おっさんずラブ5話ネタバレと感想。Can you “Coming Out”?吹き荒れる恋の嵐

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年春ドラマ『おっさんずラブ』第5話が2018年5月19日(土)に放送されました。

ドラまる
「おっさんずラブ」も折り返しの第5話!

今日は、色んな方向に恋の嵐が吹き荒れてしまいそうだよ!

ラマちゃん
そうね!

私にもこの恋の終着駅がわからなくなってきてしまったわ。

どんでん返しに次ぐ、どんでん返しで、ハラハラが止まらない!

さ~今回も一緒に、物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年春ドラマ『おっさんずラブ』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『おっさんずラブ』第5話のネタバレ有りのあらすじと感想は?

急展開!?男同士で付き合うって?

牧凌太(林遣都)は、春田創一(田中圭)と荒井ちず(内田理央)の絆の深さに、春田の家を出て、元カレである武川政宗(眞島秀和)の所で世話になると言い出しました。

春田は、突然のことに動揺し、シャワーから出てきた上半身裸のまま、慌てて牧を羽交い絞め、引き留めます。

タイミング悪く帰宅したちずも動揺を隠せず、飛び出します。

そんなちずの姿を見て、冷静さを取り戻した春田と牧。

牧は、なぜ自分を引き留めたのかと尋ねますが、正直、春田自身もなぜそうしたのか、自分の気持ちが良く分かっていません。

牧は、春田とちずはお似合いだと話しますが、春田はちずとはそういうのじゃないと、頑なに否定します。

そんな春田を見た牧は、最後のチャンスとばかりに切り出します。

「じゃぁ、付き合ってください。何もないなら、いいですよね?春田さん。俺と付き合ってください。」

牧の勢いに押されに押された春田は、

「はい…。」

と、思わず返事をしてしまうのでした。

『神様…付き合うとは、この場合、どのような意味を指すのでしょうか。』

思わずOKを出してしまった春田ですが、ふと我に返り、牧に色々質問をしてしまいます。

  • 男同士で付き合うっていうのはどういうこと?
  • 牧にとって俺は、彼氏なの?彼女なの?

初めて彼女ができたかのような春田の姿に、思わず吹き出した牧は、そのまま風呂に行ってしまうのでした。

一方、思いがけない春田と牧の姿を見てしまい、夜の街へ飛び出してしまったちずは、動揺する自分の気持ちに動揺していました。

そして、落としてぐちゃぐちゃになってしまった3人で食べるはずだったケーキを1人、食べるのでした。

~数日後~

春田は、わかりやすく挙動不審であり、その姿はクラスメートに内緒で付き合い始めたカップルのような行動をとり始めます。

その度に、牧は傷ついた表情を隠すのでした。

トップシークレット案件

会社に出社するやいなや、武川から部長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の妻である黒澤蝶子(大塚寧々)が、担当を変えてほしいといってきた苦い表情で伝えます。

もちろん春田には、心当たりありまくりですが、武川には言えません。

担当は、後輩の栗林歌麻呂(金子大地)になったと告げられるのでした。

その直後、春田が武蔵からの想いを断ってから、初めて部長室に呼び出されました。

春田は、思わず「やっぱり諦められない。」とか言われるのではと、戦々恐々とした気持ちで、部長室に入ります。

しかし、武蔵の話とは、とあるトップシークレット案件でした。

それは、バラエティーで人気沸騰中の俳優・剣崎達巳(永瀬匡)のマンション探しをアテンドしてほしいというものです。

この物件の情報が、マスコミにばれないように事務所がナーバスになっていることもあり、秘密裏に動いてほしいというのです。

誰か他の奴にやれせるか?と聞く武蔵に、春田は意気揚々と自分がやると返しました。

部長室を出た春田は、

『いつも通りの部長…。かっけーな。何考えてんだ俺は?』

と、安堵の表情を浮かべます。

しかし、部屋を出て行った春田の背中を見つめ、武蔵は寂しげな表情を浮かべ、涙を堪えると、

「はるたん…」

と、呟くのでした。

その頃、春田から蝶子の案件を引き継いだ麻呂が、蝶子を連れて内見に来ていました。

そこで蝶子は、武蔵はフラれてずっと家で泣いていると話します。

麻呂は、フラれたなら離婚する必要はないのではと尋ねますが、蝶子は、フラれたからといって、武蔵の気持ちが自分に戻ってこないと言います。

そんな蝶子を見つめ、「深いっすね。」とつぶやく麻呂を見て、蝶子は少し笑うのでした。

ある意味、麻呂の軽さが気楽だったのかもしれません。

春田は、早速武蔵から預かったトップシークレット案件の内見に向かいます。

マンションの説明をしていく中で、裏口の説明をしていると、廊下の向こうから人影が…。

その人影は、本社からの密命を受けた牧とお客の女性です。

その女性は、清純派朝ドラ女優・室川檸檬(生駒里奈)でした。

檸檬の事が「可愛い、可愛い。」という春田に、ため息をつきつつも、牧は春田に告げました。

実は、剣崎と檸檬は密かに付き合っており、マスコミの目をごまかすため同じ物件に引っ越そうとしているという事を。

つまり、このことがマスコミにばれると、相当やばい案件であり、責任重大であることを実感します。

気楽そうな剣崎に対して、檸檬は非常に警戒心が強く、質問攻めにあったことを話す牧。

驚いた春田は、牧に尋ねます。

「じゃあさ、もし、これバレたらさ、俺たちクビかな?」

「一瞬で。」

恐怖におののきコソコソと話している春田と牧の姿を見つけた武川は、いらだたし気に、牧に客が来ていることを告げます。

牧が、対応に向かい、春田も自席に戻ろうとすると、突如、武川が足で壁ドンをかまし、

「飯行こうか。」

と、睨まれるのでした。

恋の嵐が吹き荒れる!?

なぜか、屋上で2人ランチをすることになってしまった春田と武川です。

武川は、牧と付き合っているのかと、何のためらいもなく尋ねました。

思わずお茶を吹き出し、せき込んでいると、春田の弁当を覗き込んだ武川は、春田の弁当にはサラダが無いとほくそ笑みます。

それを見た春田は、慌てて牧と自分はただのルームメイトだからではないかと、武川の疑問に返します。

すると、鋭いまなざしを向けた武川は、春田に告げます。

「手を引いてくれ。お前がそばにいるから、あいつはいつまでも諦めきれないんだ。お前に、その気がないなら、離れてやってくれ。」

武川と牧は、4年ほど前に付き合っており、牧が大学4年時のOB訪問にやってきたのが、出会いのきっかけでした。

最初は、ほとんどしゃべらない牧に、苛立ちよい印象を持てなかった武川ですが、実は武川の書いたOBインタビューに感銘を受けて、OB訪問に来たという牧に心を開いた過去を話します。

そして、牧は自分に惚れて入社してきたこと、付き合い始めたが、本社勤務の牧と営業所勤務の武川はすれ違いの生活の中で、別れを選んだことを語り、

「頼む!牧から手をひいてください。お願いします!俺…俺が…俺が…俺があいつじゃないとダメなんだよ!俺が、あいついないとダメなんだよ!お願いします!お願いします!」

と、深く土下座をし春田に頼み込むのでした。

帰り道、武川の姿を思い出しながら、武川のために自分が牧から手を引くという事について考えていました。

しかし、それは「嫌だ」と感じた自分の気持ちに、春田は首をかしげます。

その時、あの夜以来に、帰宅途中のちずと遭遇しました。

何となく気まずいながらも、ちずは家の中も片付いたこと、お店も明日には再開することを伝えました。

春田は、何となくちずと麻呂が「夢の国」デートに行けたのかと尋ねますが、ちずに急な仕事が入り、結果としてはいけなかったのでした。

何となくホッとする春田ですが、穴埋めをしなくてはというちずに、何となくモヤモヤしてしまいます。

そんな2人の後姿を見つけてしまった牧は、複雑な思いを抱くのでした。

その夜、ちずと麻呂がいい雰囲気だが、いつちずのダメ女ぶりがばれてフラれるかと笑い、ちずの話ばかりしています。

何となく話を切った牧は、一緒に買い物に行こうと誘います。

そして、

「俺、彼氏が服ダサいとか、ちょっと耐えられないんで。」

と、笑います。

それは、精一杯の牧から春田へのデートの誘いでした。

そんな、牧の切ない恋心に、超絶鈍感な春田が気づくわけもありません。

『彼氏だったんだ、俺。』

見当はずれな感想を抱く春田でした。

その頃、蝶子は武蔵に離婚届を渡していました。

蝶子は、春田にフラれて落ち込み続ける武蔵に引導を渡したのです。

そして、1回フラれたくらいなんだ、自分は何回武蔵をフッたと思うのだと発破をかけます。

春田を諦めるなと背中を押し、一緒に離婚届を出しに行こう、「最後のデート」だというのでした。

翌日、買い物に出かけた春田と牧です。

お店で、春田の選んだ服を試着していきますが、どれも牧のお眼鏡にはかないません。

いや、春田以外の誰のお眼鏡にもかないません。

痺れを切らした牧は、自らがコーディネートした服を着せました。

春田は気恥ずかしそうにしていますが、牧は嬉しそうに写真を撮ります。

今度から牧に全部服を選んでもらうと、ニコニコして春田は言いますが、牧は、いい大人なんだから、自分に似合う服位把握しておけといいながらも、終始嬉しそうにしていました。

同じ頃、「夢の国」デートの埋め合わせをしているちずと麻呂の姿がありました。

そんなちずの携帯には、牧が撮った春田のキメキメ写真が届いていました。

思わず吹き出しながら、麻呂に見せるちずです。

春田の様子に、ドン引きしている麻呂ですが、そこからちずの話題は春田の話ばかり。

春田の携帯にも、表参道で麻呂とパンケーキという返信が入ります。

それを見た春田は、牧に「ちずが近くにいるから、合流しようか!」と、言ってしまいます。

牧は、春田にとって、これはデートではないと突きつけられたようで、深く傷つきますが、大人な対応で大丈夫と言います。

その時、後ろから押された牧が、ふらついて春田にくっついてしまいます。

思わず春田は、その手を振り払い、もう少し離れておけと言ってしまいます。

そこで、寂しさがあふれてしまった牧は、

「俺は、春田さんにとって、恥ずかしい存在なんですか?」

と、強くいってしまいます。

しかし、春田が返事をする前に、牧の携帯には舞香からのヘルプ要請が入ってしまい、仕事に向かわなくてはいけなくなってしまいました。

その場を離れる牧の背中を、春田は複雑な思いで見つめるのでした。

ちずと麻呂の方も、段々とちずの気持ちに気づいてしまった麻呂は、「次の予定」があるからと席を立ってしまいます。

そして、

「俺と会ってるのに、春田さんの話ばかり。もしかして気づいてなかったんですか?最後にアドバイス。春田さんみたいな超絶鈍感な人には、ドストレートに言わないと、一生伝わらないですよ。」

と、言い店を後にするのでした。

一方では、武蔵と蝶子が役所に、離婚届を提出に来ていました。

あっさりと受理された離婚届に、蝶子は、役所は愛想が無いと怒っています。

それを見た武蔵は思わず微笑み、婚姻届を提出した時も、蝶子はそうだったと言います。

蝶子は、最後に「あそこ」に行こうと言うのでした。

牧と別行動になった春田は、同じく麻呂にフラれたちずを海辺に呼び出しました。

痛い所を突かれたちずは、春田の服装に話を向けます。

春田は、牧に選んでもらった服だから牧に文句を言ってくれと言います。

思い出話に花を咲かせていると、ちずは麻呂に言われたことを思い出していました。

超絶鈍感な春田には、ドストレートに気持ちを伝えないと伝わらないということを。

ちずは、思い切って話を切り出そうとしますが、同時に春田も話を切り出しました。

話を先に譲ったちずに、春田は、牧と付き合い始めたことを、初めて他の人に話しました。

他でもない、ちずに話したのです。

ちずは驚き、自分の気持ちをしまい込むと、「よかったじゃん。」と返しました。

そして、

「春田も好きなの?」

と、尋ねました。

「まぁ、うん。」

と言われたちず。

足元には、書いていた春田と自分の相合傘が、波にさらわれて消えてしまうのでした。

春田は、譲ってもらったちずの話を聞こうとしますが、ちずは、何がいいたかったか忘れたと言います。

言えるわけがありません。

春田は、そんなちずに水を飛ばすと、お互いに水を掛け合います。

しかし、思わず涙があふれてしまいそうになった瞬間、春田の携帯には、牧から電話がかかってきました。

仕事の緊急事態で、春田も出動しなくてはならなくなってしまうのでした。

蝶子が武蔵を連れ出したのは、武蔵が蝶子にプロポーズした海岸でした。

蝶子は、2人の夫婦としての時間が始まった場所で、夫婦としての時間を終えたかったのです。

そして、

「最後のデート楽しかった。この私をふったんだから、はるたん、死んでもゲットしなさいよ!」

と、励まし立ち去るのでした。

人を好きになるということ

牧からの連絡に駆け付けた春田が、目にしたのは剣崎と檸檬の姿でした。

檸檬は、このマンションに二人で住むのは怖いと言い出したのです。

今更ながら、自分たちは付き合っているという事を春田に打ち明けた剣崎は、自分は檸檬との関係がばれてもいいと思っているという事を伝えました。

しかし、檸檬は仕事に直接影響があることを恐れていました。

剣崎は、人を好きになるのに、なぜ世間から批判されなくてはいけないのだと言います。

そして、

「人に言えない恋愛なんて、長続きしないと思うよ。」

と、春田と牧的にも痛いセリフが飛び出します。

それをきっかけに、別れ話にまで発展しかける2人を、春田が仲裁に入ります。

ついに見かねた牧が口を挟みました。

「実は、ぼくたちも付き合ってて。」

と、爆弾発言を投下します。

一瞬、流しかけた剣崎と檸檬ですが、言われたことを理解すると驚きが隠せません。

そのうえで、牧は、檸檬の「仕事の事を考えてバレたくない。」という気持ちも、剣崎の「正直でいたい。」という気持ちもよくわかると言います。

「世間は、いつだってうるさいです。でも、結局、今の自分たちにとって、一番大事なものは何かってことだと、僕は思います。」

そんな牧の言葉を聞いた剣崎と檸檬は、冷静さを取り戻します。

しかし、それもつかの間、背後からシャッター音がしました。

写真を撮られてしまったのです!

慌てて追いかける春田と牧ですが、結果、見失ってしまいます。

その頃、「居酒屋わんだほう」では、自ら手を引きましたが、恋に破れた2人が、飲んだくれていました。

そう、蝶子と麻呂です。

麻呂は、蝶子に、ちずが何故自分ではなく、春田なのか理解ができないとこぼします。

自分に負けてるところなんて一つもない、「顔も、性格も…顔も。」と。

顔を2回言ったことに、思わず吹き出した蝶子も、「元気出せ!若者!」と背中をはたきます。

そこに、空気を読めない荒井鉄平(児嶋一哉)は、良かれと思って新メニュー「肉巻きドリアン」を、サービスで出してくれました。

頼んでいないと誇示しますが、いい顔をした鉄平は「どうぞ」という、ジェスチャーをして、その場を離れます。

蝶子は、

「私もさ、大人の女でいたいから、こっちからかっこよく離婚切り出してやったのよ。でもさぁ、50過ぎても、全然大人なんかじゃないんだよね。なんでダメなの?って、あの人の顔見ると、ぐるぐる考えちゃって。」

溢れる涙を見せまいと、トイレに立つ蝶子の腕をとると、麻呂はそっと抱きしめました。

「よしよし。頑張った。ほら、心臓の音聞くと、安心するでしょ?」

と、優しく語り掛けます。

大人をからかうなと、振りほどく蝶子に、さっき自分は大人じゃないと言ったのは、蝶子だというと、麻呂は改めて抱きしめます。

そんな麻呂の優しさに、蝶子は離婚した悲しさを、涙という形でこぼすことができたのでした。

春田の爆弾発言!

パパラッチを見失ってしまった春田と牧は、うなだれます。

そんな中、牧は、剣崎と檸檬に自分たちの関係を話したことを詫びました。

春田は、牧に逆に、自分が牧を傷つけてしまったことを詫びようとしますが、

「春田さんは春田さんのペースでいいですから。形だけじゃなくて、ちゃんと好きになってもらえるように、俺、頑張りますから。」

とほほ笑みました。

春田は、そんな牧の優しさに応えるべく、

「恥ずかしくないから。牧と一緒にいることは、俺にとって、全然恥ずかしい事じゃないから。」

今の自分の気持ちを伝えると、牧が選んでくれた帽子を牧にかぶせ、歩き始めました。

嬉しさがこぼれだした牧も、そんな春田を追いかけるのでした。

翌日、テレビでは緊急会見が放送されました。

それは、剣崎と檸檬が、結婚前提で付き合っていることを報告する会見でした。

トップシークレット案件だと思っていた営業所メンバーは、驚愕しています。

誠実にファンや関係者に2人の関係を報告する姿に胸を打たれます。

しかし、ここで大変な話が始まってしまいます。

檸檬が、レポーターから、「なぜ打ち明けることにしたのか」という質問に、名前は伏せていますが、春田と牧という男性同士のカップルに出会ったことがきっかけだと言い始めたのです。

慌てた春田は、思わずテレビを消し、牧も仕事に戻るよう促します。

剣崎の言葉と牧の言葉を思い出した春田は、突然みなに話があると切り出します。

「俺たち付き合ってます。俺と牧は付き合ってます!」

一瞬にしてどよめきが営業所内に広がります。

そこへ、

「ちょっっっと、まったぁぁぁぁ!!!!」

と、武蔵も乱入してくるのでした。

ドラマ『おっさんずラブ』第5話の感想

嵐だ。

これは、「恋の嵐」ですよ!

設定も経緯も違いますが、流れとしては先週までで2年前のSPドラマの展開を終えたように思います。

ここからは、あのSPドラマの後が、描かれていく事になりそうですね。

急展開で付き合うことになった春田と牧の絶妙な距離感。

それがきっかけで気づいてしまった春田への恋心。

いつになくいいやつだった麻呂くん。

麻呂くんの恋の矢印は蝶子に向きそうですし。

(麻呂くん、お姉さんタイプが好きなんですかね?)

未練たらたらの武川さんの気持ちも痛く。

一気に、恋が動き始めて、見終わった後、どっと疲れてしまいました。(あっいい意味で)

しかし、最後の春田の暴走はすごかったですね。

牧は、別にああいうのを求めていたわけではないような気もするのですが…そこは、超絶鈍感男春田ですからね…。

そこに乱入した武蔵。

来週こそ、「おっさん」の恋の嵐注意報ですね!

ドラマ『おっさんずラブ』第5話のネット上の反応や評価

みなさまのお声が、秀逸過ぎて選びきれなかったです。

本当に、武川主任の足での壁ドンに、「足なっが!」って思いましたし、牧への想いの強さに、いい意味でドン引きしてしまいました(笑)

そして、思いがけないカミングアウトをされてしまった人気俳優と女優さんも、びっくりですよね。

俳優さんは、仮面ライダーになったこともある俳優さんですが、良い目力でした!

春田の一大決心「恥ずかしくないから」のシーンは、本当に「けしからん!もっとやれ!」と思いましたよ…。

あのシーンは、本当にキュンキュンしました。

あと、部長は元々の性格が、一途だということですね。

でも、一歩間違えると…ストー…。いやいや何でもありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラマ『おっさんずラブ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『おっさんずラブ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

Tverはこちら

auビデオパスはこちら

ドラまる
ただし、auビデオパスは携帯キャリアがauじゃないと利用できないんだよね…
ラマちゃん
全話見放題だからオススメなんだけどね…

auユーザーさん以外がお得に見る方法も含めて、以下の記事でより詳しくご紹介しているので是非チェック!

『おっさんずラブ』4話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラマ『おっさんずラブ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『おっさんずラブ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

Tverはこちら

auビデオパスはこちら

ドラまる
ただし、auビデオパスは携帯キャリアがauじゃないと利用できないんだよね…
ラマちゃん
全話見放題だからオススメなんだけどね…

auユーザーさん以外がお得に見る方法も含めて、以下の記事でより詳しくご紹介しているので是非チェック!

『おっさんずラブ』5話の動画を無料で見る方法はこちら

2018年春ドラマ『おっさんずラブ』第6話のあらすじをご紹介!

2018年5月26日(土)放送のドラマ『おっさんずラブ』第6話のあらすじをご紹介します。

「俺と牧は…付き合ってます」

春田(田中圭)の唐突すぎるカミングアウトを受け、激震が走る「天空不動産」第二営業所。

ところが…先に口説いてきたはずの牧凌太(林遣都)の様子はなんだかおかしい。

「ちょっと僕には意味が分からないです」と、そのまま営業所を出て行ってしまう。

“えええええっ、お前の方が意味分かんねぇよ!”と動揺する春田をよそに、営業所の面々は“牧に片想い中の春田が、決死の覚悟で公開告白をして、撃沈した”と誤解をしてしまう。

かたや、自分がフラれた理由が“男だから”ではなかったと知った黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は、春田への愛をメラメラと再燃させ、「打倒・牧凌太」を宣言!

離婚話を受け入れてくれた妻・蝶子(大塚寧々)とまさかのタッグを組み、起死回生のアプローチに乗り出す!

その頃、春田に恋する自分に気づいてしまった荒井ちず(内田理央)は、自分の気持ちにひと区切りをつけるために、春田に告白しようと決意するのだが…!?

そんな中、突然牧が春田に対し、衝撃的な行動に出る。なんと「“交際相手”として自分の両親に会ってほしい」と言い出したのだ!

「えっ、それ俺はどういうテイで行けばいいの?」と慌てふためく春田だが、流されるがままに牧の実家へ…。

さらには、様子がおかしかった牧が、突然倒れてしまい…?

公式サイトより引用

今週は、ちずの春田への恋心とか、蝶子の武蔵への愛とかがありましたが、来週は、ガチで「おっさん」の恋の嵐が吹き荒れますぜ!

突然、実家に行ってくれって、何か縁談でも持ち上がってるんですかね。

牧が、倒れちゃうし心配ですね。

まとめ

こちらの記事では、2018年春ドラマ『おっさんずラブ』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
いや~。

女性陣みんなかっこよくないかな?(ぽッ)

ラマちゃん
ふ~ん。

さぁ、来週は「おっさんずラブ」という名にふさわしい、恋の嵐が吹き荒れそう!

来週も一緒に楽しみましょうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA