ドラマ【正義のセ】1話の感想とあらすじネタバレ!ベタだけど面白い!

  • この記事を書いた人:てつや
吉高由里子主演・2018年春ドラマ『正義のセ』
ドラまる
ドラマ『正義のセ』第1話が2018年4月11日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
吉高由里子さんの日テレ水10枠出演は「東京タラレバ娘」以来、約1年ぶり。

今回は、検事役とのことだけど、原作もある作品なだけに、原作ファンとしてもチェックしておきたいドラマね!

こちらの記事では、ドラマ『正義のセ』第1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第1話のあらすじネタバレと感想

横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事・竹村凜々子(りりこ/吉高由里子)。

赴任した港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)そして、凜々子とバディを組む担当事務官の相原(安田顕)。

凜々子も熱いキャラですが、個性的なキャラ揃いの港南支部ですね!

特に、相原は安田顕さんが演じているだけあり、かなり個性的でクセがあります。

そんな相原と取調べに臨む凜々子ですが、取り調べの中で喜怒哀楽を出しすぎてしまい、早速相原からダメ出しを受けることに。

そんな凜々子が、傷害事件を担当。

建設会社に勤める向井(浅利陽介)は上司の恩田(石黒賢)からパワハラを受けており、居酒屋で飲んだ帰りに、路地裏で恩田から暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったと被害届を出していました。

ところが、恩田を取り調べてみると、事実はむしろ逆で向井が自分を陥れるために嘘をついたのではないかと言います。

実際、取り調べの印象からは恩田が部下に暴力を振るうようには見えませんでしたが、相原からどちらかが嘘をついていることだけは事実だと言われた凜々子は、向井から直接話を聞くことに。

そこで、当日の状況や恩田が自分をパワハラするようになったきっかけなど、事件に至るまでの経緯を詳しく聞いた凜々子は、思わず向井の前で、向井を信じると言ってしまいます。

それから、恩田の嘘を暴いて恩田を起訴出来るよう動こうとしますが、恩田が向井を暴行した証拠は見つからず。

起訴出来るだけの証拠がなければ、検事は起訴することは出来ないと梅宮らに告げられた凜々子は、葛藤します。

このシーンはなかなか印象的でしたね。

今回は初回ということで登場人物紹介的な感じでしたが、凜々子の正義感と検事としての在り方とのギャップに苦悩する凜々子が印象的でした。

しかし、事態は更に深刻化し、向井が被害届を取り下げようとしていることを知った凜々子は、もう1度、事件を一から洗い直すことを決意。

そして、ついに恩田が嘘をついている証拠と恩田が向井にパワハラをするようになったきっかけを裏付けるものを見つけ、恩田を起訴することに成功。

…というのが、1話の大まかなあらすじでした。

いかにも日テレ水曜22時ドラマ!という空気感の、ベタな1話完結モノではありますが、単純明快且つ爽快感もあり、個人的にはとても楽しめた『正義のセ』第1話でした。

凛々子と相原のコンビもいいですね。

『正義のセ』第2話も、楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
検事のドラマというと、やっぱり木村拓哉さん主演のあのドラマを連想しちゃうよね。
ラマちゃん
「HERO」とどこまで違った魅力を出せるかというのも、このドラマの見どころになりそうね!

ドラまる
凜々子のキャラに好感を持ってる方が多いようだね!
ラマちゃん
日テレ水10枠は、「ハケンの品格」とか働く女性がメインのドラマがヒットする傾向にあるけど、『正義のセ』もその系統の代表作になるかしら?

ドラまる
凜々子と相原のコンビも、見どころになりそうだね!
ラマちゃん
これからもっと息の合う名コンビになりそうね!

脇役がいい味出してるところも、『正義のセ』の魅力じゃないかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』第2話のあらすじは?

ここでは、2018年4月18日放送のドラマ『正義のセ』第2話のあらすじをご紹介します。

ある日曜日、凜々子(吉高由里子)は優希(大野拓朗)と3ヵ月ぶりのデートをしていた。
しかし、徳永(塚地武雅)から「日直の仕事を変わってほしい」と連絡が。凛々子はすぐ仕事に行かなければならなくなり、またしてもデートはお預けになってしまう。

そんな中、凜々子は梅宮支部長(寺脇康文)から初めて殺人事件を任され、「頑張ります!」と大張り切り。相原(安田顕)は、張り切り過ぎると空回りする凜々子を心配して「常に冷静に落ち着いて」と釘を刺すのだった。

殺人事件の被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。「夫の暴力から身を守るためだった」と殺意を否認するかれんの話を聞き、思わず同情する凜々子だったが、相原は、かれんに疑いを抱く。かれんには19歳になるまりあ(矢作穂香)という一人娘がいたが、娘がどこに住んでいるのか知らないと供述しており、「母親が、19歳の娘の居場所が分からないなんて」と、娘への態度に違和感を覚えるのだった。

その後、かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていく。凜々子は供述の矛盾をかれんに突き付け、自白に追い込もうとするが……。

公式サイトより引用

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『正義のセ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『正義のセ』1話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『正義のセ』第1話あらすじネタバレと感想、第2話のあらすじをご紹介しました。

ドラマ全体の展開もすっきりする内容でしたし、主人公・凜々子役の吉高由里子さんにも個人的には好感が持てました。

これから、更に期待できるドラマではないでしょうか?

ドラまる
最終回までに、凜々子がどこまで成長するのかにも注目だね!
ラマちゃん
凜々子の成長を見届けていきたいわね!

そうなると、相原たちが凜々子に巻き込まれながらも、凜々子を認めていく姿も見どころになるんじゃないかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA