな事件に港南支部の面々が力を合わせて凛々子を助けて欲しいなと思ってます。

いちばんの味方でもある相原が特に支えになってくれるのではないかと信じてます。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

たかは
9話は痴漢事件の冤罪がテーマということでとても興味があります。

痴漢は無実を証明するのが難しいと聞いたことがあるのでとても気になる事件です。

凛々子が担当した事件で冤罪が起きてしまったみたいで凛々子のことが心配です。

最近の凛々子は仕事へのやる気もあり順調で、検事としてとても成長しているように見えたので今回のことで検事を辞めてしまわないか気になります。

でも、被疑者は取り調べで素直に容疑を認めていたとのことで本当に無実なのか怪しい気もします。

無実ならなぜ取り調べの時に主張しなかったのか疑問です。

凛々子のためにもこの事件の真相を明らかにして欲しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

メロン
冤罪事件という重いテーマ、しかも主人公の凛々子が。

このドラマなら後味の悪い終わり方にはならないだろうと思うので、どうやって信頼を回復していくのか、あるいは冤罪自体が本当に冤罪なのか?というところを掘り下げていくことになると思います。

冤罪事件が本当に冤罪だったのかどうかは、犯人自身にしかわからないことだと思います。

被害者が亡くなっていたり、被害者の記憶が混乱して間違うこともあるから。

冤罪事件の証明の難しさ、逆に冤罪ではないことの証明の難しさ。

そういったところがどう取り上げられるのかが見所だと思います。

ペンネーム:メロン(40代・女性)

けいさん
冤罪事件は、本当に難しいものだと思われます、訴えられた事により、人生を狂わされた方も大勢いらっしゃるので…。

「真実」を判断する事の難しさを感じさせられる回になりそうだと思いました。

過去の判断により、周囲から非難を浴び、自身を失うと思われる凛々子ですが、相原(安田顕)や周りの人達の支えや協力もあったりして、立ち直ると思われます。

そして、この冤罪事件についての真相についての解決に向けて出発していくと考えられます。

誰でも、試練が訪れ、自信を失う時があります。

けれど、そこからどう立ち上がっていくかをこの回は伝えていると思えます。

ペンネーム:けいさん(30代・男性)

キム
何かとおちゃらけてえいる凛々子だが、8話の凛々子の真っ直ぐな姿勢に心撃たれました。

どんな事があれ、悪い事は悪い。嘘はいけないと真っ向から犯人に向かう姿勢は刑事の鏡ではないでしょうか。

8話の最後で上司から捜査資料を渡された際に「また厄介なあんけんえがある」と言われがっくりする凛々子の姿がありまいたが、周りと協力しながらどんな事件にも真剣に取り組んで解決へと導いてくれるのではないかと感じます。

恐れず前へ進んで悪を裁いていってくれる姿に期待です。

仲間内のだれかとくっついてくれて私生活もじゅうじつえして欲しい願います。

ペンネーム:キム(30代・女性)

2018年春ドラマ『正義のセ』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『正義のセ』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

たかは

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

凛々子が過去に担当した痴漢事件で冤罪を出してしまったことが発覚しました。

凛々子は自分のしたことに責任を感じて追い詰められ、検事を辞めようとまで思います。

しかし、被疑者の村井は取り調べで素直に供述していたため事務官の相原らは不審に思います。

その後、痴漢サイトの存在を知ってそのサイトを調べると村井も書き込みをしていたことがわかります。

村井は痴漢常習者で違う女子高生に痴漢をしていた可能性が出てきました。

その女子高生から話を聞くと、村井に痴漢をされたと証言したことで村井を改めて起訴することができました。

『正義のセ』第9話の感想

女子高生の満員電車での痴漢被害はとても多いのだと改めて感じました。

デリケートな問題なので被害にあったことを明らかにしないまま泣き寝入りしている生徒も多いと思います。

今回、凛々子たちの粘り強い捜査の甲斐があって被疑者は痴漢常習者で冤罪ではなかったことが明らかになりました。

いつも事件をとことん追求して起訴をするか決める凛々子なので冤罪を出すとはとても思えませんでした。

なので凛々子が冤罪を出したわけではないことがわかってホッとしました。

凛々子はこの件を通して検事としてさらに成長した気がします。

これからも頑張って欲しいと思います。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

飛べないアヒル

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

凜々子と相原が小学校への出前授業から戻ると、以前担当して起訴した痴漢事件に真犯人が逮捕され、冤罪だったことが判明します。

念には念を入れて事件検証する凜々子が冤罪を出すとは周囲の人間は思っておらず、支部長をはじめとした港南支部の全員が気を遣い支えます。

冤罪となった事件の真相を明らかにするために、凜々子と相原が奔走します。

事件の犯行時刻から、駅改札を出た被害者の学校の生徒に別の被害者がいることを突き止めます。

冤罪を生んだことには変わりないものの、起訴した容疑者は別の相手に痴漢していたことを突き止めます。

真の被害者を救えたことで、凜々子はホッとしながらも、検事の職責の重さを再認識します。

『正義のセ』第9話の感想

人は嘘をつくものだから、警察の捜査資料や検事が対面した取り調べから判断して、いずれの根拠をもって起訴や不起訴を決めることは難しいものだと思います。

しかも、今回のような冤罪を生んでしまう可能性もゼロではないかもしれませんが、人を判断するのも人だから、検事の信念が重要であることを今回のストーリーでは痛感させられました。

検事には無実の人の人生を全く違う人生に変えてしまうことも可能な権力を持っている反面、被害者の代わりに加害者に立ち向かえる唯一の立場であることは、今回の吉高さんの演技で感じられると共に周囲の人とのつながりの大切さも感じる内容であったと思います。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ナナ

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

凛々子が過去に担当した痴漢事件の真犯人が逮捕された。

この件の容疑者の村井は、取調でも素直に容疑を認め、村井の手に被害者と同じ女子校の制服の繊維が付着していたために、すんなりと逮捕されていた。

冤罪事件はマスコミに知れ、追いかけられる凛々子。

しかし、真犯人は痴漢サイトの常連の一人であり、事件当日集団痴漢をしようという書き込みがあった。

そのサイトに書き込みをしていた一人が村井であり、村井は同じ学校の別の生徒に痴漢行為をしていた可能性が浮上した。

学校で聞き込みをするうち、事件の日以来学校へ来ていない女子生徒がいることがわかった。

彼女が被害届を出してくれることになり、無事村井を逮捕できることになり、冤罪事件は解決した。

『正義のセ』第9話の感想

昨今話題の痴漢冤罪問題に真正面から切り込んできて、意欲作だなと思いました。

痴漢冤罪をなくすためには痴漢を失くすればいい、そうすれば痴漢被害者もなくなりみんな幸せになる。

みんなが安心して乗れる電車になる。

相原さんがほんとに優しくて頼りになるし、そして地検のみんなも、家族も、元彼もみんな優しい。

凛々子にご飯ごちそうしますと言われてうれしそうな大塚さんにニヤニヤした。

あと被疑者役の東幹久さんの演技がとてもうまいなーと思いました。

「真面目な善人そうに見えるけどなんかこの人怪しい」という空気を最初から出してました。

ペンネーム:ナナ(40代・女性)

みき

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

以前、凛々子が担当した痴漢事件に真犯人がいたことが判明した。

証拠もあるため、起訴した村井が冤罪だったことになり、凛々子は落ち込んでしまう。

日頃の凛々子の仕事ぶりを知っている支部の人たちは励まし、大塚は真犯人についての情報を入手してきた。

そこには村井が痴漢常習犯であることが疑われる内容があった。

当初の被害者ではなく別の被害者がいる可能性に気づいた凛々子たちは必死で探した。

最初の被害者女子高生から情報を得て、別の被害者・あゆみを見つけた。

最初は何もできないままのあゆみだったが、被害届を出すことを決意した。

その際、被害当日に着ていた制服を凛々子に預けた。

後日、凛々子は村井を呼んだ。

村井が痴漢した相手があゆみだったのではないか、制服から村井のDNAが検出されたことを報告した。

村井は罪を認めた。

『正義のセ』第9話の感想

痴漢事件を取り扱い他人事ではないテーマでした。

痴漢はやってなくても犯人にされてしまう事件だと聞きます。

今回は結果的に別の事件に関わっていたことが分かり起訴されましたが、あんなに簡単に冤罪になるのかなという疑問も感じました。

凛々子は本当に正義の味方です。

女子高生という社会的にはまだ弱い立場にいる未成年から見たら心強いと思います。

ひとつひとつの出来事にちゃんと向き合い、ちゃんと解決していこうとする姿はやはり皆に伝わっているんだなと思います。

落ち込んでいる同僚がいたら励ますしかないかもしれませんが、港南支部の人たちは見捨てない温かさのある人たちだと思います。

ペンネーム:みき(30代・女性)

真凛

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

支部長の梅宮から凛々子のスマホに連絡が入る。

ある痴漢事件が起きその犯人が以前凛々子が担当した痴漢事件もやったと自白したことで凛々子が起訴した村井直陽が冤罪となったのだ。

梅宮、事務官の相原3人で被疑者だった村井に謝る。

「あんたのせいだ」と凛々子に怒り出す村井。

村井は警察で問い詰められ自供したものの検察が無実を証明してくれると思っていたと言う。

早速ネットの記事にもなり家族も知ることになる。

港南支部の面々も心配する中で大塚が真犯人のことを話し出す。

相原は村井の取り調べを見返して見るが素直に犯行を認めており、おかしいとこは何もない。

梅宮の前でただただ反省し検事も辞める思いで落ち込んでいる凛々子に大塚は埼玉地検の同期に頼み捜査資料を持ってきた。

真犯人の新情報も出たと言う。

港南支部全員で調べていきネットの痴漢サイト上で村井らしきハンドルネームを見つける。

事件と同じ日の電車で痴漢行為をした犯人が村井であるとわかったことで動き出す凛々子と相原。

被害者の高校、秀麗女子高の生徒の事件当日に電車に乗っていた生徒への聞き込みをしている中で事件以来休んでいる生徒がいると情報が入る。

休んでいた生徒坂下あゆみの家に行って聞くと被害に遭っていたことがわかり顔も村井だったと証言する。

明くる朝、坂下あゆみの母親から連絡がありあゆみが被害届けを出すと言ってきたのだった。

取り調べで再び村井に話を聞くことになり被害届けが出されたことを告げる。

『正義のセ』第9話の感想

凛々子はピンチでしたね。

あの村井の最初の態度は何だったんでしょう。

検察が無実を証明してくれると思ったとか最後のシーンもでしたが痴漢の言い訳ほど恥ずかしいもんはないなと思いながら見てました。

被害届けが出されたことを言われ固まってましたが、その前までの「そんなこと出来んだろ」的な思われ方をされてる感じに腹立たしかったです。だから今回の被害者の坂下あゆみの勇気に乾杯したい気分でした。

大塚が持ってきた捜査資料がお手柄でしたね。

あの凛々子を心配してからのあの行動はカッコ良かったです。

今回は家族もわちゃわちゃ感が少なく凛々子を励ますために遅くまで起きていたり好物のものが並んでいたり浩市の言葉だったり家族の支えって大事だなって感動してしまいました。

あと「もっと強い検事になる」の梅宮の言葉が好きでした。

ペンネーム:真凛(40代・女性)

ふないちろう

『正義のセ』第9話のあらすじネタバレ

電車内で、痴漢行為をしたとして、村井という男が捕まった。

犯行を認めたため、凛々子は、送検した。

しかし、別の痴漢事件で捕まった男のDNAが一致した。

すると村井は、無理矢理証言させられたと言った。

凛々子は、冤罪を起こしてしまったのだった。

落ち込む凛々子に、港南支部の仲間や、家族は、心配をした。

相原は、取調の様子のビデオを検証するが、凛々子に間違いは見られなかった。

そして、大塚をはじめとした港南支部のみんなによって、ネットのサイトに、痴漢グループの書き込みを見つけ、村井が逮捕された時期と同時に、書き込みがなくなった人物がいることがわかった。

もしかすると、別の痴漢の被害者がいたのではないかと、女子高生を探し始めた。

すると、事件の日から、高校を休んでいる生徒がいることがわかった。

その生徒から、痴漢にあっていて、それが村井であると証言をした。

迷被害届が出され、村井を再び調べることになった凛々子。

スカートから、村井のDNAが検出された。

すると、村井は、痴漢行為を、そんなことぐらいと、発したその言葉に凛々子は、女子高生の気持ちを傷つけた大きな事だということをぶつけた。

凛々子は、検事という仕事の奥深さを改めて知るのだった。

『正義のセ』第9話の感想

満員の電車内での痴漢行為は、女性にとっては、許せない行為です。

そんな中、凛々子が担当した女子高生に対する痴漢の犯人であると自供した村井。

しかし、別に捕まった男が犯人であるとわかると、村井は、冤罪であるといい始めます。

自分が犯人でないのなら、なぜ、最初から否定しなかったのでしょう。

冤罪を起こしてしまったと落ち込む凛々子でしたが、相原達の協力よって、村井が、別の女子高生に痴漢していことが発覚します。

痴漢にあったことを証言するというのは、とても勇気がいることですよね。

それなのに、凛々子の取り調べで、村井は、痴漢をしたことを、「それぐらいのことで」と、発言します。

凛々子は、女子高生の気持ちを代弁します。

村井が、罪の重さを認識していないとは、とても恐ろしいことです。

凛々子にとっては、重い事件でしたが、検事として、ひとまわり大きくなれたのではないでしょうか。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『正義のセ』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『正義のセ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA