モンテ・クリスト伯4話ネタバレと感想!寂しい人妻に仕掛けた残酷な罠

  • この記事を書いた人:黒猫葵
ディーン・フジオカ主演/2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』

2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話が2018年5月10日(木)に放送されましたね。

ドラまる
『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』の第4話が放送されたね。

今回のターゲットは、「神楽留美!」

ラマちゃん
神楽留美は、神楽清の妻でありながら、過去は入間公平の愛人でもあった女性よ。

真海(暖)は、どんな罠を用意しているのかしら。

一緒にお話を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話のネタバレ有りの感想は?

復讐~ターゲット・神楽留美~

とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席していました。

政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は、次の国有地の取引を有利に運ぼうとしています。

木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺します。

神楽は牛山に、会合のセッティングを託すと、留美を残して先に会場を出るといいます。

留美も帰ると言うと、神楽はここに残ってお偉いさんとのパイプを作れと命じました。

会場に残された留美の元に入間公平(高橋克典)から電話がかかってきて、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)について、調査を行っていたと告げます。

内容は、1年前に、投資会社をシンガポールで立ち上げたこと以外に、情報がつかめないこと、そんな真海が、なぜ自分たちにとっていわくつきの別荘を買い、呼び出したのかが謎だということを話し、留美に、「真海には近づくな」と釘を刺しました。

入間との電話を切ると、そこへ、真海が現れ、留美は驚きました。

真海は神楽に、自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)を紹介し、テナントの相談に来たと言います。

そして、安堂の相談を聞いて欲しいと、真海は留美を別荘でのランチに誘いました。

留美は、過去を思い出しつつも、真海の別荘を訪れます。

前回、来たときは体調を崩して、帰ってしまったので心配していたという真海。

そんな留美を、一生懸命に笑わせる安堂。

帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は、力になりたいと告げます。

留美と別れた安堂は、街中で待ち合わせた男に封筒に入った金を渡しています。

これで半分返したはずだという安堂に、利子を知らないのかという男は、安堂を追い詰めました。

安堂は、いい金づるを見つけたからと何とか言いくるめるのでした。

土屋(三浦誠己)は、実績もない若者に出資をして大丈夫かと真海(暖)に尋ねました。

真海(暖)は、真剣なまなざしでマリア像を見つめて言いました。

「彼は私にとって、なくてはならない存在なんだ。私のために、生まれてきた人間だ。」

入間の思惑、南条と神楽の対峙

入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めたと、突然切り出しました。

戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言い、未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ向かいます。

貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていました。

言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始めてしまいます。

その頃、絵を描いている南条明日香(鎌田恵怜奈)の元に、真海(暖)が現れました。

江田愛梨(桜井ユキ)も挨拶をかわし、近くで南条夫妻が仕事をしている事、明日花は暇なので絵を描いていたという話をしました。

明日花は、真海(暖)に、少し待ってほしいと言い、絵の続きを描き始めます。

愛梨は、幸男と仕事の話をするため、愛梨にここで待っているよう告げ、立ち去ろうとすると、真海(暖)は、「わかっているな。」と告げ、「もう勝手なことはしません。」と答えるのでした。

南条幸男(大倉忠義)は、先日自宅のFAXに届いた「杀人犯」(中国語で、日本語では人殺しの意)と書かれた用紙を見つめ、昔を思い出していました。

そこへ、愛梨がやってきて、南条夫妻で出演するCMの依頼が来たことを告げます。

幸男は、以前香港に住んでいた愛梨に「ヴァンパ」という、香港マフィアを知っているかと尋ねました。

愛梨は知らないと返します。

廊下を歩いていると、すみれ(山本美月)が料理の撮影を終え、片付けをしていました。

明日花の事を尋ねたすみれは、明日花が真海(暖)と一緒にいることを聞き、迎えに行きます。

いそいそとすみれが明日花を迎えに行くと、そこに真海(暖)の姿はありません。

明日花に尋ねると、すでに帰ったといいます。

すみれが明日花の元に来たのを、離れたところで見届けた真海(暖)は、その場を立ち去りました。

真海(暖)に会えず、心持ち気落ちしていたすみれの元に、愛梨が戻ってきました。

愛梨は、気落ちしているすみれに、どうしてそんなに会いたかったのかと尋ねます。

すみれは、この間のパーティーを、急に欠席してしまったので、お詫びを伝えたかったのだと言います。

愛梨は、そんなすみれに、気を付けるように告げました。

「気を付けてくださいね。ああいう素敵な男性と一緒にいるとこを見られたら、変な噂が立ったりするかもしれませんから。」と。

その頃、神楽は、幸男がライバル会社のCMに出ることを知り、激怒します。

ライバル会社は、財務大臣の妻が南条幸男の大ファンであることを知り、そのためだといいます。

神楽は牛山(久保田悠来)に、どんな手を使ってでも落とすよう命令しました。

その足で神楽は、幸男の元を訪れ、CMを降りるようお願いしました。

幸男は、自分が決めたわけではなく、事務所の決めたことなので逆らえないと返しますが、幸男位の売れっ子なら、ある程度は自分の意思を通せるだろうと更にごり押します。

幸男が、更に突っぱねると、神楽は、15年前の事を持ち出し脅しをかけます。

しかし、幸男も負けてはおらず、神楽に言いました。

「くだらない過去を掘り返した時、より大きなリスクを背負うのは、どちらかという話ですよ。」

家では、すみれと明日花が幸男の帰りを待っていました。

星空の絵を描く明日花に、すみれは幸男に上げるのかと尋ねると、真海(暖)に上げるといい、明日花は、真海(暖)が、星を好きだというからだと答えます。

それを聞いたすみれは、何かを思い出すような表情で夜空を見上げるのでした。

金銭的な罠に嵌められた留美

真海(暖)の別荘では、安堂と留美が神楽の到着を待っていました。

神楽は、紹介されて早々に、安堂の力になる事は出来ないと告げます。

真海(暖)は、神楽に、仕事のトラブルというのは、「南条幸男」の事かと揺さぶりをかけます。

神楽と2人になった真海(暖)は、先日の会食で幸男と神楽が親しくしていたのにと不思議がります。

すると、神楽はにやりと笑いながら言いました。

「あいつね、昔からそうなんですよ。優しい顔して、平気で人の事、裏切るんですよ。」

それを聞いた真海(暖)は、南条幸男に関する噂を神楽の耳に入れます。

それは、アジア圏で俳優として活動していた頃に、とある組織と関わりを持っていたというもです。

それを聞いた神楽は、にやりとほくそ笑むのでした。

留美は、安堂と海辺のバス停に腰を下ろし、力になれなかったことを詫びました。

その夜、また呼び出した男と床を共にしていた留美ですが、その男が「ベルコイン」という仮想通貨が値を上げていてやばいといいます。

留美は、安堂に出資するため、その男に「ベルコイン」のやり方を習いました。

部屋をあとにした男たちから、外で待機していた愛梨はUSBメモリを受け取り、金を渡します。

留美のスマートフォンをハッキングするためのものです。

留美がベルコインを買ったことを確認すると、立ち去る愛梨。

真海(暖)は、土屋に自分の持っている「ベルコイン」を段階的にすべて売りに出すよう告げます。

まだ値上がりしそうだという土屋に、真海(暖)は、儲けたいのではなく、楽しみたいのだといいます。

翌朝、留美は「ベルコイン」大暴落した事実に崩れ落ちるのでした。

未蘭と信一郎の出会い

その頃、未蘭は、魚河岸を歩いていると、人とぶつかり洋服を濡らしてしまいました。

未蘭が見ていた店にいたのは守尾信一郎(高杉真宙)で、びしょぬれの未蘭を助けてあげました。

信一郎が、女の子が一人で市場に来るなんて珍しいというと、未蘭は、海洋生物学を研究しており、魚が好きだと答え、個人的にほしい魚がいると言います。

信一郎は、それなら自分の店で用意するというと、未蘭がほしいのは、「ダボハゼの雄」だと言います。

信一郎は、釣られた瞬間捨てられてしまうような魚だけれどと言うと、未蘭も、食用には向いていないので、市場価値はほぼ0だといい、そんな誰からも見向き去れない感じが好きで、ダボハゼの雌を飼っていることを話しました。

未蘭は、まもなく飼育ができなくなるので、最後に番にしてあげたいと思う気持ちから、その雌を見つけたこの市場に来たのだと言いますが、そこまで話して「引きましたよね?」と不安そうに尋ねます。

首を振った信一郎は、自分が雄を釣ってくると約束しました。

未蘭は、涙をこぼし、自分が結婚することを話しました。

何と返していいかわからず無言になった信一郎を見て、未蘭は帰ろうとします。

慌てた信一郎は、何とか言葉を紡ぎだします。

「大丈夫ですよ!俺のパーカーって、すごいラッキーを呼び込むんです。だから、そのパーカーを着てたら、きっと奇跡が起こりますよ。すいません。引きましたよね。」

「若干」

そんなやり取りに、笑いあう未蘭と信一郎でした。

自宅に戻り、貞吉の元へお土産を届けようと部屋に入ると、弁護士の桑名という男がいました。

貞吉の遺言書について、話があるので、家族を呼ぶようにと言われ、集まった入間と瑛理奈と未蘭です。

そして、弁護士から告げられたのは、遺言書の変更があったのでその報告だといいます。

すべての資産、およそ30億円を息子・公平、孫の未蘭、瑛人に均等に譲り渡すこととするというものです。

以前と変更が無いという入間を弁護士は制止、続きがあることを告げます。

ただし、入間未蘭が、出口文矢氏と結婚した場合、遺産は全て世界文化振興財団に寄付することとするというものでした。

入間は、貞吉に遺言書の変更などできるわけがないと、責め立てますが、弁護士は、貞吉には、極めて明瞭な判断能力があり、遺言の変更は可能だと告げます。

それは、画面を見ている人の視線を感じ取り、数秒間キーを見つめることで、キーを押すことができる介護装置で意思を確認するというものでした。

貞吉は、「遺産か、未蘭の結婚かどちらか選べ」と迫り、悔しそうな表情を浮かべて、部屋を立ち去りました。

未蘭は、喜んで貞吉にお礼を言うと、貞吉は、未蘭の来ていたパーカーに目をやりました。

未蘭は貞吉に「これは奇跡のパーカーです!」とほほ笑みました。

入間は、思いがけない貞吉の反逆に苛立ちを隠せません。

そこへ、留美から連絡が入り、舌打ちをします。

呼び出された場所にやってきた入間に、他に頼める人がいないと留美は300万を貸してほしいと言います。

入間は何も言わず、金を貸すのでした。

自宅に戻った留美は、神楽が帰宅していること驚きを隠せません。

すると、神楽は、家の口座から1000万円が出金され、入金先が仮想通貨の取引所だという事を指摘します。

留美は、ちょっとやってみたが、自分には向いていなかったから、すぐに戻しておくと伝えます。

しかし、神楽は、「負けたんだろう?」と言い、そして慌てて入間公平に金を借りたのだろうと問い詰めました。

神楽は、出金に気づき、牛山に尾行させていたのです。

神楽の、「昔の愛人に泣きついたんだな。」という言葉に、驚く留美。

神楽は、最初から留美がかつて入間の愛人だったこと等の過去を知っているのでした。

神楽は、留美にとって自分はどうでもいい存在だと思っているだろうが、自分も留美のことなどどうでもいいと自虐的に笑います。

留美は、自分は神楽を愛そうと思っていたこと、幸せな夫婦になろうと努力したことを伝えますが、神楽は、そういうのはいらないと返し、留美がどこで何をしていようと構わないが、二度と自分の金に手を出すなとどなりつけます。

留美は、そんな神楽の言葉に深く傷つき、入間から借りた金を持って、家を飛び出しました。

牛山は、飛び出した留美に声をかけますが、振り返ることはありませんでした。

その後、神楽の自宅に入り、神楽の割った食器を片付けていると、神楽は、牛山に香港へ行き、南条幸男の過去を徹底的に調べるよう命じました。

その頃、留美は、入間に借りた金を安堂に渡していました。

安堂は、留美が泣いていた事から、無理したお金だろうと受け取ろうとしません。

留美は、「無理したいの。安堂くんのために。それが、今の私にとって、一番の幸せだから。」と、悲し気にほほ笑むと、安藤は留美の手を取りほほ笑みます。

その様子を見届けた愛梨は店を後にし別荘に戻ると、真海(暖)に、その旨を報告しました。

愛梨は、なぜ安堂にこだわるのかを尋ねると、真海(暖)は、昔語りを始めます。

「昔、この庭で生まれた赤ちゃんがいたんだ。警察幹部とその愛人の間に生まれたその赤ちゃんは、残念ながら死産でね。庭に埋められてしまった。女は嘆き悲しみ、男の事を愛していたから、彼の子どもがどうしても欲しかったんだろうな。そんな中、警察幹部の男は、すぐに本妻との間に娘を設けた。全てを失った女は、失意の中、銀座のクラブで働くようになった。そして、大物政治家の口利きで、野心に満ちた不動産会社の社長と結婚させられた。もしも、死んだはずの我が子と再会出来たら、その女は、どう思うだろうな。」

その頃、留美は安堂とホテルに入り、肌を重ねていました。

愛梨が、「まさか!」と、呟くと、真海(暖)は続けます。

「私も、はじめは確証を持ってなかった。だが、2人から採取したDNAを検査へ出したら、素晴らしい結果が戻ってきたよ。神楽留美と安堂完治は間違いなく親子だ。2人は、いずれ、いびつな関係に気づくことになる。もちろん父親もな。彼らの大切なものは、全て壊す。」

2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話の感想は?

怖い!

怖いよ~!真海(暖)さ~ん!

最初のターゲット・留美を金銭的に嵌め、安堂を使ってのハニートラップで不倫かと思いきや、ハニートラップどころか、とんでもない隠し玉でしたね。

留美と安藤は、親子関係にあるという事は、その埋められた子どもは、土屋の手によって公衆電話に置き去りにされた後、何とか一命をとりとめて、施設で育ったという事でしたね。

よくそんな子どもを、真海(暖)は、見つけ出したものだと、驚きを隠せません。

親子で愛し合ってしまった十字架を留美が背負いきれる気がしません。

最終回まで、留美はいるのだろうか…そんな不安に駆り立てられてしまいますね。

言って見れば、入間の愛人をしていなくて、神楽と結婚させられていなければ、真海(暖)の復讐のターゲットにされることもなかったのにと…留美に対して、同情的にもなってしまいます。

そんな、ドロドロの中、未蘭と信一郎の出会いは、何というか爽やかで、4話の清涼剤のようでしたね。

2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話のネット上の反応や評価は?

真海(暖)の仕掛けた罠の、恐ろしさに皆さんはまっているようですね!

私もその一人です(笑)

そんな中、信一郎のシーンは、本当にホッとします。

彼は、このドロドロからは、一線向こうに居続けてほしいですが、未蘭と出逢ったことで、その願いも届かないのでしょうかね。

スポンサーリンク

ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』4話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第5話のあらすじは?

2018年5月17日(木)22時〜放送のドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第5話のあらすじをご紹介します。

実の母子に肉体関係を持たせる…。

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森 いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安藤 完治(葉山 奨之)と結びつけた。

真海の次なる一手は、入間 公平(高橋 克典)に向けられる。

真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。

出口は入間が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。

日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。

それは入間の父、貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。

驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。

守尾 信一朗(高杉 真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。

ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。

信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。

未蘭が帰宅すると出口が来ていた。

入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。

未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。

入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。

出口は真海に成り行きを報告。

すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。

逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。

公式サイトより引用

第5話は、入間貞吉への復讐が開始されるようですね。

その合間に、留美と安堂の「歪な関係」が、明るみにでるんでしょうか。

入間もまさか、自分が信じて娘を嫁に出そうとした男が、自分に復讐を仕掛けている男の手先とは思ってもいないのでしょうね。

この復讐どうなるの…。

まとめ

こちらの記事では、2018年春ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第4話のネタバレ有りの感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
いやいやいやいや。

まさかの残酷な罠だったね。

華麗なる復讐とは、言ったものだね。

ラマちゃん
非情で残酷な罠なのに、どこか美しいのが、本当に恐ろしいわ。

また、来週も一緒に見ましょうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA