ドラマ【正義のセ】3話ネタバレと感想!凜々子と優希の結婚の行方は?

  • この記事を書いた人:てつや
吉高由里子主演・2018年春ドラマ『正義のセ』
ドラまる
ドラマ『正義のセ』第3話が2018年4月25日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
第3話で凛々子が担当したのは、結婚詐欺。

しかも、優希からプロポーズを受けるようだけど…果たして、凛々子はどんな答えを出のかしら?そこも必見ね!

こちらの記事では、ドラマ『正義のセ』第3話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第3話のあらすじネタバレと感想

同期の検事で親友でもある順子と朋美に婚活パーティーに参加することになった凜々子(吉高由里子)。優希(大野拓朗)という大事な彼がいながら婚活パーティーに参加することに後ろめたさを感じていた凜々子でしたが、優希から連絡が入り、凜々子はすぐに優希の元へ。

そのまま優希の部屋にお泊まりをして出勤した凜々子は、浮かれ気分のままでした。

そんな中、今回凜々子が担当することになったのは結婚詐欺。

今回の被害者である沢井七美(磯山さやか)は、婚活パーティーで知り合ったIT企業社長の藤堂と知り合い、結婚する約束をしたとのこと。実際に、結婚式場の予約もしたとのことでしたが、その直後、七美は藤堂から会社の事業のトラブルでどうしても1000万円が用意できないと会社を畳まないといけないと聞かされます。

結婚する相手ならと1000万円を渡してしまいましたが、そのあと藤堂は音信不通に。彼が経営していたという会社も存在していなかったことを知った七美は警察へ被害届を出すことに。

また、藤堂というのも偽名で本名は鈴木正夫(三浦貴大)ということも判明。

その後、横浜地検に送致されてきていた鈴木は、七美のことは本当に愛していた、七美からお金なんて受け取っていないの一点張り。

人の気持ちを証明するのは困難なことや鈴木が予想以上に手強いことから、結婚詐欺事件の基礎の難しさを痛感します。

確かに、そういった意味では結婚詐欺の立証って難しそうですね。

とにかく、鈴木を基礎するには七美から1000万円を受け取ったという証拠を見つけ出さなければなりませんが、なかなか証拠が出てこず。

そんな中、凜々子は優希から食事に誘われレストランへ。

そこで優希からプロポーズを受けた凜々子でしたが、偶然そのレストランで鈴木が女性といるところを発見。このレストランは、以前鈴木が七美に花束をプレゼントしたレストランでした。

今、鈴木を尾行すれば鈴木を起訴する何かを掴めるかもしれないと思った凜々子は優希を置いて鈴木を尾行することに。

その女性の証言から、鈴木とその女性が付き合っていた時期と鈴木と七美が交際していた時期が被っていたことが判明。

七美を本気で愛していたというのが嘘ということは分かったものの、七美から1000万円を受け取った証拠はまだ出ず。

しかし、鈴木の取り調べ中の発言からついに1000万円の隠し場所を見つけた凜々子は鈴木を無事起訴することに成功。

これからは仕事も恋愛も頑張りたいという七美の言葉を聞いて、自分ももっと優希と向き合わなければ…と思った矢先、なんと優希から別れを告げられてしまいます。

というのが、第3話の大まかなあらすじです。

今回は、何と言っても優希と凜々子の別れが衝撃的でしたね。

確かに、優希からのプロポーズ中に凜々子からその場を離れてしまったのは気の毒でしたが、こんなあっさり別れを切り出してくるとは。

しかし、これで凜々子と優希の関係は終わり?

もう、優希の出番もないのでしょうか?

そこら辺も含めて、今後の展開が気になりますね!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第3話のネットの反応や評価は?

ドラまる
優希の決断にもやもやしている視聴者がたくさんいるようだね。
ラマちゃん
徐々にスレ違いが生じるならともかく、突然別れを切り出したのは、やはり納得いかないんじゃないかしら?

優希には検事として頑張る凜々子を側で支えてほしかったと思うわ。

ドラまる
逆の意見もあるね!
ラマちゃん
プロポーズは大事な場面であることも事実よね。

価値観の問題もあるし、優希に共感する声も分からなくないわね!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『正義のセ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『正義のセ』3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『正義のセ』第4話のあらすじは?

2018年5月2日(水)放送のドラマ『正義のセ』第4話のあらすじをご紹介します。

横浜地検港南支部では、一か月遅れで凜々子(吉高由里子)の歓迎会が行われる。事務官たちから大塚(三浦翔平)や徳永(塚地武雅)の取調べテクニックを聞き、「私にもそんな取調べできるのかな」と感心する凜々子。だが、相原(安田顕)から「まだまだでしょうね」と言われ、「一日も早く、相原さんが安心できるような検事になってみせます!」とやる気に火が点くのだった。

凜々子は、若者がバイクで老人をはねて死亡させた交通事故案件を担当することに。被害者の佐藤忠徳は妻のフネ(茅島成美)と散歩中に横断歩道を渡っていたところ、信号無視をした勝村弘(白洲迅)が運転するバイクにはねられて死亡した。「厳しい罰を与えてほしい」と訴えるフネの思いを受け、勝村の取調べを始める凜々子と相原。だが、勝村は容疑を全面的に認めるが、「事故のことはあまり覚えてない」と、多くを語らない。

起訴判断に悩んだ凜々子は、勝村の人となりを知るため、彼が料理人見習いとして働くレストランへ向かう。すると、同僚たちから勝村の意外な一面が明らかになり……。
大切な人を失ってしまった被害者家族の思い、そして、命を奪ってしまった被疑者の思い――。凜々子は、事件を取り巻く人たちそれぞれの思いを受け止めて、検事として正しい判断を下すことができるのか?

さらに、竹村家でも妹・温子(広瀬アリス)がある騒動を持ち込む!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『正義のセ』第3話のあらすじネタバレと感想、第4話のあらすじをご紹介しました。

今回の見どころはやはり、凜々子と優希の別れだったのではないでしょうか。

忙しくても結婚すれば会えないことはないからと言ってプロポーズをしたことを考えると、優希の発言は矛盾しているようにも感じますし…。

むしろ、凜々子と優希の関係はこれからと思っていだけに、ちょっともやもやしますね。

ドラまる
凜々子の恋愛ネタはもうないのかな?
ラマちゃん
優希との別れをきっかけに、大塚と恋仲になるとかあるのかしら?

それはそれで楽しみかも?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA