家政夫のミタゾノ|視聴率一覧を速報更新中【松岡昌宏主演ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2018年春のテレ朝・金曜ナイトドラマは『家政夫のミタゾノ』、女装したTOKIOの松岡昌宏さんの演技が光るドラマです!

ドラまる

2016年に第1弾が放送されて好評だったみたいだね!

「痛み入ります…」が口癖のミタゾノさんが帰ってきたぞ。

ラマちゃん

今回もいろんな家事のポイントを教えてくれるから、男性も女性も必見よ。

前回の視聴率もしっかりチェックしてみましょう♪

こちらの記事では2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』視聴率はどうなる?

まずはテレビ朝日木曜ドラマ枠で2017年春から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

女囚セブン

  • 初回(第1話)視聴率:7.5%
  • 最終回(第8話)視聴率:5.4%
  • 全話平均視聴率:5.5%

あいの結婚相談所

  • 初回(第1話)視聴率:5.1%
  • 最終回(第6話)視聴率:4.2%
  • 全話平均視聴率:4.4%

重要参考人探偵

  • 初回(第1話)視聴率:4.9%
  • 最終回(第8話)視聴率:3.9%
  • 全話平均視聴率:4.8%

ホリデイラブ

  • 初回(第1話)視聴率:5.1%
  • 最終回(第8話)視聴率:5.3%
  • 全話平均視聴率:5.2%

医療・刑事ものなど、社会派ミステリードラマなどが多いテレ朝ですが、金曜ナイトドラマは『特命係長 只野仁』シリーズや『トリック』シリーズなどを生み出した、大人向けコメディなども扱うエンタメ枠。

また、高橋一生さんがブレイクするきっかけとなった『民王』は人気作家・池井戸潤さんの作品、その後スペシャルやスピンオフが放送されるほどの人気で、平均視聴率も7パーセント台、数々のドラマ賞も受賞しています。

この1年、視聴率的には4~5パーセント台が並んでいますが、2017年『奪い合い、冬』や2018年『ホリデイラブ』など不倫がテーマのドラマで強烈なキャラクターがネットで話題になり注目されることも。

2018年冬ドラマの『ホリデイラブ』ではだんだんとリアルタイム視聴者が増え、久々に最終話で数字を伸ばしています。

人気のジャニーズが主演する深夜ドラマというのも、この金曜ナイトドラマの特徴ですね!(オスカーの剛力彩芽さんの主演作も多いです)

今回2016年に放送された『家政夫のミタゾノ』第1シリーズの視聴率を確認してみますと

家政夫のミタゾノ

  • 初回(第1話)視聴率:8.2%
  • 最終回(第8話)視聴率:8.0%
  • 全話平均視聴率:7.7%

深夜帯であるのにもかかわらず平均視聴率が7.7%という高さ!

ドラまる

市原悦子さん・米倉涼子さんの人気シリーズ『家政婦は見た』、松嶋菜々子さんの超高視聴率ドラマ『家政婦のミタ』に続き、『家政婦(夫)』系ドラマの人気の高さがうかがえます。

ラマちゃん

普段は『鉄腕DASH!』などで筋骨隆々な松岡昌宏さんが、女装して完璧に家事をこなしつつ問題も解決という斬新な設定も視聴者にハマったのかもね。

しかもキレイ!

また、前回は清水富美加さんがレギュラー出演していましたが、2018年春ドラマ版ではミタゾノのバディになる新人家政婦に剛力彩芽さん、厳しい先輩家政婦に椿鬼奴さんが登場。

こうしたことも踏まえて、初回視聴率は7~8パーセントあたりではないかと予想いたします。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』制作陣から視聴率を予想!

2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

脚本 – 八津弘幸、小峯裕之、山岡潤平、西荻弓絵
監督 – 七高剛、小松隆志 (MMJ)、片山修(テレビ朝日)
家事監修 – 松橋周太呂
ゼネラルプロデューサー – 内山聖子
主題歌
第1シリーズ – TOKIO「愛! wanna be with you…」(ジェイ・ストーム)
第2シリーズ – 島茂子「戯言」(ジェイ・ストーム)

wikipediaより引用

2016年の『家政夫のミタゾノ』第1シーズンと同じスタッフのようですね!

脚本の八津弘幸さんは、2013年の『半沢直樹』、2015年『下町ロケット』、2017年『小さな巨人』、『陸王』などTBSドラマの池井戸潤さんの作品を多く手掛けられている実力派。

監督は2018年の『BG~身辺警護人~』も制作されていた七高剛さん、木村拓哉さんの主演作でしたが高視聴率でしたね。

家事監修は、日テレの人気バラエティ『得する人損する人』で人気の「家事えもん」こと松橋周太呂さん、著作本もヒットしているほど、家事の裏技には定評があります。

『家政夫のミタゾノ』第2シーズンでも、いろんな家事の裏技が出てくるので必見ポイントですね!

ゼネラルプロデューサーは、『ドクターX』を手掛ける敏腕プロデューサーの内山聖子さんで、2006年には市原悦子さん主演の『家政婦は見た』、2014、2015年には米倉涼子さんの『家政婦は見た』も担当されています。

ドラまる

第2シーズンもがっちりチームワークで視聴率をつかみそうだね。

ラマちゃん

気になるのが主題歌を歌う「島茂子」さん。

TOKIOのリーダーに似てるお名前だけど…??

スポンサーリンク

まとめ

2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』の視聴率を予想いたしました。

ドラまる

ミステリーも楽しみつつ、笑えてタメになるって最高だね~。

ラマちゃん

金曜ナイトドラマは名作も出る枠だから、これからも要チェックだね。

放送開始後はこちらの記事で2018年春ドラマ『家政夫のミタゾノ』の視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『家政夫のミタゾノ』視聴率一覧

第1話(2018年4月20日放送)視聴率

7.2%

第2話(2018年4月27日放送)視聴率

7.2%

第3話(2018年5月4日放送)視聴率

5.1%

第4話(2018年5月11日放送)視聴率

7.5%

第5話(2018年5月18日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『家政夫のミタゾノ』の視聴率は月曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA