正義のセ5話あらすじネタバレと感想!凜々子と大塚に恋の予感?

  • この記事を書いた人:てつや
吉高由里子主演・2018年春ドラマ『正義のセ』
ドラまる
ドラマ『正義のセ』第5話が2018年5月9日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
第5話で凛々子が担当したのは、転落死事件。

事件なのか事故なのかが争点になりそうね!

こちらの記事では、ドラマ『正義のセ』第5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第5話のあらすじネタバレと感想

凜々子(吉高由里子)は、支部長の梅宮(寺脇康文)から神奈川医大で女性職員の転落死事件について任されます。

今回の被害者である三宅香織(佐藤めぐみ)は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務めており、高嶋の研究室の窓から転落したとのこと。自殺の場合は、プールに飛び込むみたいに勢いよく落ちるため窓から離れた場所へ落ちるケースが多いのに対し、香織が発見された場所は窓から2mという自殺と断定するには微妙な状況でした。

事件現場視察後、凜々子と相原(安田顕)は、高嶋から話を聞くことに。そこで、高嶋は自分と香織が不倫関係にあり、香織の死は別れ話をした直後の出来事だったことから香織が自殺をしたのだろうと打ち明けます。

その後、香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから高嶋は殺人容疑で逮捕されますが、高嶋は容疑を否認。凜々子は何故、不倫をしていた事実を自ら打ち明けたのかが引っ掛かっていました。

もしかしたら、高嶋には他に隠したい事実があるのでしょうか?

そんな疑問を持ちつつ神奈川医大の関係者から話を聞きに行った凜々子と相原はとんでもない事実を知ることに。なんと、香織と高嶋の不倫関係はとっくに終わっていたというのです。

やはり、高嶋は何か隠してそうですね。ということは、香織が高嶋の研究室へ行ったのは他の理由で行ったということになります。

ますます怪しい高嶋ですが、高嶋にはアリバイがありました。香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張していて、茂木も同じ証言をしていたのです。

しかしそんな中、新たな事実が判明。高嶋は茂木と不正な金のやり取りがあり、それを知った香織が高嶋へメールを送っていたことが分かりました。

つまり、高嶋は自分の不正疑惑を香織に知られたことで彼女を呼び出した可能性が極めて高いということになります。

これにより、梅宮の提案で凜々子は大塚(三浦翔平)と共同で事件を担当することに。

これで香織は高嶋に殺害された可能性が濃厚となりますが、高嶋にはアリバイが。

スーパー銭湯の従業員に話を聞いた凜々子たちは、高嶋と茂木がスーパー銭湯にいたことは確認。しかし、何時にいたかまでは分からず。高嶋がスーパー銭湯に入館した時間が分かれば彼のアリバイを崩せるという歯がゆい状況となります。

その後、入館時のチケットに入館時の時間が表示されていることに気づいた相原のおかげで、高嶋のアリバイを崩すことに成功。

というのが、第5話の大まかなあらすじでした。

高嶋は最初から怪しい雰囲気でしたが、やはりという感じでしたね。

今回はかなりベタな展開でしたが、単純明快なドラマなのでこれもありではないでしょうか。

次回も楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第5話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/6CkwYuP0HVoWZHN/status/994248318925529088

ドラまる
キスに動揺している大塚が可愛かったね!
ラマちゃん
普段のクールな印象とのギャップがまたよかったわね!

ドラまる
確かに、木下さんの関西弁は胡散臭かったかも…。
ラマちゃん
役の影響もあっただろうけど、かなり胡散臭かったわね。

ある意味、ハマってたということかも!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『正義のセ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『正義のセ』5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじは?

2018年5月16日(水)放送のドラマ『正義のセ』第6話のあらすじをご紹介します。

凜々子(吉高由里子)は、同期・ユキの結婚披露パーティーに出席。全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティーは大いに盛り上がる。
そこで凜々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と久しぶりに再会する。

大学時代からずっと助け合いながら勉強してきた似た者同士の二人だったが、進路を決める際、それぞれの正義を貫くために検事と弁護士という違う道を選んだのだった。披露宴の帰り、凜々子は美咲を自宅に招き、竹村家みんなで歓迎する。凜々子と美咲は、お互いの近況を報告。そして恋バナになると、なぜか大塚(三浦翔平)とキスするシチュエーションが凜々子の頭に浮かぶのだった。

翌日、出勤した凜々子は相原(安田顕)から、飲み会で酔っぱらって寝てしまった時に大塚にキスしたことを知らされる。凜々子は、大塚と顔を合わせると、意識するように。そんな中、オレオレ詐欺の被疑者が送致されてくる。凜々子は「オレオレ詐欺グループを一網打尽にしてやる!」と張り切る。被疑者は、大学生の浅田謙人(岡山天音)。彼は凜々子の取調べに対して、「軽いアルバイト感覚でやってしまっただけで、詐欺に加担しているとは知らなかった」と主張し、反省した態度を見せる。

そして浅田を担当する弁護士として港南支部を訪れたのはなんと、美咲だった。美咲は、浅田の釈放を要求。しかし、凜々子は検事として浅田を釈放できるだけの材料がなく、拒否。美咲は浅田の言い分を信じ「ある意味、彼もオレオレ詐欺の被害者と言える…」と、徹底的に守る姿勢にでる。真っ向から対立する凜々子と美咲。二人は立場の違いから、激しくぶつかり合うことに…。それぞれの信念を抱いて追及する、オレオレ詐欺事件の真相とは!?
そして、正義のために、固い友情で結ばれていた二人の絆は切れてしまうのか!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『正義のセ』第5話のあらすじネタバレと感想、第6話のあらすじをご紹介しました。

今回の見どころは、何と言っても凜々子と大塚と急接近ではないでしょうか。

この2人はいずれ何かあるだろうと思ってましたが、まさかキスとは!

今後も凜々子と大塚のラブ要素は続きそうですね。

ドラまる
凜々子と大塚は結ばれてほしいね!
ラマちゃん
この2人の絡みならむしろ大歓迎よね!

事件ももちろん気になるけど、凜々子と大塚の恋の行方も気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA