正義のセ6話あらすじネタバレと感想!お茶目な大塚がかわいい!

  • この記事を書いた人:てつや
吉高由里子主演・2018年春ドラマ『正義のセ』
ドラまる
ドラマ『正義のセ』第6話が2018年5月16日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
第6話で凛々子が担当したのは、オレオレ詐欺。

しかも凛々子の友人で弁護士の美咲の登場で、バトルも勃発!?
果たして、どうなってしまうのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじネタバレと感想

同期のユキの結婚披露パーティーに出席した凜々子(吉高由里子)。そこで凜々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と再会をします。

その翌日、凜々子はオレオレ詐欺事件を担当することに。

今回の被疑者である大学生の浅田謙人(岡山天音)は、アルバイト感覚で手を出してしまったがオレオレ詐欺だとは知らなかったと言います。更に、反省している様子も。

そんな中、港南支部に美咲が現れます。美咲は、浅田を釈放するよう求めてきました。確かに、浅田が本当に何も知らずにオレオレ詐欺に荷担したなら釈放に値しますが、検事という立場上そう簡単にに釈放するわけにもいかない凜々子は、美咲の頼みには応えられないという決断を。それが、原因で凜々子と美咲は険悪なムードになってしまいました。

その後も浅田について調べていかなければならない凜々子は、美咲と険悪なムードになってしまったことに葛藤。そんな中、相原(安田顕)は浅田が高価な鉄道グッズを持っていたことに気付きます。更に、浅田の自宅にたくさんの高価な鉄道グッズがあることを知った凜々子と相原は、浅田がオレオレ詐欺の常習犯ではないかと疑います。

しかも、浅田は他の大学生に代返をしていたことも発覚。

これはかなり怪しいですね。

一方、浅田から小林という友人がいることを聞いた美咲は、小林の元へ。そこで浅田が真面目な人物であることを証言してもらう約束を取り付けますが、その直後たまたま小林が怪しい電話をしているところを発見してしまいます。

凜々子に自分が間違っていたかもしれないと電話で言い残した美咲は小林の後をつけます。

そして、凜々子や相原の助けも借りて、美咲は浅田や小林たちがオレオレ詐欺に直接関与していた証拠を突き止めました。

というのが、第6話の大まかなあらすじ。

今回は、凜々子と美咲の友情も見どころでした。

検事と弁護士って真逆な立場ではありますが、凜々子と美咲が似た者同士というところが面白かったです。

また、相原のヲタクな部分もどんどん出てきていますね。相原のキャラも回を重ねる毎にいい味出ています!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第6話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/koitaroudes/status/996771428182540289

ドラまる
回を追うごとに大塚や相原のキャラが濃くなっているところがいいね!
ラマちゃん
お茶目な大塚は初回とのギャップがあって尚更いいわね!

ドラまる
第4話のように被疑者がいい人というパターンもあるけど、第6話の学生は違ったみたいだね。
ラマちゃん
詐欺は人の命を直接奪う犯罪ではないかもしれないけど、自殺に追い込む可能性もあるし決して軽い罪ではないわね。

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『正義のセ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『正義のセ』6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじは?

2018年5月23日(水)放送のドラマ『正義のセ』第7話のあらすじをご紹介します。

ある保育園で、保育士が目を離したすきに園児が大ケガを負った。園庭の遊具から落下した事故と思われたが、園児の父・小峰雄一(近藤公園)は園側の説明に納得がいかず、被害届を提出。凜々子(吉高由里子)がこの事件を担当することになり、バツイチ子持ちの相原(安田顕)は、「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」といつになく熱くなる。そんな相原の様子を不思議に思う凜々子。

ケガをした園児・宏尚(佐藤令旺)は回復したが、事故当時の事を話そうとせず、小峰の「普段から小さなケガが多かった」という証言から、虐待の可能性も出てくる。
「もし虐待があったとしたら許せません」と相原は、いっそうこの案件にのめり込むのだった。凜々子と相原は保育園に行き園長・瀬川弥生(朝加真由美)から話を聞くと、「不慮の事故だった」と謝罪しながらも、保育園の過失を否定する。保育園の言い分にも理があると考え、凜々子は悩むのだった——。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され竹村家の明るい家族団欒の雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語るのだった。そして、ちょうどその時、元妻から連絡があり娘と会う約束をし、浮かれる相原だったが・・・。

翌日、凜々子は宏尚の聞き取りを始めると、意外な事実が明らかになる!
単なる事故か?それとも保育園側の過失による傷害致傷か?
そして、相原と娘の関係は?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじネタバレと感想、第7話のあらすじをご紹介しました。

第6話では凜々子と美咲の友情のお話でした。

ですが、少しずつではありますが、大塚との恋愛ネタも絡んできています。

なんとなく、大塚とはそこまで進展しない気もしますが、この2人の絡みも気になりますね。

もしかしたら、今後完全な恋仲に!?

ドラまる
だんだん大塚のクールだけじゃない一面が現れてきているよね。
ラマちゃん
意外と凜々子と大塚はお似合いなのかも?

キスネタは今回で終わりそうだけど、凜々子と大塚がもっと事件担当でがっつりタッグを組んだら面白そうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA